名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上直美(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上直美(経営者)のプロフィール

井上直美、いのうえ・なおみ。日本の男性経営者。スパリゾートハワイアンズを展開する「常磐興産」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、富士銀行(のちのみずほ銀行)に入行。常務執行役員、常務取締役、みずほ情報総研専務・社長、常磐興産顧問などを経て社長に就任。

井上直美(経営者)の名言 一覧

かつてはトップダウン型でしたが、今では組織で動いていく感じになってきました。1人が指示するよりも10人で考えた方が効率もいい。何よりもそうしなければ人が育ちません。


こんなものも商売になるよ、あんなものも商売になるよと。ある種の岡目八目ですよね(笑)。そういった試行錯誤を繰り返して、これまでは何とか凌いできた。お金がない中でも知恵を出して新しいことに取り組んできた結果だと思います。


私どもは踊り続けないといけません。フロントランナーといわれたら、フロントランナーをやり続けないといけないのです。その上で、更に発展させるためには人づくりだと思います。


危機時にはトップダウンが非常に効率的だと思いますが、平時は社員みんなが強くならなければいけない。


生き残っていくために会社を変えようよ。


仕事がアウトプット過多になり、このままではガス欠になると感じた。
【覚え書き|40代になって、学生時代の趣味だった銅版画を再開したことについて】


要は、外の目が必要だったんです。会社の中の人だと、あまり気が付かないことを外から来た人間には違う感覚がありますから、こういうのを置いたらいいじゃないかと言えます。ですから、社員には「君たちももっと顧客目線で、どんどん発想し、やってみたらいいじゃないか」と言っていたら、いろいろなことが動き始めることになったのです。


社長就任時に考えたのは、とにかくきちんと業績を上げることでした。そうしなければ、全てのことができない。足元の業績を固めないと仕方がないと考えました。エグジット(出口戦略)をやろうにも収益から全てが始まります。将来の手を考えても、それも収益から始まるわけです。


常磐興産は地方の企業です。一番目に大事なのは雇用です。これをきちんと確保する。そのためには潰れてはいけません。企業の永続性が重要です。


社長就任時、使われていない資産がたくさんありました。例えばフラガールのショーです。これまでショーは単体でした。ショーをやればそれで終わりです。それではもったいないので、ショーのDVDを作りました。他には何度も見ていただくために充実した内容のプログラムを作りました。


清掃スタッフこそ顧客満足度の最前線にいる人たち。彼女たちはフラガールと同じくらい、ホテルにとって重要な役割を担っている。そのことを形として示しました。
【覚え書き|清掃員の呼び名をアロハエンジェルに改め、制服も一新したことについて】


所要時間も少なくするため、これまで毎回洗い場で洗ってから次のお客様のために配置しておいた茶櫃の数を増やし、次にセットする茶櫃をあらかじめ前日までに用意しておくといった工夫をしました。これは傑作でした。業務ストロークが縮まるわけですからね。現場力の好見本だと想います。


私が女性の登用に期待したのは顧客目線です。当社のお客様を見ると女性が非常に多い。特に売店では男性が家のお土産を選ぶ場合、一番売れているものを買うので、あまりこだわりはありませんが、女性の場合は違います。ジーッとみて吟味するわけです。それで自分の欲しいものを買っていく。その代わり、お目が高い。そういった女性の満足に応えられる商品を置かなければなりません。また、ハワイなどの有名ブランドの商品を説明するような商品の見せ方や説明なども見直しました。女性の登用で、そういったことにも対応できるようになったのです。


事業の種は自分でも考えますし、みんなも巻き込んで考えました。例えば、50周年のときには大口株主様や一般のお客様に記念グッズを作ろうと企画した際、担当者が持ってきたのは今治のタオル。もちろん、温泉地ですからいいのですが、もっと50周年ならではのインパクトのあるものがいいのではないかと。そこで私から提案したのがフィギュア。担当者を秋葉原に行かせてきました(笑)。そして担当者に日本で最もフィギュアを作っているのは海洋堂さんだと教えると、交渉してフラガールのフィギュアを作っていただいたんです。これが好評でした。


私がメルクマール(指標)と考えたのは、それまで猶予してもらっていた借金の返済を始め、まずは震災前の外部負債の水準に戻すことでした。そのためには収益を上げていかねばならないし、一方で出費も絞らざるを得ません。つまり、お金を使わない経営をやっていくしかないと。ただ、ハワイアンズは装置産業ですから新しいものを提供していかないとお客様の興味も薄れてしまいます。ですから、最低限のことはやっていこうと。その中で私が気付いたことは、まだ使われていない資産がたくさんあるということでした。特にハードではなく、ソフトの方です。


「女性活躍推進」と社長が口だけで言っても信じませんから、女性活躍のためのロールモデルが必要で、いろいろ探した挙句、いま本部長をやっている渡辺淳子にお願いして当社の取締役に来てもらいました。彼女は富士銀行で初の女性支店長を務めた人物で、様々なところで女性を鍛え登用するなど手腕を発揮してくれまして、女性管理職も倍増しました。


井上直美(経営者)の経歴・略歴

井上直美、いのうえ・なおみ。日本の男性経営者。スパリゾートハワイアンズを展開する「常磐興産」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、富士銀行(のちのみずほ銀行)に入行。常務執行役員、常務取締役、みずほ情報総研専務・社長、常磐興産顧問などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

後藤卓也(花王)

判断に必要な情報の密度は、経験を積むごとに高くなります。日々の仕事で経験する失敗や成功の積み重ねは非常に大きいわけです。


堀雅寿

シンガポール進出は、日本でヒットした缶コーヒーを世界で売るためのきっかけでした。ところが、シンガポールでは缶コーヒーを飲む習慣がなく、いくらマーケティングをしても全く売れない。そこでいち早く、現地の嗜好に合わせて、グリーンティーを中心としたお茶の開発に切り替えました。


細谷英二

企業経営にとって大事なポイントは、新しい変化に対してどれだけ対応できるかです。ある意味では、変化への対応能力そのものが経営の本質だと思います。新しい時代に対応できた企業は生き残る。対応できなかった企業は撤退や倒産をしていく。


安井義博

環境を整えたら、あとは本人たちが育つのを待つしかありません。失敗を繰り返しても、いつかは必ず成功することを信じて。新規事業開拓では、常にトップの忍耐も試されるのです。


北島義俊

バブル景気の時には、多くの会社が不動産投資などに走り、収益を伸ばしていました。当社にもお誘いがありましたが、私は否定的でした。あのころは余裕資金があったら、株式や不動産投資に踏み出さないと経営者失格だというような風潮でした。バブル景気で浮かれていた時期は、短い一瞬だったのです。あのときに本業に固執していたからこそ、今があるのだと思います。


高田明(ジャパネットたかた)

私も会社も元気なうちに引き継ぐのが大事。


岩村水樹

今は会社に長時間いなければいけない時代ではありません。むしろ、リーダーはなるべくいない方がいい。大きい方向性を示して、あとはチームの自律性とクリエーティビティーを引き出し、新しいものを生むというリーダーシップが求められています。リーダーが会社にずっといて、そこに座っている部下を管理しても、「そこにいる」ことが分かるだけで実際に何をしているのか分かるわけではありません。自分の席に座っているよりも、顧客のところへ出向いたり、チームでディスカッションしたり、店舗など市場に出て新しいアイデアを見つけることの方が大切です。


森英恵

ニューヨークに初めて行った時、デパートの地下で日本製のブラウスがたった1ドルで売られていたの。「メード・イン・ジャパン」は安物の象徴だったのです。しかも、オペラ「マダム・バタフライ」を見に行くと、主役が畳の上を下駄を履いて歩いていた。許せませんでした。恥ずかしさと、怒りが込み上げてきました。何とかしなければ……。その決意が、その後、日本人デザイナーとして、日本の布を使い、日本人の手で作った服の良さを世界で認めさせたいと、私のエネルギーになりました。


キケロ

友情において次の掟を守りなさい。厚顔無恥な事柄を要求せず、また要求された場合でも了承しないこと。


数土文夫(數土文夫)

川崎製鉄とNKKの統合をしたとき、組織も工夫しました。製鉄所などの部長は全員、統合相手の会社にあった同様のポストへ異動させました。部長を全交換したのです。部長たちは相手側の組織の中にいきなり放り込まれるわけですから、当初は違和感も少なくなかったはずです。


後藤亘

圧力をかけて無理やり従わせようとしても意味がない。皆が良い組織を作ろうと思うようになる、そのきっかけを与えるのが私の役割。だから、何より既存の社員たちの話をしっかり聞くことから始めました。


赤塚保正

「のれん」はじっと立ち止まっていては守る事は出来ません。わが社では伝統を守るために、常に時代の変化に応じて新しい事にチャレンジし続けています。