名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

井上明義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上明義のプロフィール

井上明義、いのうえ・あきよし。日本の経営者。「三友システムアプレイザル」創業者。学習院大学政経学部卒業後、日本生命、ミサワホームなどを経て三友システム住宅融資(のちの三友システムアプレイザル)を設立。

井上明義の名言 一覧

創業時は不動産鑑定に詳しかったわけではありません。成功した商品は、素人としての自由な発想が生きたものでしょう。


新商品の設計や新しい取り組みには、違う業界からの発想が有効。


商品開発においては、鑑定を依頼する側、発注者の立場から考える姿勢を貫きました。


私は「思い付き」を大切にしています。特に新入社員の発想には、業界の常識にとらわれず、顧客の立場に近いものも見られます。


市場から評価される商品は新しい発想から生まれる場合もありますが、すでにあるものを組み合わせて利便性を高めたケースも多い。


経営者は、おずおずと話し出す若い人の気持ちを大事にくみ取るべきでしょう。発想の芽を壊さないようにしてほしい。頭ごなしに否定したり、反対したりすると、二度と提案しなくなるし、情熱も薄れてしまうかもしれない。


創業して、まずは個人住宅の鑑定料を「定額」にしました。定額という試みは、当時の鑑定業界の常識を打ち破るものだったと思います。かなりの反響がありました。ただ、しばらくすると金融機関から「もっと安くできないか」と要望が寄せられました。話を聞くと、融資対象の物件によっては、価格の変動だけを知りたいとか、以前に評価した更地に建物が建ったかを知りたいとか、必ずしも鑑定評価でなくてもいい情報が求められていることも多い。そこで、不動産鑑定ではなく、地元不動産会社へのヒアリングを含む現地調査や、登記簿調査などによる簡易な「調査」をすぐに商品化してニーズに応えたのです。


井上明義の経歴・略歴

井上明義、いのうえ・あきよし。日本の経営者。「三友システムアプレイザル」創業者。学習院大学政経学部卒業後、日本生命、ミサワホームなどを経て三友システム住宅融資(のちの三友システムアプレイザル)を設立。

他の記事も読んでみる

信太明

集中できないときは、いつも携帯情報端末に10個ほどストックしてある「気分転換になる仕事」をすることで思考にメリハリをつけています。そうした雑務をこなすうちに、またフッと気持ちが乗ってくる瞬間があります。そうしたら、再び思考に集中するのです。


野口吉昭

愚直に繰り返すというと精神論に聞こえるかもしれませんが、習慣をマネジメントするポイントさえつかめれば、誰でも正しい努力を継続させることができます。習慣化するための条件として欠かせないのは、手段そのものを好きになることです。


高城幸司

単に面識があるというだけでは意味がない。自分のために動いてくれる人こそ人脈であり、その人数を増やしていくのが人脈づくり。


森内俊之

小学6年生でプロ棋士を養成する奨励会に入りました。奨励会の先輩方からは勝負の世界について教えられ、自分はこの先ずっと勝ち負けを背負って生きていく世界に入ったのだという覚悟が固まっていきました。また、同じ道を志している仲間ができたのも財産です。


ジェイ・エイブラハム

価値を増やす人にならなければなりません。すでにある価値を市場から奪い、減らす人であれば、そのビジネスはやがて消滅の運命です。


福永雅文

事業はバカになって命がけでやらなければ勝てません。


坂戸健司

大事なのが「双方向性」。つまり、自分がどう伝えるかだけでなく、「ここで相手はこう思うだろうな」と想像しながらストーリーを組み上げていくこと。


宇都宮恒久

指示や命令に従うだけでは、人は素晴らしい仕事はできない。


ゆうきゆう

ストレスの受け方は個人差が大きく、同じ刺激を受けても、それがストレスになる人とならない人がいます。ストレスを受けやすいのは、真面目、問題を大きく捉えやすい、自己主張が弱い、自己犠牲心が強いタイプに多いといわれています。ストレスを受けにくいのは、穏やかで他人の評価を気にしないタイプです。


前澤友作

「他社との競争に勝とう」とは、一切言いません。もちろん、スタッフ間の競争を煽ることなどあり得ません。会社の制度にもそれが現れています。給料は役職ごとに、ボーナスは全スタッフ、個人の業績に関係なく一律ですし、昇進の基準も、成績よりも、「周囲に慕われているか」「周りにいい影響を与えているか」ということを重視しています。


古市幸雄

たとえば、自分の業務である「営業」という軸がしっかりしたところで、「英語」ができると強みになります。


高橋克実

僕は51歳になっても何も変わらぬ、いなかっぺなんですよ。今も芸能人見て興奮して、クルマで東京を走っているだけで、「都会だー」って楽しくてしょうがない。芸能界に憧れて上京してきた、いなかっぺ代表。それが高橋克実です。