名言DB

9412 人 / 110637 名言

井上真一(牧野フライス製作所)の名言

twitter Facebook はてブ

井上真一(牧野フライス製作所)のプロフィール

井上真一、いのうえ・しんいち。日本の経営者。工作機械メーカー「牧野フライス製作所」社長。静岡県出身。北海道大学大学院工学研究科修了後、牧野フライス製作所に入社。開発本部副本部長、取締役、営業本部長などを経て社長に就任。

井上真一(牧野フライス製作所)の名言 一覧

100年企業を目指し破壊的な変革に取り組む。


工作機械は安定的に動き続ける信頼性が命です。工作機械の主軸は新幹線の車軸の10倍の速度で回転し、休まずに金属を加工するタフさが求められます。ですから品質とは信頼性で、その先に納期や価格などの話があります。当社の企業理念、「品質第一」を徹底的に守っていく覚悟です。


改めて重要だったと思うのは、長期的な視点に立って航空機向けを続けさせてくれた牧野二郎前社長ら経営陣の揺るぎない姿勢です。当初は収支も厳しい状態でしたが、我々技術者を顧客対応に集中させてくれました。


井上真一(牧野フライス製作所)の経歴・略歴

井上真一、いのうえ・しんいち。日本の経営者。工作機械メーカー「牧野フライス製作所」社長。静岡県出身。北海道大学大学院工学研究科修了後、牧野フライス製作所に入社。開発本部副本部長、取締役、営業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

三木谷浩史

日本が独自の文化をはぐくむことができたのは、周囲の大海によって世界から分断されていたからだ。楽天にとって有利だったのは、その周囲の大海と同じ役割を果たす言語の壁が日本を取り囲んでいたということだ。僕たちは英語圏のライバルの攻撃にさらされる前に、日本独自のインターネット文化をどうにか育てることができた。もちろん、言語障壁が、いつまでも日本の企業を守ってくれるわけではない。現在の日本の政治や経済の仕組みを考えれば、日本が外国企業の草刈り場になってしまう可能性も決して低くはない。


谷原誠

私の経験から思うに、強引に主張してくるタイプの人は、ひとつの物事に対して使えるエネルギー量が決まっています。ですから、話す機会を何回かに分けることで、こちらが耐えられる範囲でエネルギーを消費させることができるのです。


北島康介

勝つとか負けるとかにこだわりはないです。自分の泳ぎを完成させるということしか考えてない。


マギー司郎

芸というのは、社会のゆとりで生かしてもらっていく世界。満遍なくみんなに心地よくなってもらって、生かしてもらわなきゃ。お客さんのゆとりを失わせちゃいけないの。見たくないなら、ムリして見なくていいですよって。寝ているなら、静かにやりますねって。


牛窪恵

たとえ部下が失敗しても、それまでの頑張りにはちゃんと意義があったことを伝えてください。できれば、「今回の結果から、こういう新しい学びが得られたことは、このチームにとっても意味があったよね」などと、本人だけでなく周囲の人たちにも、この失敗は意味があったのだと伝えるのがベストです。


小室淑恵

仕事が速い人と遅い人の違いは、まず上司から仕事を受け取るときの確認の仕方です。「はい、わかりました」と快く仕事を引き受けたものの、いざ作業に取り掛かろうとすると「あれ?上司はどのような方向性を望んでいるのだろう」と疑問になり、改めて確認しようとする。ところが、そのときには上司は外出していて、すぐに確認が取れない。仕方なく自分なりの仮説で作業を進め、上司が戻ってきたところで確認すると、「全然違うよ」と言われて、ほぼ一からやり直し。仕事が遅い人には、こういったケースが多く見られます。


村上太一

子供のころから経営者になりたいと思っており、高校に入学すると、本格的に起業の準備を始めました。創業メンバー探し、簿記二級などの資格取得、そして起業に向けた読書を始めたのもこの頃です。ビジネスの発想法や着眼点、アイデアを現実に落とし込む方法などをビジネス書などから学ぼうと考えたのです。ひと月に10~20冊は読んでいたと思います。


村山康夫

化学を学んだことによって、何でも「なぜ」と追求する習慣や、ものごとの考え方が身につき、30年以上の会社生活でも役に立ってきたと思います。


平賀敏

経営者というものは、きちんとした組織をつくって、そこに適材を当てはめていくように努力しなければならない。


小路明善

数字やデータだけで決断できるなら、コンピュータにやらせればいい。でも、商品の味やパッケージをよいと思うかどうかは、感性の世界です。そこは人間にしか判断できないこと。そして感性を磨くには、マーケットに出てお客様や流通関係者の方の生の声を繰り返し聞くしかない。私も社内の会議は月曜にまとめて入れるようにして、火曜から金曜は外へ出てマーケットに足を運ぶようにしています。それを積み重ねることでしか、自分の感性に自信をもつことはできませんから。


杉山博孝

三菱地所は、グループ全体では約8000名の社員がいますが、本体は約600名と、少ない人数でさまざまな事業をやっています。事業間のコミュニケーションが非常に近く、縦割りの専門性に陥ることがありません。それでいて個性的な人間が多いのです。


澤上篤人

成熟経済となって久しいのに、いまだに日本では国があれこれ関与しすぎである。いつの時代でも、新しいビジネスを創出して事業を拡大するのは、民間の仕事と決まっている。事業意欲の強い人たちには儲けようというインセンティブがあるからこそ、誰も手を出していない分野にリスクを取って踏み込んでいけるのだ。


桜井醜

せっかく個人が同意して、微に入り細に入りの顧客データを手にしたのだから、企業は顧客のライフステージにマッチした商品提案に活用しない手はありません。たとえば、開封率が高い請求書などの通知物に、販促的な要素を組み込むトランスプロモーションと呼ばれる手法にも活かすことができるのです。


松本晃(経営者)

100という目標を立てて、90しかできない奴は言うまでもなくダメです。じゃあ、110だったら素晴らしいのかといえば、そうではない。それは目標設定の仕方がいい加減だったか、1年先を見通す力がなかったかのいずれかであり、ビジネスマンとしては失格なんです。リーズナブルでアチーバブル(達成可能)な目標を立てたら、100~101の間にピシャリと収める。これが一番正しい仕事のやり方なのです。


渡辺秀一(経営者)

僕も65歳。薬はあまり飲みませんが、健康に対する投資はしています。人間ドックや歯の治療を受けるとか、スポーツジムに通うとか。食べ物も意識しますし、若く見えるように服装も気遣う。「医療・健康・美」と考えれば、自由な発想になれます。