名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井上裕之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上裕之のプロフィール

井上裕之、いのうえ・ひろゆき。日本の歯学博士、経営学博士、経営コンサルタント、メンタルセラピスト。「医療法人社団いのうえ歯科医院」理事長。東京歯科大学大学院修了。

井上裕之の名言 一覧

一度の失敗で断念する人は、何をやってもうまくいきません。失敗にきちんと向き合って自分に何が足りなかったか考える。不足を補って再挑戦する姿勢が成功への近道です。


「短き人生は、時間の浪費によっていっそう短くなる」とイギリスの文学者もいっていますが、わずか5分でもその間にできることはあります。5分が6回あれば30分になる。スキマ時間を活用できるか、それが大きな差を生むのです。


何事に対しても「どうせ自分にはできない」と思い込んでいる人が少なくありません。潜在意識の思い込みは現実化すると言われているため、できないと考えるとできない。自ら道を閉ざしてしまっているわけです。でも逆に「自分にだってできる」と意識を変えれば、道は開けます。


成功している人は、上のステージを目指して環境やつき合う人を意識的に変えています。自分でチャンスのステージを上げているのです。そして成功者のステージまで上がれば、何もせずにどんどん豊かになっていく。かたやステージが変わらない人は、努力してもいっこうに豊かになりません。


お金を稼ぐのは悪と考え、抵抗感を持つ人が少なくない。それではお金は集まってこない。お金は労働に対する対価。いい仕事をしたという評価です。お金を軽蔑するのではなく、尊敬するのが正しい姿勢。私は、お金にはモノを買うこと以上の力が秘められている、と考えています。


私はセミナーへの参加を最優先事項にしています。セミナーは未知の人と交流できる絶好の機会であり、学びは自分を高めてくれるからです。どんなことより優先してもいいものです。


意識を変えるには、環境を変えるのがひとつの方法です。たとえば、セミナーに出席してみるといいでしょう。普段とは違う場所に身を置くことになるし、普段とは違うジャンルの人とも交流できます。仕事や投資のセミナーなど成功者が集う空間で成功者に接すれば、そのエネルギーに感化され、間違いなくマインドは変化していきます。


大切なのは「ミッション」を持っているかどうか。手法だけ学んで、それを毎日続けたとしても成功は遠のくばかりでしょう。何のためにお金を稼ぎたいのか、自分の生き方、価値、目的のことです。私は数多くのお金持ちと接してきましたが、成功者は例外なくミッションを持っています。まずはミッションを胸に刻む。その上で実現に向けて仕事や投資をする。だからこそ持続的に強いエネルギーを注ぐことができ、結果的にお金が集まってくるのです。


不幸なことが続いたとき、苦しみを紛らわせるために心理学や自己啓発の本を読み漁りました。読み進めるうちに、人生に起こる出来事には、それ自体にいいも悪いもないということに気づいたんです。いいとか悪いを決めているのは人間の頭であって、現象そのものには、まったく意味はないと悟りました。交通事故も、それまでは悲しい、不幸ととらえていましたが、「あの出来事は自分が患者さんの痛みを心から共感できる医師になるための成長の糧なんだ」。そう、思えるようになったんです。


井上裕之の経歴・略歴

井上裕之、いのうえ・ひろゆき。日本の歯学博士、経営学博士、経営コンサルタント、メンタルセラピスト。「医療法人社団いのうえ歯科医院」理事長。東京歯科大学大学院修了。

他の記事も読んでみる

池田弘(経営者)

跡継ぎになると言われ、育てられたので、代々引き継いできたものを切り捨てることは難しい。ただ、神主だけでは生活していけない。そこで、お宮を継ぐという選択と同時に、事業を興すという選択をしました。


秋山竜次

(相方の)山本は今でも出会った頃のまま。主張のない標準的な人間です。馬場も昔のまま素直なので、ロバートは99%、僕の考えで動いていますし、ネタも全部、僕がつくっています。


大塚雅樹

もちろん悩みを他人に相談することができるならよいと思います。仕事の悩みを、何かに書き出すのもお勧めです。活字にあらわすということは、論点を明確にすることですから、自分の悩みを根本的に知ることにつながります。


下田進

大学で自転車部だった者など、自転車が好きな人材があさひには入社してきますので、そういった点からもいい商品が生まれています。


村上英三

荷物ひとつでも対応が遅れれば船が遅れてしまい、挙げ句の果てに商売の信用まで失いかねない。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

何でも覚えられる超人はいません。忘れたら覚え直せばいいだけ。忘れたことにがっかりすると、勉強が嫌になる。


吉田忠裕

カリスマ創業者の形だけ真似てもうまくいかない。


永井荷風

僕は自分のやりたいことはドンドンやって楽しむ。楽しんだことは後悔しない。


和田秀樹

よくいわれる「日本人は即断即決できない交渉下手」も、じつは誤解です。というより、マイナス面ばかり強調されがちなのは、外国人が、商談で自分が有利になるように仕向けるための戦略です。むしろ、日本人は優秀でスキがないと思われているので、じっくり取り組まれると苦手なのでしょう。たとえ、海外との商談で「日本人は優柔不断だ。その場で決断できない」と非難されてもノープロブレム。毅然として「なぜ1日ぐらい待てないのですか」と返せばいい。その場で結論を迫るのは、相手を思考停止させる典型的なやり口ですからね。いってみれば振り込め詐欺と同じなので気をつけてください(笑)。


常盤百樹

営業推進本部長だったときに、お客様から省エネルギーについて相談を受けたことがあります。部下がどうすべきかと聞くので、積極的にやりなさいと答えました。それに対して部下は「そういうコンサルをすれば電機が売れなくなります」と心配したものです。電力が少々売れなくなっても、お客様が元気になればその設備を増設し、また電気を使っていただけます。お客様のニーズを近視眼的に見てはいけません。


小野田寛郎(小野田少尉)

力いっぱいの努力をしたことは確かですが、それは僕の持っていた力であって、持っていない力が出るはずはありません。


鈴木久仁

あたり前のように様々な災害を想定して、それを乗り超えるためのBCP(事業継続計画)は持っておかなければいけません。大企業の多くは、当然のように用意はしているものの、都度発生する新たな事象を踏まえ、見直しが必要。