名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井上愛一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上愛一郎のプロフィール

井上愛一郎、いのうえ・あいいちろう。日本のコンピューター技術者。演算速度世界一を記録したスーパーコンピューター「京」の開発責任者。佐賀県出身。東京大学工学部船舶機械工学科卒業後、富士通に入社。サーバシステム事業本部技師長、次世代テクニカルコンピューティング開発本部長などを務めた。一貫してプロセッサの開発に携わった技術者。

井上愛一郎の名言 一覧

IT業界では「シーズ」が「ニーズ」を生み出す。処理能力が向上したからこそ、AI(人工知能)のブームが到来した。量子コンピューターによって爆発的な計算能力が生まれたら、想像を超えた新しい使い方が登場し、世の中を変えていくのだろう。


(スーパーコンピュータ)「京」が世界一になれたのは、それまで数十年間、日本国内でメーンフレームやCPU(中央演算処理装置)の技術を蓄積してきたから。コンピューターの世界では、技術の黎明期から取り組み、トレンドを生み出した企業が圧倒的に優位だ。量子コンピューターでも同じだ。先が見えない段階から始めておかないと、いざという時には手遅れになりかねない。


資源の乏しい日本が生きていくためには、技術で突き抜ける必要があります。技術立国を実現するためにも、スパコンという道具はなくてはならないのです。


大切なのは世界一を目指して頑張り続けることなんです。最終的な結果はともかく、世界一を目指して頑張らない限り、世界一になることはできません。


「2位でいい」と言われただけに、逆に1位を取りたくなりました。ただ、事業仕分けの結果「利用面に力を入れる」という点をはっきりうたうようになったのは正しい方向だと思います。スパコンを開発している我々は、優れた道具をつくろうと頑張っているわけで、常に利用されることを考えていますが、一般の人はスパコンにどんな意味があるのかわからなかったと思うんです。
【覚書き|2009年の事業仕分けで予算が一時凍結されたことを振り返っての発言】


開発メンバーを集める際にも、時々一本釣りをしているんです。ある職場に行って「おまえ、いまは何をしているんだよ」「スパコン、本当はやりたいんじゃないのか」とかまをかけつつ、眠っていたエンジニアのやりたい気持ちを呼び覚まして回りました。そのうち、誰か一人を連れてくると、その人間の周囲にいるエンジニアがきたりして、そういう形でメンバーが集まりました。


技術者として最高のものをつくりたいと思っても、民間企業である以上、ビジネスとして成立するかどうかが大きな要素になります。いくらすごいものをつくっても、買ってくれるお客さんがいなければ意味がありませんから。そういう意味では、国家プロジェクトという形で京の開発を進められたことは本当にありがたい話でした。


やはり、「世界一を目指している」ということが大きかったと思うんです。私も含めて、プロジェクトに参加したエンジニアの多くは長らくコンピュータ業界に関わってきた人間です。生き残りというと変な表現ですが、過去から技術を継承し、磨き上げてきたエンジニアばかりでした。彼らはコンピュータ屋として力いっぱいやりたい、自分の力を思い切り発揮したいという思いをずっと持ち続けていました。私自身だってそうです。


日本企業の存在感が薄いのが心配だ。かつては「ガラパゴス」と揶揄されながらも、日本企業は信頼性に優れた様々な製品を開発し、世界を驚かせてきた。(スーパーコンピューター)「京」はその代表だろう。ところが今、先端のコンピューター研究は「風前のともしび」だ。ガラパゴスすら作れない状況に陥りつつあるのが、気がかりでならない。


井上愛一郎の経歴・略歴

井上愛一郎、いのうえ・あいいちろう。日本のコンピューター技術者。演算速度世界一を記録したスーパーコンピューター「京」の開発責任者。佐賀県出身。東京大学工学部船舶機械工学科卒業後、富士通に入社。サーバシステム事業本部技師長、次世代テクニカルコンピューティング開発本部長などを務めた。一貫してプロセッサの開発に携わった技術者。

他の記事も読んでみる

松原泰道

本を読まないのは諸悪の根源で、あらゆる犯罪の根源と言ってもいいと思っています。1日1ページでいいから、本を読むことをお勧めします。


中野雅至

もともとトラブル処理というのはマイナスからはじまります。もしその対応がうまくいかなかったからと言って、じつはたいしたマイナス評価にはなりません。ところがもしうまいこと解決したら、普段の業務のプラス評価なんかより、ずっとインパクトの大きいプラス評価になります。トラブル処理は、実はローリスクなのにハイリターンな仕事なのです。だったら失敗してもいいから、進んでどんどん手をあげましょう。すっかり「頼れる男」として刷り込まれたあなたは、社内の重要ポストに抜擢されることでしょう。


東哲郎

半導体メーカーから我々に対するコスト削減圧力が強いのは確かだが、いたずらにコストを下げろと言っているわけではない。彼らの販売先であるIT(情報技術)業界の各プレーヤーは、アフリカや南米などの新興国を含む全世界で事業を展開しようとしており、半導体についても世界中の人々が購入できるようなコストにしなければ市場が広がらない段階を迎えている。半導体メーカーはそうした要請に応えようとしているのであって、製造装置を供給する我々との間で一時的に「もっと安くしろ」「いや、高くしろ」と言い合っているのではない。


上田準二

今日、来週に行うことを思いつくと、その内容をポストイットに書いて机に貼っています。やるべきことが視覚化されていれば、忘れる心配はなくなり、安心して目の前の仕事に集中することができます。付箋の数が増えてくると、無言のプレッシャーとなり、処理のスピードも速くなるというメリットもあります。


ジェリー・ドリザス

ビジネスパーソンはあくまでもチームオリエンテッド、チーム主義であるべきだし、常に謙虚であるべきだと思います。しかしその一方で、チームメンバーの一人一人が自分の思い、意志といったものを持つことが必要なのです。


柴田昌治(コンサルタント)

私どもの会社のように表彰制度をつくるのもひとつの方法ですが、普段から上司が「頑張ってるね」と一声かけるだけで、本人の意識はまったく違ってくるはずです。大切なのは、みんながいる場で褒めることです。


井上理(ホテル経営者)

24時間すべての施設を使えるホテルというのは、実はありそうでなかったスタイルです。どんな大型ホテルでも、カフェやラウンジは終業時刻が決められている。しかし、このホテル(ホテル・ザ・エム インソムニア赤坂)が建つ赤坂は、日本有数の繁華街であり、ビジネス街でもある。深夜や朝方でも、常に動き続けているエリアです。その立地に合わせ、「眠らないホテル」のコンセプトが生まれました。


芳井敬一

事業は時代や環境の中で変わっていく。でも、人を残していけば企業は必ず成長していけるはず。


村上和徳

心と身体はつながっていますので、心のストレスはいずれ身体に現われます。私なら肩こりですが、頭痛や耳鳴り、疲れやすいなど、普段と違うこうした兆候が現われたら、いったん立ち止まるべきサインです。


小泉文明

デジタルメディアで気になった情報はその記事のURLをエバーノートに貼って、帰宅後にすべて読むことを日課にしています。情報の鮮度は時間とともに落ちるから、その日中に読んで自分の中で消化したい。


森永卓郎

人脈も立派なコネ。人脈は普通のサラリーマンでも十分につくれます。「自分はあなたにとって、こんなにメリットのある存在です」と、能力や実績を売り込んで、引き立ててくれる社内外の人脈をつくりましょう。使えるコネはどんどん使うべきです。


杉道助

私の会議所(大阪商工会議所)生活は、生涯を通じて一番長い仕事だろう。これは私の性格が多少世話好きなためかもしれない。まあ、少しでも人が幸せになれればと思ってやった結果が、人に世話好きといわれるほどになったわけだ。