名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上薫(銀行家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上薫(銀行家)のプロフィール

井上薫、いのうえ・かおる。日本の銀行家。「第一勧業銀行」会長。千葉県出身。東京帝国大学卒業後、第一銀行に入行。専務、副頭取などを経て頭取に就任。日本勧業銀行との合併を成功させて第一勧業銀行初代会長となった。

井上薫(銀行家)の名言 一覧

企業は採算本位だけではうまくいかない。会社合併の成功のカギは、人事に配慮し、社員の気持ちを重んじることだ。【覚書き:第一銀行と勧業銀行の合併を成功させたことを振り返っての発言】


井上薫(銀行家)の経歴・略歴

井上薫、いのうえ・かおる。日本の銀行家。「第一勧業銀行」会長。千葉県出身。東京帝国大学卒業後、第一銀行に入行。専務、副頭取などを経て頭取に就任。日本勧業銀行との合併を成功させて第一勧業銀行初代会長となった。

他の記事も読んでみる

藤田晋

変化後の結果をすぐに求めてはいけません。短期的な視点でビジネスを捉えると、変化は怖くてできなくなります。「高い目標を達するために、短期的な犠牲は問わない」といった考え方をするようにしましょう。


妹尾大

よく、「我が社はクリエイティブな場をオフィスの中につくりました」という話を聞きますが、実際にそこに人が集わなければ、そこは場所・空間にすぎず、「場」とは言えません。このような「場」をつくりやすくするためのコツの一つは、食べ物や飲み物を用意すること。昼食を一緒に取るのもいいでしょう。知り合いのある企業の部長さんは、「お菓子のない会議はやらない」と公言して自らお菓子を持ち込んでいます。食べ物や飲み物はカジュアルな雰囲気を演出し、対話をしやすくする効果があるためです。また、卓球台やビリヤード台などの遊具も対話を促す効果があるようです。「場」では、思いついたことを、すぐ口に出せることが大切であり、そのためには、堅苦しくないほうがよいのです。


家本賢太郎

経営理念をスローガンのように振りかざして、社員を追い詰めることはしません。叱るときでも、「あなたが間違っていたでしょ」と認めさせるのではなく、理念やビジョンを根拠に、八割はこちらからさりげなく注意します。残り二割は相手に気づいてもらうよう心がけています。


成田和幸

自分が投資したいと考えた時がやり時。一つだけアドバイスするならば、投資すると決めたからにはしっかり勉強する必要がある。


北村龍平

いまだにそうですが、僕は世の中で当たり前だとされていることに、どうしても違和感がある。


高原慶一朗

成功は続けておさめるのは至難の業だが、ひとつ秘訣があるとすれば、それは過去の成功を捨てることから始まる。


柳沢慎吾

初めての収入はエキストラ出演のギャラ。すっごい安かったけどね。そのときの給料明細は、いまでも実家のお母ちゃんが持ってるんですよ。


村田昭治

どんなに小さくてもいい、会社は自分のもっている強みをより強化していくことだ。新しい強みを積極的に開発する志をもつことだ。その馬力こそ必要だ。


大谷米太郎

手にひと包みの握り飯と20銭を懐に、私が初めて東京の士を踏んだのは31歳の春だった。1泊15銭の木賃宿に泊まった翌日、焼き芋で朝食を済ませ深川・高橋の荷揚げ人足に素足のままやっと拾われたのが初仕事だった。1俵23貫(約86kg)ある砂糖袋を2俵ずつ軽々と担いだから、その日の賃金は普通の人足の倍以上の1円28銭。この金で半纏(はんてん)、地下足袋の古物を一通りそろえ、どうやら人夫の仲間入りをしたわけだ。


弘兼憲史

部下に接する上司が基本にしてほしい事がある。それは性善説だ。すべての人間は生まれながらにして善い性質を持っている。根っからの悪人はいない。これを基本にするだけで部下とはうまく付き合える。反抗的な部下がいても根はよい人間なのだと思えば付き合い方の工夫ができる。あいつは悪人だなどと決めつけてしまえば一緒に仕事をするのも嫌になる。そう考えるのは上司としての責任を放棄するに等しい。


森正文(経営者)

利益率は会社を経営するうえで一番重視している数字です。


藤井孝一

私は、毎日夕方の5時から6時をメールマガジンの執筆にあて、その時間は原則として、他の予定入れず電話にも出ません。この1時間で書き上げ翌朝の配信予約をするという仕組みを確立したことが、これまで10年間も休まず発行し続けることができた秘訣だと思っています。もし仕組みをつくらず、1日のうちどこかで書けばいいと考えていたら、ここまで長続きしなかったでしょう。