名言DB

9413 人 / 110706 名言

井上明義の名言

twitter Facebook はてブ

井上明義のプロフィール

井上明義、いのうえ・あきよし。日本の経営者。「三友システムアプレイザル」創業者。学習院大学政経学部卒業後、日本生命、ミサワホームなどを経て三友システム住宅融資(のちの三友システムアプレイザル)を設立。

井上明義の名言 一覧

創業時は不動産鑑定に詳しかったわけではありません。成功した商品は、素人としての自由な発想が生きたものでしょう。


新商品の設計や新しい取り組みには、違う業界からの発想が有効。


商品開発においては、鑑定を依頼する側、発注者の立場から考える姿勢を貫きました。


私は「思い付き」を大切にしています。特に新入社員の発想には、業界の常識にとらわれず、顧客の立場に近いものも見られます。


市場から評価される商品は新しい発想から生まれる場合もありますが、すでにあるものを組み合わせて利便性を高めたケースも多い。


経営者は、おずおずと話し出す若い人の気持ちを大事にくみ取るべきでしょう。発想の芽を壊さないようにしてほしい。頭ごなしに否定したり、反対したりすると、二度と提案しなくなるし、情熱も薄れてしまうかもしれない。


創業して、まずは個人住宅の鑑定料を「定額」にしました。定額という試みは、当時の鑑定業界の常識を打ち破るものだったと思います。かなりの反響がありました。ただ、しばらくすると金融機関から「もっと安くできないか」と要望が寄せられました。話を聞くと、融資対象の物件によっては、価格の変動だけを知りたいとか、以前に評価した更地に建物が建ったかを知りたいとか、必ずしも鑑定評価でなくてもいい情報が求められていることも多い。そこで、不動産鑑定ではなく、地元不動産会社へのヒアリングを含む現地調査や、登記簿調査などによる簡易な「調査」をすぐに商品化してニーズに応えたのです。


井上明義の経歴・略歴

井上明義、いのうえ・あきよし。日本の経営者。「三友システムアプレイザル」創業者。学習院大学政経学部卒業後、日本生命、ミサワホームなどを経て三友システム住宅融資(のちの三友システムアプレイザル)を設立。

他の記事も読んでみる

別所哲也

「あれ、このままでいいのかな」と感じたときの自分の気持ちをきちんと受け入れることが大切です。そういう危機感がなければ、何か大切なものが自分の前を通り過ぎても、それに気づくことができませんから。


寺島実郎

複眼的な思考が、経済リーダーに求められている。


ビル・ゲイツ

ユーザーにはプロトコルっや略語を覚える気はないから、そうしたものは隠してしまわなければならない。ソフトをインストールすること自体、意識させないようにしなければならない。ユーザーにはインターネットの散歩を楽しんでもらえればいいのであって、その裏で行われているコードの確認作業を意識させてはならない。


川名浩一

自分たちの製品を売るのではなく、その国が欲しているものを提案していきたい。


松井忠三

経営哲学と経営者個人の仕事の進め方は不可分。


塩野七生

やはり中国をはじめとする周辺諸国との問題がありますね。しかし、これは日本だけではどうしようもない。だから米国や、最近ではオーストラリアともタッグを組み始めた。この「組む」というのがいい。実際にタッグを組んでどこまでやるかということよりも、「組んだ」ということを相手方に知らせるだけで十分。これを抑止力と言うのです。フリードリッヒ2世も巧妙に使った手です。抑止力は軍事面だけのことではありません。


有森裕子

スタート時点で、本当は結果がほとんどわかるんです。
【覚書き:レースまでの努力の積み重ねと、その日のコンディションによって本番のレース結果があらかた予測できるという趣旨の発言。】


向笠千恵子

和食の魅力を伝えるには、まずは自分が好きな和食を極めることから始めてみてはどうでしょう。私が生まれ育った日本橋にはすき焼きの名店が多く、私はすき焼きが大好き。それが高じて全国のすき焼きを食べ歩き、本まで著しましたが、調理法から味つけ、食材まで日本全国さまざまで、実に奥が深いのです。まずは自分の好きな料理をとことん食べ歩き、自宅でも作ってみる。また、旅に出かけたときはその土地で伝わる味にふれてみる。そうすることで、和食や日本の食文化の知識が自然と身につき、食の楽しみもぐんと広がっていくことと思います。


上村光弼

壮大な夢を持つことを否定するわけではありません。みんながもっと笑顔で暮らせる社会をつくりたいという夢をあなたが持っていたとします。素晴らしい夢ですが、このままでは曖昧だし、現実のハードルは高そうです。そんなとき、社会の代わりに職場と置いてみてほしい。あなたと話すとき、苦虫をかみつぶしたような表情を決して崩さない憎い上司、その人を笑顔にするにはどうしたらいいか。そこから考えてみてはどうでしょうか。


池谷裕二

いいアイデアが思いつくのは、パソコンの画面をにらんでいる時ではありません。仕事の合間に、ちょっと席を立ったり、トイレに行った瞬間、フッとひらめくことが多い。歩く、場所を変える、ということが重要でそういうときには、脳の海馬周辺からシータ波という脳波が出ると考えられます。シータ波が強くなるのは、外部の情報を収集しようという意識的検索モードのときなんです。


今瀬ヤスオ

「どんな人でも人生のリベンジはできる!」。私自身の経験からもそう断言できます。倒産前の3年間はノイローゼ状態でした。「人生、終わった」と思いましたが、会社の清算後、気持ちが前向きになりました。以来、新会社が軌道に乗り、解散経験も役立ち、人生が充実しています。気持ちひとつでいくらでもやり直しがきくんです。


藤田晋

一度、「負のスパイラル」に陥ると、そこから抜け出すのは相当大変です。もしいま自分が負のスパイラルに陥っていると思うなら、環境を変えることを真剣に考えた方がいいでしょう。そして、新たな環境でまたいちから勝負する。厳しいかもしれないけれど、これは真実だと思います。


永守重信

最高責任者である私は世界中の子会社を常に回り続ける。もちろん今は300社、従業員10万人を超える規模になったから1人では回り切れない。その分、私の経営を理解しているCSO(最高営業責任者)など幹部にも回ってもらう。私も毎週のように、どこかの現場を訪れている。経営者がこの姿勢で取り組めば、現場の士気は必ず上がる。楽をしてはいけない。


妹尾大

共通の体験がベースにありながら、異なった知識を持つ人同士が対話をすることで、これまで結びついていなかったものが結びつき、新たな価値が生まれやすくなる。


澤田道隆

ダメになってやるのではなくて、いい時に大きく組織を変えるというのが、花王の伝統だと思います。