名言DB

9425 人 / 110833 名言

井上薫(銀行家)の名言

twitter Facebook はてブ

井上薫(銀行家)のプロフィール

井上薫、いのうえ・かおる。日本の銀行家。「第一勧業銀行」会長。千葉県出身。東京帝国大学卒業後、第一銀行に入行。専務、副頭取などを経て頭取に就任。日本勧業銀行との合併を成功させて第一勧業銀行初代会長となった。

井上薫(銀行家)の名言 一覧

企業は採算本位だけではうまくいかない。会社合併の成功のカギは、人事に配慮し、社員の気持ちを重んじることだ。【覚書き:第一銀行と勧業銀行の合併を成功させたことを振り返っての発言】


井上薫(銀行家)の経歴・略歴

井上薫、いのうえ・かおる。日本の銀行家。「第一勧業銀行」会長。千葉県出身。東京帝国大学卒業後、第一銀行に入行。専務、副頭取などを経て頭取に就任。日本勧業銀行との合併を成功させて第一勧業銀行初代会長となった。

他の記事も読んでみる

山口謠司

日本語には間違って覚えやすい語彙がたくさんあります。たとえば「的を射る」。これを「的を得る」と覚えている人は少なくありません。しかし、言葉の意味を少し考えれば、「的は射るものであって、得るものではない」と気づくはず。語彙を増やすときは、言葉の成り立ちや背景とともに覚えれば、間違うことが少なくなります。


山田正彦(経営者)

環境変化に対応して企業が変身を遂げようとする場合、新分野へ進出する一方で既存事業からの撤退もある。難しいのはこの撤退。撤退には面子や見栄にこだわってはいられない。生き残るための執念と、過去を捨て去る勇気がいる。


糸井重里

ほぼ日手帳は「自由に使いなさい」がコンセプトで、それが多くの人に受け入れられている。でも、使いこなせないというお客さんもいるんですよ。僕が白紙でもいいんじゃないと言うと、皆安心したような顔になる。それだけ流れゆく時間をムダにしたくないという人が多くて、書くことの意味が大きくなりすぎているのかもしれない。


佐藤優

恋愛の結末としての結婚もよいのですが、えてして見失われがちなのが結婚の経済的な利点。一人暮らしで行き詰まりがあるなら、むしろ結婚して一気にに環境を変えてしまう。結婚を機にどちらかの故郷に戻って、まったく新しい人生をスタートするのもいい。住んでいる場所が大きく変わると、人生の流れも変わり、良い方向に動き出すこともあるでしょう。


橋谷能理子

自分の見方、聞き方が正しいと思い込み、周囲の人々も自分と同じように見て、聞いていると考え物事を伝えようとする。結果として誤解が生まれる。


砂山起一

ゲスト(顧客)は2、3回は気に入らないことを我慢できても、不満な点が改善されなければ足が遠のいていきます。だから当社は、ネガティブ要因の排除に徹底的に取り組んでいます。「ゲスト(顧客)が気付いていない課題を先回りして見つけて、改善しよう」。社内ではこう言っています。


楽しんご

思い立ったらすぐ行動します。明日まで待つとか大嫌いなんですよ。そうしないとチャンスが逃げちゃうと思って。


エリザベス一世

私がここに来たのは、皆と生死をともにするつもりであり、王国と国民の名誉のために命を捨てる覚悟だからです。
【覚書き|スペインの無敵艦隊との戦いに出発するイギリス軍に対しての激励の言葉。女王が最前線に来ての励ましに、イギリス軍は奮起し、当時世界最強と言われていたスペイン無敵艦隊に勝利する。この勝利の後、イギリスが制海権を握り大英帝国の輝かしい歴史に進み始める】


出井伸之

日本の経営者には、リスクをとって挑戦するより、無難に経営をこなし、死ぬまで会社の鎧を脱がない人が多い。「第二の人生」では、もっと自由になってほしい。そうすればアイデアも生まれるはずだ。


瀬戸雄三

中の人だったら、しがらみを切ることはできない。やはり、自分が大事ですから。外から来られた方にバシッと切られれば、時には悔しいこともありますが、やられてみれば「なるほど」と思うことがたくさんあるわけでして、これは大きなポイントでした。
【覚え書き|樋口廣太郎社長時代の経営再建について】