名言DB

9419 人 / 110788 名言

井上理(ホテル経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

井上理(ホテル経営者)のプロフィール

井上理、いのうえ・ただし。日本のホテル経営者。「ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ」社長。米国ローン・スター・グループ ハドソン・ジャパンに入社。スター・キャピタル副社長、スター・プロパティーズ副社長、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ副社長兼CFO(最高財務責任者)などを経て社長に就任。

井上理(ホテル経営者)の名言 一覧

いくら景気が悪化しても、お客様の数がゼロになるわけではない。その限られたお客様のファーストチョイスになれれば、いつの時代でも一定以上の業績を維持できるはず。それが、私がたどり着いた結論。


我々が考えなければならないのは、長期的な時間軸の中で、このビジネスをいかに成立させるのかということ。そのためには、まず差別化されたマーケットの変化に対応できる、選択されるホテルを作ること。


これからも常識にとらわれないホテル経営にチャレンジし、この業界に一石を投じる存在になりたい。


ハードやソフトのサービスを向上させれば、コストも上がると考えがちですが、工夫次第でこれらの両立は可能。


一部の部屋を豪華にしても、部屋に泊まった人にしかそのメリットは感じてもらえません。かといってすべての部屋をグレードアップするには、膨大なコストがかかります。それに対して、共用部分は宿泊するお客様全員が使うことができます。共用部の付加価値を高めることが、顧客満足度をより上昇させると考えた。


24時間すべての施設を使えるホテルというのは、実はありそうでなかったスタイルです。どんな大型ホテルでも、カフェやラウンジは終業時刻が決められている。しかし、このホテル(ホテル・ザ・エム インソムニア赤坂)が建つ赤坂は、日本有数の繁華街であり、ビジネス街でもある。深夜や朝方でも、常に動き続けているエリアです。その立地に合わせ、「眠らないホテル」のコンセプトが生まれました。


井上理(ホテル経営者)の経歴・略歴

井上理、いのうえ・ただし。日本のホテル経営者。「ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ」社長。米国ローン・スター・グループ ハドソン・ジャパンに入社。スター・キャピタル副社長、スター・プロパティーズ副社長、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ副社長兼CFO(最高財務責任者)などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

森辺一樹

市場の成長期はとにかくスピードと投資が全てだ。


森岡毅

マーケッターは消費者を理解する専門職。消費者の日々の悩みだけでなく、潜在的な悩みや欲求を解き明かし、解決策となる技術を探していく。これを突き詰めることが、イノベーションを生み出す確率を高めてくれます。逆にマーケティングがなければ、消費者無視の自己満足に陥ってしまいます。残念ながら、日本の大企業、とりわけ製造業ではこうした傾向が強いのではないでしょうか。


渡辺修(通産官僚)

私が毎年、新入社員に言っていたことが2つあります。1つは、はじめは大した仕事を与えられないと思うけれども、それをつまらないと思うか、自分を鍛える磨き石だと思うかは自分の考え次第だよと。もう1つはどんなことでもいいから、この会社の中では誰にも負けないと思うことを、まず1つは見つけようと。


藤田晋

当社はブログを事業としている会社なので、多くの社員がブログを書いています。そのなかでも「面白いな」と思えるブログは、アクセス数を伸ばすためのネタと、どうしても訴えたいメッセージを、うまく織り交ぜている文章です。私も、重たい文章が続いたら次は軽くしてみたりというように、いつもバランスには気をつけています。


茂木誠

欧米や日本での成功例を、中東にそのまま輸出しても、かえって混乱を招くだけ。自分たちの常識、モノサシで世界を計ろうとすると、大きな判断ミスにつながる可能性がある。


秋元久雄

スポーツ選手だって、自己記録を更新するのがうれしいわけだよね。はた目で見れば平凡な記録だったとしても、自分の記録を超えられたことが励みになる。それでつらい練習も頑張ることができるわけだよ。だから意欲の高い人材に来てほしかったら、「ここだったら自分の力を伸ばせそうだ」と、若い人に未来を感じさせられる会社にならないとダメだね。


出口治明

準備していれば、本当の夢を実現するチャンスが巡ってくる。


和田秀樹

人間の認知行動として、好き嫌いは大きな影響を与える。好きな人の言うことは間違っていても正しく聞こえる一方、嫌いな人の発言にはどんなに正しくても「間違っている」と決めつけがち。だから、ケンカの前に相手と積極的にコミュニケーションをとったり、味方になりそうな人に根回しをする必要があります。基本ですが、周りに気を遣うことです。


小松文子

私たちが育成したいのは、一言でいえば確かな想像力を持った人材。たとえば、サイバー攻撃の背景にあるもの、またセキュリティ事案の社会的影響など、事態を俯瞰的に眺め、イマジネーションを働かせて課題を解決に導いていける人材です。


飯田亮

1963年の暮れ、大型商談が舞い込んできた。東京オリンピックの警備である。代々木の選手村を工事や整備の段階から警備してほしい、と言う。宣伝効果も期待できるので、引き受けることにした。ところが正式契約の段階で相手は「公的機関だから前金は払えない」という。こちらもギリギリの譲歩をし、「前金がダメなら、どんな非常事態になっても契約を履行すると一筆入れてほしい」。担当者はそれもできないと言う。そこで私はその場から当社の五輪担当者に電話をかけ、命令した。「おい、皆引き上げろ。前金を取れないから契約は破談だ。やめるぞ」。相手の担当者は狼狽し、すったもんだの末、1ヵ月の前金で契約を交わすことになった。