名言DB

9419 人 / 110788 名言

井上武(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

井上武(経営者)のプロフィール

井上武、いのうえ・たけし。日本の経営者。アパレル企業「ラブリークイーン」会長。大分県出身。大分大学経済学部卒業後、丸紅に入社。社長の一人娘との結婚を機にラブリークイーンに入社。社長に就任し、同社の経営再建に成功した。著書に『超・日本的経営で会社は甦る!』。

井上武(経営者)の名言 一覧

夢を持つと、一段上の目線を持てるようになる。


「一生感動、一生勉強、一生青春」が私のモットーで、常にわくわくドキドキしながら人生を楽しむようにしています。


人生は「七転び八起き」です。70年の来し方を振り返っても、私は直面したピンチに幾度となく耐えてきました。


実行するときには、常に全力投球で率先垂範を。


与えられた道がベストだと思うことが大切。私は自分が置かれたポジションを、そのときの「ベスト」だと思って生きてきました。


社員満足なくしてお客様満足なし。


与えられたポジションで、心血を注ぎ仕事に打ち込めば、必ず結果は出る。


私は新しい夢を描いています。その一つが「90歳でPPK」。PPKって分かりますか? そう、ピンピンコロリ(笑)。天寿を全うする直前まで健康で、家族に迷惑はかけたくないと思い、最近はトライアスロンに挑戦中です。


会長になってから、会社のことはほとんどノータッチ。後継社長に任せています。中小企業では、社長も元気、会長も元気だと社員が困るのです。トップが二人いると、どちらを向いていいのかわかりません。


株式上場にはいい面も悪い面もあります。日本には百年以上続いている会社が数万社あると言われていますが、そのほとんどが上場していません。同族による大家族主義経営で、堅実に伝統を守り、次の世代へ引き継いでいく企業が多いように思います。


経営理念の刷新には、社会の変化に適応するという意図もあります。経営理念が時代に合っているかを精査して、必要であればつくり変えることは、経営者の責務。


数年に一度、中小企業はピンチに見舞われます。しかし、ピンチは成長のための絶好の機会。落ち込んでいないで、ピンチをチャンスに変えることが重要。


望むか望まないかにかかわらず、転機は必ず訪れるものです。そのときには、商品やマーケットを変えるなど、経営者としてなんらかのアクションを起こさなければなりませんが、そのベースにはいつも経営理念がありました。


経営理念をはっきりさせることが肝要であると、私は身にしみて感じています。迷ったときは、自分が決めた経営理念に照らし合わせて、イエスかノーかを考える。そうすると適切な判断ができます。


私は3つの信条を大切にしています。ひとつ目は「与えられた道がベストだと思うこと」、ふたつ目は「経営理念を明確に」、3つ目は「ピンチはチャンス」です。


井上武(経営者)の経歴・略歴

井上武、いのうえ・たけし。日本の経営者。アパレル企業「ラブリークイーン」会長。大分県出身。大分大学経済学部卒業後、丸紅に入社。社長の一人娘との結婚を機にラブリークイーンに入社。社長に就任し、同社の経営再建に成功した。著書に『超・日本的経営で会社は甦る!』。

他の記事も読んでみる

坂東眞理子

若いうちから人とのつながりを大切にしておくと、40代くらいになって効いてきます。人間関係も、短期的な結果を求めず長期的な視点をもって育てて欲しいと思います。


栗山敏昭

社員がミスをしたらそのとき対処すればいい、業績が下がってきたら上げればいい。流れに任せることで、心穏やかでいられる。


金田一秀穂

本来「建前」とは、全部壊してしまっていいものではないんです。いわば、社会の秩序を保つ額縁の役割を果たしているわけですからね。本音の世界の残酷さや乱暴さを閉じ込める役割が、建前にはあると思います。


阪本順治

映画は「物語」であり「人語(ヒトガタリ)」というこだわりはあります。観客が映画館で登場人物に興味を持って、その人と自分は何が共有できて何が違うのかとか、考えてもらえるのが映画の醍醐味だと思うんです。


澤田秀雄

ビジネスでは数字を毎日見ることが大切です。数字は嘘をつきません。業績が上がったら上がった理由が、下がったら下がった理由が数字に表れます。もちろん、数字をつくっているのは人間ですから、間違えていることもありますし、ときには故意に操作することもあるかもしれません。でも、毎日数字を見ていれば、おかしなところは気がつくものです。


猿丸雅之

YKKの強みは継続的に持っている、蓄積している「技術」です。それと安くても品質が求められるところがあります。ですから、その信頼という点は非常に大きくて我々の強みだと思います。


石田衣良

なかなか仕事が進まないときは、まず第一歩を踏み出す。執筆の仕事でいえば、誰が見ても駄目だという駄文でいいから、とりあえず一文書いてしまうんです。すると、その一文から次の一文が浮かんでくる。じっと考え込んでも、たいがいは思考停止状態ですからね。


藤本秀朗

当社ではフェアな人事評価を行うために、経営陣に親族を一切入れないということを、設立当初から社の規則として決めていた。だから、当社の創業以来のメンバーは皆、自社株を持っていて、株式上場でそれこそ億万長者になった。


文弘宣

チームをつくりあげるのは、ビジネスで新規事業を立ち上げるのとよく似ている。まず強くするためには、絶対に「いい選手」が必要。でもいい選手が集まっても、環境が悪かったらうまくいかない。では、いい選手と「いい環境」があったら優勝するかといったら、優勝しない。「いいリーダー、監督」がいる。この3つが揃えば、成功する。会社と一緒だ。


朝倉孝景(朝倉敏景)

家中の奉公人たちの中に、たとえ才能の乏しい者や、何事につけて下手な者があっても、その精神において、真心をもって仕える者に対しては、とくに愛憐の気持ちをもって扱ってやらなくてはならぬ。