井上真央の名言

井上真央のプロフィール

井上真央、いのうえ・まお。日本の女優。神奈川県出身。明治大学文学部卒業。4歳で劇団東俳に入団。5歳から子役として活動。大学進学のため一時休業後、テレビドラマ『花より男子』シリーズで連続ドラマ初主演。その後数多くの作品に出演。主な受賞に橋田賞新人賞、アカデミー賞最優秀主演女優賞、エランドール賞新人賞ほか。

井上真央の名言 一覧

一人で苦しんでいたなら、とっくに逃亡していたかもしれませんね。人との触れあいが私を支えてくれています。


演じることは最終的には自分との戦いなので、柔軟でありたい。


今やっていることは確実に未来につながると思っています。


私の健康法の基本は精神論。連休がたまにあると風邪をひくことのないよう注意していますし、今は倒れることのないよう気を引き締めています。


正直、同じシーンを何度も繰り返していると、「飽きているかも」と自覚することはあります。そんなときの解決法も人と話すことですね。スタッフの方々に話を聞くと、各シーンにかける熱い思いが耳に入ってくるので、私もお芝居を通して力になれるのかもと思える。現場の雰囲気やスタッフとのつながりなど、チームワークを大切にすること、「みんなでひとつの作品を作ろう」という意識を持つことが、私の原動力になっています。


心が折れそうになったり、疲れてくると、周りが見えなくなりがち。頭の中で考えていてもどうにもならないときは、人と話すようにしています。ちょっとした会話によって救われることもありますから。


井上真央の経歴・略歴

井上真央、いのうえ・まお。日本の女優。神奈川県出身。明治大学文学部卒業。4歳で劇団東俳に入団。5歳から子役として活動。大学進学のため一時休業後、テレビドラマ『花より男子』シリーズで連続ドラマ初主演。その後数多くの作品に出演。主な受賞に橋田賞新人賞、アカデミー賞最優秀主演女優賞、エランドール賞新人賞ほか。

他の記事も読んでみる

松井忠三

「困っているから、教えてほしい」と素直に頼めば、案外、応じてくれるものです。私が会社の業績を立て直そうとしていた時は、しまむらやキヤノン電子、トリンプ・インターナショナル・ジャパンなどが協力してくれました。企業を個別に訪問するのが難しいのであれば、セミナーで講師をしている他社の人に、直接聞くこともできますよ。


高島宏平(髙島宏平)

ネットスーパー以外にも、生鮮を扱うカタログ通販など、外部から競合と思われる事業者もあります。しかし子細に見れば、そういった企業と当社は事業構造が異なることが分かります。野菜は天候などで大きく収穫が左右されます。しかし、実際の店舗や通販会社がチラシやカタログに商品を掲載する場合、欠品は絶対に許されない。そのため事業者は、在庫を厚くせざるを得なくなり、人件費や広告費などもかさむことになります。一方、当社のようにインターネットでの販売を前提にビジネスを組み立てていれば、在庫がなければサイトから引っ込めれば済みます。生産量や需要に応じて柔軟に対応することが可能で、店舗運営の人件費や広告費も抑えられます。似たような事業のように見えても、ネットに最適化したモデルを持つ我々と他社とでは、土俵の違う勝負をしています。私があまり「競合相手」を意識しないのは、こういった要因によるのです。


佐久間俊行

スタッフと一緒にすごしてきた時間は裏切りません。時を共有する中で価値観や想い、夢を理解し合ってここまできました。そこには絶対の自信を持っていると同時に、まだまだと謙虚な気持ちも持ち続けています。私はこれからも経営者であると同時に、スタッフにとって力になれる仲間でありたいと思っています。どんなに優れた書籍にも書いていない、どんなに素晴らしい勉強会でも得ることのできない生きた学びに、一撃の仲間たちと日々触れていることに、私は誇りと自信を持っています。


山本俊之

あえてペットオーナーに目を向けた製品開発しないことを心がけています。ロイヤルカナンの価値観は「Dog and Cat First――すべては犬と猫のために」であり、犬や猫考えます。例えば、当社のフードのにおいはオーナーには強く感じられるかもしれません。また、形も見た目に楽しいわけでもありません。でもそれは、栄養バランスや形、大きさ、においまで、すべては犬と猫のために作られているからです。結果的にペットが健康で長生きすることが、何よりもペットオーナーのためになります。


前川孝雄

部下の長所や強みをみること。部下は、上司に認めてもらうと、感謝の気持ちがいっそう強まり、何かお返しをしようとさらに好意的になります。欠点や課題ばかりではなく、部下のいいところをみる努力をしましょう。


山本為三郎(経営者)

渡辺崋山の商人訓のなかで、私の記憶にあるもうひとつの戒めは「近所に同業ができたら、よしみを厚くして相励め」ということである。これは実にいい言葉だと思う。同業は競争者ではないという精神である。この精神があるからこそ、大阪の道修町は町の端から端まで4、5丁の間、全部薬屋でやっているし、また本町といえば、昔から繊維業者ばかりが軒を並べている。ときに消長はあるにしろ、こうしてみんな何代、何十代と続けていくのは結局、よしみを厚くして相励んでいるからではなかろうか。


遠藤功

米国の場合、やる気のない人はすぐにクビになって人材が新陳代謝するから、基本的には組織にはやる気のある人しかいません。また、クビになるリスクを感じているから一生懸命仕事をする。日本企業も「ぶら下がり社員」がいなくなって、やる気のある社員だけでやればマネジメントの質も良くなり、必ず浮上します。ただしソーシャルセキュリティーのネットワークがないから、大企業が余剰人員を切るようになれば、失業率は2ケタに跳ね上がるでしょう。これが根本的な問題だと思います。


マーク・ベニオフ

失敗の歴史を持ち、失敗について学んでいることが重要。本当の意味で成功する会社は失敗のリスクを受け入れている。


宮田博文(経営者)

トラック運転士にとって、交通事故は最も辛く、苦しく、しかし絶対に目を背けてはいけない問題です。安全のために様々な取り組みを続けていますが、どうしても限界があります。運転士の心に「ゆとり」や「優しい気持ち」がなければ事故はなくならない。


遠藤憲一

自分の中を通さないと地に足のついた人物にならない。もちろん犯罪者とか理解できないやつもいるけどね(笑)。それでも、「こんな気持ちがあったから罪を犯したのか?」と何かしらリンクするものは探します。
【覚え書き|役作りについて】


カント

私は孤独である。私は自由である。私は自分自身の統治者である。


山本一力

旅行会社に勤めていた時のこと。先輩から秋田の「竿燈(かんとう)祭り」について聞かれて、軽はずみに「知っている」と答えたら「バカヤロー、お前が何を知っているんだ、言ってみろ」と言われて、頭をゴツンとやられたことがあった。生半可な知識で「あー、あれでしょう」って言った自分が情けなくなった。自分は何も知らないということに気づいたんだ。「写真で見ただけ、文字で読んだだけでは祭りを知っているとは言えない。実際に、時間とお金をかけてその場に行ってみないと、あの竿の迫力、竿燈が近づいてきた時の熱さはわからない。そこまでわかって、初めて知っていると人に言えるんだ」と。とにかく中途半端なことをしてはいけないと教わった。この姿勢は、いまでも変わらない。


浮世満理子

精いっぱいやって力を出し尽くしたと自己承認できれば、たとえ結果が悪くてもショックを引きずらなくなる。


松岡修造

自信がなくても、自信が持てるところまで頑張るために、やればできると信じ込むしかない。


横田南嶺

特に上に立つ人は孤独です。孤独との戦いといってもいいでしょう。常に全体を感じ取り、何事も腹で受け止めて、腹で考えていく覚悟が必要。


ページの先頭へ