名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上暉堂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上暉堂のプロフィール

井上暉堂、いのうえ・きどう。日本のゼンマスター。臨済宗老師。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院でMBAを取得。プロボクサー、代議士秘書、新聞社記者、会社経営などを経て臨済会会長・小池心叟老師から法號「暉堂」を拝命。著書に『50歳からの「死」の覚悟』『臨済宗の常識』『心を楽にするお寺入門』。

井上暉堂の名言 一覧

人生の先端(死)を見つめることで、目標が明確になる。今、ここで戦略を立て、「一大事とは本日只今の心」で生きていただければと思う。


生まれるのは偶然ですが、死ぬのは必然。無様な死を迎えるか、尊厳のある死を迎えるかは、普段からの死への覚悟で決まります。


人生は死の捉え方・覚悟ひとつで驚くほど変わる。知恵ひとつでラストシーンは素晴らしくなる。


井上暉堂の経歴・略歴

井上暉堂、いのうえ・きどう。日本のゼンマスター。臨済宗老師。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院でMBAを取得。プロボクサー、代議士秘書、新聞社記者、会社経営などを経て臨済会会長・小池心叟老師から法號「暉堂」を拝命。著書に『50歳からの「死」の覚悟』『臨済宗の常識』『心を楽にするお寺入門』。

他の記事も読んでみる

中村邦夫

今、松下は法遵守という点で重大な危機にある。それを克服し、透明でクリーンな企業と認められるように頑張ろう。そのために、管理者として絶対に口にしてはならないことがある。「そうは言うけれど、売らねばならない」ということだ。法遵守と言いながら、その場でそういうことを言うのでは、法を破ってよいと言っているのと変わらない。


松下正幸

一般に、人の話をよく聞くことは非常に大切なことと言われていますし、幸之助は聞き上手と言われることも多くありました。確かに聞き上手といえば聞き上手でしたが、私はちょっと別のとらえ方をしています。幸之助は聞き上手だったのではなくて、聞くことに人一倍の好奇心を持っていた、また、学びたいという意欲が人よりもはるかに大きくあったと思っているのです。幸之助みずからが言っていますように、自身は体系的な学問を学校で習うことはありませんでした。したがって会う人会う人、どんな人でも自分より知識が豊富に違いない、その人の知識をできる限り吸収したい、そういう好奇心にあふれていました。


中山雅史

20代、30代前半の頃もチームへの貢献を第一に考えていましたが、それと同じぐらい自身のパフォーマンス向上や強さ、うまさなどを貪欲に求めていました。もちろん、日本代表としてワールドカップで戦うことは最大の目標であり、代表への憧れは今もあせません。でも、年齢を重ねると、後者を追い求めるのが難しくなる。老いやケガとあらがいながらプレーを続けるためには、コーチやトレーナーといった多くの方の力を借りるしかない。だから50代になった今も、挑戦できる環境をもらっていることに感謝しかないです。


芳地一也

「ダメな会議」は、単なるコメントの交換に95%の時間を費やしている。


柴田昌治(コンサルタント)

社内外を問わず様々な人と積極的に関わるようにしてください。個人的な付き合いを通して得られるインフォーマルな情報こそが、最も重要だからです。


菅野寛

「経営者の才能は先天的な資質である」と主張する方がおられます。しかし、私はその立場を採っていません。いろいろな経営者の方とお話させていただくと、むしろ「経営者は育つ」とい意見のほうが多い。そもそも社会人になる20代の前半から経営者としての能力がフルセットある人などいるでしょうか。皆、血ヘドを吐くほど修羅場の経験を積みながらスキルをだんだんと学び覚えていくうちに、立派な経営者になるのです。


瀬戸薫

弊社では社員が失敗したとき、失敗したことについて、何が悪かったのか、どうすればうまくいったのか、とことん考えさせます。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

相手を言い負かそうという気持ちでいたら、どんなに熱い思いも絶対に伝わりません。「思いを共有したい」、あるいはプロジェクトなら「一緒にやろう」という気持ちで接することが大切なんです。たとえ相手の態度や言葉遣いが気に入らなくても、愛や思いやりを失ったら、その時点ですべての関係は破壊されてしまう。そいうい当たり前のことを忘れては駄目です。


小籔千豊

オカンがお笑い番組ばっかり見ていましたから、お笑いは小さい時から好きで。ただ、あの世界は(野球でいうと)150キロのストレートを放れる人やないと入られへん、と思っていたんです。だから、芸人になるなんて考えはまったくなくて、高1まではせっせと勉強していましたね。将来は大学を出て警察の高級官僚になるか、学校の先生をしながら小説家になるのが夢やった。それがある日、予備校の自習室を出て振り返った時、何十人がぐわーっと勉強しているのを見て「なんで大学に行きたいの?」と思ったんですね。尾崎豊的な年齢ですから。俺の意志やと思うてきたけど、みんなの意見に流されて、目標を設定するような人にはなりたくない、と。パタっと勉強をやめて、ホンマにやりたいことを探し始めた。それで大阪のミナミを歩いていたら、劇場の前で憧れのバッファロー吾郎が「500円やぞー」「今から始まるぞー」と呼び込みしていたんですよ。500円持っている。行くわと入ったら、バッファロー吾郎が150キロばーっと放るんですよ。めっちゃおもろい。横に出てきた千原兄弟も、またすごい。やっぱ舞台に立てる人は全然ちゃうな……。と思いながら見ていたら、全然おもろない人が出てきたんですよ。しかも、僕の憧れの人らと仲ようしている。「ああ?」となって。その人、100キロくらいなんですよ。僕もその時分は若者やったんで、「自分のが勝ってるんちゃうのか?」そう思いながらロビーで「マンスリーよしもと」をぱっと開いたら、NSC(吉本総合芸能学院)の生徒募集の広告があった。他にやりたいこともないし、高校卒業したらNSCに入って、日本全国から集まってきたおもろいヤツとお手合わせをしよう。自分がどこまで通用するか試してみよう、と。そんな動機やったんです。


和田秀樹

目標へのルートを複数考えることは、人生のリスクヘッジにもなる。資格取得はその典型。未来は予測不可能なので、ひとつの勉強だけに何年も費やすと落とし穴があるかもしれない。昔は花形職業でも、いまや格差社会が進んでいます。歯科医は増えすぎて、廃院が増えています。弁護士も然り。司法の仕事に就くのなら、検察事務官の道もあります。こちらは国家公務員試験なので、司法試験に合格する必要はありません。さらに検察事務官二級となって3年を経過すれば試験などによって副検事への道もありえます。あるいは、税理士試験は公認会計士より難しいぐらいですが、税務署に務めるという手もあるんです。23年以上勤めた職員は、試験が免除されて研修のみで税理士資格が得られる制度があります。署員時代の実務で経費の上限なども詳しいため、独立後繁盛する人も多いそうです。自分の目指す資格を、働きながら得る方法を調べてみてはいかがでしょうか。


恩蔵直人

いまや、様々な製品がコモディティ化しています。すなわち差別化の要素を打ち出しにくくなっているのです。従来にない、他社にないものを生み出すイノベーションが求められますが、どれほど革新的であってもニーズを的確にとらえていなければ、空振りに終わってしまうわけです。


花崎淑夫

アパレル製品は、原価率がかつてよりもかなり低くなっている。工業製品的にいかにコストを下げられるかという世界にのみ込まれてしまった。こうした商品では、顧客がワクワクする気持ちになるのは難しい。