名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上由美子(脚本家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上由美子(脚本家)のプロフィール

井上由美子、いのうえ・ゆみこ。日本の脚本家。兵庫県出身。立命館大学文学部文学科中国文学専攻卒業後、テレビ東京に勤務。退社後シナリオ作家協会シナリオ講座研修科修了。その後、数多くのヒットドラマを生み出した。主な作品に『白い巨塔』『14才の母』『GOOD LUCK!!』『エンジン』『過ぎし日の殺人』『マチベン』など。主な受賞に、文化庁芸術作品賞、モンテカルロ国際テレビ祭 AMADE賞、芸術選奨新人賞、放送文化基金賞、橋田賞、ギャラクシー賞優秀賞、日本民間放送連盟賞最優秀賞、向田邦子賞、芸術選奨文部科学大臣賞、文化庁芸術祭放送個人賞、東京ドラマアウォードグランプリなど。

井上由美子(脚本家)の名言 一覧

将来の目標もとくには決めていません。目標は、今日書かなければならない20枚をきちんと書き終えることです。


いま書きたいことは、いま観たいものです。やはりテレビには、とくにそういう感覚が大事だと思っています。あとは、自分がやってみたい、書いてみたいと思ったことは、決して出し惜しみせずに、その都度、全部出し切るよう心がけています。以前、あるネタを次の仕事のためにストックしておいたのですが、改めて見たら、まったく面白くなかったことがあるんです。


以前は夜型で、3日間くらい徹夜して書くこともありましたが、連続ドラマの仕事は、身体を壊すと他のスタッフに迷惑をかけるので、最近は規則正しい生活を心がけています。その方が、毎日コンスタントに書けるんです。いまは一週間にペラ(200字詰め原稿用紙)120から150枚、1時間ドラマ1本を書いています。


書けなくて、全然何も思い浮かばないときは、とりあえずひとつだけ、無茶苦茶でもいいから台詞を書いてみる。ひとつ書くと、そのレスポンスがイメージできるので、次につながっていきます。すると、もしかしてこの展開がいいかもしれないと、次のアイデアが思い浮かんできます。結局、スランプから脱出するには、プロも書くしかないと思います。


私にも書けないときはありますが、書きたい気持ちがなくなることはありません。その気持ちを失って惰性で書くようになったら筆を折らなきゃならないでしょうね。


シナリオを最後まで書いて初めて、自分の書きたかったことがわかるものだと知りました。その意味では、最後まで書いてみようと粘り続けた人だけが、プロになれるんだと思います。


プロになる確実な方法は、当たり前ですがとにかく「書くこと」です。シナリオスクールでは、毎回課題が出されるのですが、じつは、ちゃんと書いてくる人は、意外と多くないんです。もっといいものをと、肩に力が入ってしまうのかもしれません。かくいう私も書けない一人でしたが、誰も書かない斬新なファーストシーンを求めて、最初の一枚を延々何十回も書き直していました。でも、これじゃ、いつまで経っても一本もかけないと思い直して、そこを突破しました。


学生時代京都だったので、老舗のお漬物屋さんとか、修学旅行の生徒が泊まる旅館の布団の上げ下ろしとか、変わったアルバイトもしました。いま思えば、そのときの仕事の経験が脚本作りにも役立っていますね。


脚本を書くうえでは、時代の気分をつかむことがとても大事です。でも私は、あえてアンテナを立てないんです。新聞や雑誌を隅から隅まで読んで必死に情報を集めるのではなく、台所に立っているときにたまたま耳にしたテレビの腹立たしいニュースとか、電車に乗っているときに聞こえてくる会話とか、そんな探さなくても入ってくる情報を大切にしたいと思っています。


井上由美子(脚本家)の経歴・略歴

井上由美子、いのうえ・ゆみこ。日本の脚本家。兵庫県出身。立命館大学文学部文学科中国文学専攻卒業後、テレビ東京に勤務。退社後シナリオ作家協会シナリオ講座研修科修了。その後、数多くのヒットドラマを生み出した。主な作品に『白い巨塔』『14才の母』『GOOD LUCK!!』『エンジン』『過ぎし日の殺人』『マチベン』など。主な受賞に、文化庁芸術作品賞、モンテカルロ国際テレビ祭 AMADE賞、芸術選奨新人賞、放送文化基金賞、橋田賞、ギャラクシー賞優秀賞、日本民間放送連盟賞最優秀賞、向田邦子賞、芸術選奨文部科学大臣賞、文化庁芸術祭放送個人賞、東京ドラマアウォードグランプリなど。

他の記事も読んでみる

柳生博

八ヶ岳倶楽部は利益のためにやっているわけではありません。スタッフが生活できる程度の収入はありますが、僕の懐には入っていない。日本野鳥の会の会長職もノーギャラで引き受けています。お金のためではなく、自分がやりたくてやっているからこそ長続きもするし、人も集まってくれるのでしょう。


寺田千代乃

関西経済同友会では、様々な議論や提言、研究活動などが行なわれていますが、私自身は、いろいろな業種の経営者の方々とお付き合いをすることで、広い視野を得ることができたと思っています。たとえば、バブル経済が崩壊する前は、運ばれる荷物の量が増え続け、運賃価格がずっと上昇を続けていました。そんな時、同友会の方々から、「近頃、どうも荷物の量が減っている。運賃価格も下がっている」という話を聞いて、その後の経営判断の大きなヒントになったことがありました。


和田秀樹

稼ぐマインドを芽生えさせれば、金儲けの発想なんかいくらでも出てきますよ。まず本気で稼ぐ気持ちに切り替えること。それが儲けるための第一歩。


秋元康

僕は目の前にあるものは何も見ません。現在の流行とは1、2年の遅れを経てここに形になっているため、今から同じ事業を展開しようと思っても絶対に間に合わないのです。


宇都出雅巳

とにかく書き出していくことで、アイデアがアイデアを呼ぶ。そのためにも、書くスペースは広いほど有効だ。おすすめは、壁に模造紙を貼ってホワイトボードのようにしてしまうこと。貼るだけで、壁がホワイトボードに変身するフィルムなども販売されており、活用できる。


中川裕(経営者)

東日本大震災当時はNTT東日本の経営企画部長でしたが、被災した社員も自らインフラ復旧のために率先して動いてくれました。企業にとって最も重要なのは人。それを本当の意味で学びましたね。


柳橋仁機

大学の先輩が創業者だったアイスタイルに移り、企業が成長していく様子を間近で見て、自分も起業しようと独立。しかし、当初は具体的な事業プランができず、人事コンサルやシステム受託業務で食いつなぎました。その後、顔写真を並べて並び替えができるシステムを作ってほしいという依頼を受けたのが「カオナビ」の原型になりました。


坂東眞理子

入社して2、3年はまだ一人前ではないものですが、20代後半くらいになると少し仕事の様子がわかってきます。多少責任のある仕事を任されることもあるでしょう。この年代は一番焦りがちな時期ですが、心を落ち着けて、しっかりとキャリアづくりをしてください。


吉川英治

登山の目標は山頂と決まっている。しかし、人生の面白さ、生命の息吹の楽しさは、その山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にあるという。


元谷芙美子

チャンスを逃がすわけにはいきません。もっともっと前に前に出て行きます。


ピーター・リンチ

【株式投資20の黄金律-その2】過去30年の間、株式市場は一握りの機関投資家によって占められるようになってしまった。皮肉にも、このおかげで一般投資家がよい成績を上げることがやさしくなっている。専門家集団を無視することで市場を打ち負かすことができる。


樋口泰行

産業再生機構の支援を受けていたダイエーと、業績好調な外資系企業の日本マイクロソフト。両極端の2社で社長を経験しましたが、やってきたことは意外と共通しています。企業文化の改革です。