名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上愛一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上愛一郎のプロフィール

井上愛一郎、いのうえ・あいいちろう。日本のコンピューター技術者。演算速度世界一を記録したスーパーコンピューター「京」の開発責任者。佐賀県出身。東京大学工学部船舶機械工学科卒業後、富士通に入社。サーバシステム事業本部技師長、次世代テクニカルコンピューティング開発本部長などを務めた。一貫してプロセッサの開発に携わった技術者。

井上愛一郎の名言 一覧

IT業界では「シーズ」が「ニーズ」を生み出す。処理能力が向上したからこそ、AI(人工知能)のブームが到来した。量子コンピューターによって爆発的な計算能力が生まれたら、想像を超えた新しい使い方が登場し、世の中を変えていくのだろう。


(スーパーコンピュータ)「京」が世界一になれたのは、それまで数十年間、日本国内でメーンフレームやCPU(中央演算処理装置)の技術を蓄積してきたから。コンピューターの世界では、技術の黎明期から取り組み、トレンドを生み出した企業が圧倒的に優位だ。量子コンピューターでも同じだ。先が見えない段階から始めておかないと、いざという時には手遅れになりかねない。


資源の乏しい日本が生きていくためには、技術で突き抜ける必要があります。技術立国を実現するためにも、スパコンという道具はなくてはならないのです。


大切なのは世界一を目指して頑張り続けることなんです。最終的な結果はともかく、世界一を目指して頑張らない限り、世界一になることはできません。


「2位でいい」と言われただけに、逆に1位を取りたくなりました。ただ、事業仕分けの結果「利用面に力を入れる」という点をはっきりうたうようになったのは正しい方向だと思います。スパコンを開発している我々は、優れた道具をつくろうと頑張っているわけで、常に利用されることを考えていますが、一般の人はスパコンにどんな意味があるのかわからなかったと思うんです。
【覚書き|2009年の事業仕分けで予算が一時凍結されたことを振り返っての発言】


開発メンバーを集める際にも、時々一本釣りをしているんです。ある職場に行って「おまえ、いまは何をしているんだよ」「スパコン、本当はやりたいんじゃないのか」とかまをかけつつ、眠っていたエンジニアのやりたい気持ちを呼び覚まして回りました。そのうち、誰か一人を連れてくると、その人間の周囲にいるエンジニアがきたりして、そういう形でメンバーが集まりました。


技術者として最高のものをつくりたいと思っても、民間企業である以上、ビジネスとして成立するかどうかが大きな要素になります。いくらすごいものをつくっても、買ってくれるお客さんがいなければ意味がありませんから。そういう意味では、国家プロジェクトという形で京の開発を進められたことは本当にありがたい話でした。


やはり、「世界一を目指している」ということが大きかったと思うんです。私も含めて、プロジェクトに参加したエンジニアの多くは長らくコンピュータ業界に関わってきた人間です。生き残りというと変な表現ですが、過去から技術を継承し、磨き上げてきたエンジニアばかりでした。彼らはコンピュータ屋として力いっぱいやりたい、自分の力を思い切り発揮したいという思いをずっと持ち続けていました。私自身だってそうです。


日本企業の存在感が薄いのが心配だ。かつては「ガラパゴス」と揶揄されながらも、日本企業は信頼性に優れた様々な製品を開発し、世界を驚かせてきた。(スーパーコンピューター)「京」はその代表だろう。ところが今、先端のコンピューター研究は「風前のともしび」だ。ガラパゴスすら作れない状況に陥りつつあるのが、気がかりでならない。


井上愛一郎の経歴・略歴

井上愛一郎、いのうえ・あいいちろう。日本のコンピューター技術者。演算速度世界一を記録したスーパーコンピューター「京」の開発責任者。佐賀県出身。東京大学工学部船舶機械工学科卒業後、富士通に入社。サーバシステム事業本部技師長、次世代テクニカルコンピューティング開発本部長などを務めた。一貫してプロセッサの開発に携わった技術者。

他の記事も読んでみる

藤川太(ファイナンシャルプランナー)

FPの資格を取ったとき、これで食べていこうという明確な方針があったわけではありませんでした。ただ、気がついたら、資格試験と関係なく自分で資産のシミュレーターをつくるほど夢中になっていました。不向きなものをどうやって長く続けるか悩むより、ワクワクできて勝手にのめり込めるものを探して勉強したほうが早いのかもしれません。


池谷裕二

いいアイデアが思いつくのは、パソコンの画面をにらんでいる時ではありません。仕事の合間に、ちょっと席を立ったり、トイレに行った瞬間、フッとひらめくことが多い。歩く、場所を変える、ということが重要でそういうときには、脳の海馬周辺からシータ波という脳波が出ると考えられます。シータ波が強くなるのは、外部の情報を収集しようという意識的検索モードのときなんです。


大西洋

一度プライスラインを下げてしまうと、店の格が落ちてしまうので、再び上げるのは難しい。デフレ局面でも「プライスラインは動かすな」と厳命していました。


和田完二

深慮とか熟考とかいう言葉があるが、どんなに考えても人間の頭には限度がある。数学を集計したりするような仕事は別だが、会社の経営方針などは家で静かに考えてみたところでいい案が浮かぶはずもないし、まして温泉へでも行ってじっくりとなんていうのは間違いだ。名案や妙案というものは、日ごろの仕事に忙殺されている間に生まれるものだと私は思っている。


山崎元

そもそも、会社を信じるとか、会社に頼るとか、あるいは会社から捨てられるなどと考えることがおかしい。会社は利用するものです。


ジョン・リディング

メディア業界ではデジタル化という構造的大変革が今もすさまじいスピードで進んでいます。ですがデジタル化時代というのは、様々なチャンスも多く存在する。


世古詞一

今は一人一人の状況や働き方、モチベーションに合わせたマネジメントが求められている。そのためにも、部下との一対一の対話の時間が不可欠です。お勧めしたいのが、私が提唱している「1on1ミーティング」です。従来の面接との一番の違いは、従来の面接が評価や指導を目的とする「上司のための時間」であったのに対し、1on1は部下の不安解消や、能力・キャリアを考える「部下のための時間」だということです。そのため、上司は部下に質問し、部下の話を聞くことに徹します。共感の姿勢で部下に安心感を与えることが、対話のスタートです。個の状態を把握し、信頼関係を構築してこそ、個の成長を支援することができます。個を見るとは、つまり「人間を知ること」とも言い換えられます。


丹羽宇一郎

世界中、色々なところへ行き、色々な人と会うことで人の心は磨かれていく。


満岡次郎

工場内の繁閑、モノや情報の流れを見える化した結果、業務の平準化が進み、縦割りを超えてカイゼンに向けた様々な知恵が集まり始めました。計画と業績にギャップを徐々に埋めることができ、生産性が見違えるように向上しました。


石橋信夫

人に嫌われるのが嫌な者は、経営者にはなるな。


角川春樹

3000万円なんて、そんなリスクの小さい映画をつくったって、果実は少ない。


川端克宜

商品もメーカー目線の自己満足に陥っていないか。常にお客様目線に立って、商品開発ができているか。何も斬新な商品を開発する必要はなくて、パッケージは地味かもしれないけど、お客様の不満を追求した商品であれば、きっとご支持をいただけると思うんです。そう考えて、商品開発や販売戦略を練り直した結果、業績不振だったガーデニング事業は、今では年々売り上げも伸長。成長事業の一つになりました。