名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井上薫(銀行家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上薫(銀行家)のプロフィール

井上薫、いのうえ・かおる。日本の銀行家。「第一勧業銀行」会長。千葉県出身。東京帝国大学卒業後、第一銀行に入行。専務、副頭取などを経て頭取に就任。日本勧業銀行との合併を成功させて第一勧業銀行初代会長となった。

井上薫(銀行家)の名言 一覧

企業は採算本位だけではうまくいかない。会社合併の成功のカギは、人事に配慮し、社員の気持ちを重んじることだ。【覚書き:第一銀行と勧業銀行の合併を成功させたことを振り返っての発言】


井上薫(銀行家)の経歴・略歴

井上薫、いのうえ・かおる。日本の銀行家。「第一勧業銀行」会長。千葉県出身。東京帝国大学卒業後、第一銀行に入行。専務、副頭取などを経て頭取に就任。日本勧業銀行との合併を成功させて第一勧業銀行初代会長となった。

他の記事も読んでみる

八幡滋行

10年以上、ガバナンスにこだわってきて分かったことは、執行側が取締役会に説明するのは、代表者が1人いれば十分だということ。そのため、7人の取締役のうち、私以外は全員が社外です。取締役会は監督に徹し、それ以上は口を出さない。


岩崎博之(経営者)

ベンチャー企業の社長に起業の理由を聞くと、ほとんどの場合、カネ儲けが目的です。「これをやれば儲かる」と考えて脱サラし、気の合う人と経営を始めたという話が非常に多い。けれど、実際のところベンチャー企業は簡単には儲かりません。たとえどんなに素晴らしいものを作ったとしても、ブランドの確立されていない商品はなかなか買ってもらえません。特別な事情があれば別ですが、基本的には簡単に儲かるとは考えない方がいい。一方、業界や社会に影響をもたらしたいという目的で始めた起業家は自分が進むべき道が明確なだけに苦しくても経営を継続し、1歩ずつ着実に前進します。童話のウサギとカメのようなものです。


高田明(ジャパネットたかた)

いろいろな商品が存在しますが、使ってみて自信を持てなければ販売してはいけません。


永江朗

もちろん、他人の知見に頼りたくなる局面もあります。かくいう私自身も、数年前から京都と東京の二重生活を営み始める際に、周囲の何人かに意見を聞いてみたことがあります。私の場合、そうした意見のひとつに背中を押されて現在の生活にたどりついたのですが、結局決めたのは自分です。最終的には自分の心の声に従いました。


石原壮一郎

できる上司もそうじゃない上司も、「いい上司」「分かっている上司」になりたい、そう思われたい欲望を胸の奥に抱いている。


小山昇

知識だけを頭に詰め込むことは、やっちゃいけないですよ。先輩が上手くやっていることを真似しろと言いたいです。新入社員は考えてはいけない。中途入社も同じ。課長になったら、先輩の課長のまねをしろと。


内藤誼人

愚痴や不満ばかり言う人と一緒にいると、自分も暗い気持ちになる。これを心理学では「感情汚染効果」と呼びます。人の感情は感染しますから、ポジティブな人と付き合えば自分も幸せな気分になれる。


小倉広

お返しをするなら、相手がしてほしいことをしたほうがいい。そのほうが喜ばれる。自分のできる範囲で、相手の役に立つ返し方は何なのか、それを真剣に考え行動することが大事。


山本邦子

渡米したのは、「もっといろいろな世界を見てみたい」と思ったからです。すごくシンプルで単純な動機だったんです。


川野澄人

短期のトレンドと長期のトレンド、自社の現場と社会全体の動き、それらをにらんで仕事をすると、大きな失敗は防げる。


出口汪

日本人のコミュニケーションは「察してもらえる」が大前提。言葉は得てして感覚的に放たれ、説明は省かれがちになります。ビジネスでさえ感覚的なやり取りが多用され、理解不足や解釈の違いによるトラブルも起こります。今後グローバル化がさらに進めば、その弊害はますます深刻化するでしょう。これからのビジネスマンは「論理」という世界共通の規則を使う力を身につけなくてはなりません。それは、日本語を使うビジネスにおいても同じです。


窪山哲雄

製造業にもホスピタリティーの精神はますます求められるようになるでしょう。技術者もホスピタリティーがなくては、利用者を満足させる製品をつくれなくなるかもしれない。現にトヨタやホンダなどは、ホテルで研修を行うなど、すでにホスピタリティーの重要性に気づいています。21世紀の企業にとって、ホスピタリティーの精神は必須といえるでしょう。