名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上直也(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上直也(経営者)のプロフィール

井上直也、いのうえ・なおや。日本の経営者。ファッションECサイトのマガシーク社長。早稲田大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。公官庁・企業の制服を扱う部署勤務、香港勤務などを経て、マガシークの前身であるウェブ事業立ち上げに携わる。その後、同事業は分社化されマガシーク株式会社となり、社長に就任。同社を大きく成長させた。

井上直也(経営者)の名言 一覧

中期経営計画では2年後に売上高500億円という目標を掲げています。現在の100億円というステージから飛躍するためにビジネスの質的な変革が求められます。


サイトのリニューアルにあたり、当社のヘビーユーザーやライトユーザーなどにインタビューし、ディスカッションを繰り返しました。検索しやすいなどというのは当たり前で、自分のことを分かってくれて、自分にとって新しい発見がある売り場が欲しい。そして最終的に行き着いたのが、「自分のためのセレクトショップ」というコンセプトでした。目的買いというより、潜在的に意識していた商品が効果的に掲載され、「今シーズンこんなものが欲しかったんだ」とご購入いただき、「またマガシークに来てみよう」と思っていただけるサイトです。


コンセプトの実現は現在も進行中です。変化の激しいこの世界で、お客様ニーズにこれからも対応していきます。


マガシークのサイトリニューアルをした理由は市場の変化に対応し、新たな顧客を取り込むためです。2000年に、女性ファッション誌に掲載されている商品がネットで購入できるECサイトとしてスタートしました。ところがこの10年でファッションは多様化し、雑誌の影響力も変化しました。いま、お客様が求めているのはどんなサイトなのか、その具体的なコンセプトづくりからはじめました。


実は入社当初は、あまり真面目な社員じゃなかったんです。伊藤忠はアパレル分野の取り扱いが多い会社で、私もファッションがやりたくて入社しました。ところが配属先は役所などの制服を扱う部署だったんです。そんなある日、当時の上司が「たまにはサシで飲もうか」と誘ってくれました。そこで、「希望通りの配属じゃなくて、やる気が出ないようだけど、ここで評価されないと希望も通らないぞ」と叱ってくれたんです。これがきっかけで、真剣に仕事に取り組むようになりました。


一人でできることは限られます。マガシークも、初めのアイデアは妻の助言がなければ出なかったし、立ち上げも3年目の危機も、同僚の協力が欠かせなかった。皆で目標を達成することも仕事をする醍醐味だと思ってます。


井上直也(経営者)の経歴・略歴

井上直也、いのうえ・なおや。日本の経営者。ファッションECサイトのマガシーク社長。早稲田大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。公官庁・企業の制服を扱う部署勤務、香港勤務などを経て、マガシークの前身であるウェブ事業立ち上げに携わる。その後、同事業は分社化されマガシーク株式会社となり、社長に就任。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

永田豊志

改善にはPDCA(計画・実行・確認・行動)が有効なのですが、残念ながらイノベーションを生むためには無力です。改善は解決すべきテーマが決まっていますが、イノベーションは取り組むべき問題を探すことから始めるからです。問題に気づく能力が必要となります。


鈴木喬(経営者)

市場調査のためにアンケートを取っても、答える人が「お金を出さない人」だった、なんていうことも多々あります。それを信じていたら、理路整然と、会社は潰れていきます。


木原誠太郎

「ムカつくことがあっても仕返しは考えない」人は論理性が高く、感情で動くことが少ない。そして、人のことが気にならない傾向にある人だ。冷静に状況を判断して自分の感情をコントロールできるという点からも、お金に愛されやすい。


新浪剛史

オープンイノベーションに必要なのが、ダイバーシティ(多様性)。違う血を入れて、異なるものを是とする受容力。ダイバーシティによって、イノベーションも生まれるのです。


有馬誠

Google設立の理念は「いい検索エンジンを作ろう」で、当初はヤフーやAOLへのライセンス収入がすべて。競合も多く非常に厳しいビジネスでした。また「まずはユーザーのことを考えなさい、お金は後からついてくる」というのも社是のひとつで、むしろ初期の広告は、「自分が楽しんでいるコンテンツに突然入ってくる、邪魔なもの」と嫌っていたほどです。


伊集院静

今度、私は、新しい挑戦として推理小説をやる。失敗するか、成功するかはわからない。そういう時は、失敗の確率が高い「そら見たことか」と笑われる危険のあるものを選ぶ。その中に「あれを見たか!」と言われるくらいの新しいものが生まれる可能性があるから。


増田明美

メディアの仕事を始めてすぐ、ラジオのパーソナリティのお話をいただきました。「マラソンでも頑張れたのだから、きっと大丈夫」と引き受けたのですが、当然マラソンとラジオは違います。失敗の連続でした。マラソンで築いたプライドもズタズタです。ある日、実家に電話をかけて愚痴をこぼすと、父がある川柳を紹介してくれました。「生きている証拠に今日も恥をかき」。本当に救われた気がして、電話口でボロボロ泣いたことを覚えています。この川柳はいまでも私の座右の銘です。


スティーブ・ジョブズ

方向を間違えたり、やりすぎたりしないようにするには、まず本当は重要でもなんでもない1000のことにノーと言う必要がある。


坂本孝

人と人との心が繋がれば、それだけ幸せにできる人の数が増える。


関文彦

家具販売の世界でもデフレは依然続いていて、従来品より1~2割高い新製品を出しても、なかなか売れない。だったら中途半端なことはやめて、いっそのこと価格が100倍の新製品を出した方がいい。


石毛郁治

三人で受け持ちの工程を一人抜いて私が入る。ちょっと工夫すれば二人でもできる。なるほどと連中が納得したところで、二人でやらせる。不平の連中は仕事から外して遊ばせておく。人数は減っても仕事が楽になるから、真面目な連中は喜んで協力する。
【覚書き:三井鉱山大牟田コークス製造工場の人員整理に取り掛かった時を振り返っての発言】


藤田晋

サイバーエージェントを設立したころは、平日は17時間、土日に12時間働くことを自分に課していました。会社をつくってすぐというのは、実はあまり仕事がないんです。でも、そこでボーっとしていたら終わりじゃないですか。そこで、「週110時間」という目標を決めて、「昼間は外に出てひたすら営業に回る」「戻っても、ああだこうだと戦略を練る」といったように無理やり仕事をつくりだしていました。