名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上聡(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上聡(経営者)のプロフィール

井上聡、いのうえ・さとる。デンマーク出身の日系人経営者。ファッションブランド「THE INOUE BROTHERS…(ザ・イノウエ・ブラザーズ)」共同創業者。

井上聡(経営者)の名言 一覧

今の世の中は「常に上を目指すべき、もっと伸ばすべき」という発想にとらわれていますが、それは一種の病気。自然な状態ではないと感じるのです。


走りながら考える、瞬間的に挑戦する、ということは、僕たちが憧れるストリートカルチャーの影響かもしれません。瞬間、瞬間の勝負を楽しむ。そんな時間が一番充実している。仕事をしている時間は家族と過ごす時間よりずっと長い。ならば、後悔しないような使い方をしたい。


正直、最初に本を出すという話をいただいたときは、まだ早いと思いました。ただ、やり遂げたことではなく、「今、何をやっているか」を書いてもらう本なら面白いと思ったのです。我々の活動を知っていただくことで、少しでも勇気を出してくれる人がいれば、嬉しいですね。


ヒップホップには「ラップバトル」というものがあり、お互い即興で相手のことを罵り合っていく。相手の言葉に瞬時に反応しなくてはなりませんから、準備なんてできません。まさに瞬間、瞬間の勝負。こうした瞬間の勝負というのは、うまくいかないととても苦しいけれど、うまくいくと最高に楽しい。仕事も本当はそうだと思うのです。


「ザ・イノウエ・ブラザーズ」、コメディアンのような名前ですよね(笑)。もちろん、もっとカッコいい名前にしてもよかった。でも、自分たちの名前を出してしまったら、もう逃げ場がない。だからこそ成功すれば心から喜べるし、失敗したら反省もする。そんな覚悟を持ってやっていこうと、半ば自分に言い聞かせるように選んだのです。


ボリビアで出会った貧しいアルパカ農家の人々はとても明るく、ずっと人間らしい生活を送っている。我々のほうがむしろ、人間らしさを失ってしまっているような気がしています。エコノミーはすっかり不自然になってしまっており、各地でひずみを生み出している。それはやはり「常に上を目指すべき」という発想が原因だと思うのです。


ボリビアで出合ったアルパカウールの品質は素晴らしいものだったのですが、先住民たちの生活は非常に貧しいものでした。これを何とかしたい、と考えたことが今のビジネスの原点です。生産者との共同開発により高品質な製品を生み出すとともに、中間マージンを省くダイレクトトレードという方法によって、生産者がより潤うような仕組みを取っています。


ビジネスは本来、自分のやりたいこと、作りたいものを作ることから始めるはずですよね。もそれが、どんどん「お金を出す人」、すなわち投資家たちにコントロールされてしまっているような気がするんです。最初はもっと飲みやすいコーヒーカップを作りたいと思ってビジネスを始めたのに、いつのまにか、顔も見たことがない海外の投資家の利益を最大化することがビジネスの目的になっている。そういったことが頻繁に起こっています。


ロゴに関してあるチャレンジをしました。自分で作らずに、自分たちが好きな人に作ってもらうことにしたのです。僕ら二人(兄弟)はマーサ・クーパーというアメリカ人写真家の大ファンで、この人はヒップホップやグラフィティといった70年代のストリートカルチャーを最初に見出したことでも知られています。彼女がたまたま、本の出版イベントでデンマークに来ると知った。そこで(弟)清史がそのサイン会の列に並んで、「僕たちのロゴを書いてください」とその場で頼んだのです。彼女もとても喜んでくれて、その場で書いてくれたのが今のロゴです。


最初はエゴ丸出しで、いずれトップに、世界一に上り詰めてやろうと思っていました。僕はデザインの世界で、弟の清史はヘアデザイナーの世界で。幸いにして比較的早く世の中に認めてもらうことができ、有名ブランドとの仕事が次々実現していきました。ただ、あるとき、ふと気づいたのです。名声が高まれば高まるほど、交渉や契約書のやり取りにかかる時間ばかりが増え、やりたい仕事に取り組む時間がどんどん失われていっている、と。お互い、同じタイミングで、これまで上を目指してきたことに対して疑問を持つようになった。必死に努力して、求めていた地位を手に入れたけど、全然幸せになれない。このままさらに上を目指していったところで、いつまでたっても幸せにはなれないんじゃないか。ならば、本当にやりたい仕事を一緒にやろうじゃないか。これが独立のきっかけです。


井上聡(経営者)の経歴・略歴

井上聡、いのうえ・さとる。デンマーク出身の日系人経営者。ファッションブランド「THE INOUE BROTHERS…(ザ・イノウエ・ブラザーズ)」共同創業者。

他の記事も読んでみる

星野佳路

結果が出ない原因には、2つのことが考えられます。仮説が間達っているのか、それともまだやり切れていないのかです。


マックス桐島

心技体を連動させて魂を磨けば、自分の中に潜む「偉大な存在」に目覚める瞬間を感じられるはず。それが「この世に生を受けた目的の一つ」かもしれません。


嶋浩一郎

明日に役立つものだけがすべてじゃない。


松下幸之助

素直さを失ったとき、逆境は卑屈を生み、順境はうぬぼれを生む。逆境、順境そのいずれをも問わぬ。それはそのときのその人に与えられたひとつの運命である。ただその境涯に素直に生きるがよい。


越智仁

より強くするために切り出す事業もあります。JSRや宇部興産との新会社に移すABS樹脂事業がそうです。ウチのABSはしっかり稼いでいるけれど、よそさんと一緒になった方がいいと判断しました。


野本弘文

企業というのは継続することが一番大事。世の中の変化に合わせて、企業として継続し成長するような仕組みを作っていくことが何より大事。


瀬島龍三

組織全体にひとつの勢いをつけることが大事である。


深田和範

日本社会では、高校受験や大学受験のとき、あるいは就職のときに、学校や学部、企業などを選択することによって、自分の将来や人生を決めていきます。この仕組みに慣れてしまって、大多数の人が他から選択の機会を与えられなければ、自分のやりたいことを真剣に考えないようになってしまった。本当は、選択の機会が与えられるのを待つのではなく、常に自分のやりたいことを考えて、自ら選択の機会を作り出していかなければいけません。落ち着いて周りを見れば、選択の機会はいくらでも見つかるはずです。リストラという現実が迫ってきたときに、『あそこでこういう選択をしておけばよかった』と後悔しても遅いんです。学生の内から、自分のやりたいことを意識し、そこへ向かうために主体的に選択していく癖を身に付けておいた方がいいでしょう。


池田千恵

私は会社員時代に7つの資格を取得しましたが、そのために毎朝4時に起き、出社前の2時間余りを会社近くのファミレスでの受験勉強に充てました。朝の明るい光を浴びると脳内のセロトニンが増えてポジティブな気持ちになれますし、朝は「脳のゴールデンタイム」ですからアイデアもどんどん湧いてきます。


森泉知行

お客様が解約するときの理由として、よくあるのが「観る時間がないから」なのですが、テレビをまったくご覧にならないとは考えにくいですよね。実はよく聞いてみると「J:COMの番組の良さをよく知らないから観ていない」ということが理由だったりします。そこに行き着けば、自然と「もっと番組の魅力を伝える努力が必要だ」という結論が出て、とるべき対策がわかります。


金森努

発想の転換で弱点自体をチャンスに変えることは十分可能。


柳井正

仕事がその人をつくる。