名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上直樹(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上直樹(経営者)のプロフィール

井上直樹、いのうえ・なおき。日本の経営者。「Factory Network Asia」薫事長。滋賀県出身。大阪市立大学工学部情報工学科卒業後、日商岩井(のちの双日)に入社。その後、ファクトリー・ネットワーク・チャイナ、ファクトリー・ネットワーク・アジアを設立。

井上直樹(経営者)の名言 一覧

とるべき戦略は、立ち位置や目線で変わってきます。国内だけを市場とするのか、アジアに向けて目を開くのか、それとも世界で勝負してくのか。


日本でなければならない領域は減ってきています。勇気ある撤退をすることで、企業として活きる道を探すこともできるはず。


儲かるから事業ではなく、求められているから事業ができる。


海外と比べてわかることですが、日本の製造現場での管理能力や、自己マネジメント力は素晴らしい。おいそれと真似されるものではありません。


井上直樹(経営者)の経歴・略歴

井上直樹、いのうえ・なおき。日本の経営者。「Factory Network Asia」薫事長。滋賀県出身。大阪市立大学工学部情報工学科卒業後、日商岩井(のちの双日)に入社。その後、ファクトリー・ネットワーク・チャイナ、ファクトリー・ネットワーク・アジアを設立。

他の記事も読んでみる

堀江裕介

過去の失敗を改めて考えると、リスクを冒して小さなスタートアップに入社してくれた社員に、輝かしいキャリアを提供できなかったことが一番の問題だったように思います。いまはその反省を踏まえ、社員の3年後、5年後の人生がより良いものになるよう、全力で経営に向き合っています。


岡田卓也

「上げに儲けるな、下げに儲けよ」という岡田屋の家訓があったおかげで、大きな負債を抱えずに済みました。流通の本分は、お客様が求める商品やサービスを提供することです。それを忘れたら大変なことになるのです。


神宮司巧

あらゆる人やモノに位置情報を付加することで、地図の可能性は無限に広がる。最も分かりやすい例はカーナビですが、他にもセキュリティーや防災、商圏分析、動態管理、観光案内など、様々な分野でのサービスが考えられます。その基盤となる地図データの精度と鮮度をより高め、利用価値を革新し続けることが、我々の使命だと考えています。


佐藤優

一番得意だと思っている分野で失敗する、つまずく。それはそこに油断、すなわち「侮り」の気持ちがあるから。「侮り」と言うと何だか大仰に聞こえますが、日常の仕事の中でもついやってしまいがちな行為の中に、そんな気持ちが潜んでいることがある。


大宮英明

戦闘機の仕事はかなり特殊な世界でしたが、冷熱(クーラーなどを製造する冷熱事業部)は販売店さんと付き合う最も一般的で、最も厳しい流通の世界でした。これはこれで、強烈に私の興味を満たしてくれる仕事でした。販売店の創業社長なんて、我々一般のサラリーマンと違って、本当に肝が据わっています。面白かったですねぇ。
【覚書き|冷熱事業部に配属されたときを振り返っての発言】


板尾創路

流れに身を任せて進みながらも、30代に入ったくらいから「自分がやらんでもええやろ」ということは自然に捨ててきた気がします。僕の個性は、余分なものを省いてできているんですね。


坂本孝

失敗を恐れる人は、失敗が宝の山であることを知りません。あるいは失敗したとしても、そこから何もつかまずにその場を立ち去ってしまうので、ただ「転んで痛かった」という苦い記憶しか残らないのです。失敗が宝の山かどうかということは、じつは失敗してみないとわからないものです。


堀口智顕

私の最大のこだわりは世に役立てる人間を育てることです。地道に堅実に努力できる人間、素直さや明るさ、感謝など未来へ前向きに歩む積極性を持った人間、そして何より思いやりの利他の心を持った人間。実際そんな人格を持つ社員が育っています。彼らを財務的に支え、思いきり働けるようにするのが私の務めです。


小島貴子

2回目以降の転職では、最初の転職先より大きな会社に勤められる可能性は限りなく低くなる。表面的には労働条件が悪化することになるが、実力次第では前職よりもよい条件を確保できる。たとえば、前職で獲得した優良な顧客や営業ノウハウを武器にすれば、転職先で以前よりもよいポジションに就くことも可能だろう。会社の看板ではなく、自分の名前で仕事が取れるようにしたい。


菅原道仁

患者さん本人やご家族にも手術のビデオを見せていました。最もミスが起きやすいのは、「慣れてきた頃」。若手を見ても、新人医師よりも少し慣れてきたぐらいの入局2~3年目の医師のほうが、考えられないような初歩的なミスをしていることがありました。慣れが油断を生むのは、ベテラン医師も同じ。患者さんに術後のビデオを見せることで、その油断を消し去っていたわけです。


鈴木高広

イモが育つには、光合成を行うための太陽光が必要です。ただし通常、イモは地表の畑に苗木を植えて育てる。いわば平屋建て。だから、太陽光は上空から地表に真っ直ぐ当たる部分(面)しか太陽光を利用できない。しかし、イモは太陽光全体の6%もあれば、光合成をするほど生命力が高く、食用ではそれで十分だったんです。ただ生産効率は悪いですよね。「じゃあ平屋をマンションにしたら、うんと生産効率があがるのでは?」と考えた。「多層栽培」とはそういうことなんですよ。平地にそのまま苗木を植えず、格子状に仕切った植木鉢にイモの苗を隙間なく植える。さらにそれをスチールラックで何段にも重ねました。まさにマンションですよ。


マルセル・ビジャール

可能なら実行する。不可能でも断行する。