名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

井上直也(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上直也(経営者)のプロフィール

井上直也、いのうえ・なおや。日本の経営者。ファッションECサイトのマガシーク社長。早稲田大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。公官庁・企業の制服を扱う部署勤務、香港勤務などを経て、マガシークの前身であるウェブ事業立ち上げに携わる。その後、同事業は分社化されマガシーク株式会社となり、社長に就任。同社を大きく成長させた。

井上直也(経営者)の名言 一覧

中期経営計画では2年後に売上高500億円という目標を掲げています。現在の100億円というステージから飛躍するためにビジネスの質的な変革が求められます。


サイトのリニューアルにあたり、当社のヘビーユーザーやライトユーザーなどにインタビューし、ディスカッションを繰り返しました。検索しやすいなどというのは当たり前で、自分のことを分かってくれて、自分にとって新しい発見がある売り場が欲しい。そして最終的に行き着いたのが、「自分のためのセレクトショップ」というコンセプトでした。目的買いというより、潜在的に意識していた商品が効果的に掲載され、「今シーズンこんなものが欲しかったんだ」とご購入いただき、「またマガシークに来てみよう」と思っていただけるサイトです。


コンセプトの実現は現在も進行中です。変化の激しいこの世界で、お客様ニーズにこれからも対応していきます。


マガシークのサイトリニューアルをした理由は市場の変化に対応し、新たな顧客を取り込むためです。2000年に、女性ファッション誌に掲載されている商品がネットで購入できるECサイトとしてスタートしました。ところがこの10年でファッションは多様化し、雑誌の影響力も変化しました。いま、お客様が求めているのはどんなサイトなのか、その具体的なコンセプトづくりからはじめました。


実は入社当初は、あまり真面目な社員じゃなかったんです。伊藤忠はアパレル分野の取り扱いが多い会社で、私もファッションがやりたくて入社しました。ところが配属先は役所などの制服を扱う部署だったんです。そんなある日、当時の上司が「たまにはサシで飲もうか」と誘ってくれました。そこで、「希望通りの配属じゃなくて、やる気が出ないようだけど、ここで評価されないと希望も通らないぞ」と叱ってくれたんです。これがきっかけで、真剣に仕事に取り組むようになりました。


一人でできることは限られます。マガシークも、初めのアイデアは妻の助言がなければ出なかったし、立ち上げも3年目の危機も、同僚の協力が欠かせなかった。皆で目標を達成することも仕事をする醍醐味だと思ってます。


井上直也(経営者)の経歴・略歴

井上直也、いのうえ・なおや。日本の経営者。ファッションECサイトのマガシーク社長。早稲田大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。公官庁・企業の制服を扱う部署勤務、香港勤務などを経て、マガシークの前身であるウェブ事業立ち上げに携わる。その後、同事業は分社化されマガシーク株式会社となり、社長に就任。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

竹中平蔵

チャレンジするという言葉が経営の全て。とにかく批判せずにやってみる事が重要。


松下幸之助

いままでは世間の通念通りの商売をやってなんとか上手くいっていたが、次第にこれでは物足りないという気持ちが出てきた。いったい生産者の使命はなんだろう、こんなことを連日夜遅くまで考えた結果、私なりにひとつの信念が生まれた。それは簡単にいうと、この世の貧しさを克服することである。たとえば水道の水はもとより価のあるものだ。しかし道端の水道を人が飲んでも誰もとがめない。これは水が豊富だからだ。結局生産者はこの世に物資を満たし、不自由をなくすのが務めではないのか。
【覚書き|松下電器創業13年目で水道哲学を実践しはじめた当時を振り返っての発言】


ルイ・フェルラ

時計そのものの価値はもちろんのこと、それ以外にも顧客と共有したいエッセンスが多くある。我々にどんな歴史があり、どんなノウハウを持っているかをもっと伝えていくことが必要だ。そのために(完全オーダー時計)レ・キャビノティエは重要な位置付けとなる。


羽生善治

「ミスしたから、うまくいった」というケースもあります。将棋の対局では良い手を指そうとするものですが、「間違えたからこそ結果的にうまくいった」ケースもある。逆に、「正しい手を指したけれど、勝てなかった」ケースもあるわけです。つまり、選択と結果は必ずしも一致しない。しかしそこに、物事の機微があるとも言えます。だからといって、「ミスした方がいい」わけではありませんが。


渡部賢一

条件を定め、捨てるものは捨て、残すものは残す。決断が早ければ、早く先に進むことができる。これは野村の一貫した方針です。


宮内直孝

将来入社する人達のために良い会社にすること。それが私の使命。歴史と伝統に拘ることなく、中計実行に全力で邁進する年とします。


岡野雅行(岡野工業)

仕事でも遊びでも、目の前のことに集中すればいいのに、理屈が先で、食う前から美味い不味いといっていたら、それはやる気も出なくなるよ。俺のところには中学生がよく来るけど、本当は頭が固まる中学生くらいまでに、そういうことを知っておかなければいけないんだけどな。


笠井信輔

私が担当する「とくダネ!」は今や放送開始18年目。おかげさまで視聴率も好調です。私のアナウンサー人生も、順風満帆……と言いたいところですが、むしろ逆かもしれません。かつては不名誉なレッテルに悩み、そこから這い上がってきました。20代の頃、私はある情報番組で司会に抜擢されました。ところが視聴率が上がらず、1年で司会を降りることに。その後も、2つの番組が1年で終了。私は、メインを張ると番組が終わる「幕引きアナ」という全く喜べないレッテルを貼られました。あのナンシー関さんが週刊誌で、私のハンコを作って「笠井アナは早く司会を辞めるべき」と書いたこともありました……。そんななか転機が訪れました。私が司会をしていた「ナイスデー」が終わって「とくダネ!」になるにあたり、コーナーの進行役をしてほしい、くわえて裏方のコーナー制作もやってくれないかと打診されたのです。司会からまたサブですが、今度はディレクターと同じ権限を持てるのです。そこでこの話を受けました。開きなおった私は、サブに徹し、メインの小倉智昭さんをひたすら盛り立てようと決心したのです。そこから仕事が一変しました。


山口裕子(キャラクターデザイナー)

自分はあくまで作り手で、ファンではない。どうしたらファンの皆さんに喜んでもらえるか、それだけを追求しています。


吉田たかよし

「やる気」は、脳内ホルモンのドーパミンの働きによります。ドーパミンは達成感を感じると多く分泌されます。締め切りを作ってそこで仕事を完了した達成感が次の仕事へのやる気に。またドーパミンを分泌しやすくするには、朝に体操や軽いジョギングなどをして、心拍数を上げると効果的。


本村健太郎

共演者の方と雑談するくらいで、テレビ収録の待ち時間などで仕事はしていません。時間が空くとすかさずノートパソコンを取り出す文化人の方もいらっしゃいますが。弁護士の仕事は事務所のデスクでしかやらないと決めているんですよ。外には持ち出しません。逆に事務所での勤務時間中にドラマの台本を覚えるといったこともしません。また、家には仕事は一切持ち込みません。


矢野博丈

何事も上手くいかなくて当たり前と考える人は、将来が怖くて仕方がない。その恐怖があるからこそ努力をして、なんとか危機を避けようとする。けれども、ずっとトントン拍子でやってきた人は、将来に恐れを抱かないから、備えが中途半端になってしまい、何かトラブルがあると一発で倒れてしまいます。