名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上愛一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上愛一郎のプロフィール

井上愛一郎、いのうえ・あいいちろう。日本のコンピューター技術者。演算速度世界一を記録したスーパーコンピューター「京」の開発責任者。佐賀県出身。東京大学工学部船舶機械工学科卒業後、富士通に入社。サーバシステム事業本部技師長、次世代テクニカルコンピューティング開発本部長などを務めた。一貫してプロセッサの開発に携わった技術者。

井上愛一郎の名言 一覧

IT業界では「シーズ」が「ニーズ」を生み出す。処理能力が向上したからこそ、AI(人工知能)のブームが到来した。量子コンピューターによって爆発的な計算能力が生まれたら、想像を超えた新しい使い方が登場し、世の中を変えていくのだろう。


(スーパーコンピュータ)「京」が世界一になれたのは、それまで数十年間、日本国内でメーンフレームやCPU(中央演算処理装置)の技術を蓄積してきたから。コンピューターの世界では、技術の黎明期から取り組み、トレンドを生み出した企業が圧倒的に優位だ。量子コンピューターでも同じだ。先が見えない段階から始めておかないと、いざという時には手遅れになりかねない。


資源の乏しい日本が生きていくためには、技術で突き抜ける必要があります。技術立国を実現するためにも、スパコンという道具はなくてはならないのです。


大切なのは世界一を目指して頑張り続けることなんです。最終的な結果はともかく、世界一を目指して頑張らない限り、世界一になることはできません。


「2位でいい」と言われただけに、逆に1位を取りたくなりました。ただ、事業仕分けの結果「利用面に力を入れる」という点をはっきりうたうようになったのは正しい方向だと思います。スパコンを開発している我々は、優れた道具をつくろうと頑張っているわけで、常に利用されることを考えていますが、一般の人はスパコンにどんな意味があるのかわからなかったと思うんです。
【覚書き|2009年の事業仕分けで予算が一時凍結されたことを振り返っての発言】


開発メンバーを集める際にも、時々一本釣りをしているんです。ある職場に行って「おまえ、いまは何をしているんだよ」「スパコン、本当はやりたいんじゃないのか」とかまをかけつつ、眠っていたエンジニアのやりたい気持ちを呼び覚まして回りました。そのうち、誰か一人を連れてくると、その人間の周囲にいるエンジニアがきたりして、そういう形でメンバーが集まりました。


技術者として最高のものをつくりたいと思っても、民間企業である以上、ビジネスとして成立するかどうかが大きな要素になります。いくらすごいものをつくっても、買ってくれるお客さんがいなければ意味がありませんから。そういう意味では、国家プロジェクトという形で京の開発を進められたことは本当にありがたい話でした。


やはり、「世界一を目指している」ということが大きかったと思うんです。私も含めて、プロジェクトに参加したエンジニアの多くは長らくコンピュータ業界に関わってきた人間です。生き残りというと変な表現ですが、過去から技術を継承し、磨き上げてきたエンジニアばかりでした。彼らはコンピュータ屋として力いっぱいやりたい、自分の力を思い切り発揮したいという思いをずっと持ち続けていました。私自身だってそうです。


日本企業の存在感が薄いのが心配だ。かつては「ガラパゴス」と揶揄されながらも、日本企業は信頼性に優れた様々な製品を開発し、世界を驚かせてきた。(スーパーコンピューター)「京」はその代表だろう。ところが今、先端のコンピューター研究は「風前のともしび」だ。ガラパゴスすら作れない状況に陥りつつあるのが、気がかりでならない。


井上愛一郎の経歴・略歴

井上愛一郎、いのうえ・あいいちろう。日本のコンピューター技術者。演算速度世界一を記録したスーパーコンピューター「京」の開発責任者。佐賀県出身。東京大学工学部船舶機械工学科卒業後、富士通に入社。サーバシステム事業本部技師長、次世代テクニカルコンピューティング開発本部長などを務めた。一貫してプロセッサの開発に携わった技術者。

他の記事も読んでみる

加藤ゆか

(寺田)綾さんと(上田)春佳が側にいたことも大きい。トップレベルの2人が頑張っているから、私もこのままじゃいられないと思えました。切磋琢磨できる存在です。


齋藤孝(教育学者)

これだという最良の選択肢があれば、決断は簡単です。しかし現実にはそういう選択肢がそもそも存在しないケースも多い。そういうとき、決断が遅い人は思考停止状態に陥りがちです。かたや決断が早い人は、「手持ちの選択肢の中で、一番痛い目に遭わないのはどれか、仮に失敗してもなんとか取り返しがつくのはどれか」という視点で選択肢を消していき、素早く決断を下します。


浦沢直樹

自分が「いいな」って思ったものを、「ぐっとくる」というものを、ちゃんと線で捉えているか。それが「できますように」って念を込めないと、ともすれば逃してしまう。


山田進太郎

誰かが本当に優れたソリューション(解決策)を生み出すことができれば、それだけであっという間に大きな経営課題を乗り越えてしまう。ITの世界では、そういったケースがよくあります。従って、社員に一番やりたい仕事を提供してモチベーションを高め、創造力を引き出せる環境作りができるかどうかが、成長していく上で非常に重要になってきます。


花田徹也

私の指導経験では、TOEICで問われるリスニングやリーディングの力と、スピーキングやライティングの力には密接な相関関係があります。聞くのが得意な人は話す能力も高いですし、読む能力が高い人は表現のストックができているので、英文メールを書くような場面でもスムーズに言葉が出てきます。私はよく「TOEICとハサミは使いよう」と言うのですが、TOEICという学習教材を活かしてしっかりと勉強すれば、同時に「使える英語」が身につくのです。


橘玲

ちょっと残酷ですが、犬を檻に入れて、ときどき電流を流す実験があります(マーティン・セリグマンの「学習性無力感」)。ひとつの檻はボタンを押すと電流が止まるので、犬は学習してボタンを押すようになる。ところが別の檻では、ボタンを押しても電流が止まらない。するとその犬はすっかり気力を失ってぐったりと動かなくなり、刺激に対して完全に無反応になってしまう。その後、檻のドアを開けても逃げようとすらしなくなるのです。このことから、「選択肢がない」のが最大のストレスだとわかります。じつは同じことがビジネス社会にもあって、会社にしがみつかなければ生きていけなくなると、精気も気力も失ってしまうのです。


坂根正弘

天才的な人は目に見えない問題の本質をすぐ見抜き、「ここはこうなっているはずだから、こうしたらいい」と仮説を立てて解決します。ただ、そのメカニズムが見えるようになりさえすれば、誰でもアイデアが出せます。どこにどんな問題があるのか、見える化して事実をつかむことが仕事の成否を分けることだと知りました。


佐藤優

結局、大事なことは「主体性」なんですね。自分で自分をマネジメントしコントロールする。人から頑張れと言われてやるのでも、マスコミに煽られてハマるのでもない。自分で決めて行動するということなんです。


星野佳路

星野リゾートはいまのところチャンピオンではありません。チャレンジするプロセスこそが自分たちの成長ですから。


久保田崇

本は主にネットで購入します。探し方は2通り。興味あるキーワードで検索をかける方法と、好みの著者の本を買いまくる著者買いです。レビューは参考にしません。読んでいる時間がもったいないですから。


坂根正弘

かつてコマツの行動指針には「ミス、不正をなくせ」といった趣旨の記述がありました。しかし、私自身、社長時代にいくつかの不祥事を経験して考えを変えました。人間だからミスは当然あるし、不正も、かつて社会が許していたことが許されなくなることが多い。それならば、不正は起こるものだと覚悟しました。隠すことが悪いという価値観をどうやって植えつけるか。それは具体的な行動基準にまで落とし込まないと定着しません。こういった努力をトップダウンで懸命に続けていると、今、問題になっているような品質の不祥事もあれほど長くは続かなかったはずです。


ヴォルテール

立派にやり遂げたことに対する最大の報酬は、それをやり遂げたことそのものにある。