名言DB

9429 人 / 110879 名言

井上愛一郎の名言

twitter Facebook はてブ

井上愛一郎のプロフィール

井上愛一郎、いのうえ・あいいちろう。日本のコンピューター技術者。演算速度世界一を記録したスーパーコンピューター「京」の開発責任者。佐賀県出身。東京大学工学部船舶機械工学科卒業後、富士通に入社。サーバシステム事業本部技師長、次世代テクニカルコンピューティング開発本部長などを務めた。一貫してプロセッサの開発に携わった技術者。

井上愛一郎の名言 一覧

IT業界では「シーズ」が「ニーズ」を生み出す。処理能力が向上したからこそ、AI(人工知能)のブームが到来した。量子コンピューターによって爆発的な計算能力が生まれたら、想像を超えた新しい使い方が登場し、世の中を変えていくのだろう。


(スーパーコンピュータ)「京」が世界一になれたのは、それまで数十年間、日本国内でメーンフレームやCPU(中央演算処理装置)の技術を蓄積してきたから。コンピューターの世界では、技術の黎明期から取り組み、トレンドを生み出した企業が圧倒的に優位だ。量子コンピューターでも同じだ。先が見えない段階から始めておかないと、いざという時には手遅れになりかねない。


資源の乏しい日本が生きていくためには、技術で突き抜ける必要があります。技術立国を実現するためにも、スパコンという道具はなくてはならないのです。


大切なのは世界一を目指して頑張り続けることなんです。最終的な結果はともかく、世界一を目指して頑張らない限り、世界一になることはできません。


「2位でいい」と言われただけに、逆に1位を取りたくなりました。ただ、事業仕分けの結果「利用面に力を入れる」という点をはっきりうたうようになったのは正しい方向だと思います。スパコンを開発している我々は、優れた道具をつくろうと頑張っているわけで、常に利用されることを考えていますが、一般の人はスパコンにどんな意味があるのかわからなかったと思うんです。
【覚書き|2009年の事業仕分けで予算が一時凍結されたことを振り返っての発言】


開発メンバーを集める際にも、時々一本釣りをしているんです。ある職場に行って「おまえ、いまは何をしているんだよ」「スパコン、本当はやりたいんじゃないのか」とかまをかけつつ、眠っていたエンジニアのやりたい気持ちを呼び覚まして回りました。そのうち、誰か一人を連れてくると、その人間の周囲にいるエンジニアがきたりして、そういう形でメンバーが集まりました。


技術者として最高のものをつくりたいと思っても、民間企業である以上、ビジネスとして成立するかどうかが大きな要素になります。いくらすごいものをつくっても、買ってくれるお客さんがいなければ意味がありませんから。そういう意味では、国家プロジェクトという形で京の開発を進められたことは本当にありがたい話でした。


やはり、「世界一を目指している」ということが大きかったと思うんです。私も含めて、プロジェクトに参加したエンジニアの多くは長らくコンピュータ業界に関わってきた人間です。生き残りというと変な表現ですが、過去から技術を継承し、磨き上げてきたエンジニアばかりでした。彼らはコンピュータ屋として力いっぱいやりたい、自分の力を思い切り発揮したいという思いをずっと持ち続けていました。私自身だってそうです。


日本企業の存在感が薄いのが心配だ。かつては「ガラパゴス」と揶揄されながらも、日本企業は信頼性に優れた様々な製品を開発し、世界を驚かせてきた。(スーパーコンピューター)「京」はその代表だろう。ところが今、先端のコンピューター研究は「風前のともしび」だ。ガラパゴスすら作れない状況に陥りつつあるのが、気がかりでならない。


井上愛一郎の経歴・略歴

井上愛一郎、いのうえ・あいいちろう。日本のコンピューター技術者。演算速度世界一を記録したスーパーコンピューター「京」の開発責任者。佐賀県出身。東京大学工学部船舶機械工学科卒業後、富士通に入社。サーバシステム事業本部技師長、次世代テクニカルコンピューティング開発本部長などを務めた。一貫してプロセッサの開発に携わった技術者。

他の記事も読んでみる

角田太郎(経営者)

大学を出て就職したのがCDショップのWAVEです。音楽はずっと好きでした。その後、2004年頃からプライベートでカセットテープを集め始めたんですね。その過程で海外のコレクターともつながり、アマゾンを辞めようと思ったときにはコレクションが1万本を超えるくらいになりました。ある日、そのコレクションを眺めていて、カセットを使って何かビジネスをやったら、世の中にない面白いことができるんじゃないかと思ったんですよ。


木川田一隆

企業制度において、働く人々が組織の要求にどの程度熱心に適応するか。これは尽きるところ、組織が働く人々の人間としての本来的な自己啓発の欲求にどれだけ役に立っているかにかかっている。


青山祐子

新人のころは、何をどう聞いていいのかさっぱりわからなかったし、番組づくりのイメージもまったく沸きませんでした。おまけに広島なまりも抜けなかったので、大変でした。最初はインタビューも上手くないし、要領も悪かったのですが、数をこなすうちに速く対応できるようになったと思います。


瀧本哲史

私がある会社に投資した際、その経営にかかわるメンバー全員から、数百万円から1億円程度の出資を集めます。そうすると週一回の経営会議で、練り込みの足りない案を出した人間に対しては、メンバーが本気で怒るようになります。「自分の金がかかってるんだぞ」という意識が共有され、日本企業にありがちな無責任体質が一切なくなります。そういう真剣さが、業績向上につながります。


濱逸夫

今までは、マーケティング部門が考えた売り方で、そのまま商談をする営業も多かったのですが、今ではそれぞれの営業が自分たちの取引先が何を求めているかを真剣に考えて、独自の提案ができるようになってきました。それで実績が出ると、販売店から棚割りを任されて自信が湧くんですよ。


河合郁人

木村(信司)さんに出会うまでは、僕、演技をすることがどこか恥ずかしかった。さらけ出すのが怖かったんです。でも、木村さんがいろんな角度から導いて発見する面白さを教えてくれたから。やってみたら、本当に恥ずかしくないから驚いた(笑)。そうして自分の殻を破ったころに「(役に)ハマってきたね」って何気なく言われて。すごく嬉しかったんです。いらないものを一回全部出したから、新しい自分になれたのかもしれない。


定保英弥

現場に出て、お客様にお喜びいただいている姿を見られることは、日々の活力にもなりますし、ホテルマン冥利に尽きますね。


田島弓子

仕事をしていれば、悩むのは当たり前。不安や落胆にとらわれることは誰にでもあります。そこを「これくらいで落ち込んではいけない」と考えて頑張りすぎるのは禁物。無理をしすぎて、ある日ポキリと折れる危険もあります。


新井田傳

とにかく店を開けて、お客さまの役に立つという精神を常日頃から考えていなければいけない。


森正文(経営者)

営業するときに断られた先で「おたくのライバルはどこですか?」と尋ねて、Aホテルだと聞くと、今度はすぐにそちらを口説きました。その結果、ライバルホテルが僕らのサイトに登録すると、それを見て最初は断ったホテルも、その気になったりします。最初は思いつきでやったことですが、いろいろなホテルに登録してもらいました。