井上暉堂の名言

井上暉堂のプロフィール

井上暉堂、いのうえ・きどう。日本のゼンマスター。臨済宗老師。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院でMBAを取得。プロボクサー、代議士秘書、新聞社記者、会社経営などを経て臨済会会長・小池心叟老師から法號「暉堂」を拝命。著書に『50歳からの「死」の覚悟』『臨済宗の常識』『心を楽にするお寺入門』。

井上暉堂の名言 一覧

人生の先端(死)を見つめることで、目標が明確になる。今、ここで戦略を立て、「一大事とは本日只今の心」で生きていただければと思う。

井上暉堂の名言|人生の先端を見つめることで、目標が明確になる

生まれるのは偶然ですが、死ぬのは必然。無様な死を迎えるか、尊厳のある死を迎えるかは、普段からの死への覚悟で決まります。

井上暉堂の名言|無様な死を迎えるか、尊厳のある死を迎えるかは、普段からの死への覚悟で決まる

人生は死の捉え方・覚悟ひとつで驚くほど変わる。知恵ひとつでラストシーンは素晴らしくなる。

井上暉堂の名言|人生は死の捉え方・覚悟ひとつで驚くほど変わる

井上暉堂の経歴・略歴

井上暉堂、いのうえ・きどう。日本のゼンマスター。臨済宗老師。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院でMBAを取得。プロボクサー、代議士秘書、新聞社記者、会社経営などを経て臨済会会長・小池心叟老師から法號「暉堂」を拝命。著書に『50歳からの「死」の覚悟』『臨済宗の常識』『心を楽にするお寺入門』。

ページの先頭へ