名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上直樹(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上直樹(経営者)のプロフィール

井上直樹、いのうえ・なおき。日本の経営者。「Factory Network Asia」薫事長。滋賀県出身。大阪市立大学工学部情報工学科卒業後、日商岩井(のちの双日)に入社。その後、ファクトリー・ネットワーク・チャイナ、ファクトリー・ネットワーク・アジアを設立。

井上直樹(経営者)の名言 一覧

とるべき戦略は、立ち位置や目線で変わってきます。国内だけを市場とするのか、アジアに向けて目を開くのか、それとも世界で勝負してくのか。


日本でなければならない領域は減ってきています。勇気ある撤退をすることで、企業として活きる道を探すこともできるはず。


儲かるから事業ではなく、求められているから事業ができる。


海外と比べてわかることですが、日本の製造現場での管理能力や、自己マネジメント力は素晴らしい。おいそれと真似されるものではありません。


井上直樹(経営者)の経歴・略歴

井上直樹、いのうえ・なおき。日本の経営者。「Factory Network Asia」薫事長。滋賀県出身。大阪市立大学工学部情報工学科卒業後、日商岩井(のちの双日)に入社。その後、ファクトリー・ネットワーク・チャイナ、ファクトリー・ネットワーク・アジアを設立。

他の記事も読んでみる

吉田尚記

今ってアイドルもそう。ストーリーのないアイドルは絶対にブレイクしないし、ストーリーに齟齬があると途端にお客さんが離れる。目標に向かって頑張っている彼女たち、っていうのがファンはグッとくるんです。そこに惹かれるのは人間の生理なのか。死刑囚が一番認めたくないことは「自分の人生に意味がないかもしれないと思うこと」だそうなんです。死刑になることよりも、そのことに「意味がなかったかもしれない」と思うことのほうが恐ろしく感じられる。人ってどうしても人生に意味や物語を欲しがる生き物なのかもしれない。


小宮山宏

エコシステムが重要です。東大にはTLO(技術移転機関)があって、先生たちの研究から成果を吸い上げるシステムができましたし、エッジキャピタルやアントレプレナー道場、さらに安く提供するオフィスをつくったりして、成功例が出ています。一時はベンチャーキャピタルがもっと必要と言われていましたが、資金だけ出しても仕方がありません。こうした一気通貫のシステムが必要なのです。


平田進也

僕はお客さんをいつも褒めちぎっていますけど、それに対して「そんなウソをいうて」なんていうお客様はいません。みんな「本当?その言葉、いただいておくわ」と必ず喜んでくれます。相手を褒めるときに遠慮したり恥ずかしがったりするから、ウソっぽく聞こえるんです。たとえお世辞であっても、正々堂々といえばいいと思います。


田村潤

アイデアは生まれてくるものではない。考えても思い浮かばない。人と会って情報を交換していると、あるときアイデアとして返ってくる。


堀義人

グローバル化すればするほど、個人の固有な強みが何かということが重要になってくる。


土井英司

効率より効果を重んじよ。百の駄作より一つの名作。


小杉友巳

私は仲間こそが生涯現役の一番のキーポイントだと考えています。人は一人では生きていけませんし、一人でできることも限られています。仲間とはあなたのできないことを助けてくれる人たちであり、またあなたにしかできないことで助けてあげられる人たちのことでもあります。


宮崎陽世(宮﨑陽世)

今後は「うまく生きる」から「よく生きる」へ、「規模の拡大」から「質の充実」へ、「機械化・無機化」から「実存化・有機化」へ、という3つのパラダイム変換が必要。


宮内義彦

仮に10のセグメント、箱があったとします。そのうちの1つが大きな問題を起こして大変になっていて、反対に思いもかけずワーッと伸びているところも1つある。CEOの仕事とはこの一番大事なところを見ることなんです。問題があるところは血止めして、伸びているところはもっと伸ばす。2番目に重要なところからはすべて任せると。


村岡恵理

カナダの女性作家、ルーシー・モード・モンゴメリは、10代の文学修業中の頃から、興味のある出来事や近所で起こった面白い事件、折々に感じたことをノートに記していました。十数年後、小説のヒントをさがして、古いノートを読み返している時に、自分が書いたメモに無性に惹き付けられました。「農場を手伝う孤児の男の子を希望していた夫婦の家に間違って女の子が送られてきた」。言うまでもなく、このメモの一文から、その後一世紀以上にわたり読み継がれることになる「赤毛のアン」の主人公アンが誕生しています。


市川秀夫(経営者)

サンアロマーで、事業が競争力を持ち続けるためには、過去の積み重ねを前提にするのではなく、ゼロベースで事業の基本設計を考える大切さを肌身で感じ、会得することができました。その他にも、ダイバーシティの必要性や、西欧流の交渉術やウィットの大切さなど、数多くのことを学びました。


宋文洲

延々と続く営業会議で、自分の風邪や顧客の出産を報告したところで、それが成果を生むわけではありません。営業部門に限っていえば、会議は週一回一時間あれば十分です。最初から終了時間を決め、各自が話す時間を指定して、時間内で話を終えるように促せばそれで済んでしまうものです。