名言DB

9419 人 / 110788 名言

井上愛一郎の名言

twitter Facebook はてブ

井上愛一郎のプロフィール

井上愛一郎、いのうえ・あいいちろう。日本のコンピューター技術者。演算速度世界一を記録したスーパーコンピューター「京」の開発責任者。佐賀県出身。東京大学工学部船舶機械工学科卒業後、富士通に入社。サーバシステム事業本部技師長、次世代テクニカルコンピューティング開発本部長などを務めた。一貫してプロセッサの開発に携わった技術者。

井上愛一郎の名言 一覧

IT業界では「シーズ」が「ニーズ」を生み出す。処理能力が向上したからこそ、AI(人工知能)のブームが到来した。量子コンピューターによって爆発的な計算能力が生まれたら、想像を超えた新しい使い方が登場し、世の中を変えていくのだろう。


(スーパーコンピュータ)「京」が世界一になれたのは、それまで数十年間、日本国内でメーンフレームやCPU(中央演算処理装置)の技術を蓄積してきたから。コンピューターの世界では、技術の黎明期から取り組み、トレンドを生み出した企業が圧倒的に優位だ。量子コンピューターでも同じだ。先が見えない段階から始めておかないと、いざという時には手遅れになりかねない。


資源の乏しい日本が生きていくためには、技術で突き抜ける必要があります。技術立国を実現するためにも、スパコンという道具はなくてはならないのです。


大切なのは世界一を目指して頑張り続けることなんです。最終的な結果はともかく、世界一を目指して頑張らない限り、世界一になることはできません。


「2位でいい」と言われただけに、逆に1位を取りたくなりました。ただ、事業仕分けの結果「利用面に力を入れる」という点をはっきりうたうようになったのは正しい方向だと思います。スパコンを開発している我々は、優れた道具をつくろうと頑張っているわけで、常に利用されることを考えていますが、一般の人はスパコンにどんな意味があるのかわからなかったと思うんです。
【覚書き|2009年の事業仕分けで予算が一時凍結されたことを振り返っての発言】


開発メンバーを集める際にも、時々一本釣りをしているんです。ある職場に行って「おまえ、いまは何をしているんだよ」「スパコン、本当はやりたいんじゃないのか」とかまをかけつつ、眠っていたエンジニアのやりたい気持ちを呼び覚まして回りました。そのうち、誰か一人を連れてくると、その人間の周囲にいるエンジニアがきたりして、そういう形でメンバーが集まりました。


技術者として最高のものをつくりたいと思っても、民間企業である以上、ビジネスとして成立するかどうかが大きな要素になります。いくらすごいものをつくっても、買ってくれるお客さんがいなければ意味がありませんから。そういう意味では、国家プロジェクトという形で京の開発を進められたことは本当にありがたい話でした。


やはり、「世界一を目指している」ということが大きかったと思うんです。私も含めて、プロジェクトに参加したエンジニアの多くは長らくコンピュータ業界に関わってきた人間です。生き残りというと変な表現ですが、過去から技術を継承し、磨き上げてきたエンジニアばかりでした。彼らはコンピュータ屋として力いっぱいやりたい、自分の力を思い切り発揮したいという思いをずっと持ち続けていました。私自身だってそうです。


日本企業の存在感が薄いのが心配だ。かつては「ガラパゴス」と揶揄されながらも、日本企業は信頼性に優れた様々な製品を開発し、世界を驚かせてきた。(スーパーコンピューター)「京」はその代表だろう。ところが今、先端のコンピューター研究は「風前のともしび」だ。ガラパゴスすら作れない状況に陥りつつあるのが、気がかりでならない。


井上愛一郎の経歴・略歴

井上愛一郎、いのうえ・あいいちろう。日本のコンピューター技術者。演算速度世界一を記録したスーパーコンピューター「京」の開発責任者。佐賀県出身。東京大学工学部船舶機械工学科卒業後、富士通に入社。サーバシステム事業本部技師長、次世代テクニカルコンピューティング開発本部長などを務めた。一貫してプロセッサの開発に携わった技術者。

他の記事も読んでみる

美崎栄一郎

商品の開発において、まず大事なのは、自身の得意分野で勝負することです。自分自身の基盤を強化することが第一の課題。


吉越浩一郎

私が理想とする社長は、現場に近いトップである。現場を見て歩き、情報を逐一収集するエネルギッシュな経営者がよい。これは、相当なエネルギーを消費するので、ある程度若くないと務まらない。高齢の人では現場に即した経営はむずかしいはずだ。


星野佳路

最近の若いビジネスマンを見て感じるのは、もっと海外に出て欲しいということです。私たちの時代は、海外を経験したいという意欲が強く、大勢の留学生やビジネスマンが海外に出て行きました。最近は海外で働きたいという人もいるものの、国内思考の人も増え二極化していると聞きます。海外で暮らすことはいい経験になるはずですから、どんどん海外へ飛び出して欲しい。


ナディーン・ヴェヒタ・モレノ

日本には感性を刺激するものがたくさんあります。ぜひいろいろなことに興味を持ち、感性を磨いてください。モチベーションが上がり、キャリアアップにつながると思います。


曽山哲人

新入社員には、まず2週間のトレーニングを全員に行ないます。その目的は、「同期力」を高めることと「全社の理解」です。配属後は、同期といっても一部の人を除いて、ほとんど顔を合わせる機会がなくなります。そうなる前に、せっかくの同期なのですから、お互いが知り合い、ネットワークとして少しでもつながりを強めておいてもらいたいのです。


高見のっぽ(ノッポさん)

実は私、不器用なんです。でも、本当に一生懸命やりました。病気をしても1回も休まずに。保育者や父母、子供たちから支持されても、不安だったんです。もっと上手な人が現れて、仕事を奪われてしまうのではないかと。

【覚え書き|テレビ番組「できるかな」出演時代を振り返って】


大前研一

変人、大いに結構。坂本龍馬や勝海舟なんて超変人だったんですから。


小松原宰明

投資を始めるに当たって、多くの人は相場や銘柄について勉強しますが、自分自身についての理解を深める努力が欠けています。孫子の「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」という言葉を思い出してください。


ジェイ・エイブラハム

いかに内容的には素晴らしい経営理念であっても、人びとの心を魅了するものでなければならない。


サイモン・クーパー(経営者)

従業員は全員、仕事に入る前の15分のラインナップ(朝礼)でクレド(信条)を確認し、理解を深めまず。毎日の繰り返しの中で、従業員は真にクレドを理解し、目指すべき姿勢を身に着け、クレドに書かれた項目を習慣的に実行できるようになります。