井上真一(牧野フライス製作所)の名言

井上真一(牧野フライス製作所)のプロフィール

井上真一、いのうえ・しんいち。日本の経営者。工作機械メーカー「牧野フライス製作所」社長。静岡県出身。北海道大学大学院工学研究科修了後、牧野フライス製作所に入社。開発本部副本部長、取締役、営業本部長などを経て社長に就任。

井上真一(牧野フライス製作所)の名言 一覧

100年企業を目指し破壊的な変革に取り組む。


工作機械は安定的に動き続ける信頼性が命です。工作機械の主軸は新幹線の車軸の10倍の速度で回転し、休まずに金属を加工するタフさが求められます。ですから品質とは信頼性で、その先に納期や価格などの話があります。当社の企業理念、「品質第一」を徹底的に守っていく覚悟です。


改めて重要だったと思うのは、長期的な視点に立って航空機向けを続けさせてくれた牧野二郎前社長ら経営陣の揺るぎない姿勢です。当初は収支も厳しい状態でしたが、我々技術者を顧客対応に集中させてくれました。


井上真一(牧野フライス製作所)の経歴・略歴

井上真一、いのうえ・しんいち。日本の経営者。工作機械メーカー「牧野フライス製作所」社長。静岡県出身。北海道大学大学院工学研究科修了後、牧野フライス製作所に入社。開発本部副本部長、取締役、営業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

猪瀬直樹

人が流れの悪さを感じるのは、これまでうまくいっていたやり方が通用しなくなったときです。たとえば成績上位の営業マンが、去年と同じ売り方をしているのに、突然、成績が落ちていく。そんなときは、環境や運のせいにしても事態は好転しません。自分を取り巻く状況が変わったのなら、自分がそれに適応するしかない。流れが悪いのではなく、流れに応じてやり方を変えない自分が悪いのです。


野田憲史

もちろん全ての事業がうまくいくとは限らないので、失敗の原因は追求します。


宮内義彦

事業撤退の際は絶対に精鋭部隊に任せないといけません。「負け戦のしんがり」という言葉があるように、撤退時のしんがりは最も死傷率が高い場所。事業の撤退も難しい作業なので最強の部隊を充てるべきです。90年代前半の不動産バブル崩壊時には私が陣頭指揮を執り、士気を高く保ちながら処理をしてきました。


三ツ井創太郎

大学生だった頃、父の経営する会社が倒産しました。資金繰りに苦労する姿を見ていましたので、いつか経営コンサルタントになって、父のように困っている経営者を助けるのが私の夢でした。


宇都出雅巳

とにかく、小さなことでもアイデアを逃さないように心がけたい。そのためには、まず書き留めること。アイデアは整理されて出てくることはまずありえず、いろいろ話している中で、ヒョイと出てくるものである。その瞬間を逃さず、しっかりと記録するのだ。


田中仁(経営者)

組織のビジョンがなければ、製品やサービスで他社に勝つことはできても、会社を永続させることはできません。


オマル・エル=アッカド

小説の場合だと、目の前の作品を本当に書き上げられるのかどうか、自分自身を疑うことはしょっちゅうです。むしろ私にとって、疑うことは仕事の中心といえるかもしれません。この書き方でいいのか、これが本当に言いたいことなのか。『アメリカン・ウォー』は草稿まで1年、完成までさらに1年をかけて徹底的に手直しをしました。その間はずっと、不安や疑いとの戦いが続きました。


小川理子

耳を鍛えるには、とにかくいい音を聴くことですね。音響研究所に入ったばかりの頃、始業時間まで一時間視聴室に籠もって音を聴いていました。


古屋一樹

私は学生時代、アメリカンフットボールをずっとやっていたこともあり、戦略とチームプレーを大切にしてきました。今後も今日一日を大切にしながら、チーム一丸となって頑張っていきたい。


松田正男

授業料はできるだけ安くしたいという考えは持っております。ただ、私たちはこれ以上授業料を下げるつもりはないのです。私たちは商品に自信がありますから。
【覚書き|同業他社の値下げ合戦について語った言葉】


田中和彦

50代は「いつまで働くか」を自分で決められる状態にしておくことが重要になります。ただし「何もしない自由」ではなく、「何かしたくなったらできる自由」を獲得するのです。現在の勤務先で継続雇用される、転職を試みる、独立して起業するといった具合に、進む道は何本もあります。そして、いずれの道に進んでも大丈夫なように、いまから自分の能力を高めていくのです。


藤井良広

企業は活動の基盤となる社会の仕組みから、多様なプラス効果を受ける。これを「外部経済」と呼ぶ。健全な社会が機能してこそ、企業は収益を得られる。


大島康朋

大島産業のモットーは「ガンバル!!」です。日々当たり前の務めを当たり前に、粛々と果たしていこうという思いを込めています。そこから互いの信頼関係が生まれると、私は確信しているんです。


鈴木茂晴

今、時代小説が好きでよく読んでいます。この歳になると、日本という国の歴史は世界でも有数の豊かさだと感じます。ところが、学校教育では暗記一辺倒になっていて、歴史が面白くない。これはもったいない。子供のうちから歴史を楽しめるような環境、本を手に取れるようにしてあげたいですね。


村岡恵理

目標というのは具体的であるほうが良いと言われます。完成させたい仕事、成し遂げたい数字、身につけたいスキル。達成した自分を想像して、そこから逆算して、月、週ごとの計画を立てていると、何につけても、続けていくことの大切さ、1日1日の重みを感じます。


ページの先頭へ