名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上真一(牧野フライス製作所)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上真一(牧野フライス製作所)のプロフィール

井上真一、いのうえ・しんいち。日本の経営者。工作機械メーカー「牧野フライス製作所」社長。静岡県出身。北海道大学大学院工学研究科修了後、牧野フライス製作所に入社。開発本部副本部長、取締役、営業本部長などを経て社長に就任。

井上真一(牧野フライス製作所)の名言 一覧

100年企業を目指し破壊的な変革に取り組む。


工作機械は安定的に動き続ける信頼性が命です。工作機械の主軸は新幹線の車軸の10倍の速度で回転し、休まずに金属を加工するタフさが求められます。ですから品質とは信頼性で、その先に納期や価格などの話があります。当社の企業理念、「品質第一」を徹底的に守っていく覚悟です。


改めて重要だったと思うのは、長期的な視点に立って航空機向けを続けさせてくれた牧野二郎前社長ら経営陣の揺るぎない姿勢です。当初は収支も厳しい状態でしたが、我々技術者を顧客対応に集中させてくれました。


井上真一(牧野フライス製作所)の経歴・略歴

井上真一、いのうえ・しんいち。日本の経営者。工作機械メーカー「牧野フライス製作所」社長。静岡県出身。北海道大学大学院工学研究科修了後、牧野フライス製作所に入社。開発本部副本部長、取締役、営業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

その仕事が業績という目標に向かっている仕事なのかを、常に確認していることが大事なのです。


山崎元

私は転職は猿の枝渡りだというんです。意味は次の枝をつかんでから、いまの枝から手を離せという意味です。地上に落ちた猿は弱い。無職の状態も同じです。


鈴木博之(経営者)

ベンチャーが求めるものといえば資金や販路が中心になると思われがちですが、精神的なサポートを必要としている起業家が想定よりも多いことにも気付きました。そこで、グランフロントの「大阪イノベーションハブ」と連携し、2か月に1回のメンタリングを実施しています。


安藤百福

事業構造とは一歩ずつ積み重ねた結果である。踏み固めた基礎がないと砂上の楼閣となり、またたく間に瓦解してしまう。中小企業は何から何まで自分で工夫しなければならない。余計な資金がないから一歩ずつ着実に踏みしめる健全性がある。そういう小さな大企業になりたい。


窪山哲雄

いまのような乾いたIT社会では、人はむしろ潤いを求めています。世の中のIT化が進めば進むほど、情緒的でアナログな人間関係が求められるようになっていくはずです。


海老一宏

かつて「縁」と「恩」を感じた人は、特にリスト化して定期的に連絡を取っています。後から喧嘩をしようが何をしようが、縁は縁だし恩人は恩人。こちらが大事にしていれば、そっぽを向く人はあまりいません。こういう人は、損得抜きで見返りを求めない客観的なアドバイスをしてくれます。


林野宏

島国の中で、無難なやり方で考える発想ではなく、ボーダレスに考えていくことが重要。


王貞治

努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。


竹内弘高

ハーバードの卒業生は、困難に直面しても、どこか余裕たっぶりに見えます。それはおそらく、学生のときに大量の予習と向き合ってきた経験があるからです。予習しなければ議論に参加できないというプレッシャーを何度となく乗り越えてきた経験が、人生にゆとりを持たせるのです。


小林弘幸

他人を憎いと思ったとたんに、血管はぎゅっと収縮します。そしてお酒を飲みながら悪口なんか言い始めると、だんだん興奮して抑制が効かなくなっていく。これはパニック症候群によく似た状態です。体にも心にも何もいいことなんてありません。


谷原誠

誘導質問をされると、相手の都合のよい展開にどんどんなっていく。それを不快に感じる人も多い。誘導質問とは知らずに使っている人は、それを自覚した方がいい。例えば、モノが売れても、売った人や商品、企業の評判が落ちてしまう危険性がある。相手が後で「騙された」と苦情を寄せてトラブルに発展するケースもあります。


津田秀樹

食べるという行為自体が楽しいことなので、食べながら怒るというのは難しいものです。揉める話は食べながらするとよいといいますが、そういう意味においても、目上の人に機嫌よく話してもらうには、好きな食べ物の話をしてもらうことが一番でしょう。