名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井上明義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上明義のプロフィール

井上明義、いのうえ・あきよし。日本の経営者。「三友システムアプレイザル」創業者。学習院大学政経学部卒業後、日本生命、ミサワホームなどを経て三友システム住宅融資(のちの三友システムアプレイザル)を設立。

井上明義の名言 一覧

創業時は不動産鑑定に詳しかったわけではありません。成功した商品は、素人としての自由な発想が生きたものでしょう。


新商品の設計や新しい取り組みには、違う業界からの発想が有効。


商品開発においては、鑑定を依頼する側、発注者の立場から考える姿勢を貫きました。


私は「思い付き」を大切にしています。特に新入社員の発想には、業界の常識にとらわれず、顧客の立場に近いものも見られます。


市場から評価される商品は新しい発想から生まれる場合もありますが、すでにあるものを組み合わせて利便性を高めたケースも多い。


経営者は、おずおずと話し出す若い人の気持ちを大事にくみ取るべきでしょう。発想の芽を壊さないようにしてほしい。頭ごなしに否定したり、反対したりすると、二度と提案しなくなるし、情熱も薄れてしまうかもしれない。


創業して、まずは個人住宅の鑑定料を「定額」にしました。定額という試みは、当時の鑑定業界の常識を打ち破るものだったと思います。かなりの反響がありました。ただ、しばらくすると金融機関から「もっと安くできないか」と要望が寄せられました。話を聞くと、融資対象の物件によっては、価格の変動だけを知りたいとか、以前に評価した更地に建物が建ったかを知りたいとか、必ずしも鑑定評価でなくてもいい情報が求められていることも多い。そこで、不動産鑑定ではなく、地元不動産会社へのヒアリングを含む現地調査や、登記簿調査などによる簡易な「調査」をすぐに商品化してニーズに応えたのです。


井上明義の経歴・略歴

井上明義、いのうえ・あきよし。日本の経営者。「三友システムアプレイザル」創業者。学習院大学政経学部卒業後、日本生命、ミサワホームなどを経て三友システム住宅融資(のちの三友システムアプレイザル)を設立。

他の記事も読んでみる

上野和典

バンダイの情報共有型会議では異論や質問を一切受け付けません。聞き手が疑問を持つのは当然ですが、それをいちいちその場で解決していたら、会議はいつまでたっても終わりません。だから質問があれば、会議のあとで個人的に聞きにいくことになっています。そもそも質問とは、説明や報告に対して「自分がどのように納得したか」を確認する作業です。つまり公開の場でやり取りする性質のものではないのです。


端羽英子

昔「ソーシャルランチ」というサービスがあったのを覚えてますか? そこで「こんなサービスをやってみようと思っているのですが、意見くれる人募集」というようなことをしていたんです。やっぱり、出会うとつながります。


菊間千乃

収まりのいい言葉ばかり並べても、視聴者の共感は得られない。


亀井忠夫

海外の建造物と比較して、日本は「キメの細かな」建築を得意としていますが、これは写真だけで伝わるものではありません。実際に現地に立って実物に触れて、初めてその良さを体感できるものです。たとえばYKKの本社ビルに関しては、オフィスの中の空間を快適化するために、窓の外面全体にスクリーンのようなアルミ押出形材による繊細な簾を配し日射を遮りました。混沌とした街並みが魅力的な秋葉原ですが、同じような雰囲気のビルを作るよりも、清涼剤のようなスッキリとした佇まいの建物が良いと考えたのです。建物のすぐ目の前が道路となっているのですが、その狭いスペースにも植物を植え、緑の少ない秋葉原の街に映えるようにしています。この土地はもともと、大名である藤堂家の屋敷があったこともあり、ゆかりのある樹木を植えました。興味を持つ人も多く、受付まで訪ねてくる人には樹木のパンフレットを渡していますので、社会貢献に力を注ぐYKKの企業姿勢も一般の方に伝わります。


稲盛和夫

それぞれの会社には、会社を律するためのルール、または仕組みというものがあるでしょう。不祥事が起きるのは、それ以前に、人間個人としていかにあるべきかという根本的な哲学が欠落しているからだと思います。


佐藤昌弘(コンサルタント)

どうしても営業先のお客様と雑談するなら、つぎの6つのネタを話しましょう。(1)自分の家族に関すること(2)自分の故郷に関すること(3)友達との付き合いのエピソード(4)趣味に関するエピソード(5)責任感を感じさせるエピソード(6)お金の使い方がわかるエピソード。これらは何でもないネタに思えるかもしれませんが、無意識に初対面の相手を信頼に足る人物かどうかを判断する材料になります。


山本七平

ベンチャー企業に象徴される新しい経営者に求められているのは、意思決定後の処置能力です。処置とは「明確な目標設定」「到達のための方法を全員に徹底」「適切な人事配置・組織改革」です。


永野毅

「我々はいい会社だ」、「エクセレントカンパニーだ」と思ったら、そこで終わりで、進歩が止まってしまう。よりよい会社になっていくためには、100年先でも「グッドカンパニー」を目指しているような会社でなければいけない。


佐々木常夫

「自分はこうなりたい」という夢に固執すると、そうなれなかったときの落ち込みがひどくて、精神衛生上良くありません。「これも運命だ」と引き受けるほうが、ずっと生きやすくなるのではないでしょうか。


山里亮太

この世界に入って天才と呼ばれる人たちを目の当たりにしてきて、枠に収まりがちな自分に劣等感を抱いていた時期もあるけど、俺がいることで場が成立して面白くなるなら何より嬉しいって気づいてからは、自分の武器を磨いていこうって決めた。そこで、型破りな先輩たちに並ぶ攻撃力を持つことができれば、この世界でも戦っていけるでしょ?


小島順彦

キーワードは「好球必打」。良い球かどうかを見極める目を持ち、打つというチャレンジをすることが大事。


武藤潤(経営者)

多様性のエクソンモービルを支える価値観は「正直さ、誠実さ」です。このベースがあって結果が出てきます。このベースを欠いて結果を出しても評価されません。この価値観は、新生・東燃ゼネラル石油の私たちが大事にしていかなければならないものです。