名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上恭介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上恭介のプロフィール

井上恭介、いのうえ・きょうすけ。「NHKエンタープライズ」エグゼクティブ・プロデューサー。京都出身。東京大学法学部卒業後、NHKに入局。主に報道番組の制作に携わった。著書に『マネー資本主義』『里山資本主義』『ヒロシマ 壁に残された伝言』。

井上恭介の名言 一覧

「現実を見ろ」という人にかぎって行動しない。


井上恭介の経歴・略歴

井上恭介、いのうえ・きょうすけ。「NHKエンタープライズ」エグゼクティブ・プロデューサー。京都出身。東京大学法学部卒業後、NHKに入局。主に報道番組の制作に携わった。著書に『マネー資本主義』『里山資本主義』『ヒロシマ 壁に残された伝言』。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

よく言う者はあれど、よく為す者は少なし。
よく為す者はあれど、久しくする者はさらに少なし。
久しくする者はあれど、敬を加うる者はさらに少なし。


築山節

文字を黙読するだけでは、情報が目から脳に入力されただけで終わりです。でも、音読は、その入力した情報を音声によって出力し、自分の耳で再度入力することができます。視覚情報、聴覚情報を処理し、しゃべる能力も向上するので、プレゼンの練習にもってこいです。新聞などを毎朝音読すれば、脳内の回路が刺激され、情報の理解力や、表現力が上がります。勉強や暗記のときも、音読すれば効果的。


奥田碩

果敢な行動を評価する価値観が作られれば、日本は大きく変わる。そうなれば、日本人はもっとアグレッシブになれるし停滞した闘争心に火をつけることにもなります。そもそも日本は競争をできるだけ避けてきました。運動会のかけっこでも順位はつけないなど、競争心を抑え込む教育をしてきました。安っぽい平等を追求した結果、やる気を失う子供が増えています。


上田彩子

口角を下げてしまうと、ネガティブな顔になってしまいます。すると、相手に不快感を与えかねません。会話も弾まなくなって、嫌われてしまうかもしれません。


土光敏夫

リスクの大きさと利益の大きさは比例するものだ。リスクが小さければ、誰もがその機会を追及するから、利益も小さい。逆にリスクが大きければ、得られる利益は大きい。利益とは、リスクに対する対価だと言わねばならぬ。


河野貴輝

不要なしがらみにとらわれないよう起業した面もあるので、人付き合いも、とにかく一歩引くようにしています。あまりに親しい友人同士になってしまうと、断れなくなりますからね。


佐藤琢磨

当時は書類審査で選考され、70人受けて(鈴鹿サーキット・レーシング・スクールに)入学できるのは7人だけ。周りはレーシングカートの全日本チャンピオンや欧州選手権に出場するような10代ばかりで、20歳という年齢制限ギリギリでカート経験が半年だった僕は、黙っていたら100%落とされると思いました。だから、説明会の日に「1分でいいからとにかく話を聞いて欲しい」とスクール側に面接を嘆願しました。運が良かったのは、僕の申し出を協議して70人全員を面接してくれたこと。モータースポーツでの実績がなかった僕は、7人の枠に入りました。


宗次徳二

現場に行くことの重要性は、飲食チェーンだけでなく、すべての業種業態に当てはまるはずです。何をどう叱るとか、何を褒めるべきかといったことは後回しでいいのです。とにかくまず現場に行って、一緒に汗をかいてみる。そこからすべてが始まるのです。


豊島逸夫

スイス銀行は「ディーラー養成工場」ともいわれ、各国から出向でやって来る「外様ディーラー」も多かった。私は兄貴分格のスイス人ディーラーから、まずこう言われた。「相場は理屈ではない。マニュアルや本で教えられるものでもない。とにかく、自分でポジションを取って実際の痛みを感じ、リスク耐性を養うことだ」。周りをよく見れば、同僚のディーラーたちの学歴は半分近くが高卒である。私自身もその後のキャリアで学歴のお世話になったことがない。つまり、相場に学歴は不要。儲けて勝てば官軍だ。


朝井リョウ

(兼業は)大変かどうかと聞かれれば、もちろんしんどいです。でも組織に所属し、様々な価値観を持つ人と接することが、結果として作品の広がりにつながっている気もします。


石倉洋子

今日の経営戦略とは、大まかな方針だけを決めて、細部は走りながら状況に応じて考える「軌道修正型」であるべきです。


藤原智美

1行目から書かなくてはいけないという強迫観念は、学校教育に起因しています。作文の授業では、400字の作文の課題に対して原稿用紙1枚しか渡さないケースがほとんどです。その結果、生徒はいきなり清書をする必要に迫られて、1行目が完成するまで2行目が書けなくなってしまいます。本来、文章は何度も推敲しながら書き上げるものです。その前提に立てば、たとえ書き出しが気に入らなくても、ひとまず先に進んであとから書き直せばいいと気楽に考えられるはずです。