名言DB

9425 人 / 110833 名言

井上真央の名言

twitter Facebook はてブ

井上真央のプロフィール

井上真央、いのうえ・まお。日本の女優。神奈川県出身。明治大学文学部卒業。4歳で劇団東俳に入団。5歳から子役として活動。大学進学のため一時休業後、テレビドラマ『花より男子』シリーズで連続ドラマ初主演。その後数多くの作品に出演。主な受賞に橋田賞新人賞、アカデミー賞最優秀主演女優賞、エランドール賞新人賞ほか。

井上真央の名言 一覧

一人で苦しんでいたなら、とっくに逃亡していたかもしれませんね。人との触れあいが私を支えてくれています。


演じることは最終的には自分との戦いなので、柔軟でありたい。


今やっていることは確実に未来につながると思っています。


私の健康法の基本は精神論。連休がたまにあると風邪をひくことのないよう注意していますし、今は倒れることのないよう気を引き締めています。


正直、同じシーンを何度も繰り返していると、「飽きているかも」と自覚することはあります。そんなときの解決法も人と話すことですね。スタッフの方々に話を聞くと、各シーンにかける熱い思いが耳に入ってくるので、私もお芝居を通して力になれるのかもと思える。現場の雰囲気やスタッフとのつながりなど、チームワークを大切にすること、「みんなでひとつの作品を作ろう」という意識を持つことが、私の原動力になっています。


心が折れそうになったり、疲れてくると、周りが見えなくなりがち。頭の中で考えていてもどうにもならないときは、人と話すようにしています。ちょっとした会話によって救われることもありますから。


井上真央の経歴・略歴

井上真央、いのうえ・まお。日本の女優。神奈川県出身。明治大学文学部卒業。4歳で劇団東俳に入団。5歳から子役として活動。大学進学のため一時休業後、テレビドラマ『花より男子』シリーズで連続ドラマ初主演。その後数多くの作品に出演。主な受賞に橋田賞新人賞、アカデミー賞最優秀主演女優賞、エランドール賞新人賞ほか。

他の記事も読んでみる

大谷義武

当社の理念に共鳴していただいた方に、将来の「安定」を提供するのが我々の目指すところ。そのためには不動産投資のみならず、生命保険やオペレーティングリースなど、不動産投資以外の資産運用に対するアドバイスも行なわせていただいています。オーナー様に最新の知識を得ていただくとともに、オーナー様同士が交流する場である「オーナーズクラブ」を開催しているのも、長いおつきあいを意識しているからこそです。


童門冬二

日本人には一つの考え方の癖があります。「何を」という内容を重んずるのか、あるいは「誰が」それをやっているかという人を重視するのか、どちらかを選ぶ際、後者をとる癖です。たとえどんなによいことであっても、やり手が気に食わなければ人はついてきません。


立石剛

漠然と独立したいと考えている人も、第三者に説明することを前提にすれば、「なぜ、何のために独立という道を選ぶのか」が見えてきます。外的な要因だけの人は転職でもいいはずなので、「なぜ独立でなくてはならないのか」を問いかけてみましょう。内なる動機や目的を明確に説明できないなら、自分の中に迷いがある状態です。


村山大

大事な商談の際には、絶対に遅刻したくないので、訪問先が、たとえ近県であったとしても、あえて前泊することにしています。以前、地方での商談で前泊したにもかかわらず、前夜からの大雪で翌日のタクシー手配ができなかったときは、アポイントは昼の12時からでしたが、朝4時にタクシー会社に出向き、10時まで待機してもらいました。約束の時間に平然と現れた私に、相手はビックリ。「この大雪では新幹線も泊まり、タクシーも拾えなかったはずでは? よく来てくれましたね!」と、大きな契約につながりました。


徳重徹

ボウリングに例えると、重点事項はヘッドピンに似ている。僕たちベンチャーは常にトラブルまみれだが、ヘッドピンを倒すことで、一挙に解決してしまうことがある。逆にそれに失敗すると何本かレーン上に残ってしまい、それを倒すのに神経を使わなければならなくなる。まさに、些末な仕事に忙殺されている姿だ。


高岡浩三

ロングセラーをつくる唯一の鉄則は、イノベーションで新しいセグメントを創造すること。なぜなら、ライバルが出てくるまで、そのセグメントを独占できるから。


大野裕

気持ちが動揺したときには、考え方が極端になりすぎていないか確認してみましょう。そうすれば、自分をより客観視できるようになります。


アンジェラ・ダックワース

そのことが好きで道を究めようとする人には、「どこまでやり抜けばいいのか」という意識すらありません。彼らには決して終わりがないのです。「これで頂点に立てた!」と考えたり、一定のレベルに到達しようとしたりするのではなく、「前進し続けるのみ」といった人ばかりです。


サイモン・クーパー(経営者)

どんなにベテランになっても、毎朝のラインナップ(朝礼)でクレドに書かれた「サービス・バリュー」を日々確認します。また、ラインナップでは、対話を通じてクレドの内容をより深く理解していきます。


江上剛

ビジネスマンは、たとえ会社にいなくても、24時間ずっと仕事のことが頭の片隅にあるものです。それが苦になるかどうかは、好きで取り組んでいる仕事なのか、人にやらされている仕事かによります。まずは、仕事を楽しめるようになること。それが本当に必要な働き方改革ではないでしょうか。