名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上知子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上知子のプロフィール

井上知子、いのうえ・ともこ。日本の臨床心理士。メンタルサポート団体「Joyit」代表。著書に『人づきあいがラクになる「心理学の教え」』。

井上知子の名言 一覧

仕事は組織で行うもの。勝ち負けよりも、協調の方が大事です。批判されても勝とうとせず、相手を共同戦線に引っ張り込むのがポイントです。


「勝つのは自分か相手か」という二択の発想では、仮に勝っても、自己満足しか残らない。相手との協調関係が失われ、「自分にはない視点」という宝物を失うことになりかねません。


丸投げ的な業務アサインで通じる人もいれば、もっと細かいサポートが必要な人もいる。パフォーマンスを引き出すためには、ミスを責めることではなく、その人に応じた「ミスを出しにくい仕組み」を整えることが大切です。


仕事上の問題で原因を追及するときは、ヒトではなく、仕組みの問題に落とし込んで解決策を考えるといい。仕組みという側面から見直すと、違う問題が浮かんでくる場合もある。改善案は、職場全員で話し合って決めるのがいいでしょう。


井上知子の経歴・略歴

井上知子、いのうえ・ともこ。日本の臨床心理士。メンタルサポート団体「Joyit」代表。著書に『人づきあいがラクになる「心理学の教え」』。

他の記事も読んでみる

久瑠あさ美

なぜ、心がすり減ってしまうのか。確実に言えることは、心の視点が低くなっているからです。たとえば、威圧的な上司に接して、彼に振り回されているという悩みをよく聞きます。いつまで続くのかなと考えて、気持ちがマイナスに働く。すり減ります。でも、未来は変えられるんですよ。マイナス経験は、過去に過ぎない。未来を変えるには、こういう自分と上司でありたいという理想のイメージを描く。そのためには、視点を上げるんです。上司が嫌いだとか、過去にこんな嫌味を言われたとかいう低い視点から上げなきゃいけません。自分と上司、という関係を、客観的な視点で見てみる。そうすれば、いつもの小言も、少し余裕を持って聞けるはずです。さらに、上司と一緒にいい仕事をして、成果を挙げるイメージまで視点を上げる。自分がそうありたいビジョンの中では、もう上司は敵ではなく、同志のはずです。そう触って接していくと、いつのまにか上司が本当の同志になっていますよ。


倍賞千恵子

疎開先の小学校に学校放送ができて、生徒の歌を放送で流すことになり、みんなの多数決で私が選ばれました。放送室の小さな部屋の中で初めて、マイクを前にして歌いました。その小学校では、先生から放課後にピアノを教えてもらったこともあります。そうしたことを思い起こすと、子供の頃は自分で何かに向かって突き進むのではなく、誰かに選んでもらって、そこで夢ややりがいを見つけることが多かったような気がしています。高校に進学して、学校の先生になりたいと思っていた時期もありましたが、両親の勧めもあって、松竹音楽舞踊学校に進みました。


城山三郎

人生の持ち時間に大差はない。問題はいかにして深く生きるか、である。深く生きた記憶をどれほど持ったかで、その人の人生は豊かなものにも、貧しいものにもなるし、深く生きるためには、ただ受身なだけではなく、あえて挑むとか、打って出ることも肝要となろう。


菅谷太一

当社の営業マンは歩合給ではありません。歩合給だとどうしても「売りたい」という気持ちが強くなり、ときにお客様の利益を度外視してしまう恐れがあるからです。


ゲーリー・ベッカー

世界は変わり続けており、常に新しいことを学び続けなければなりません。


山中伸弥

スライド作りの基本は、「できるだけシンプルにする」こと。文字でなく、絵が主役と言っても過言ではない。私は、プレゼンは紙芝居だと思っています。見せるのはあくまで「絵」であって、「文字」ではありません。聞いている人がスライドの絵を見て、「何?」と思ったところで、その絵に合った話をする。


赤塚保

余剰人員が出たら何か仕事をさせておいた方がいい。仕事をして売り上げを上げさせていくと元気が出る。


松本淳志

大学を卒業して大手SI企業に就職し、コールセンターシステムの専門的なノウハウを学びました。一方で、仕事の満足感はなかなか得られませんでした。顧客の要望に応えたくても、大企業の枠組みの中で様々な制約があり、対応できないことが多かったからです。特に欠けていたのは柔軟性とスピードでした。たとえば「できるだけ早く欲しい」というお客様の要望に応えて1日で作ったシステムが、社内の稟議や審査でお客様に届くのが1か月後といったことは日常茶飯事。これではとてもお客様のニーズを満たすことはできないと感じました。


山崎悦次

カレー専用スプーン「サクー」には、スプーンを再発明する意気込みで臨みました。カレーライスがどのように食べられているのか。市場調査を繰り返して、顧客の様々な要望を徹底的に研究して商品化しました。


堤康次郎

俗に「かさけと自惚れのないものはない」というが、人一倍自惚れの強い私も、度重なる失敗にもはや精根尽きた。堤の家を立派にしてくれと慈愛の権化のように私を育ててくれた祖父に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
【覚書き|多くの事業に手をだし失敗した当時を振り返っての発言。かさけとは梅毒系の皮膚病で、おできの原因となる病気。昔は一般的な病気だった】


梅原猛

仏教の精神は遺伝子の中に含まれています。それは、自己を生きながらえさせようとする自利の要素と、自分を犠牲にしても子孫を残そうとする利他の要素です。


本田宗一郎

いや、いいんだよ、その油まみれの手がいいんだ。俺は油の匂いが大好きなんだよ。
【覚え書き|本田氏がある社員と握手をするために手を差し出した。その社員は握手をためらった。自分の手が仕事で油まみれなので本田氏の手を汚してしまうと思ったからだった。上記はその社員への言葉】