名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上真央の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上真央のプロフィール

井上真央、いのうえ・まお。日本の女優。神奈川県出身。明治大学文学部卒業。4歳で劇団東俳に入団。5歳から子役として活動。大学進学のため一時休業後、テレビドラマ『花より男子』シリーズで連続ドラマ初主演。その後数多くの作品に出演。主な受賞に橋田賞新人賞、アカデミー賞最優秀主演女優賞、エランドール賞新人賞ほか。

井上真央の名言 一覧

一人で苦しんでいたなら、とっくに逃亡していたかもしれませんね。人との触れあいが私を支えてくれています。


演じることは最終的には自分との戦いなので、柔軟でありたい。


今やっていることは確実に未来につながると思っています。


私の健康法の基本は精神論。連休がたまにあると風邪をひくことのないよう注意していますし、今は倒れることのないよう気を引き締めています。


正直、同じシーンを何度も繰り返していると、「飽きているかも」と自覚することはあります。そんなときの解決法も人と話すことですね。スタッフの方々に話を聞くと、各シーンにかける熱い思いが耳に入ってくるので、私もお芝居を通して力になれるのかもと思える。現場の雰囲気やスタッフとのつながりなど、チームワークを大切にすること、「みんなでひとつの作品を作ろう」という意識を持つことが、私の原動力になっています。


心が折れそうになったり、疲れてくると、周りが見えなくなりがち。頭の中で考えていてもどうにもならないときは、人と話すようにしています。ちょっとした会話によって救われることもありますから。


井上真央の経歴・略歴

井上真央、いのうえ・まお。日本の女優。神奈川県出身。明治大学文学部卒業。4歳で劇団東俳に入団。5歳から子役として活動。大学進学のため一時休業後、テレビドラマ『花より男子』シリーズで連続ドラマ初主演。その後数多くの作品に出演。主な受賞に橋田賞新人賞、アカデミー賞最優秀主演女優賞、エランドール賞新人賞ほか。

他の記事も読んでみる

大倉忠司

私どもも30年以上やってきましたから、既存店売上高が落ち込む経験は、過去に何度もしてきました。リーマンショックの少し後に、低価格居酒屋が乱立したときもそうです。客単価が3000円以上の店が急に苦しくなって、均一価格にかなり参入してきたんです。これはもう外食の宿命です。その結果、2010~11年ごろは既存店売上高が前年同月の95%くらいで低迷しました。ただそれも、1年半くらいかけて回復していきました。お客様が戻ってきてくれたんです。特別なことをしたわけではありません。慌てず、ブレずに、しっかりとした品質の商品・サービスを提供し続けた。それだけです。当社の歴史を振り返ると、そんなことの繰り返しです。


平野友朗

原則として、メールでは叱らない方がいいでしょう。一方、メールで褒める効果は大変高いです。


立石豊

企業にはそれぞれ個性がありますから、その会社に合った働き方改革があるはず。弊社の場合、それはコミュニケーションをより密接にすることでした。その会社に応じた働き方改革が、今後はより求められるのではないでしょうか。


塚越寛

経済競争=安売り競争と思っている経営者が多くいるのは残念なことです。我々の育った昔、値段を安くして売ることは、経営者にとって恥ずかしいことだった。なぜこうなったかというと、ある時期から商道徳が欠けたからです。どうあるべきかが欠けたのです。


和田秀樹

損得を見極めるには、いろんな角度で眺めることが大事です。たとえば、貧乏クジを引かされたような仕事が回ってくることはないですか? 誰かの代理の役目であるとか、誰かの補佐に回るような仕事です。でも、見方を変えればチャンスであり、得かもしれません。代理の仕事はそつなくこなすだけで合格点がもらえます。補佐する相手は仕事ができる人間が多いので、そのやり方を間近に学ぶこともできます。目先の利益だけを追わずに、長期的な視点を忘れないでください。


納富貞嘉

個々のスキルを高く保つこと、そして新しい技術にも取り組んで行く姿勢は起業して以来ずっとこだわりを持ち続けています。ITの世界は日進月歩のため、技術をキャッチアップするのは容易ではありません。でも、そこにとにかくこだわっていく。


貞末良雄

いくら商品がよくても、価格が高かったり在庫を抱えたりすると経営は傾く。


高田旭人

私は中学、高校のころから親の会社を意識していて、大学も就職も、どういう経歴を歩めば将来役立つかと考えてきました。親からは何も言われませんでしたが、コネで入社したのかと思われるのが嫌だったので、当初は合格できるレベルではなかった東京大学を受験し、1浪の末に合格することができました。就職も仕事が大変だと定評があった野村証券を選び、とても勉強させていただきました。


島正博

自分たちで新しい機械を開発するのは大変な労力を使いますが、先に苦労して良いものを作っておくとお客様からの信用も広がっていきます。


鈴木幸一(経営者)

私が事業を始めた時は、「インターネットは20世紀で最後の技術革新なのだ。米国に負けていられない」という思いで必死でした。大きな意味で言えば、確かにインターネットは世の中全体の仕組みを変える存在になったと思います。日本の社会も世界に少し遅れながら変わってきていますね。


高田旭人

父は昭和の高度成長期に創業し、強いリーダーシップで会社を引っ張ってきた。私自身は意志決定をボトムアップ式にしたり、働き方も見直したりと組織の在り方を大きく見直しています。それでも、経営の根本は父と同じ。ジャパネットの強みを磨き続けていこうと考えています。


日野江都子

あまり「こうなりたい」というあこがれのイメージを前面に出すのは危険。自分の本質以上に自分の印象を能力の高いものに作り込めば、当然他者からの期待値を高めることになります。すると、印象と実際の能力のギャップはすぐに判明し、信用をなくし、痛い目を見るのは自分だからです。一種の誇大広告のようなもの。