名言DB

9413 人 / 110706 名言

井上薫(銀行家)の名言

twitter Facebook はてブ

井上薫(銀行家)のプロフィール

井上薫、いのうえ・かおる。日本の銀行家。「第一勧業銀行」会長。千葉県出身。東京帝国大学卒業後、第一銀行に入行。専務、副頭取などを経て頭取に就任。日本勧業銀行との合併を成功させて第一勧業銀行初代会長となった。

井上薫(銀行家)の名言 一覧

企業は採算本位だけではうまくいかない。会社合併の成功のカギは、人事に配慮し、社員の気持ちを重んじることだ。【覚書き:第一銀行と勧業銀行の合併を成功させたことを振り返っての発言】


井上薫(銀行家)の経歴・略歴

井上薫、いのうえ・かおる。日本の銀行家。「第一勧業銀行」会長。千葉県出身。東京帝国大学卒業後、第一銀行に入行。専務、副頭取などを経て頭取に就任。日本勧業銀行との合併を成功させて第一勧業銀行初代会長となった。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

リーダーとしての精神の強靭さは、人格的、身体的迫力を持って行動できるかどうかという点にあるのではなかろうか。真のリーダーたりうる人は、ストレスや不安のない生活を望むのではなく、ストレスや不安を乗り越えることを自分の原動力にしていく人たちだ。


戸塚隆将

評価項目が明確なら、その評価が成果につながっているかどうかのチェックも容易です。たとえば中間指標として顧客訪問回数を設定しているものの、訪問回数の多さが成果に結びついていないとわかれば、中間指標を見直すことができます。


天坊昭彦

組織の本質とは何かといえば、結局は人と人の関係です。部であれ、課であれ、すべての組織は人と人の関係で成り立っています。そうした人間関係の網目のなかで自分の考えを通そうと思ったら、みんなが同じことを考えるようにもっていくしかありません。みんなの心が離れる方向ではなく、ひとつになる方向にもっていく。そういう雰囲気を、自らつくっていく。雰囲気づくりの求心力に、自らなる。それが重要なポイントです。


宋文洲

どうせ返事を出すのなら、早いほうがいいじゃないですか。僕は2秒後も2時間後も、メールの内容は変わらないとわかっているから。それに、返事を出す出さないを含めて、どんどんジャッジしていったほうが、絶対に得でしょ。遅いと、それだけコストになるわけですから。


下元朗

30代はプレーヤーからマネージャーへと選別が始まる時期。企業を成長させるには人材の底上げが肝心で、経営者はマネージャーに対して仕事で成果を上げるだけでなく、「人を育てる」ことも期待している。それを理解し、自分のミッションとして遂行できるかどうかが、30代にとって出世街道の分かれ目。


星野源

出口のないトンネルを歩いているような恐怖感を経て、次第に光が見えるようになり、気がつけば外に出ていて、今まで自分が音楽で開けたことのない扉を開けている。切迫感と不安感で心はいっぱいなのに、やったことがないことを試すのはワクワクして楽しい。トンネルを抜ける快感をバンドメンバーと共有できると、絆のようなものがまた一つ生まれ、チーム感も深まる。


大塚寿

早い段階で成功体験を積んでしまうと、それがむしろ壁になって人の考えや意見を拒否してしまうことにもなる。そういう人は上から可愛がられない。


松田好旦

(投資ファンドの資本を受け入れる)今回のスキームは十数年前から考えていました。当初は2人の息子を入社させて、事業継承をする予定でした。長男は銀行にお世話になって、次男は海外展開に備えて海外で勉強をさせました。でもね、気付いたんです。DNAでは経営はできないと。昔は家庭と職場が近かった。私は、遅くまで仕事をしたり、苦労したりするおやじの背中を見て育ちました。でも今は職場と家庭がまるっきり別で、私が夜遅く帰っても、その理由を息子たちが知ることはできません。そう考えると、同じDNAを持っていても、事業を継ぐのは難しいんです。3代目には甘えもあります。日本の社会で基本的に3代続いた企業はありませんよね。


古賀信行

日本の将来を変えられるかどうかのカギを握っているのは、40代の人たちだと思います。特に、日本人の職業人生で真ん中の節目に当たる45歳前後の人がキーマンです。


喜多喜久

幸いなことにネタはまだ枯渇する気配はありません(笑)。Whyが根底にあって謎を解き明かすという意味では、化学もミステリーも同じで、思った以上に相性がよかったんですよね。想いが変わったとしたら、トリックありきで物語を考えていたあの頃と違って、今は物語を生きるキャラクターたちのために、どんなトリックが必要か考えるようになったこと。ネタのストックはまだまだあるので、より奇想天外で面白いミステリーを今後も書き続けていきたいです。


安河内哲也

英語が話せるようになる順番はひとつしかありません。それは、「使ってみる→間違う→直す→うまくなる」。英語を話せる人は、私も含め、誰もがこの順番でうまくなっています。一方、英語がいつまでも話せない人は、「学ぶ→完璧になるまで準備する→机上の英語に博識になる→使わずに一生を終える」ことになります。


山下孝一

私は会社の強さ、国の強さは、社員や国民がどれだけ親孝行を大切にしているかの度合いで決まると思います。そして、親は子供に恥ずかしくない生き方をしようと思うことでしょう。


寺尾玄

家電のデザインが目立つ必要はまったくありません。道具は役立つことが一番。ただデザインというのは第一印象に直結する。だから、道具なりの美しい姿形を追求します。


オグ・マンディーノ

あなたは神の特別な創造物なのです。行いであれ、ものであれ、努力であれ、親切であれ、あなたが源となっている事柄には、何ごとも全力投球してください。お茶を濁すようなことがないよう。小さなことをおざなりにするのは、大成しない人や可もなく不可もない並みの人間だけです。


朝原宣治

ピンチに立たされた時こそ「割り切りの良さ」がピンチをチャンスに変える。