名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上知子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上知子のプロフィール

井上知子、いのうえ・ともこ。日本の臨床心理士。メンタルサポート団体「Joyit」代表。著書に『人づきあいがラクになる「心理学の教え」』。

井上知子の名言 一覧

仕事は組織で行うもの。勝ち負けよりも、協調の方が大事です。批判されても勝とうとせず、相手を共同戦線に引っ張り込むのがポイントです。


「勝つのは自分か相手か」という二択の発想では、仮に勝っても、自己満足しか残らない。相手との協調関係が失われ、「自分にはない視点」という宝物を失うことになりかねません。


丸投げ的な業務アサインで通じる人もいれば、もっと細かいサポートが必要な人もいる。パフォーマンスを引き出すためには、ミスを責めることではなく、その人に応じた「ミスを出しにくい仕組み」を整えることが大切です。


仕事上の問題で原因を追及するときは、ヒトではなく、仕組みの問題に落とし込んで解決策を考えるといい。仕組みという側面から見直すと、違う問題が浮かんでくる場合もある。改善案は、職場全員で話し合って決めるのがいいでしょう。


井上知子の経歴・略歴

井上知子、いのうえ・ともこ。日本の臨床心理士。メンタルサポート団体「Joyit」代表。著書に『人づきあいがラクになる「心理学の教え」』。

他の記事も読んでみる

トム・ピーターズ

個人を尊重することで、末端の社員までもが品質・生産性の向上に貢献する風土ができあがる。従業員自身に自分の運命を決めさせることで目的意識を持たせるのだ。


小林栄三

社内コミュニケーションが非常に大切です。実際、新聞をにぎわすような不祥事を見ていると、社内のコミュニケーションさえよければ、避けられたのではないかと思える事件があります。周囲の人に積極的に関心、愛情を持つことです。関心を持ってコミュニケーションを取っていればだいたいわかるし、問題も未然に防げます。会社人である前に、よき社会人であるべきです。


俣野成敏

読書を学びのツールと捉えるなら、キーワードを研ぎ澄ませるのが不可欠です。「勉強したい」とぼんやりと思うのでは駄目。何を知りたいのかを明確化することで必要な知識にたどり着けるのです。


スタンダール

急な山を登りつめて頂上に腰を下ろす旅人は、ほっと一息入れるのが限りない喜びであるが、もし、永久にそうやって休息していろと無理強いされたら、彼は幸福であるだろうか。


森英恵

全然休みを取らない私なんか、外国では変な目で見られますけど、一生懸命に働くこと。働きバチを恥じる必要ありますか? 働くことはやっぱり美徳だと思います。


阿部祐二

初めのころは現場に行っても、何も喋れなかったんです。いうまでもなく、周りからは馬鹿にされ、さんざん陰口も叩かれましたよ。「あいつ、向いてないんじゃないの」とか、「おとなしく俳優やってりゃいいのに」って。でも、こっちは反骨心の塊だからね。言われれば言われるほど、「なにくそ!」って、毎日、闘っていましたよ。「いつか、見返してやる」って。実際、自分に何が足りないのかは、わかっていましたしね。24時間、すべてをリポーターとしてのスキル向上に注ぎ込みました。いつかは、「リポーターにも、こんなすごいやつがいたんだ」と言わせたいと思って。


吉野真由美

初対面の人に心を開いてもらうためにすべきことはただひとつ。相手に「この人は自分を理解してくれている」と思ってもらうことです。


やましたひでこ

「断捨離」は、ヨガで学んだ、断行、捨行、離行という、欲望を断ち、執着から離れるための考え方がベースになっています。従来の整理術との違いは、モノを収納していくのではなく、捨てて必要最小限までモノを絞り込んでいくところ。断捨離で不要なモノを捨てると、モノへの執着がなくなります。こうして心にゆとりを持つことで、生き方まで変えてしまう方法なのです。


辻慎吾

できるはずがないと言われていることに挑戦するから森ビルなのだというDNAを受け継いでいく。


常盤百樹

料金の値下げの努力に加え、現在取り組んでいるのが、非価格競争力の強化です。これは、信頼され選択される四国電力をどう作り上げていくかということです。このためお客様の立場に立った発想で、積極的に現場に出向いて提案しサポートしていく体制づくりを強めているところです。


川畑のぶこ

人とのつき合い方も、モノの片づけと同じように見直しが必要ですね。「必要のない人間関係に縛られていないか」といった問いも出てくることでしょう。これは非常に難しいテーマです。多くの人が、人間関係のしがらみを捨てられずにストレスを溜めていることでしょう。そこで重要なのは、「その関係を続けた結果、達成できる何かがあるか?」を問うことです。我慢の末に達成感やメリットを得られるなら、捨てる必要はありません。


古川裕倫

上司と強く衝突してしまうようなイザというときのために、日々廊下とんびになって(社内の廊下をうろうろして)人脈を築いておく必要があります。フェース・トゥ・フェースでコミュニケーションすると信頼関係も厚くなります。いい意味で油を売って社内ネットワークをつくるのとつくらないのとでは、イザというときの協力体制が全く異なります。