名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上明美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上明美のプロフィール

井上明美、いのうえ・あけみ。ビジネスマナー・敬語講師。福島県出身。国語学者・金田一春彦事務所の秘書を経て、ビジネスマナーや言葉遣いについて教えた。著書に『一筆箋、はがき、短い手紙の書き方』『敬語美人になる!』。

井上明美の名言 一覧

使う言葉は、その人の印象を大きく左右します。話の内容が素晴らしくても、言葉使いの間違いが度々あると、聞き手は失望していくもの。


いかなる場でも「他にふさわしい言い回しはないか」と常に考えることが、正しい言葉使いをするための基本。


状況にふさわしい言葉や表現を使っている、年齢にふさわしい言葉遣いができている、使っている敬語や慣用句が、その人の一部になっている、そのような人には教養を感じる。


大切な場面で恥をかかないためだけでなく、真意を伝え、相手の真意を理解するためにも、正しい日本語を使えることが必要。


いざというときに正しい言葉使いができるかどうかには、普段使っている言葉が大きく影響します。俗語を日常的に多用していると、肝心なときに、うっかりそれが出てしまうことがあるからです。


漠然と「皆が使っているからこれでいいだろう」と考えるのではなく、まずは正しい表現を知ること。それでこそ、カジュアルな場ではカジュアルに、フォーマルな場ではフォーマルにと、場面に応じた言葉の使い分けができるようになる。


井上明美の経歴・略歴

井上明美、いのうえ・あけみ。ビジネスマナー・敬語講師。福島県出身。国語学者・金田一春彦事務所の秘書を経て、ビジネスマナーや言葉遣いについて教えた。著書に『一筆箋、はがき、短い手紙の書き方』『敬語美人になる!』。

他の記事も読んでみる

水島広子

慢性的な怒りとは「我慢させられている」という思い、つまり被害者意識から生まれるものなのです。しかし、怒りを持ち続けると、心には更なるダメージが加わります。被害者意識に凝り固まるとものの見方が偏るため、何事につけても悲観的になりますし、対人関係も歪んできます。また、怒りは集中力を下げてしまうので仕事に支障をきたすというデメリットもあります。


小池龍之介(小池龍照)

自分の感情がいまどうなっているのかに気づくことが大切です。ですから、日ごろから自分の心を見張る時間をできるだけ増やすこと。そして、出てきた感情を徹底的に客観化すること。怒りを感じたら、それがどのように湧いてきて、どんな具合に心のなかで暴れているか見守ってみてください。すると、怒りの演劇を遠くから眺めているような具合になって、自分と怒りとが一体化せずにすみ、次第に怒りは威力を失って消えてしまいます。


仲暁子

弱くつながっている人が困っている場合、自分にできる範囲で助けようとする姿勢が大切です。たとえば、自分がメッセージを1本送れば相手が助かることが分かっている場合などは、基本、やるべきだと思います。そしてその際、すぐの見返りを期待するのではなく、純粋な気持ちで人を助けるべきです。こうして、関係を維持していれば、何かあった時に助けてもらえる可能性が高い。たとえば新規の企画を立ち上げた時に、即座に「あの人が助けてくれるかもしれない」と、キーマンの顔が浮かぶ人は強いですよ。いざという時に頼れる「自分のチーム」を構築していくイメージですね。


櫻井英明

市場関係者は意外と行間を読み解こうとするもの。このことは覚えておく必要があるでしょう。あるIR担当者さんはこう言います。「短信や説明会資料には、魂を込めて、言葉の表現の中に醸し出すメッセージを注入しながら、細心の注意を払って作成しております」。実は会社側の提供してくれている資料にはこういった心血が注がれているという事実を忘れてはいけないでしょう。


市村洋文

「ぼうっと歩いているうちにエベレストに登っちゃった」という人が一人もいないように、大きな「夢」を実現するためには、今を真剣に生き、魂を燃やして全力で努力しなければならない。そう考えたら、休日もうかうかしてはいられない。


犬養岬太

現在取り組んでいるのは、品質を落とすことなく、生産性を向上させることです。ここで重要なのは、生産性向上のために品質を犠牲にしないということ。今は、常に営業担当と工場のスタッフが連携して、生産性向上のための改善点を洗いだしています。


鈴木典比古

どんなに難しくてもやらざるを得ない。脱皮をしていかないと、日本のガラパゴス化は避けられない。


林信秀

現場が活躍できるよう本部は黒子に徹する。それが、お客様から評価され、みずほの成長につながる道だと考えています。


吉澤準特

作業を外注する場合や相手の返答を待つケースなど、あなたが直接コントロールできない仕事は、たとえ期限が1カ月先であっても、すぐに着手するべきです。リードタイム(待ち時間)を加味せずに作業を進めた結果、期限に間に合わなかったケースは往々にしてあります。余裕を持って進めておけば、相手待ちで時間を無駄にすることもなくなります。


宮内義彦

バブル崩壊の頃、多くの企業は余っていたお金を証券や不動産に投資していました。私どもは証券投資を一切やっていませんでしたが、不動産には融資をしていました。ただ、これは怪しいぞということで、他社より半年から一年早く撤退を開始した。会社が生き残っているのは、あのときいち早く撤退する決断ができたからです。


佐久間俊行

私もまだ20代ですし、スタッフの平均年齢も20代半ばです。生まれも育ちもバックグラウンドも違う人間同士がチームを組むとなると、気持ちのすれ違いも行き違いもあって当然です。初めのころは私も考えを一方的に押し付けていたこともありました。反発をされたこともありますし、衝突したこともあります。そんな時に心がけていたのはとにかく話を聞き、真剣に向き合うということです。しかし、そのピンチは半面、成長のチャンスでもあります。何を考えているのか、どうしていきたいのか、互いに腹を割って話す 絶好の機会でもあるからです。


堀場雅夫

異国でしんどい経験をすれば、それだけ人生の幅は間違いなく広がる。まずは行ってみることや。