名言DB

9412 人 / 110637 名言

井上直樹(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

井上直樹(経営者)のプロフィール

井上直樹、いのうえ・なおき。日本の経営者。「Factory Network Asia」薫事長。滋賀県出身。大阪市立大学工学部情報工学科卒業後、日商岩井(のちの双日)に入社。その後、ファクトリー・ネットワーク・チャイナ、ファクトリー・ネットワーク・アジアを設立。

井上直樹(経営者)の名言 一覧

とるべき戦略は、立ち位置や目線で変わってきます。国内だけを市場とするのか、アジアに向けて目を開くのか、それとも世界で勝負してくのか。


日本でなければならない領域は減ってきています。勇気ある撤退をすることで、企業として活きる道を探すこともできるはず。


儲かるから事業ではなく、求められているから事業ができる。


海外と比べてわかることですが、日本の製造現場での管理能力や、自己マネジメント力は素晴らしい。おいそれと真似されるものではありません。


井上直樹(経営者)の経歴・略歴

井上直樹、いのうえ・なおき。日本の経営者。「Factory Network Asia」薫事長。滋賀県出身。大阪市立大学工学部情報工学科卒業後、日商岩井(のちの双日)に入社。その後、ファクトリー・ネットワーク・チャイナ、ファクトリー・ネットワーク・アジアを設立。

他の記事も読んでみる

牧野正幸

細部にわたるまで正確に記憶した知識体系は固定観念となり、新しい論理を受け入れることを拒否しようとする。


北尾吉孝

時代が変われば、非常識が常識に、不可能が可能に変わることがあります。時代に合わせて、柔軟に考えることが必要です。


出口治明

「済んだことに愚痴を言う」「人を羨ましいと思う」「人によく思われたいと思う」。人生を無駄にしてもいいと考える人は、この3つをぜひやってください。無駄にしたくない人は避けていただきたいのですが、人間は3番目の「人によく思われたいと思う」ことから逃れるのが最も難しい。


鍵山秀三郎

自分を退化させず保つ方法として、自分なりの美意識や美学を備えていればこれほど望ましいことはないように思います。


杉原博茂

消費のトレンドが目まぐるしく変化する中、売り場構成や品揃えについていちいち経営陣に諮っていたら、ニーズに対応できず、チャンスロスが発生してしまう。集中型管理から分散型管理へシフトしないと、企業経営が成り立たない。


田中和彦

巻き込み力を身につけたいなら、まずは自分がたくさん巻き込まれてみることが大事。


板尾創路

客観性を持って自分を見ることができるかどうかが、その先を左右するんやないでしょうか。


中村憲剛

自分ではキャプテンシーがあるとは思っていないんですけどね。なぜか、小学校から各年代のチームでずっとやっています。俺としては「どうしてなんですかね?」と、逆に監督やコーチに聞きたい感じ。自分で振り返ってみて、選ばれる理由として思い浮かぶのは、練習中も試合中も思ったことをズバズバ言うところかな。そこは子供のときから変わっていないから。


水野敬也

僕は自分が好きな言葉を書いて壁に貼っているのですが、人が来ると外してしまいます。でも、大事な夢や目標を恥ずかしく感じるなんて矛盾していますよね。何とかしたい、何とかすべきだ、と考えました。共著者の長沼直樹と試行錯誤をして至ったのが、誰が見てもかわいらしい犬や猫の写真あって、それに合った言葉を付けた本です。
【覚え書き|ベストセラー『人生はワンチャンス!』『人生はニャンとかなる!』を企画したきっかけについて語った言葉】


小林和之

僕は営業にいけと言われたので、それだったら辞めると。そうしたら当時の社長が「お前、面白いな」と。希望を聞かれて「自分は制作以外にはいきたくない」と答えました。すると「それもわかるけれど、エンドユーザー(商品の購入者)を理解するために営業はやったほうがいい」と。それで6か月間、制作と営業兼務になりました。1日、1~2時間しか寝ない日もあった。営業をやったことで、売り方を考えなければダメだなというのはよくわかりましたね。


日高祥博(日髙祥博)

柳(弘之)前社長の時代に収益改善に取り組んでいただいたので、かつてないほど財務体質は強化されています。これを将来のために投資しながら、マーケティングやプランニングを強化することで、危機感を持ちながら成長のスピードを速めていきたいと考えています。


栗山年弘

逆風の厳しい環境の中で成果を上げていくのは簡単ではないですが、責任の重さの一方でやりがいを感じます。


佐藤正忠

私は、人と人の出会いを大切にしたい。そしてそれを、大事にしてゆきたい。そこから初めて、実り多い人生が開けるのではなかろうか。


高田明(ジャパネットたかた)

テレビにしてもチラシにしても3年も経てば、お客さんは飽きてしまいます。だから飽きられないように常に新しいことをするためには、社員と一緒に議論する必要があります。議論することを会社のひとつの文化にしていきたい。


安永竜夫

トップダウンで話を進めないと、今の時代のスピード感に合わない。