井上明美の名言

井上明美のプロフィール

井上明美、いのうえ・あけみ。ビジネスマナー・敬語講師。福島県出身。国語学者・金田一春彦事務所の秘書を経て、ビジネスマナーや言葉遣いについて教えた。著書に『一筆箋、はがき、短い手紙の書き方』『敬語美人になる!』。

井上明美の名言 一覧

使う言葉は、その人の印象を大きく左右します。話の内容が素晴らしくても、言葉使いの間違いが度々あると、聞き手は失望していくもの。


いかなる場でも「他にふさわしい言い回しはないか」と常に考えることが、正しい言葉使いをするための基本。


状況にふさわしい言葉や表現を使っている、年齢にふさわしい言葉遣いができている、使っている敬語や慣用句が、その人の一部になっている、そのような人には教養を感じる。


大切な場面で恥をかかないためだけでなく、真意を伝え、相手の真意を理解するためにも、正しい日本語を使えることが必要。


いざというときに正しい言葉使いができるかどうかには、普段使っている言葉が大きく影響します。俗語を日常的に多用していると、肝心なときに、うっかりそれが出てしまうことがあるからです。


漠然と「皆が使っているからこれでいいだろう」と考えるのではなく、まずは正しい表現を知ること。それでこそ、カジュアルな場ではカジュアルに、フォーマルな場ではフォーマルにと、場面に応じた言葉の使い分けができるようになる。


井上明美の経歴・略歴

井上明美、いのうえ・あけみ。ビジネスマナー・敬語講師。福島県出身。国語学者・金田一春彦事務所の秘書を経て、ビジネスマナーや言葉遣いについて教えた。著書に『一筆箋、はがき、短い手紙の書き方』『敬語美人になる!』。

他の記事も読んでみる

矢崎精二

「上司は部下のことを理解するのに3カ月かかるけど、部下が上司のことを理解するのは3日でいい」と言われます。口先だけでは、部下からすぐ見透かされるのです。


飯田敏(ファイナンシャルプランナー)

スタートも、ゴールも違う以上、すべての人に共通する資産運用の必勝法はありません。何より自分や家族が目指すべき将来をしっかりイメージし、それに向けて主体的な舵取りを行っていただきたい。


野尻佳孝

この業界にありがちな取引先を業者扱いすることをなくさないと、絶対にいいサービスが提供できないと思って、僕の会社では業者という言葉を禁止したんです。取引先の方にもサプライズをしたりして、リレーションをよくしていくように心がけています。


吉田尚記

雑談と言えば天気の話、と思っている人は多いでしょう。それは正しいのですが、切り札の数は多い方が、何かと便利です。私のおススメは、「きどにたちかけせし衣食住」。季節(き)、道楽(ど)、ニュース(に)、旅(た)、知人(ち)、家族(か)、健康(け)、世間(せ)、仕事(し)、衣類、食、住まいに関する話題を出せば、話に詰まることはないという先人の知恵です。


奥田務

大丸と松坂屋の経営統合に向けて、まずは最終責任者を明確にすべきだと思いました。統合では連日、様々な決断を迫られます。誰が意思決定者か分からなければ混乱は必至。社員は誰が最終決断をするのか必ず見るでしょう。責任者が明確でないと、統合がうまくいくはずはありません。


野本弘文

強い企業集団となるために何をすべきか。イメージしやすい言葉として2012年に発表した現在進めている中期経営計画で、私は「3つの日本一」「ひとつの東急」を掲げました。


ガー・レイノルズ

プレゼンでは質疑応答の準備も重要です。質疑応答なしで一方的に話すプレゼンは、オーディエンスから信頼を得られません。考えてみてください。恋人とデートするとき、相手が自分のことしか話さなかったらどう思いますか。退屈だし、「相手は自分のことを見ていない」と不信感を持ちますよね。オーディエンスの心理も同じです。双方向のコミュニケーションを取りたいと考えているのです。


相良暁(経営者)

当社は2017年に創業300年、そして会社設立70年を迎えました。300年の歴史の中で幾度も存続の危機を乗り越えてこられたのは、いままでにない革新的な医薬品を届けるという強い意志を持ち、できないと言われてきたことに挑戦し、成し遂げてきたからです。


吉本せい

心許すときはしっかりその人を観なはれ。


角田秋生

日夜戦い、戦いです。公文式を始めて54年になりますが、相当の時間とエネルギーを価値観の共有に費やしてきました。特に力を注いだことのひとつが教材作りです。適切な課題を提供できるよう、算数・数学なら数字を書くところから微分、積分まで、一直線につなげています。だから子供がつまずかずにやっていける。そしてこの教材の中にこそ、公文式の理念や哲学が盛り込まれているのです。ですから、新しい市場に展開すると、まずインストラクターは「数かぞえや数唱」から始まる一連の教材を解き、教材から公文の理念、価値観を感じてもらうようにしています。


伊藤真(弁護士)

結論から先に話すことは、相手が自分の話す結論に同意してくれそうな場合には効果的ですが、交渉の場面などは一概にそうとは言えません。自分の考えに反対しそうな相手に、結論を先に言ってしまうと、その時点であなたの話に対して拒絶の気持ちが生まれ、身構えられてしまいます。すると、自分の考えを理解してもらおうと一生懸命に話をしても真意が伝わりにくい。


石川康晴

世界のビジネスの成功事例を見ると、「自社の仕事に置き換える力」と、それを「実現する力」が、これからのビジネスパーソンには求められていく。


坂岡洋子

人は誰しも、頭から否定されるのは嫌なもの。まして親子間のコミュニケーションはつい言葉がきつくなりがちです。「なんでこんなモノ取っておくの?」「全部捨てなよ!」と強い物言いをすると、相手も「私には全部必要なの!」と抵抗し、平行線に陥りがちです。


午堂登紀雄

モチベーションが湧かない時には、気分転換に「高級ホテルのラウンジや喫茶店に行ってみる」と良いでしょう。このような場所に行くと、仕事がバリバリできそうなビジネスパーソンをたくさん見かけます。すると、「サボっている自分はカッコ悪い」という気になり、仕事への意欲が高まるものです。


ハロルド・ジェニーン

リーダーシップは、言葉よりも態度と行為によって発揮される。言うのはやさしいが、いったん問題が起こったとき、そうした信条を貫き通す最高経営者がどれだけいるだろうか。何人が自分の職業的経歴を危険にさらしても、自分が統率するマネジメントチームと労働者をかばうだろう。あるエグゼクティブがたった一度でも部下を裏切るなら、彼はその部下の経緯と尊敬を永久に失う。そして話は広く伝わる。


ページの先頭へ