井上貴之の名言

井上貴之のプロフィール

井上貴之、いのうえ・たかゆき。日本の経営者。自動車小売・買取チェーン「カーセブン」を展開する「カーセブンディベロプメント」社長。明治大学政治経済学部卒業後、三和銀行を経てカーセブンディベロプメントに入社。同社社長を務めた。また、日本自動車購入協会(JPUC)代表理事を務めた。

井上貴之の名言 一覧

自分が与えられた環境の中で楽しさを味わいにいけるようにならないと、どこに転職しても同じだ。


私の上司は入社当時から今に至るまで誰もいないし、物事がうまくいけばそれは皆さんのおかげであり、失敗すればその責任はすべて私の責任。そう思ってやってきました。


直営店・FC店の声をもとに開発したシステムを加盟店及び競合他社に提供しています。「現場」を持った我々が開発しているため、システム専業会社のものよりも使いやすいと好評で、自動車査定システム「インスマートシステム」はすでに800社に導入されています。


「カーセブン」だけはさらに一歩進むことにしました。代金については車両と書類がなくても、契約を結んだ時点で一部をお支払いし、我々自身もリスクを負うようにしました。また、キャンセルは7日間、いつでもキャンセルできます。他店では「キャンセルしないで下さいね」と言うところうちの営業マンは「いつでもキャンセルできるので安心して契約して頂いて結構ですよ」と言います。また、プロである我々には査定ミスなどそもそもあってはならないので、契約後の減額交渉をすることは絶対にありません。これらは「あんしん宣言」として、「カーセブン」の買い取りにおける最大の差別化と調っています。加盟店の中にも「儲かっているのに余計なことをするな」という声があっため、社内の説得も含め、全店強制実施するまでに2年かかりました。しかし、これにより他店よりも買い取り価格が低くても、我々に売ってくれるというお客様が増えました。


モノを売る場合、一番高く買い取ってくれるところに売りたいと考えるのが自然ですが、車は値段がすべてではありません。車の売却は、車両と書類を渡してから現金が振り込まれるまでタイムラグがあり、長いと平気で1週間以上待たされたりします。そのため「その間に店がつぶれたらどうするのか」「事情が変わったため契約をキャンセルしたくなったらどうするのか」「後から営業マンの査定ミスが発覚した場合、減額交渉されることがあるのか」など、売り主は様々な不安を抱えることになります。高く買い取ってくれることももちろん重要ですが、それ以上に「安心感」が求められるのです。


買い取りと販売を両方やっている最大の理由は、消費者メリットと我々のような自動車業者のメリットを追求するためです。例えば、コンビニエンスストアやスーパーのようなチェーン店では、大量発注によって仕入れコストを下げています。仕入れ原価が下がれば店舗の利益も増えますし、消費者にも商品を安く提供することができます。ところが古物流通の中古車は一物一価が原則で、大量に仕入れたところで安くなりません。むしろ需要が増えれば増えるほど仕入れ原価は高くなるので、大量仕入れでメリットを追求することができないのです。では、どうするべきか。行き着いた答えが、中間マージンを否定することでした。つまり、ユーザーに販売する車はオークションで仕入れるのではなく、ユーザーから直接仕入れるようにしたのです。余計な中間マージンがないので、商品を安く販売することができるようになりました。


井上貴之の経歴・略歴

井上貴之、いのうえ・たかゆき。日本の経営者。自動車小売・買取チェーン「カーセブン」を展開する「カーセブンディベロプメント」社長。明治大学政治経済学部卒業後、三和銀行を経てカーセブンディベロプメントに入社。同社社長を務めた。また、日本自動車購入協会(JPUC)代表理事を務めた。

他の記事も読んでみる

ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

この文明生活という荒れくるう海の真っ只中では、考慮しなければならない雲と嵐と流砂と百千の条件があって、船が浸水して海底に沈み、思う港に着けずじまいにならないためには推量測定でいきていかなければならず、よほどたくみな打算家でなければ成功はおぼつかない。単純にしたまえ、単純に。


大原光秦

ノルマがあると協力する気持ちは生まれない。担当営業マンが不在の時にサービスが行き届かないでは非効率。でも、ノルマがないとみんなが協力するため、いつ誰が接してもお客様は心地よい。だから来たくなるし、買いたくなるんです。


佐々木宏

作品と言うよりは「機能する仕事」を心がけています。


草野仁

基本方針に自信があるなら、焦らず慌てずかまえる。それが成果を得るための秘訣。


金井誠太

「自分も、クルマの足回りの技術者として、一人前になってきたな」と少しうぬぼれ始めた30歳すぎのこと。速度無制限のドイツの高速道路、アウトバーンをうちのカペラで走ったら、アクセルを床まで踏んでもやっと時速170km。音はうるさいし、車体も震える。ハンドルやブレーキをうかつに操作するとクルマがどこに飛んでいくのか分からないという恐怖と緊張で、例えでなく本当に「手に汗を握る」、それはとても運転を楽しむどころではない体験をしたのです。その後、ドイツのプレミアム車といわれるクルマに乗ると、200km出してもそんなに手に汗をかかない。むしろ、運転が楽しくて気分が爽快になる。官能的ですらあった。愕然としました。「あのレベルに追いつくまで、何年かかるんだろう」。以来、彼らに負けない、いや、勝てるクルマを作りたい、どうせやるなら世界一だ、という目標が自分の中に生まれたんです。だから、「ハンドリングと性能」を、マツダの目標として掲げてくれたのがすごくうれしかった。やっと「おまえ、挑戦してもいいよ、存分に戦ってドイツ車をあっと言わせてみろ」と言われたみたいな気持ちでした。もちろん、誰もそこまで言ってくれたわけじゃないんですけどね(笑)。


屋久哲夫

取っ組み合いであろうと、静かな反目であろうと、仲裁はその場のいら立ちや、荒れた空気を鎮める対処がスタート地点です。それがなくては、両者にまともな話を聞くこともできません。


澤田秀雄

長い人生、失敗もあれば落ち込むこともある。そういう時は、嘘でもいいから明るく元気に振る舞うことが大切。状況が悪い時ほど明るくいれば、案外早く立ち直れる。


庄野直之

私の義父(西鉄ライオンズ・稲尾和久)は先発型の投手でした。やむを得ず途中降板したこともありましたが、降りた後のマウンドはいつもキレイだったと。次の投手のためにマウンドの土をならしていたそうです。このことは関係者から教えてもらいました。何百勝したとかいうことよりも、家族としてはそのことの方が誇りに感じます。だから、私も後継者にバトンを渡す際には、マウンドをキレイにして渡したいと思っています。


金井英之

誰でも人と話をするときには、円滑な会話をしたいと願っています。ですから、会話の途中に訪れる沈黙は、できるかぎり避けたいと感じるものです。ところが、その気持ちが強すぎると、ひたすら自分だけが話してしまうことにもなります。すると、相手が黙ってしまい、会話は止まってしまいます。会話が止まってしまうと悩んでいる人は、何が沈黙の原因なのか、自分の気持ちや行動を見直してみるといいでしょう。


田島弓子

部下や同僚から信頼されるには、まず自分が信頼するべき。


トマ・シルデ

ジャパンエキスポの特徴は人工的な動きではなく、純粋に民間同士の交流の中から生まれたマーケットだということ。


南場智子

社長業って本当に面白いので、退任すると自分が言いださない限りずっと続けてしまう。「ここまで!」というタイムラインは自分から引かないとずるずる行ってしまう。


小林昌裕

投資する物件を選ぶ際、多くの人が誤解するのが「自分が住みたいかどうか」で判断すること。それが全面的に間違っているわけではありませんが、投資物件を見る際には、「どんな人がどんな物件を求めているのか」を主観を省いて判断すべきです。


正垣泰彦

大切なのは自分で考えること。答えを誰かに聞いてはいけない。


澤田秀雄

新しい道を自分で切り拓くというのは、未知のジャングルに足を踏み入れるようなものだ。何が待ち受けているのか、皆目見当もつかない。必ず危険がつきまとう。しかし同時に、誰も知らない財宝が見つかる可能性も秘めている。私などは、冒険者の血が騒ぐのである。


ページの先頭へ