名言DB

9429 人 / 110879 名言

井上弘の名言

twitter Facebook はてブ

井上弘のプロフィール

井上弘、いのうえ・ひろし。日本の経営者。「東京放送ホールディングス」「TBSテレビ」会長。茨城県出身。東京大学文学部社会学科卒業後、東京放送に入社。テレビ営業局長、テレビ編成局長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、社団法人日本民間放送連盟会長などを務めた。

井上弘の名言 一覧

技術をいかにマネージするかが経営。うまくマネージできなければイノベーションが生まれず、淘汰されるかもしれない。


問題点があればそれを把握して、しっかりその対応をしていかなければ、これからは生き延びられない。


我々の業界は、人や社会環境によって左右される、受動的な仕事を続けてきた面がありますが、意識を変えて、我々自身で変化を起こせないかと考えています。例えば、AIの導入による人材の再配置などです。


TBSの視聴率が上向きなのは、プロデューサーなど、制作スタッフの世代交代がうまく進んだことが大きいですね。今、日曜9時からのドラマ枠が好調ですが、この枠は、未来に向けて若者が頑張るドラマをやりたいと思い、そうしたテーマのドラマが続いています。


今後もテレビ業界が生き延びていくためには、いろいろな調査もして、お客様に納得していただけるだけの訴求力をつけることが大事。


個々の企業努力ではなかなかいいビジネスモデルが見つかりませんから、いま在京各社がネットで7日間ぐらい、CM付きで無料視聴できないかを検討しています。


放送メディアはこれまでどちらかというと「速く」が先にありましたが、「正確に」かつ、なるべく速く、ということを民放各社にはお願いしています。それがなくては、我々のレゾンデートル(存在意義)がなくなってしまう。


ネットの拡大は地方局にとってチャンスだと考えている。地方は東京に比べて人件費が低い。どこからでも発信できるネットをうまく使うことができのではないか。私が何か提案できればいいが、残念ながらそんな知恵はない。次の時代の人たちに頑張ってもらいたい。


情報の伝達経路が増え、視聴者がテレビだけに頼る時代は終わる。もう「我々が王座だ」とは言い張れない。だからこそテレビがネットに使われるのではなく、我々が積極的にネットを使う必要がある。


井上弘の経歴・略歴

井上弘、いのうえ・ひろし。日本の経営者。「東京放送ホールディングス」「TBSテレビ」会長。茨城県出身。東京大学文学部社会学科卒業後、東京放送に入社。テレビ営業局長、テレビ編成局長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、社団法人日本民間放送連盟会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

根岸秋男

企業スポーツは人格形成やマネジメント力向上など本業のビジネスに役立っていると思います。競技の第一線から退いた後も、はつらつと働く職員が多いんです。


都築冨士男

店舗数を増やすには少ない資金でも加盟できる状況にする必要があります。そこでオーナーが店舗を探したら本部が什器備品や商品を持ち込んで売り場を作り、開店初期の資金繰りが回るように配慮しました。売り上げが伸びにくい下町ではそれまでのデリカテッセンからおにぎりや弁当の販売中心に切り替え、店舗規模も圧縮。在庫スペースが減る分、商品を小分けにして毎日輸送する仕組みも導入しました。


竹下佳江

ロンドン五輪は、年齢的にも自分にとって最後のオリンピックになるだろうなと考えていました。だから、いままで蓄積してきたものを一滴も残さずロンドンに置いてきたい、そう決心し全身全霊を傾けていました。


堺美保

青じそなど「ノンオイルスーパードレッシング」や「わかめスープ」などがゼロから市場を開拓した画期的な商品だと自負しています。これらの商品が成功したのは「独創的」で、なおかつ「お客様のニーズを満たす」とともに「お客様の感覚に何か強く訴えるものがあった」からではないかと思います。


鈴木喬(経営者)

「実力以上の仕事」なんていまだかってないんです、精神的には。いつだって実力以下の仕事だと根拠なき確信を持っている(笑)。だけど現実とのギャップがあるわけで、やらせたら何もできない。それがわかっているから、あまり落ち込まないことにしている。


宮内義彦

全員が前向きで挑戦可能な環境をつくれば、その組織はおのずと成長する。そのためには部下の資質を正しく見極め、評価を決め込まないことが重要。人は常に変化しますから。


岩田聡

世の中のほとんどの商品はマーケティングがあり、お客様の要望に応えるものを出すのが常ですが、我々は驚きを提供するのですから、お客様の要望を聞くことは無駄になる。


小早川智明

これまでは電力会社に選択肢がない状態でしたから、お客様に我々を選んでもらっていたわけではありません。言ってしまえば、我々は営業してこなかった会社であり、お客様や社会の要請に耳を傾けるよりも、自社の規則やマニュアルを偏重するような企業文化になってしまった。特に原発については、地元の皆様とのコミュニケーション不足をしばしば指摘されていますが、顧客体験重視、現場現物主義に則したアプローチが、変化を生むきっかけになればと考えています。


永守重信

M&Aでは自分の人生観、生き様、会社の理念などを共鳴できる人物がいるかどうかが大きな鍵です。過去のM&Aが成功したのはそこに人材を得たからです。


徐楽楽

起業家は、会社勤めをするほうが収入が多くても起業します。それは、お金持ちになることが目的ではなく、やりたい仕事があって起業するからです。