名言DB

9429 人 / 110879 名言

井上昌次郎の名言

twitter Facebook はてブ

井上昌次郎のプロフィール

井上昌次郎、いのうえ・しょうじろう。日本の脳科学者、睡眠学者。東京医科歯科大学教授。日本統治時代の朝鮮ソウル出身。東京大学大学院生物系研究科博士課程修了。東京医科歯科大学教授、世界睡眠学会連合理事、アジア睡眠学会会長、日本睡眠学会理事などを務めた。睡眠に関する著書多数。

井上昌次郎の名言 一覧

大脳は連続運転に弱い臓器で、動き続けると誤作動しやすくなる。それを回復させるのが睡眠。


寝不足の時は自然に眠くなるし、睡眠が足りていれば眠気が湧かない。


知性=大脳で、睡眠を管理できると思うのは、人間の思い上がり。快眠術にこだわりすぎて、かえってストレスをため込む人もいる。知性にできるのは、せいぜい本能=脳幹の働きを邪魔しないことだけと、肩の力を抜いて構えよう。


井上昌次郎の経歴・略歴

井上昌次郎、いのうえ・しょうじろう。日本の脳科学者、睡眠学者。東京医科歯科大学教授。日本統治時代の朝鮮ソウル出身。東京大学大学院生物系研究科博士課程修了。東京医科歯科大学教授、世界睡眠学会連合理事、アジア睡眠学会会長、日本睡眠学会理事などを務めた。睡眠に関する著書多数。

他の記事も読んでみる

コロッケ(ものまね芸人)

気づいたら、やってみる。そして、形になるまで継続する。すべての仕事はこの繰り返し。


海老原嗣生

ビジネスマンに必要な能力は「リーダーシップ」「売る力」「なんとかする力」の3つ。


山本晴義

いまだに「うつ病になるのは心が弱いからだ」といった考えを持っている人は少なくありません。しかし、それは誤りです。むしろ「心が強い」と思っている人ほど、うつ病になってしまうケースもあります。「心の病」にかかってしまう人の多くは、真面目な頑張り屋です。しかし、それが頑張りすぎたり真面目すぎたりすると、過度なストレスとなり、その結果、心と身体が悲鳴を上げてしまうのです。


八代元行

アメリカの保険代理店を訪れたとき、デスクに2台のモニターがあって、一人が同時に2つの画面を開いて仕事をしていたのです。こうすると、ひとつの画面を開いたまま、もうひとつの画面で別の仕事をしたり必要なことを調べたりできます。これは便利だということで、帰ってからすぐに「デュアル画面」を導入しました。


茂木健一郎

仕事は、淡々と論理的に考え、こなせばいい。そうすれば、きっと遠くにいける。


谷田千里

最近新たに投入したのが電子尿糖計です。自分で尿を取って測ります。人間ドックだと血液で測りますが、血液を自分で取るのは大変です。これなら手軽に測定ができます。尿糖計によって、糖尿病でもなく健康でもない境界線上の方に気づきを促したい。健康診断前は良い数値を出したくて、節制してしまいがちです。検査前修業期間なんて言われていますよね。健康診断で1年に1回ではなく、体重を量るように毎日確認していただければ、より正確かつ迅速に自分の体の異変に気づくようになります。


安藤忠雄

闘争心。結局はこれで勝負が決まると思います。


小山勝弘(経営者)

自分の可能性を決めつけたくない。これまで、その時々に一生懸命になれるものに出会い、そしてその結果として次が見えてくるということの連続だったし、そのスタイルが僕の人生観に一番合っている。


金澤悦子

会によっては、「名刺だけは何十枚も集まったけれど、一人も顔を思い出せない」という結果に終わることもあるからだ。どんな会が「出るだけムダ」なのかといえば、「そこにいる全員が何かを求めている」ような会である。何かというのは、「仕事につながる話」や「転職のためのコネ」だ。全員が求めてばかりで与える人がいない集まりは、ハイエナの群れも同然。お互いが牽制しあって、参加した後には疲労感しか残らない。こうした会は、テーマが明確に設定されていないことが多い。門戸が広く、誰でも参加できる分、いいことを漠然と求めるハイエナが、鼻をきかせて集まってくるのである。


高原真由美(髙原真由美)

様々な整理術の本があっても、実は自分に適した方法でなければ、それは仕事にとっても非効率な環境。自分の本来の能力を発揮しきれないデスクにずっと身を置き続けていることになります。