名言DB

9412 人 / 110637 名言

井上直美(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

井上直美(経営者)のプロフィール

井上直美、いのうえ・なおみ。日本の男性経営者。スパリゾートハワイアンズを展開する「常磐興産」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、富士銀行(のちのみずほ銀行)に入行。常務執行役員、常務取締役、みずほ情報総研専務・社長、常磐興産顧問などを経て社長に就任。

井上直美(経営者)の名言 一覧

かつてはトップダウン型でしたが、今では組織で動いていく感じになってきました。1人が指示するよりも10人で考えた方が効率もいい。何よりもそうしなければ人が育ちません。


こんなものも商売になるよ、あんなものも商売になるよと。ある種の岡目八目ですよね(笑)。そういった試行錯誤を繰り返して、これまでは何とか凌いできた。お金がない中でも知恵を出して新しいことに取り組んできた結果だと思います。


私どもは踊り続けないといけません。フロントランナーといわれたら、フロントランナーをやり続けないといけないのです。その上で、更に発展させるためには人づくりだと思います。


危機時にはトップダウンが非常に効率的だと思いますが、平時は社員みんなが強くならなければいけない。


生き残っていくために会社を変えようよ。


仕事がアウトプット過多になり、このままではガス欠になると感じた。
【覚え書き|40代になって、学生時代の趣味だった銅版画を再開したことについて】


要は、外の目が必要だったんです。会社の中の人だと、あまり気が付かないことを外から来た人間には違う感覚がありますから、こういうのを置いたらいいじゃないかと言えます。ですから、社員には「君たちももっと顧客目線で、どんどん発想し、やってみたらいいじゃないか」と言っていたら、いろいろなことが動き始めることになったのです。


社長就任時に考えたのは、とにかくきちんと業績を上げることでした。そうしなければ、全てのことができない。足元の業績を固めないと仕方がないと考えました。エグジット(出口戦略)をやろうにも収益から全てが始まります。将来の手を考えても、それも収益から始まるわけです。


常磐興産は地方の企業です。一番目に大事なのは雇用です。これをきちんと確保する。そのためには潰れてはいけません。企業の永続性が重要です。


社長就任時、使われていない資産がたくさんありました。例えばフラガールのショーです。これまでショーは単体でした。ショーをやればそれで終わりです。それではもったいないので、ショーのDVDを作りました。他には何度も見ていただくために充実した内容のプログラムを作りました。


清掃スタッフこそ顧客満足度の最前線にいる人たち。彼女たちはフラガールと同じくらい、ホテルにとって重要な役割を担っている。そのことを形として示しました。
【覚え書き|清掃員の呼び名をアロハエンジェルに改め、制服も一新したことについて】


所要時間も少なくするため、これまで毎回洗い場で洗ってから次のお客様のために配置しておいた茶櫃の数を増やし、次にセットする茶櫃をあらかじめ前日までに用意しておくといった工夫をしました。これは傑作でした。業務ストロークが縮まるわけですからね。現場力の好見本だと想います。


私が女性の登用に期待したのは顧客目線です。当社のお客様を見ると女性が非常に多い。特に売店では男性が家のお土産を選ぶ場合、一番売れているものを買うので、あまりこだわりはありませんが、女性の場合は違います。ジーッとみて吟味するわけです。それで自分の欲しいものを買っていく。その代わり、お目が高い。そういった女性の満足に応えられる商品を置かなければなりません。また、ハワイなどの有名ブランドの商品を説明するような商品の見せ方や説明なども見直しました。女性の登用で、そういったことにも対応できるようになったのです。


事業の種は自分でも考えますし、みんなも巻き込んで考えました。例えば、50周年のときには大口株主様や一般のお客様に記念グッズを作ろうと企画した際、担当者が持ってきたのは今治のタオル。もちろん、温泉地ですからいいのですが、もっと50周年ならではのインパクトのあるものがいいのではないかと。そこで私から提案したのがフィギュア。担当者を秋葉原に行かせてきました(笑)。そして担当者に日本で最もフィギュアを作っているのは海洋堂さんだと教えると、交渉してフラガールのフィギュアを作っていただいたんです。これが好評でした。


私がメルクマール(指標)と考えたのは、それまで猶予してもらっていた借金の返済を始め、まずは震災前の外部負債の水準に戻すことでした。そのためには収益を上げていかねばならないし、一方で出費も絞らざるを得ません。つまり、お金を使わない経営をやっていくしかないと。ただ、ハワイアンズは装置産業ですから新しいものを提供していかないとお客様の興味も薄れてしまいます。ですから、最低限のことはやっていこうと。その中で私が気付いたことは、まだ使われていない資産がたくさんあるということでした。特にハードではなく、ソフトの方です。


「女性活躍推進」と社長が口だけで言っても信じませんから、女性活躍のためのロールモデルが必要で、いろいろ探した挙句、いま本部長をやっている渡辺淳子にお願いして当社の取締役に来てもらいました。彼女は富士銀行で初の女性支店長を務めた人物で、様々なところで女性を鍛え登用するなど手腕を発揮してくれまして、女性管理職も倍増しました。


井上直美(経営者)の経歴・略歴

井上直美、いのうえ・なおみ。日本の男性経営者。スパリゾートハワイアンズを展開する「常磐興産」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、富士銀行(のちのみずほ銀行)に入行。常務執行役員、常務取締役、みずほ情報総研専務・社長、常磐興産顧問などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

朝倉千恵子

お客様との会話のなかで、「私はこう思います」と言い切ってしまったら、そこで会話も途切れてしまいます。逆に、「私はこう思うのですが、○○さんはどう思いますか」と質問すれば、お客様も自分の考えを話してくださるものです。


山田明良(経営者)

本音を言えば、会社の中に自分の居場所をつくりたかったんですよ。「この方向性が必ず売れる!」と確信して始めたわけではなくて。後付けでもそう言えたらいいのですが、要は少しずつ好きなことをやったら、意外と受け入れられたんです。


土光敏夫

我々のようなメーカーにとって、研究開発こそは企業の生命を左右する。それゆえ私は、予算を大幅に削減せざるを得ない時期にあっても、研究所に対してだけは申請通り認めてきた。金が成果と結びつくというよりも、金を減らしたために所員の士気が低下するのを恐れたからである。


南場智子

「交渉」で一番よろしくないのが少しでも得をしようとブラフ(はったり)をかましたり、引き延ばしたり、複雑にしてけむに巻いたり、という手練手管です。近寄りたくないですね。スピーディーにシンプルに、そしてブラフではなく正直に、一緒に新しい価値を築く気持ちで臨みたいものです。


小松美羽

アートは人や動物だけでなく、あなたの空間さえも変化させ、魂さえも揺さぶるものだ。だからこそ、今でも人々を魅了するのだ。


中本晃

当社では定期的に企業倫理アンケート調査を行っていますが、「仕事に誇りをもっている」と「社会に貢献している」との回答は毎回高い。これが私たちの何よりの強み。創業以来137年間受け継がれた伝統でしょうね。


柳川範之

これから先、ビジネス環境がどう変化するかを正確に予測することはできません。ですから、「このスキルを身につけておけば間違いない」と言えるスキルはない。強いて挙げれば、「環境が変わったときに、その新しい環境に対応した新しいスキルを身につけられる能力」でしょう。身につけるべきは、個別のスキルではなく、環境の変化に対応できる能力なのです。


益本康男

課長クラス以上には「悩んでいる部下がいたらよく話を聞いてやってくれよ」と話しています。愚痴を聞いてやる人がいないから、優秀な人材でも落ち込む場合がある。それを防ぐためにも、社内のコミュニケーションは重要なのです。


千本倖生

我々は真っ白なキャンバスに次世代用のネットワークを一番最適なやり方で創っている。完璧な後発のメリットです。


飯田亮

なるべく大きな空想、夢を描いて、ビジネス構築をするのが大切です。小さな夢で満足しないこと。大風呂敷を広げ、地道に着実に一歩ずつ積み重ねることが大切。


磯村巌

組織改革に当たり社員にこう伝えました。「一番評価するのは新しいことに挑戦して成果を上げた人。次は挑戦して失敗した人。三番目は現状維持で成果を上げた人。一番ダメなのは何も変えず、成果もない人だ」。


三喜俊典

社長就任以来、ずっと言っているのは「日新製鋼という会社の存在感と存在価値をあげよう」ということです。弊社の商品そのものはコンビニで売っているわけではないし、テレビで宣伝をしているわけでもないですから、一般の方々の間での弊社の知名度は決して高くありません。でもそれは、考えようによってはビジネスチャンスになります。弊社のことを知らない人に知ってもらえば、いままで考えつかなかった変化が生まれる可能性があるわけですから。


飯田亮

企業は潰れるからいいんだと思う。経営に失敗しても救済されるというのでは、緊迫感がない。


アルフレッド・アドラー

人は過去に縛られているわけではない。あなたの描く未来があなたを規定しているのだ。過去の原因は「解説」にはなっても「解決」にはならないだろう。


寺尾玄

大手の経営陣がアイデアの良さを判断して投資できるはずがない。