名言DB

9412 人 / 110637 名言

井上愛一郎の名言

twitter Facebook はてブ

井上愛一郎のプロフィール

井上愛一郎、いのうえ・あいいちろう。日本のコンピューター技術者。演算速度世界一を記録したスーパーコンピューター「京」の開発責任者。佐賀県出身。東京大学工学部船舶機械工学科卒業後、富士通に入社。サーバシステム事業本部技師長、次世代テクニカルコンピューティング開発本部長などを務めた。一貫してプロセッサの開発に携わった技術者。

井上愛一郎の名言 一覧

IT業界では「シーズ」が「ニーズ」を生み出す。処理能力が向上したからこそ、AI(人工知能)のブームが到来した。量子コンピューターによって爆発的な計算能力が生まれたら、想像を超えた新しい使い方が登場し、世の中を変えていくのだろう。


(スーパーコンピュータ)「京」が世界一になれたのは、それまで数十年間、日本国内でメーンフレームやCPU(中央演算処理装置)の技術を蓄積してきたから。コンピューターの世界では、技術の黎明期から取り組み、トレンドを生み出した企業が圧倒的に優位だ。量子コンピューターでも同じだ。先が見えない段階から始めておかないと、いざという時には手遅れになりかねない。


資源の乏しい日本が生きていくためには、技術で突き抜ける必要があります。技術立国を実現するためにも、スパコンという道具はなくてはならないのです。


大切なのは世界一を目指して頑張り続けることなんです。最終的な結果はともかく、世界一を目指して頑張らない限り、世界一になることはできません。


「2位でいい」と言われただけに、逆に1位を取りたくなりました。ただ、事業仕分けの結果「利用面に力を入れる」という点をはっきりうたうようになったのは正しい方向だと思います。スパコンを開発している我々は、優れた道具をつくろうと頑張っているわけで、常に利用されることを考えていますが、一般の人はスパコンにどんな意味があるのかわからなかったと思うんです。
【覚書き|2009年の事業仕分けで予算が一時凍結されたことを振り返っての発言】


開発メンバーを集める際にも、時々一本釣りをしているんです。ある職場に行って「おまえ、いまは何をしているんだよ」「スパコン、本当はやりたいんじゃないのか」とかまをかけつつ、眠っていたエンジニアのやりたい気持ちを呼び覚まして回りました。そのうち、誰か一人を連れてくると、その人間の周囲にいるエンジニアがきたりして、そういう形でメンバーが集まりました。


技術者として最高のものをつくりたいと思っても、民間企業である以上、ビジネスとして成立するかどうかが大きな要素になります。いくらすごいものをつくっても、買ってくれるお客さんがいなければ意味がありませんから。そういう意味では、国家プロジェクトという形で京の開発を進められたことは本当にありがたい話でした。


やはり、「世界一を目指している」ということが大きかったと思うんです。私も含めて、プロジェクトに参加したエンジニアの多くは長らくコンピュータ業界に関わってきた人間です。生き残りというと変な表現ですが、過去から技術を継承し、磨き上げてきたエンジニアばかりでした。彼らはコンピュータ屋として力いっぱいやりたい、自分の力を思い切り発揮したいという思いをずっと持ち続けていました。私自身だってそうです。


日本企業の存在感が薄いのが心配だ。かつては「ガラパゴス」と揶揄されながらも、日本企業は信頼性に優れた様々な製品を開発し、世界を驚かせてきた。(スーパーコンピューター)「京」はその代表だろう。ところが今、先端のコンピューター研究は「風前のともしび」だ。ガラパゴスすら作れない状況に陥りつつあるのが、気がかりでならない。


井上愛一郎の経歴・略歴

井上愛一郎、いのうえ・あいいちろう。日本のコンピューター技術者。演算速度世界一を記録したスーパーコンピューター「京」の開発責任者。佐賀県出身。東京大学工学部船舶機械工学科卒業後、富士通に入社。サーバシステム事業本部技師長、次世代テクニカルコンピューティング開発本部長などを務めた。一貫してプロセッサの開発に携わった技術者。

他の記事も読んでみる

伊藤博(経営者)

2014年6月末、初めて100万件を突破しました。しかし、日本全体で5000万世帯以上ある中で見れば、当社のホームセキュリティーが導入されているのは2%に満たない。ですから、セコムはまだ普及する余地があると思っています。「セコム、してますか?」から、「セコム、してないの?」という時代がやがてやってくるでしょう。


ディーパック・チョプラ

健康とエネルギーは深い眠りの結果であり、深い眠りは活気ある活動の結果なのだ。


南伸坊

お金ってのは、あるに越したことはないけど、集め出すといくらでも集めたくなっちゃうんじゃないかな。最初は理性的な人でも、貯まってくると、お金に主導権がいっちゃってなんでもかんでも殖やそうってなる。お金自体にそういう人を動かす力があるんですね。


米山久

日々のルーティンに追われていると、視野が狭くなり、ミッションを見失ってしまいます。そこで、入社1~2年目の社員や中途採用の社員に対して、私や社内の講義担当者が3時間程度の講義を行なう「ミッション共有研修」というものを行なっています。しかし、話をするだけでは不十分。現場を実際に自分の目で見てもらう必要があります。そこで、生産者のもとを訪れてもらい、直接生産者の声を聞いたり、生産現場を見学したりする機会を設けています。生きた鶏を一気に絞めて血抜きする光景を目の当たりにすれば、命の犠牲によって自分たちのビジネスが成り立っていることに気づかされます。また、命を粗末にせず、お客様に一番美味しい状態で食べていただこうという気持ちも芽生えてきます。


森信親

日本の社会人はもったいないと思うんです。能力があるのに、組織人として20年くらいいるうちに丸くなってしまう。


ロバート・アレン

最も生産的に、エネルギーに満ちた状態になれる時間帯には、私は重要な仕事しかしません。重要な仕事は生産性の高い時間帯に、取るに足らない仕事は生産性の低い時間帯にまとめて行うということです。


渡邉洋介

以前、社内のさまざまな企画書を読んでみたところ、アイデアがすごいなと思った企画書は、どれもわかりやすく書かれていました。ビジネス文書というと、自分を賢く見せようとしたり、知識をたくさん書きたくなりますが、相手はそれを求めていません。こちらの思いを押しつけることなく、専門用語を含まない平易な言葉の使用を心がけるべき。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

リストラ面談での鉄則は次の3つです。

  1. その場で返答しない。
  2. 相手のペースに引き込まれない。
  3. 既成事実をつくらせない。

大島康朋

無事故で工期や納期の指示・約束を守り、守秘義務を果たす。きちんとあいさつをする。まさに当たり前の務めを粛々と実行することで、大島産業はお客様からご信頼いただいているのだと思います。


古出眞敏

私は、約20年前に日本長期信用銀行からアフラックに転職しました。当初は銀行時代と同じ資産運用を担当しました。しかし、金融監督庁から保険会社版の金融検査マニュアルが出ると、コンプライアンス担当の部長に指名され、改めて保険ビジネスを必死で学ぶことになりました。門外漢でしたが、振り返ると、全社を見渡して保険会社の経営を考える良い機会になったと思います。


児嶋一哉

オレは最近、「イジられキャラが定着しましたね」と言われるけど、感情のままに言い返してるだけだから。元々、ダウンタウンの松本さんみたいな芸人さんになりたかったんですよ。キレの利いたボケをかましてね。でも、20年やってくると、自分は違うなとわかってくる。周りが「児嶋はこうだよね」というイメージに逆らっても仕方ないなと思い始めた。葛藤はしたけど、そこをイジッて面白がってくれるならそれもアリかなとね。


内橋克人

企業にとっての今日は5年前に打たれた布石の上にある。今日経営トップが重大な決断を下したとして、その帳尻は5年後のある日、ある朝、人々の目の前に示されているだろう。


沢村一樹

僕も45歳になり、苦手意識をなくしてみようかな、と。今後は体力的にも気力的にも、一から苦手克服に取り組むのは大変かもしれない。まだまだ身も心も柔軟なうちに1回やってみることで、変化があるのではないか。もしかしたら、自分では気づいてない何かが転がっているんじゃないか、と。


枡野俊明

今、この一瞬を一生懸命に生きる。このシンプルな考え方こそ、あなたを助ける最良の方法。


藤野英人

普段から気になっていることに関する記事や、重要だと思ったニュースはエバーノートに保存しています。日経電子版とエバーノートを使って保存した記事や自分のメモをためればためるほど、意図していなかった情報との偶然の出合い、いわゆるセレンディピティが生まれます。最新の記事と、過去の記事や自分の記録が紐づけられることによって、新たな気付きや切り口が得られるのは、日経電子版ならではの面白さですね。