井上直美(経営者)の名言

井上直美(経営者)のプロフィール

井上直美、いのうえ・なおみ。日本の男性経営者。スパリゾートハワイアンズを展開する「常磐興産」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、富士銀行(のちのみずほ銀行)に入行。常務執行役員、常務取締役、みずほ情報総研専務・社長、常磐興産顧問などを経て社長に就任。

井上直美(経営者)の名言 一覧

こんなものも商売になるよ、あんなものも商売になるよと。ある種の岡目八目ですよね(笑)。そういった試行錯誤を繰り返して、これまでは何とか凌いできた。お金がない中でも知恵を出して新しいことに取り組んできた結果だと思います。


かつてはトップダウン型でしたが、今では組織で動いていく感じになってきました。1人が指示するよりも10人で考えた方が効率もいい。何よりもそうしなければ人が育ちません。


私どもは踊り続けないといけません。フロントランナーといわれたら、フロントランナーをやり続けないといけないのです。その上で、更に発展させるためには人づくりだと思います。


危機時にはトップダウンが非常に効率的だと思いますが、平時は社員みんなが強くならなければいけない。


生き残っていくために会社を変えようよ。


仕事がアウトプット過多になり、このままではガス欠になると感じた。
【覚え書き|40代になって、学生時代の趣味だった銅版画を再開したことについて】


要は、外の目が必要だったんです。会社の中の人だと、あまり気が付かないことを外から来た人間には違う感覚がありますから、こういうのを置いたらいいじゃないかと言えます。ですから、社員には「君たちももっと顧客目線で、どんどん発想し、やってみたらいいじゃないか」と言っていたら、いろいろなことが動き始めることになったのです。


社長就任時に考えたのは、とにかくきちんと業績を上げることでした。そうしなければ、全てのことができない。足元の業績を固めないと仕方がないと考えました。エグジット(出口戦略)をやろうにも収益から全てが始まります。将来の手を考えても、それも収益から始まるわけです。


常磐興産は地方の企業です。一番目に大事なのは雇用です。これをきちんと確保する。そのためには潰れてはいけません。企業の永続性が重要です。


社長就任時、使われていない資産がたくさんありました。例えばフラガールのショーです。これまでショーは単体でした。ショーをやればそれで終わりです。それではもったいないので、ショーのDVDを作りました。他には何度も見ていただくために充実した内容のプログラムを作りました。


清掃スタッフこそ顧客満足度の最前線にいる人たち。彼女たちはフラガールと同じくらい、ホテルにとって重要な役割を担っている。そのことを形として示しました。
【覚え書き|清掃員の呼び名をアロハエンジェルに改め、制服も一新したことについて】


所要時間も少なくするため、これまで毎回洗い場で洗ってから次のお客様のために配置しておいた茶櫃の数を増やし、次にセットする茶櫃をあらかじめ前日までに用意しておくといった工夫をしました。これは傑作でした。業務ストロークが縮まるわけですからね。現場力の好見本だと想います。


私が女性の登用に期待したのは顧客目線です。当社のお客様を見ると女性が非常に多い。特に売店では男性が家のお土産を選ぶ場合、一番売れているものを買うので、あまりこだわりはありませんが、女性の場合は違います。ジーッとみて吟味するわけです。それで自分の欲しいものを買っていく。その代わり、お目が高い。そういった女性の満足に応えられる商品を置かなければなりません。また、ハワイなどの有名ブランドの商品を説明するような商品の見せ方や説明なども見直しました。女性の登用で、そういったことにも対応できるようになったのです。


事業の種は自分でも考えますし、みんなも巻き込んで考えました。例えば、50周年のときには大口株主様や一般のお客様に記念グッズを作ろうと企画した際、担当者が持ってきたのは今治のタオル。もちろん、温泉地ですからいいのですが、もっと50周年ならではのインパクトのあるものがいいのではないかと。そこで私から提案したのがフィギュア。担当者を秋葉原に行かせてきました(笑)。そして担当者に日本で最もフィギュアを作っているのは海洋堂さんだと教えると、交渉してフラガールのフィギュアを作っていただいたんです。これが好評でした。


私がメルクマール(指標)と考えたのは、それまで猶予してもらっていた借金の返済を始め、まずは震災前の外部負債の水準に戻すことでした。そのためには収益を上げていかねばならないし、一方で出費も絞らざるを得ません。つまり、お金を使わない経営をやっていくしかないと。ただ、ハワイアンズは装置産業ですから新しいものを提供していかないとお客様の興味も薄れてしまいます。ですから、最低限のことはやっていこうと。その中で私が気付いたことは、まだ使われていない資産がたくさんあるということでした。特にハードではなく、ソフトの方です。


「女性活躍推進」と社長が口だけで言っても信じませんから、女性活躍のためのロールモデルが必要で、いろいろ探した挙句、いま本部長をやっている渡辺淳子にお願いして当社の取締役に来てもらいました。彼女は富士銀行で初の女性支店長を務めた人物で、様々なところで女性を鍛え登用するなど手腕を発揮してくれまして、女性管理職も倍増しました。


井上直美(経営者)の経歴・略歴

井上直美、いのうえ・なおみ。日本の男性経営者。スパリゾートハワイアンズを展開する「常磐興産」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、富士銀行(のちのみずほ銀行)に入行。常務執行役員、常務取締役、みずほ情報総研専務・社長、常磐興産顧問などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

三谷宏治

適性のあるなしは実は自分ではよくわかりません。たとえば私がいま取り組んでいる「教育」もそうです。教えることは前から好きでしたが、向いているかなんて考えもしなかった。でもたまたま35歳のとき弟から「兄ちゃんみたいにバリバリ仕事をしながら、かつ教えるのが好きな人は珍しい」と言われ、初めて自分がちょっと特殊な存在だと気づきました。それで「40代以降は教育だ」と決めたのです。


坂根正弘

日本と中国のように開発と生産の距離が離れてもやれるような商品があったとしたら、そういう商品について日本に勝ち目はないです。たしかに、米国のデルみたいに、開発と生産の密着度がなくてもやっていける商売はあります。でも、その商売には日本は長けていないんです。


茂木健一郎

しばしば、「ぼくはビッグになります」と言う人がいるけれども、そのような人が実際にビッグになったのを見たことがない。逆に、何も言わずにコツコツと努力をしている人は、しばらく会わない間に大きく成長して、「大化け」していることもある。個人だけではない。会社のような組織も、やたらと目標を掲げるよりは、静かにそして地道に仕事をしているほうが、結果として伸びている。


陳海騰

結局重要なのはスピードです。「検討、検討」とばかり言う人は結果も出ません。日本のベンチャーは昔の行動性をもう一度取り込めば絶対大成功すると思います。


松井忠三

時代に合わせて商品の開発の仕方を変えることで、復活することができた。


吹越満

ネタを考えるときは、たとえば近くにある吸い殻を捨てた人が何者なのか、考え続けてみたりする。それでいいアイデアが浮かぶと人に話してみて、話が弾むかどうか。その繰り返しで何かを発見する……こともあります(笑)。


田中雅子(コンサルタント)

部下を巻き込むマネジメントとは、人事考課の視点ではなく、一人一人の強み、いいところをちゃんと見極めて、活かすということ。そして自分も動いて様々な提案をしていく。「勉強会をしよう」「もっと簡単なやり方を一緒に考えよう」と。


大塚寿

人間関係をどんどん太くできる人は、ホンネで相手と向かう人。時には厳しいことを言うことはあっても、相手に不必要な不快感を与えない。つまらない嫌味を言ったり皮肉などは言わない。


堀江重郎

男性ホルモン値は時間帯でも上下し、朝は一日のうちで最も高くなります。男性ホルモン値が高いと、集中力が増し、決断力が上がって、ビジネスを成功に導きやすい。だから重要な決断は、朝のうちにすることをおすすめします。


大嶋祥誉

最も重要なのは、最初に話す「結論」が短い言葉でわかりやすく、具体的にまとまっていることです。そうすれば、根拠が多少長くても、上司は話を聞いてくれるものです。


冨安徳久

私は次の4つの言葉が人生の全てだと思っています。「どれだけ“ありがとう”と言えたか」「どれだけ“ありがとう”と言われたか」「どれだけ感謝できたか」「どれだけ感謝されたか」。


澤田秀雄

世の中の変化は激しい。以前なら10年かかったことも、いまでは数年でガラリと変わります。チャレンジをしないと時代に乗り遅れてしまう。先が見えない激動の時代だからこそ挑戦が必要なのです。


坂之上洋子

私の場合、仕事のオファーをいただいても、いきなり取りかかることはありません。先日、ある企業から新体制になるのでリブランディングをしてくないか、とのオファーがありました。すぐにブランドステートメントやウェブのリニューアルなどの実作業に入るのは簡単です。しかし私はあえてヒアリングにかなりの時間を割きました。その結果、新しく就任する社長が本当に求めているものは、社員の自主性をどう引き出すかであることが見えてきました。いま、このプロジェクトでの私の仕事内容は、新社長が最初に思い描いた内容とはかなり違ってきていると思います。


葛西敬之

結果が見えないから進めないのではなく、これをやるしかないから進めてきた。


ロミオ・ロドリゲス・ジュニア

即答すると説得力が高まる。質問の返答は、普通1秒以内。それ以上沈黙すると、「この人、何もわかっていないのでは?」と思われてしまう。何かを聞かれたら、「はい」でも「そうですね」でもいいので、すぐに返す癖をつけましょう。


ページの先頭へ