名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井上武(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上武(経営者)のプロフィール

井上武、いのうえ・たけし。日本の経営者。アパレル企業「ラブリークイーン」会長。大分県出身。大分大学経済学部卒業後、丸紅に入社。社長の一人娘との結婚を機にラブリークイーンに入社。社長に就任し、同社の経営再建に成功した。著書に『超・日本的経営で会社は甦る!』。

井上武(経営者)の名言 一覧

夢を持つと、一段上の目線を持てるようになる。


「一生感動、一生勉強、一生青春」が私のモットーで、常にわくわくドキドキしながら人生を楽しむようにしています。


人生は「七転び八起き」です。70年の来し方を振り返っても、私は直面したピンチに幾度となく耐えてきました。


実行するときには、常に全力投球で率先垂範を。


与えられた道がベストだと思うことが大切。私は自分が置かれたポジションを、そのときの「ベスト」だと思って生きてきました。


社員満足なくしてお客様満足なし。


与えられたポジションで、心血を注ぎ仕事に打ち込めば、必ず結果は出る。


私は新しい夢を描いています。その一つが「90歳でPPK」。PPKって分かりますか? そう、ピンピンコロリ(笑)。天寿を全うする直前まで健康で、家族に迷惑はかけたくないと思い、最近はトライアスロンに挑戦中です。


会長になってから、会社のことはほとんどノータッチ。後継社長に任せています。中小企業では、社長も元気、会長も元気だと社員が困るのです。トップが二人いると、どちらを向いていいのかわかりません。


株式上場にはいい面も悪い面もあります。日本には百年以上続いている会社が数万社あると言われていますが、そのほとんどが上場していません。同族による大家族主義経営で、堅実に伝統を守り、次の世代へ引き継いでいく企業が多いように思います。


経営理念の刷新には、社会の変化に適応するという意図もあります。経営理念が時代に合っているかを精査して、必要であればつくり変えることは、経営者の責務。


数年に一度、中小企業はピンチに見舞われます。しかし、ピンチは成長のための絶好の機会。落ち込んでいないで、ピンチをチャンスに変えることが重要。


望むか望まないかにかかわらず、転機は必ず訪れるものです。そのときには、商品やマーケットを変えるなど、経営者としてなんらかのアクションを起こさなければなりませんが、そのベースにはいつも経営理念がありました。


経営理念をはっきりさせることが肝要であると、私は身にしみて感じています。迷ったときは、自分が決めた経営理念に照らし合わせて、イエスかノーかを考える。そうすると適切な判断ができます。


私は3つの信条を大切にしています。ひとつ目は「与えられた道がベストだと思うこと」、ふたつ目は「経営理念を明確に」、3つ目は「ピンチはチャンス」です。


井上武(経営者)の経歴・略歴

井上武、いのうえ・たけし。日本の経営者。アパレル企業「ラブリークイーン」会長。大分県出身。大分大学経済学部卒業後、丸紅に入社。社長の一人娘との結婚を機にラブリークイーンに入社。社長に就任し、同社の経営再建に成功した。著書に『超・日本的経営で会社は甦る!』。

他の記事も読んでみる

ジャック・マー(馬雲)

デジタル社会に入り、変化が非常に早い。変化に対応する能力、変化を好きになるという楽観的な心構えを持った上で、変化を正確に捉えることが非常に大事です。それが成功に結びつく重要な精神だと思います。


飯野謙次

人が起こすミスは、「四つの種類」に分けることができます。一つ目は「学習不足」。知識と技量が及ばず犯すミスです。二つ目は「伝達不足」。必要な情報を知らされずに起きる、いわゆる報連相の不備です。三つ目は「計画不足」。業務を抱え過ぎて締め切りに間に合わなかった、などが典型例です。そしてもっとも単純かつ厄介なのが、四つ目の「注意不足」。忘れ物や紛失物、チェック漏れなどのいわゆる「うっかりミス」の類です。


山中勧

経営内容を向上させるために様々な施策を講じています。とにかく常に新しいことに挑戦し、たとえわずかずつでも前に進むことが大切です。


鎌田實

たんにサービスを手がけるだけでなく、もう少しでもお客さんにしてあげられることはないかと考える。この「もう少しでも」の姿勢が、サプライズにつながるんだと思います。


小松俊明

社内で仕事が集まってくる人は、外部環境の変化に対応できるように、情報収集に長けていたり、自ら勉強したりしている人。これは日本企業全般に言えることですが、従来のビジネスモデル、収益モデルが変わってきてしまっているからなんです。たとえば、出版業界を例にとれば、電子書籍という黒船がやってきたために、これまでのやり方が一切通用しなくなってしまった。そうなると当然、電子書籍に詳しかったり、人脈が豊富だったりする社員へと仕事が回っていくわけです。


嶋津良智

どんな出来事でも最終的には自分の責任だと思える自己責任能力の高い人は、問題が起こったとき、自分に何ができるだろうと発想できます。それが、現状の改善や自分自身の成長につながるのです。


城谷直彦

売上高営業利益率10%超というのは一つの目安。当社は収益性を重視している。コンサルティングサービスを中心に付加価値の高いサービスを提供してきた結果、利益率もそれなりについてきた。


岡崎慎司

無謀だという声があることも知っていますよ。でも、ゼロに近い目標でも掲げるのは自由だし、「やる」と言い続けることで達成される確率は上がると思う。それはどんな仕事でも同じですよね。


長谷川和廣

アマチュアで終わる人は、言い訳が多い人です。私は営業成績が悪い営業マンにその理由など聞きません。返ってくる答えが「自社製品の弱み」か「不景気のせい」のふたつのどちらかだからです。しかし、売れない理由をそういうところに求めているうちはプロではありません。プロはどんな場合でも、どうしたら売れるかを考え抜く人です。


ケリー・マクゴニガル

自由と柔軟性。仕事をどう進め、時間をどう使うかを、本人が柔軟に決められる状態を実現することが、働く人の生産性や仕事への取り組みを向上させ、健康につながる。


諸井貫一

貧しい場合にも、その人の才能を伸ばすことを妨げる要素はたくさんあるはずだし、どんなに豊かな家にだってその人の伸びることを妨げる要素がたくさんある。結局、環境にとらわれてはいけない。境遇というものから抜け出してこそはじめて自分の人生があるのだ。


伊藤洋志

ひとつひとつの収入は多くないですが、まとめると十分生計を立てられます。複数やるとリスクヘッジにもなりますしね。内容はどれもかなりニッチ。でも自分発信だからこそ競争にさらされず、個人でも稼ぎやすいんです。