名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

井上理(ホテル経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上理(ホテル経営者)のプロフィール

井上理、いのうえ・ただし。日本のホテル経営者。「ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ」社長。米国ローン・スター・グループ ハドソン・ジャパンに入社。スター・キャピタル副社長、スター・プロパティーズ副社長、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ副社長兼CFO(最高財務責任者)などを経て社長に就任。

井上理(ホテル経営者)の名言 一覧

いくら景気が悪化しても、お客様の数がゼロになるわけではない。その限られたお客様のファーストチョイスになれれば、いつの時代でも一定以上の業績を維持できるはず。それが、私がたどり着いた結論。


我々が考えなければならないのは、長期的な時間軸の中で、このビジネスをいかに成立させるのかということ。そのためには、まず差別化されたマーケットの変化に対応できる、選択されるホテルを作ること。


これからも常識にとらわれないホテル経営にチャレンジし、この業界に一石を投じる存在になりたい。


ハードやソフトのサービスを向上させれば、コストも上がると考えがちですが、工夫次第でこれらの両立は可能。


一部の部屋を豪華にしても、部屋に泊まった人にしかそのメリットは感じてもらえません。かといってすべての部屋をグレードアップするには、膨大なコストがかかります。それに対して、共用部分は宿泊するお客様全員が使うことができます。共用部の付加価値を高めることが、顧客満足度をより上昇させると考えた。


24時間すべての施設を使えるホテルというのは、実はありそうでなかったスタイルです。どんな大型ホテルでも、カフェやラウンジは終業時刻が決められている。しかし、このホテル(ホテル・ザ・エム インソムニア赤坂)が建つ赤坂は、日本有数の繁華街であり、ビジネス街でもある。深夜や朝方でも、常に動き続けているエリアです。その立地に合わせ、「眠らないホテル」のコンセプトが生まれました。


井上理(ホテル経営者)の経歴・略歴

井上理、いのうえ・ただし。日本のホテル経営者。「ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ」社長。米国ローン・スター・グループ ハドソン・ジャパンに入社。スター・キャピタル副社長、スター・プロパティーズ副社長、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ副社長兼CFO(最高財務責任者)などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

島田久仁彦

まずどこで、どんな問題が起きているのか。依頼人の要求は何なのかを徹底して聞く。この段階で問題の本質を見極める。


用松靖弘

「てんや」のフランチャイズ募集は、すでにどこかのブランドに加盟し、外食ビジネスを手掛けた経験のある法人企業に限定して行っています。フードサービスは労多くして益少ないビジネスですので、フランチャイズに加盟したからといってすぐには儲かりません。外食の経験がないとこの点を誤解しやすく、加盟しても「儲からない」と言ってすぐに退会してしまう可能性があります。これではブランドの信用も傷付きますし、同じ看板を背負う他の加盟店にも迷惑を掛けてしまいます。


澤上篤人

財務諸表を1年分だけ見ても会社が成長するかどうかはわかりません。しかし、例えば10年分を横に並べてみると分かってくるでしょうね。バランスシートの変化を見ていると、経営の意志が見えてきます。


森田俊作

じっくり検討したい課題やテーマが書かれた書類があれば、原本を持ち出さずに、PDFファイルにしたり、写真に撮ったりしてデータ化し、「iPad」で一元管理します。データに変換しておけば、資料を探すといった手間もありません。


北尾吉孝

ビジネスのうえでタフであるということは、決して相手を叩きのめすということではないのです。ここを勘違いしてはいけない。たとえば僕は、アメリカ企業とジョイントベンチャーをたくさん作りましたが、自分の利益のことだけを考えていたら絶対にうまくいきません。相手のことも考えながら、正・反・合を作り上げていくのです。


松原耕二

テレビニュースのだいご味はシナリオのない中で、いま動いていることを伝えることだと思います。震災の後の特番がそうでしたけれど、何が起きているかを結論がないまま、延々と続けました。立ち止まることが許されないのがテレビニュースで、能力の最大限を使う仕事です。


田島貴男

普通をなめるなよ、といいますかね。普通が一番大変なんだぞと。スゴぶっている音楽、偉そうな音楽がすごいわけではない。実は普通のことを歌っているんだけれども、聞くと感動して泣けるとか。そういう音楽が、やっぱりすごいんだと思うんですよ。


西浦三郎

就任当時、まずは銀行色の強い会社を普通の不動産会社にした上で、小さいながらも存在感があって社員が誇りを持てる会社にしよう。そして業界トップの項目を増やしていこう、と考えた。


佐々木正

人間には、各々持ち場があります。自分に適した土地かどうかを見る、生きる勘をまず持たないと駄目ですわ。


桜井博志

「目の前の危機をどう乗り切るか」。私の人生はこの連続でしたが、こうした失敗があるからこそ、今の成功があると断言できます。


張本邦雄

営業時代、私がこだわっていたのは「できないことにはNOと言う」ことです。弊社の製品は決して安くはなく、「御社の商品は高くて使えないよ」と言われることもありました。ここで普通は「じゃあ値引きを」となりますが、私はむしろ「なぜ高いのか」の理由を話しました。「質の高い原料を使い、検査に時間と手間をかけているので高いのです。ただ、欠陥品が出る確率は低く、長いスパンで考えると、決して高くはないと思います」「弊社はアフターサービスに至るまでコストをかけているので、お客様のおっしゃる価格では合いません」などと、はっきり理由を伝えました。私が最初の注文を取れたのも、まさにこの姿勢をご理解いいただけたからでした。


大村禎史

PB(プライベートブランド)商品を育ててカテゴリー単位でシェアを拡大できれば、成長余地は十分にあると考えています。ベビー・子供用品市場で見ると、国内の大手メーカーはすでに圧倒的な国内シェアを持っているので、グローバル市場でシェアを取っていかないと成長できません。しかし小売りは事情が違います。国内のベビー・子供用品市場は2兆円程度だと見込んでいますが、我々はまだその5%程度しかシェアを持っていません。新規出店とPBの拡大で十分成長できますし、中途半端に海外にいってもうまくいかないでしょう。