名言DB

9425 人 / 110833 名言

井上直也(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

井上直也(経営者)のプロフィール

井上直也、いのうえ・なおや。日本の経営者。ファッションECサイトのマガシーク社長。早稲田大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。公官庁・企業の制服を扱う部署勤務、香港勤務などを経て、マガシークの前身であるウェブ事業立ち上げに携わる。その後、同事業は分社化されマガシーク株式会社となり、社長に就任。同社を大きく成長させた。

井上直也(経営者)の名言 一覧

中期経営計画では2年後に売上高500億円という目標を掲げています。現在の100億円というステージから飛躍するためにビジネスの質的な変革が求められます。


サイトのリニューアルにあたり、当社のヘビーユーザーやライトユーザーなどにインタビューし、ディスカッションを繰り返しました。検索しやすいなどというのは当たり前で、自分のことを分かってくれて、自分にとって新しい発見がある売り場が欲しい。そして最終的に行き着いたのが、「自分のためのセレクトショップ」というコンセプトでした。目的買いというより、潜在的に意識していた商品が効果的に掲載され、「今シーズンこんなものが欲しかったんだ」とご購入いただき、「またマガシークに来てみよう」と思っていただけるサイトです。


コンセプトの実現は現在も進行中です。変化の激しいこの世界で、お客様ニーズにこれからも対応していきます。


マガシークのサイトリニューアルをした理由は市場の変化に対応し、新たな顧客を取り込むためです。2000年に、女性ファッション誌に掲載されている商品がネットで購入できるECサイトとしてスタートしました。ところがこの10年でファッションは多様化し、雑誌の影響力も変化しました。いま、お客様が求めているのはどんなサイトなのか、その具体的なコンセプトづくりからはじめました。


実は入社当初は、あまり真面目な社員じゃなかったんです。伊藤忠はアパレル分野の取り扱いが多い会社で、私もファッションがやりたくて入社しました。ところが配属先は役所などの制服を扱う部署だったんです。そんなある日、当時の上司が「たまにはサシで飲もうか」と誘ってくれました。そこで、「希望通りの配属じゃなくて、やる気が出ないようだけど、ここで評価されないと希望も通らないぞ」と叱ってくれたんです。これがきっかけで、真剣に仕事に取り組むようになりました。


一人でできることは限られます。マガシークも、初めのアイデアは妻の助言がなければ出なかったし、立ち上げも3年目の危機も、同僚の協力が欠かせなかった。皆で目標を達成することも仕事をする醍醐味だと思ってます。


井上直也(経営者)の経歴・略歴

井上直也、いのうえ・なおや。日本の経営者。ファッションECサイトのマガシーク社長。早稲田大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。公官庁・企業の制服を扱う部署勤務、香港勤務などを経て、マガシークの前身であるウェブ事業立ち上げに携わる。その後、同事業は分社化されマガシーク株式会社となり、社長に就任。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

渡文明

自分の意見に自信がなければ何もできません。では、どうしたら自信をつけることができるか。私は自信をつけるためには、何か得意なことを深掘りして極めるのがいいと思っています。深掘りするためにはいろいろなことを調べることが必要になってくるので、周辺の情報や知識も入ってきます。そうすることでその人の全体的な能力がグッと上がるものです。ひとつのことでプロになれれば、それが強みになりますし、弱い部分は組織の中でカバーしあえばよいだけの話です。


西川徹(経営者)

今までの技術を守りたい現場の人がいる。でも事業のトップは新しい技術で変えていきたい。現場とトップの意識がズレるときがある。「新しいものを入れていかないといけない」と上の人が言って、調整しないと実現できないことは少なくありません。


御手洗瑞子

軸足はぶれず、かつ柔軟に、バスケットボールでいうところの“ピボット”をきかせられる組織でありたい。


井上弘

今後もテレビ業界が生き延びていくためには、いろいろな調査もして、お客様に納得していただけるだけの訴求力をつけることが大事。


草開千仁

今の当社に求められているのは、予測の精度を自慢することではありません。サポーター(一般の情報提供者)に感謝し、技術を高める努力をすることです。


塚越寛

地域に対しても、雇用創出を含め、できるかぎりの貢献活動を行なっていくべきでしょう。たとえば社屋周辺の清掃などは、さほど経費をかけなくても熱意さえあればできます。そうして地道に地域貢献していくことで、企業のイメージはおおいに向上することでしょう。イメージアップが図られた結果、回り回って売上の増加にもつながるでしょうし、自社のファンになってくださった方々が、「くちコミ」という最も効果の高い宣伝活動を行なってくれるようにもなります。


吉永泰之

大きな投資を伴う新工場建設は考えていません。クルマは少し足りないくらいがちょうどいい。新工場をつくって一気に数万台も生産台数が増えると、クルマが余ってしまう可能性もあります。余ったクルマを安売りすることだけは避けないといけません。大きな設備投資をしなくても、生産台数を増やす方策を考えています。


本田直之

参考書で勉強してから過去問に挑む人が多いようですが、レバレッジをかけるには、過去問から取り組むべきです。最初に過去問をやるのは、実力を測るためでなく、結果から逆算して、今後の戦略を立てるためです。過去問を解けば、たとえ何も答えられなくても、どのようなレベルまで勉強すればいいのかがみえてきます。過去問は正確に時間を測り、本番さながらでやることが大切。時間配分がわかって、試験当日もあがらなくなります。


小暮真久

テーブル・フォー・ツーが支援しているアフリカの子供たちは、教科書以外の本をほとんど読みません。出版社もなければ書店もなく、本といえば先進国のボランティアや旅行者が持ってきたものが何冊かあるだけ。本を読みたくてもその機会自体がないのです。たしかに本を読まなくても食べるものがあれば生きていくことはできます。しかし彼らが将来貧困から自力で抜け出そうと思うなら、本を読んでそこから知識や情報を吸収することは不可欠だといっていいでしょう。


砂野仁

処遇の厚薄は担当する楽器操作の巧拙と難易によって上下する。理想は楽団的事業経営体である。【覚書き:理想的な労使関係について語った言葉。】