井上武(経営者)の名言

井上武(経営者)のプロフィール

井上武、いのうえ・たけし。日本の経営者。アパレル企業「ラブリークイーン」会長。大分県出身。大分大学経済学部卒業後、丸紅に入社。社長の一人娘との結婚を機にラブリークイーンに入社。社長に就任し、同社の経営再建に成功した。著書に『超・日本的経営で会社は甦る!』。

井上武(経営者)の名言 一覧

夢を持つと、一段上の目線を持てるようになる。


「一生感動、一生勉強、一生青春」が私のモットーで、常にわくわくドキドキしながら人生を楽しむようにしています。


実行するときには、常に全力投球で率先垂範を。


与えられた道がベストだと思うことが大切。私は自分が置かれたポジションを、そのときの「ベスト」だと思って生きてきました。


人生は「七転び八起き」です。70年の来し方を振り返っても、私は直面したピンチに幾度となく耐えてきました。


社員満足なくしてお客様満足なし。


与えられたポジションで、心血を注ぎ仕事に打ち込めば、必ず結果は出る。


私は新しい夢を描いています。その一つが「90歳でPPK」。PPKって分かりますか? そう、ピンピンコロリ(笑)。天寿を全うする直前まで健康で、家族に迷惑はかけたくないと思い、最近はトライアスロンに挑戦中です。


会長になってから、会社のことはほとんどノータッチ。後継社長に任せています。中小企業では、社長も元気、会長も元気だと社員が困るのです。トップが二人いると、どちらを向いていいのかわかりません。


株式上場にはいい面も悪い面もあります。日本には百年以上続いている会社が数万社あると言われていますが、そのほとんどが上場していません。同族による大家族主義経営で、堅実に伝統を守り、次の世代へ引き継いでいく企業が多いように思います。


経営理念の刷新には、社会の変化に適応するという意図もあります。経営理念が時代に合っているかを精査して、必要であればつくり変えることは、経営者の責務。


私は3つの信条を大切にしています。ひとつ目は「与えられた道がベストだと思うこと」、ふたつ目は「経営理念を明確に」、3つ目は「ピンチはチャンス」です。


数年に一度、中小企業はピンチに見舞われます。しかし、ピンチは成長のための絶好の機会。落ち込んでいないで、ピンチをチャンスに変えることが重要。


望むか望まないかにかかわらず、転機は必ず訪れるものです。そのときには、商品やマーケットを変えるなど、経営者としてなんらかのアクションを起こさなければなりませんが、そのベースにはいつも経営理念がありました。


経営理念をはっきりさせることが肝要であると、私は身にしみて感じています。迷ったときは、自分が決めた経営理念に照らし合わせて、イエスかノーかを考える。そうすると適切な判断ができます。


井上武(経営者)の経歴・略歴

井上武、いのうえ・たけし。日本の経営者。アパレル企業「ラブリークイーン」会長。大分県出身。大分大学経済学部卒業後、丸紅に入社。社長の一人娘との結婚を機にラブリークイーンに入社。社長に就任し、同社の経営再建に成功した。著書に『超・日本的経営で会社は甦る!』。

他の記事も読んでみる

宮原博昭(経営者)

社長に就任してからは、使命感から、モチベーションが下がることはまったくありません。しかし、若い頃はモチベーションが下がることもありました。当時は、まだ力の弱い部署で安月給だし、発言権はゼロ。あるときは、事業を伸ばしたら、参考書の担当者から「参考書が売れなくなる。邪魔するな」と言われる始末でした。辞表もこれまでに3回書きました。それでも、一緒に頑張ってくれる教室の先生方やスタッフの努力に報いたくて、「いつか見返してやる」という思いで続けてきました。


渡瀬謙

話し下手な人がマイナスだと感じている沈黙にも、効用があります。営業マンが何も話さなければ、相手の方から、目の前のパンフレットについて質問するなど、何か話題を探しはじめるんです。そうして出てきた話題は、相手が興味を示すポイントであることが多いので、それに答えていくことで相手のニーズを洗い出せます。


安藤俊介

怒りはゼロにする必要はなく、むしろ必要な感情です。怒りを失った人間は危険察知や防衛本能すら失い、この世を生き抜くことが困難になります。実際、側頭葉を損傷し、怒りの感情をなくした人が、何が危険なのかわからなくなり、リハビリ中、怪我をし続けるという事例が報告されています。


村尾信尚

仕事は速いにこしたことはありません。スピーディーかつ簡潔に書類をまとめ、わかりやすい言葉で相手に要件を伝える。こうしたスキルは、ホワイトカラーであれば必須でしょう。


中谷巌

資本主義の本質をいろいろ分析していくうちに、気が付いたことがあります。西洋が引っ張ってきた資本主義社会というのは、市場によって価値を「交換」させることによって成り立っています。逆に言えば、市場で交換できないものは価値がない、とするわけです。しかし、家族同士の愛情とか、地域社会の助け合いとか、人と人との絆とか、市場で交換できないものはたくさんあります。そうしたものがないがしろにされてきた結果、コミュニティが崩壊し、社会が荒れてきました。このあたりで一度立ち止まって、このままでいいのだろうか、と議論を始めないといけないと思います。


大塚寿

40代以降、仕事の基本スキル以上にバランス感覚が求められるようになります。営業部門でいえば「取引先」と「社内の関連部門」とで利害を調整する能力が必要なことがしばしば出てきます。顧客第一主義で顧客のすべてに応じようとすると、設計や製造といった後工程を担う部門でトラブルが発生してしまうことも少なくありません。そのとき、リーダーは軸足をどこに置くか。YESなのかNOなのか。A案に賛成なのかB案なのか。立ち位置をつくって、自分の旗を立てるのです。


野口健

登頂に失敗したら多くの批判がメディアに載りました。悔しくて悔しくて、僕は批判をノートに全部書き出した。でも、1週間後にまた読むと、「意味のある批判」と「単なる批判」の違いがわかった。しかも、「意味のある批判」は、痛いところを突いている。その批判を赤で丸く囲んでいくと、自分の弱点が見えてくる。足りない部分が明確になる。


鑄方貞了(鋳方貞了)

業績が悪くなった時こそ、後継者が力をつける最良のチャンスととらえ、よほどのことがない限り、見守り続けていただきたい。


藤屋伸二

ドラッカーの『マネジメント』を読むと、自分が抱える問題はどこで起こっているのか、すぐに特定できる。極論すると、上司や社長の実力も、分かってしまう。


金田一秀穂

「どう褒められたらうれしいか」を意識すると、褒め方にぐっと深さが出てくる。褒めるには相手がどんな反応をするか考えることが必要。よりポジティブな反応を得るにはどう褒めればいいか。当然、日頃の観察眼も必要。しっかりと相手を慮(おもんぱか)るような誠実さがあれば、自然と上手い褒め言葉が出てくると思います。


原丈人

ビリオネア(億万長者)になれば幸福かというとそうではない。私は長年シリコンバレーでベンチャーキャピタルを経営していて、売上数千億の企業を多く育て、何百人とビリオネアにしてきました。その彼らすべてが今幸せかというとそうではない。ビリオネアになってからも考え方や行動などの軸がブレない人間はそう多くはありません。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

試験勉強では最初に全体を俯瞰します。頭から終わりまでざっと目を通してみると、ここは重要だという部分が、はっきり見えてきますから、そういうところから重点的に覚えればいいのです。そして、覚えなければならないことは、とにかくノートを書きまくる。目だけではなく手も使うことで、記憶の定着率は格段に良くなります。


ながやす巧

漫画界で最高の作品というのは、ちばてつや先生の『あしたのジョー』だと思っているんです。ちばてつや先生には敵わないけれども、でもちょっとでも近づきたいという気持ちは(デビューして50年以上経った)いまでもありますね。


西條剛央

ビジネスの世界でも原理原則をないがしろにしていると感じます。どの部署に行きたいんだと希望を聞いておきながら、その結果とは違う部署に平然と配属したりします。人間は自分の方向性と重なっていないことをやると消耗します。また、批判したり罵倒したりする場面も多いですが、それでは人々の力を引き出すことはできません。


樋口武男

言葉に説得力を持たせるには、率先垂範の姿勢が不可欠である。山口支店長だったころの私には、部下の2倍は仕事をしているという自負があった。私が率先して支店の業績を上げようとしていることは、誰の目にも明らかだったはずだ。もしその裏付けがなかったら、部下との「徹底対話作戦」は意味をなさなかっただろう。


ページの先頭へ