名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上由美子(脚本家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上由美子(脚本家)のプロフィール

井上由美子、いのうえ・ゆみこ。日本の脚本家。兵庫県出身。立命館大学文学部文学科中国文学専攻卒業後、テレビ東京に勤務。退社後シナリオ作家協会シナリオ講座研修科修了。その後、数多くのヒットドラマを生み出した。主な作品に『白い巨塔』『14才の母』『GOOD LUCK!!』『エンジン』『過ぎし日の殺人』『マチベン』など。主な受賞に、文化庁芸術作品賞、モンテカルロ国際テレビ祭 AMADE賞、芸術選奨新人賞、放送文化基金賞、橋田賞、ギャラクシー賞優秀賞、日本民間放送連盟賞最優秀賞、向田邦子賞、芸術選奨文部科学大臣賞、文化庁芸術祭放送個人賞、東京ドラマアウォードグランプリなど。

井上由美子(脚本家)の名言 一覧

将来の目標もとくには決めていません。目標は、今日書かなければならない20枚をきちんと書き終えることです。


いま書きたいことは、いま観たいものです。やはりテレビには、とくにそういう感覚が大事だと思っています。あとは、自分がやってみたい、書いてみたいと思ったことは、決して出し惜しみせずに、その都度、全部出し切るよう心がけています。以前、あるネタを次の仕事のためにストックしておいたのですが、改めて見たら、まったく面白くなかったことがあるんです。


以前は夜型で、3日間くらい徹夜して書くこともありましたが、連続ドラマの仕事は、身体を壊すと他のスタッフに迷惑をかけるので、最近は規則正しい生活を心がけています。その方が、毎日コンスタントに書けるんです。いまは一週間にペラ(200字詰め原稿用紙)120から150枚、1時間ドラマ1本を書いています。


書けなくて、全然何も思い浮かばないときは、とりあえずひとつだけ、無茶苦茶でもいいから台詞を書いてみる。ひとつ書くと、そのレスポンスがイメージできるので、次につながっていきます。すると、もしかしてこの展開がいいかもしれないと、次のアイデアが思い浮かんできます。結局、スランプから脱出するには、プロも書くしかないと思います。


私にも書けないときはありますが、書きたい気持ちがなくなることはありません。その気持ちを失って惰性で書くようになったら筆を折らなきゃならないでしょうね。


シナリオを最後まで書いて初めて、自分の書きたかったことがわかるものだと知りました。その意味では、最後まで書いてみようと粘り続けた人だけが、プロになれるんだと思います。


プロになる確実な方法は、当たり前ですがとにかく「書くこと」です。シナリオスクールでは、毎回課題が出されるのですが、じつは、ちゃんと書いてくる人は、意外と多くないんです。もっといいものをと、肩に力が入ってしまうのかもしれません。かくいう私も書けない一人でしたが、誰も書かない斬新なファーストシーンを求めて、最初の一枚を延々何十回も書き直していました。でも、これじゃ、いつまで経っても一本もかけないと思い直して、そこを突破しました。


学生時代京都だったので、老舗のお漬物屋さんとか、修学旅行の生徒が泊まる旅館の布団の上げ下ろしとか、変わったアルバイトもしました。いま思えば、そのときの仕事の経験が脚本作りにも役立っていますね。


脚本を書くうえでは、時代の気分をつかむことがとても大事です。でも私は、あえてアンテナを立てないんです。新聞や雑誌を隅から隅まで読んで必死に情報を集めるのではなく、台所に立っているときにたまたま耳にしたテレビの腹立たしいニュースとか、電車に乗っているときに聞こえてくる会話とか、そんな探さなくても入ってくる情報を大切にしたいと思っています。


井上由美子(脚本家)の経歴・略歴

井上由美子、いのうえ・ゆみこ。日本の脚本家。兵庫県出身。立命館大学文学部文学科中国文学専攻卒業後、テレビ東京に勤務。退社後シナリオ作家協会シナリオ講座研修科修了。その後、数多くのヒットドラマを生み出した。主な作品に『白い巨塔』『14才の母』『GOOD LUCK!!』『エンジン』『過ぎし日の殺人』『マチベン』など。主な受賞に、文化庁芸術作品賞、モンテカルロ国際テレビ祭 AMADE賞、芸術選奨新人賞、放送文化基金賞、橋田賞、ギャラクシー賞優秀賞、日本民間放送連盟賞最優秀賞、向田邦子賞、芸術選奨文部科学大臣賞、文化庁芸術祭放送個人賞、東京ドラマアウォードグランプリなど。

他の記事も読んでみる

斎藤広達

限りなく思いつきに近い初期仮説は、検証を経て進化させるべきもの。一つの仮説に固執せず、幅広く様々な可能性を検討しよう。このプロセスで手を抜くと、本当のところが見えてこない。


鴻上尚史

役者に「もっと元気よく」と伝えるときでも、相手によって一番効果的な言い方は違います。そして、役者一人一人に最適な言い方ができるのが、一流の演出家なんです。これは有能な上司にもいえることだと思います。


外山滋比古

定年後に悠々自適に過ごせる人なんてそうはいないでしょう。それに気楽にのんびり過ごすなんて幸福そうだけれど、単なる生物だよ。今の中高年はぬるま湯世代だから、年金が保障されなくなるかもだとか、将来が不安になると「とりあえず金を貯めよう」と守りに入り、臆病でつまらない生き方を選択してしまう。


豊田達郎

経営者の立場にいると、だんだん自動車を造ることに疎くなっていきがちですが、経営者が自分の目で見ることが大事です。


柳沢慎吾

20代の頃は、「ドラマ、ドラマ」っていう意識が強かったけど、30代の半ばを過ぎてからはバラエティでもひとつひとつの仕事を感謝してやっていこうと。それからは、なんか楽になりました。いまは、ありのままの自分を、媚びることなくさらしていこうと思っています。


松岡修造

きついことを言うのは、あなたのことを心配してくれているのですから、厳しく接してくれる人を大切にしましょう。とくに、右肩上がりで好調のときに言われる苦言や忠告こそ、真剣に受け止めるべきです。


ドナルド・トランプ

人生は些事ではない。だから、これほど大切なものに自分を出し惜しみしてはいけない。


美輪明宏

世の中の人は願い事が叶うように何かとご先祖さまや神さまを拝んだり、占い師に頼ったりします。わざわざ遠くのパワースポットを訪れることもあるようです。まあ、それも悪くないかもしれませんが、もっと確実で身近なパワースポットに気付くべきです。自分自身の微笑みが、それです。


宗雪雅幸

我々のようにグローバルに投資する場合には一件で100億、200億すぐかかる。その意味では人間を含めた投資設備型の産業です。企業は成長と安定が大切です。そのためには次に必要なものが何かを常に考え、投資する必要がある。


魚谷雅彦

「あ、これ面白いかも」と衝動買いをさせるだけでは、お客様をつくりだしたことにはなりません。お客様がブランドに共感し、継続的にリピートしてもらえるようなマーケティング発想が必要です。日本のビジネスマンはそこが疎かになっています。


湯浅智之

最も大事なのは「人」。エンジンになれる人がいないと企業を成長させることはできない。いくら良い素材があったとしても、これに心の底から向き合っている人がいないと我々としても支援のしょうがない。これまでに多くの案件を手掛けてきましたが、思ったような成果を出せなかったケースではいつも人の問題がありました。


高田明(ジャパネットたかた)

これは厳しいな、失敗したなと思ったことも一度もありません。なぜなら、失敗を失敗と思わないから。失敗や苦労は自己更新、つまり自分を成長させるための試練だと思えば、モチベーションになる。