名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

井上明美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上明美のプロフィール

井上明美、いのうえ・あけみ。ビジネスマナー・敬語講師。福島県出身。国語学者・金田一春彦事務所の秘書を経て、ビジネスマナーや言葉遣いについて教えた。著書に『一筆箋、はがき、短い手紙の書き方』『敬語美人になる!』。

井上明美の名言 一覧

使う言葉は、その人の印象を大きく左右します。話の内容が素晴らしくても、言葉使いの間違いが度々あると、聞き手は失望していくもの。


いかなる場でも「他にふさわしい言い回しはないか」と常に考えることが、正しい言葉使いをするための基本。


状況にふさわしい言葉や表現を使っている、年齢にふさわしい言葉遣いができている、使っている敬語や慣用句が、その人の一部になっている、そのような人には教養を感じる。


大切な場面で恥をかかないためだけでなく、真意を伝え、相手の真意を理解するためにも、正しい日本語を使えることが必要。


いざというときに正しい言葉使いができるかどうかには、普段使っている言葉が大きく影響します。俗語を日常的に多用していると、肝心なときに、うっかりそれが出てしまうことがあるからです。


漠然と「皆が使っているからこれでいいだろう」と考えるのではなく、まずは正しい表現を知ること。それでこそ、カジュアルな場ではカジュアルに、フォーマルな場ではフォーマルにと、場面に応じた言葉の使い分けができるようになる。


井上明美の経歴・略歴

井上明美、いのうえ・あけみ。ビジネスマナー・敬語講師。福島県出身。国語学者・金田一春彦事務所の秘書を経て、ビジネスマナーや言葉遣いについて教えた。著書に『一筆箋、はがき、短い手紙の書き方』『敬語美人になる!』。

他の記事も読んでみる

竹田和平

株式投資は世の中を応援する手段。蓄財より花咲爺に。なんのために儲けるか。ほんとのポイントはそこ。


野村和史(経営者)

中小企業の一番の課題は人材育成。大企業と違って、中小企業はそんなに多くの人材を確保することができません。それだけに「人」に対するこだわりは中小企業のほうが強いような気がします。


ロバート・フェルドマン

一週間は日曜の夜に決まっています。月曜日は出社と同時に朝からいろんな仕事が一斉に始まります。だから、出社後に準備するのでは遅いんです。日曜の夜に明日からの一週間はこんな仕事があると確認しておきます。もちろん日曜日は休みですが、だからといって金曜日までさかのぼって次週の予定を考えるのはあまり勧められません。土日が空くので、その間に忘れてしまうでしょう?


大場智康

資料に使う数字は、相手が吸収できる情報量に合わせて選ぶことで説得力が増します。相手が3つのデータまでしか数字を把握できなければ、100も200もデータを見せても伝わりません。資料として見せるのは、結論を示す3つに絞り、あとは必要に応じて出していくというスタンスでいいと思います。


前田新造

お客様との間に築き上げた強い信頼こそが、資生堂の強いブランドをつくりあげると確信しています。


鈴木敏文

過去の常識にとらわれていたらいけない。それを社員に説得して分からせるのが僕の仕事。


おちまさと

会話で相手の話をじっくり聞くことは当然ですが、ただ黙って聞いているだけだったり、「いいですね」「そうですね」といった相づちを返しているだけだったりすると、「こいつ、本当にちゃんと聞いているのか?」「話してもムダだな」と思われてしまいかねません。「ちゃんと理解してくれてるんだ」「話し甲斐のある相手だな」と喜んでもらえる反応を返す必要があります。


ジェームズ・ドゥティ

私はずっと両親や自分たちの生活に対して、怒りの感情を持っていた。酔っ払って何週間も家に帰らない父親、そんな父親を怒鳴る母親、お金がない生活……。でも、マインドフルネスを始めてからは、それはただの「状況」であることがわかったのです。両親の苦しみは両親の混乱や怒りで、私のせいではない。そうして怒りの感情を手放し、その分「思いやり」や「愛」を受け入れたときに、自分が変わったのを感じました。私に対する周りの反応も変わりました。


武田鉄矢

子供って、父親から学ぶもの、母親から学ぶもの、ばあちゃんから学ぶもの、それぞれ違うと思うんです。


夏原平和

父(創業者・夏原平次郎)は常に考え続けた人でした。出店をする時にもよく考え、店を出した後も、ちょっとここは気に入らないな、もっと改善方法が何かあるだろうと言っていました。


中村獅童(二代目)

僕のホームグラウンドの歌舞伎の世界は、役者が数百人しかいない狭い世界。ずっと一緒にやっていくわけだから、視点を変えて嫌いな人を作らないようにしています。自分の中でポジティブに仕事をしていけるよう発想の仕方を訓練するのは、ビジネスの世界でも大切なのではと思います。


岩崎裕美子

商品のピッキング・梱包・発送だけでなく、経理や受注業務など、あらゆるものをアウトソーシングしています。経費が高くつくのでは、と心配されることもありますが、自分たちが梱包作業などの専門外の慣れない仕事をすれば、多くの時間と労力がかかりますし、ミスも増えます。だったら、精度の高いプロの方にお任せしたほうが費用対効果がいいのは明白です。社員の残業も減るのですから一石二鳥です。