井上慎一(経営者)の名言

井上慎一(経営者)のプロフィール

井上慎一、いのうえ・しんいち。日本の経営者。格安航空会社「ピーチ・アビエーション」CEO(最高経営責任者)。早稲田大学法学部卒業後、三菱重工業を経て全日本空輸に入社。人事勤労本部人事部主席部員、営業本部業務部主席部員、販売本部セールス企画部主席部員、北京支店総務ディレクター、アジア戦略室室長、LCC共同事業準備室長などを経てA&Fアビエーション(のちのピーチ・アビエーション)CEOに就任。

井上慎一(経営者)の名言 一覧

エッジが立っていて「刺さる言葉」こそ人の心に残る。刺さらなければ、その言葉は耳の右から入って左に抜けていくだけ。


我々は出遅れた参入者でしかありません。この出遅れ者が、先人のコピーをしてもダメに決まっています。差別化しなくては勝てません。


笑いがなければダメですね。同じ仕事をするなら楽しいほうがいいじゃないですか。


他社が西を飛ぶならウチは東へ飛ぶ。よその真似はしません。


面白くないものはダメ。商品もサービスもみんなが驚くものでないとね。


企業が持続的に成長するには常に新しい顧客価値を提供しなくてはならない。


航空産業は規制でがちがちになっているけれど、実は挑戦できる部分がまだたくさんある。


マニュアルに書いてあることだけに頼る人は、たぶん何か予期しないアクシデントが起きたときに柔軟に対応して話すことができないでしょう。危機管理の訓練は徹底してやっていますが、マニュアルでは最低限のことしか決めていないし、私も何も命じていません。


私がバカなことを言ってるのを聞いて、社員たちはときどきドン引きしています(笑)。でも、「CEOがこんなバカなことを言ってるんだったら、俺も一つくらい冗談を言っても許されるだろう」と気楽になるらしい。おかげさまで、「よくぞ集まってきたな」と思うユニークでタフな社員たちであふれています。


「コストダウンしろ」なんていう常套句を上司がいくら大声で張り上げたって、絶対にいいアイデアは出ません。弊社では「やりくり」と言っているんです。「必要な物までなくせとは言わない。必要な物は調達するとして、なんとかやりくりしよう」と。私たちがいま座っている椅子、実はこれ、もらい物なんです。新品同様でしてね。いらなくなった物を安くいただいてきたりして、文字どおり「やりくり」しています。


私、自分が話している言葉はたぶん3割ぐらいしか人に伝わっていないと思っているんです。逆に言うなら7割は伝わっていない、と。どうしたら伝わるかということをいつも考えています。


目指すのは「空飛ぶ電車」モデルです。改札も、「Suica」のようにかざすだけで済めば快適です。それで最速5秒で終わるチェックイン機を開発し、バーコードをかざすだけでチェックインが完了するようにしました。


女性向けに思いっきりエッジを立てて、一目で誰をターゲットとしているか分かるようにしました。ピーチは女性にターゲットを絞って、機内のデザインも女性に受ける色で統一しています。機体の塗装にもラメを入れてキラキラ光るようにしたり。これらが共感を呼んで、関空に機体が到着すると、写真を撮る女性のお客様が多くいらっしゃいます。


井上慎一(経営者)の経歴・略歴

井上慎一、いのうえ・しんいち。日本の経営者。格安航空会社「ピーチ・アビエーション」CEO(最高経営責任者)。早稲田大学法学部卒業後、三菱重工業を経て全日本空輸に入社。人事勤労本部人事部主席部員、営業本部業務部主席部員、販売本部セールス企画部主席部員、北京支店総務ディレクター、アジア戦略室室長、LCC共同事業準備室長などを経てA&Fアビエーション(のちのピーチ・アビエーション)CEOに就任。

他の記事も読んでみる

中野克彦(経営者)

リーダーの理想は部下の積極的協力と参加を引っ張り出す力を持っていることです。こうした力を持つリーダーを各部署に配置すると企業は大きく伸びるんです。


中山勇

日本のフランチャイズチェーンには海外のそれにはない、独自の強みや魅力があります。例えば教育が行き届いているので、アルバイトの方でもお客様のことを最優先に考えた対応ができます。お客様が困っている姿を見たら助けてあげる、こういうことが当たり前のこととしてできるのです。ところが海外では、時給なりの対応になってしまいがちです。マニュアルは確かに重要なものですし、なくてはならないものです。しかし、何でもかんでもマニュアル通りでは、物事をうまく処理できないことも多々あります。その場の状況に応じて、柔軟に対応できるところは日本の素晴らしさだと思います。


岡藤正広

長期的な視点に立った投資というのは、どうしても創業者じゃないとなかなかできない。それは米国でも中国でも同じで、アマゾンだってそうですよね。我々のような会社のサラリーマン社長だと格付けやらガバナンスやら何やら、いろいろとある。しかも任期も決まっている。


中山勇

日本社会の良いところは、見返りを求めずに先に奉仕することで社会を回転させている点だと思います。また、そういった奉仕の文化は日本企業の強みになっています。リーダーにもその強みの部分を引き出す感性が求められます。


世阿弥

生涯この初心を忘れずにすごせば、引退の舞も上達一途のうちに舞うことができ、最後まで能には退歩ということがないはずだ。だから、能の行き止まりを見せることなく生涯を終えることを我が観世座流の奥義とし、子々孫々家訓として守るべき秘伝とする。


佐伯弘文

それまで会議当日に配布した資料を、事前に配布するようになりました。事前に読んで来れば、効率的に会議ができる。テレビ会議によってコストが浮くだけでなく、出張に伴う体の疲労もなくなりますし、往復二日かけていた会議が、一時間ですめば、営業マンはその分お得意先に飛んでいけます。営業効率も高まるというまさに一石三鳥の効果があります。


出口治明

方向性がバラバラというのは、多くの会社で起こりうること。ただ、マネジメントの基本は「ワンボイス」。経営陣はワンボイス(同じ言葉)で方向を示すのが当たり前。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

もっと自分の時間を大切にするべき。生きている時間はたかだか100年。その人生をいかに充実させるか。そう考えると、時間を大切にしたくなるはず。


鈴木喬(経営者)

今は閉塞感が漂って元気がない時代と言われているだけに、新人の時から威勢のいい人間はすごく目立ちます。「俺は天下を取ってやる」とホラを吹くだけで、一目置かれる。また「新製品を開発してヒットを飛ばします」と宣言すれば、自分自身も追い詰められ、頭を使うようになります。社内を歩き回って諸先輩に「何かいい知恵を授けてください」と頼めば、みんな悪い気はしないはず。きっとかわいがられます。こうした処世術を早くから身につけることをお勧めします。


熊谷正寿

私はクリスチャンですが、宗教を企業同様、長く続く組織という視点で研究すると、5つほど共通点があることに気づきました。私は、この5つの共通点を意識して会社で実践しています。

  1. 定期的に集まっている。
  2. 同じものを謳う。つまり聖典を読む。企業で言えば社是・社訓。
  3. 同じものを身につけている。宗教ではクロス、企業なら社章。
  4. 同じポーズをする。宗教では十字を切ったり、手を合わせる。企業では士気を高めるため、かけ声を上げて同じポーズをすることがあります。
  5. 神話がある。キリストは死して3日目によみがえります。企業にも何か人を引きつけるストーリーが必要。

大谷博国

「百試千改」が当社のお菓子作りの原点です。百試千改を私流に言えば、百は新製品づくりの、千は今の商品をもっとよくするための努力です。


西川光一(経営者)

私は自分が理解出来ないことをビジネスにはしません。


堀之内九一郎

成功者を目指すなら、物欲は絶対に持つべきもの。無欲を美化して、欲を持つのは下品だと考える人がいますが、それは間違い。現実社会においては、どうしても欲しいモノがある人のほうが、最後の最後まで頑張り抜ける。


千林紀子

理想の働き方は、ライフステージごとの自分のペースをコントロールできる働き方ですね。仕事のギアを入れるとき、忙しいときはギアを緩めるときがあってもいいと思っています。


嶋田毅

偏った根拠には、「半径5メートル論法」というものもあります。「自分の周りではこうだ」「自分の友達の間では、こう言われている」というのを根拠にしてしまう人が結構いますが、これはしてはいけないことです。自分の身近な人や親しい人の主張だけを根拠にしてしまうのはよくありません。世の中には、いろいろな考えを持っている人がいます。そうした考えもバランスよく考慮しないと、間違った結論を出してしまいます。


ページの先頭へ