名言DB

9425 人 / 110833 名言

井上暉堂の名言

twitter Facebook はてブ

井上暉堂のプロフィール

井上暉堂、いのうえ・きどう。日本のゼンマスター。臨済宗老師。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院でMBAを取得。プロボクサー、代議士秘書、新聞社記者、会社経営などを経て臨済会会長・小池心叟老師から法號「暉堂」を拝命。著書に『50歳からの「死」の覚悟』『臨済宗の常識』『心を楽にするお寺入門』。

井上暉堂の名言 一覧

人生の先端(死)を見つめることで、目標が明確になる。今、ここで戦略を立て、「一大事とは本日只今の心」で生きていただければと思う。


生まれるのは偶然ですが、死ぬのは必然。無様な死を迎えるか、尊厳のある死を迎えるかは、普段からの死への覚悟で決まります。


人生は死の捉え方・覚悟ひとつで驚くほど変わる。知恵ひとつでラストシーンは素晴らしくなる。


井上暉堂の経歴・略歴

井上暉堂、いのうえ・きどう。日本のゼンマスター。臨済宗老師。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院でMBAを取得。プロボクサー、代議士秘書、新聞社記者、会社経営などを経て臨済会会長・小池心叟老師から法號「暉堂」を拝命。著書に『50歳からの「死」の覚悟』『臨済宗の常識』『心を楽にするお寺入門』。

他の記事も読んでみる

工藤泰三

入社後最初に配属された課を当初は「傍流」と感じましたが、そこにいたから経験できたことも多かった。会社人生を振り返っても、一番勉強になった気がします。


木村清

頭で覚えようとしないで体で受けとめれば見えてくるものがある。


奥島孝康

世のため人のため、汗を流し、涙を流し、場合によっては血を流すという生き方こそが、人の生き方にとって重要であり、それでこそ品格の高い生き方といえる。


桂三枝(6代目桂文枝)

テレビで高視聴率を取り、順風満帆な30代だったんですけど、肝心の落語のほうが思うように受けなかったんですよ。正直言って、落語家の部分を捨てようかと、何度となく思いましたよ。僕自身、欲が深かったというか、「落語家としてはダメだな」といわれるのが、なんとも悔しかったんです。枕で受けても、落語にはいるとさっぱり受けない。古典落語を話していると、自分の口調と合わないというか、なんか別の人が喋っているような気もしてたんですよ。そこで200年、300年と残る――自分の口調に合う昭和・平成の古典をつくろうとしたら、なんとか形になっていったんですよ。


冨安徳久

あなたは、なぜその会社にいて、なぜ働いているのですか。そこでなければならない理由はありますか。あなたがやらなければならない理由はありますか。それを明確に答えられれば、ビジョンを持って、必ずや良い仕事を成し遂げることができるでしょう。


高橋茂雄

その場しのぎで要領よく切り抜けようとしても絶対バレます。逆に「小賢しいねん、よけい腹立つわ!」とそっぽを向かれかねません。失敗したときは「まあええ、次頑張れや」と言ってもらえるまで謝るしかない。


三谷宏幸

ビジネスは自分も含めたチームの総力戦であり、その意味で部下はかけがえのない存在です。何か部下に言われてただ困惑したり、感情的に対応するのは間違いです。市場の中で何が起こっているかを知り、誰がどうやって勝ってきたのかを分析し、今後どのようなチームにしていくのかという戦略を描き、実行するコンテクスト(背景)において、その部下の発言は正しいかどうかを評価しなければいけません。


角和夫

入社3年目、運輸部にいた私は宝塚線の助役を命じられました。現場の乗務員などの人事評価を課長に伝える役回りです。ついこの間まで車掌や運転士の「見習い」をしていた20代半ばの若造が、いきなり40代、50代の先輩方を監督、指導するわけです。改まった席では本音を言ってくれませんから、こちらから仕事の相談を持ちかけておいて、さりげなく「先輩、一杯行きませんか」と誘うのです。仕事や上司への不満がないはずはなく、酔うほどに「会社が自分を評価してくれない」「誰それとはどうしても合わない」と本音が出ます。それをきっかけに「どうすれば働きがいのある職場に変えられるか」を考えました。


鈴木修

会社のトップが会長、社長なら、そのうちのひとりは技術者であるべきだというのが私の持論です。やはり、メーカーのトップには必ず技術者を入れた方がいい。結局、クルマをつくるのはエンジニアであって、彼らをきちんと処遇すること、報酬でもポストでも処遇することが非常に大切だと感じています。スズキの場合は、役員人事でも技術系と事務系が均衡しています。


猪子寿之

初音ミクというのは非実在ですよね。ネットは非実在と圧倒的に相性がいいんです。テレビはカメラで撮るから実在と相性がいい。非実在になった瞬間、ネットで表現できるんです。ユーザーが表現の担い手になれる。だから、感覚的にも自由ですごいものが出てくる。