名言DB

9419 人 / 110788 名言

井上康生の名言

twitter Facebook はてブ

井上康生のプロフィール

井上康生、いのうえ・こうせい。日本の柔道家、柔道指導者。宮崎県出身。5歳から柔道を開始。東海大学体育学部武道学科卒業。シドニー五輪で金メダルを獲得。引退後、柔道指導者の道に進む。柔道男子日本代表監督を務め、低迷していた男子柔道を復活に導いた。

井上康生の名言 一覧

自ら成長を止めた途端、勝利は遠のくもの。だから勝つためには、変化を恐れず、挑み続けていきたい。


監督として、選手自身が自ら学び、考えるきっかけをできるだけ作るようにしました。人は自発的に学ばなければ真の成長を得ることはできません。


勝負の世界は非情。腹を決め、覚悟を持たなければ苦しい日々の連続に打ち勝てない。


自分が経験した苦しい思いは、指導者として選手たちに伝えなければいけない。それは成功談以上に伝えないといけない。


自分で戦う覚悟がなければ、調子が悪くなったり、苦しくなったりした時に外に目を向ける選手になってしまう。


体験しないと分からないことはたくさんある。


準備の段階では常に最悪の状況を想定したネガティビストになれ。
試合の当日になれば、やるべきことは全てやったという開き直りを持ったポジティビストであれ。


継承すべきものは継承し、取り入れるべきものは新しいものを取り入れる。


私は勝てば何でも許されるというふうに思っていませんから、選手たちが選手観、人生観をしっかりと持つことに関して非常に厳しく指導しました。


「開き直り」と「やけくそ」は違います。開き直りには根拠があります。やるべきことをやってきた者がたどり着く境地です。勝っても負けてもいいやという、やけくそとは違います。


私は統率力がリーダーにとって最も重要だと思っています。例えばカリスマ性があるとか、言葉に力があるとか。それらを含めて「白でも黒でもいいから、お前らこっちについてこい」と。ついてくれば必ず結果を出させてあげるという信頼感を与えることでしょうか。


ネガティブな点から目をそらすな。こういう組み手は嫌だなとか、この選手は苦手だなという感情から目をそらしていれば、いざそういう状況になった時に対応できない。これは柔道に限らず、日常生活にも当てはまること。


「メダルを取るのと取らないのとは大きく違うよ」と繰り返し言い続けました。それを一番悔やんでいるのは私だと。メダルを死守するという思いをもう一度奮い立たせれば、違った結果になったはず。それをいまだに後悔している一人ですので。


私は一撃必殺の内股を持っていた。でもそれだけでは勝てない。武器というのはいっぱい持っていた方がいいし、一つの技だけに満足していたら勝ち続ける選手にはなれない。


武道として始まった柔道と、スポーツ化されたJUDOは別物です。我々はJUDOを目指す必要はありません。されど、世界と戦って勝つためにはJUDOを研究し、知ることが必要になります。ですので、良いところは認めようよという意識の改革を進めました。


これまでと同じような練習に取り組むだけでは海外勢に食われてしまう。世界のレベルはどんどん上がっているので、これらの課題をしっかりと克服し、プラスアルファの形でやっていかなければ、生き残れない。


日本の柔道界のトレーニングは、これまでどちらかと言うと、質よりも量というような面がありました。私自身がそうでしたし、時代もそうでした。でも、2年間英国に留学し、彼らの練習を見た時に、非常に質を求めたトレーニングを実践していました。ロンドン五輪の敗因を考えれば、精神論ではなく、適切な言葉か分かりませんが、「意味のある努力」をしないといけないというところが非常にあった。


全日本柔道男子の監督を引き受けてすぐに着手したのは、意識改革でした。選手とコーチ陣を集め、「これから(リオデジャネイロ)五輪に向けて、チーム一丸となって本気で闘っていく。少しでも覚悟が揺らぐ者がいたら、今すぐここから退場してほしい」と伝えました。全員の目の色が変わったと思います。


「柔よく剛を制す」という言葉に代表されるように、昔は技術力で相手を制することができましたが、ルール変更や体格の違いなどがあって、今はなかなかそうはいかない。「柔剛一体」。つまり技術を使うのにも、体力がまず必要なのです。日本柔道の一番のストロングポイントは間違いなく技術力にあります。絶対に負けない技術を持ちつつ、その技術を最大限生かすことができる体力をいかにつけていくか。ここを目標に1つずつ取り組んできました。


国際ルールの変更などに伴い、各国が目指す柔道も変わっています。世界標準の柔道である「JUDO」の根底には、各国の格闘技があります。ロシアのサンボ、ジョージアのチタオバ、モンゴルのモンゴル相撲、ブラジルのブラジリアン柔術……。各国はこうした格闘技をルーツに独自の柔道を作り上げている。その複合体が今のJUDOになっているんですね。武道として始まった柔道と、スポーツ化されたJUDOは別物です。我々は柔道の本質、心を見失わずに、JUDOとの戦いに挑んでいかないといけません。


井上康生の経歴・略歴

井上康生、いのうえ・こうせい。日本の柔道家、柔道指導者。宮崎県出身。5歳から柔道を開始。東海大学体育学部武道学科卒業。シドニー五輪で金メダルを獲得。引退後、柔道指導者の道に進む。柔道男子日本代表監督を務め、低迷していた男子柔道を復活に導いた。

他の記事も読んでみる

守屋洋

強大な相手は、自らの強大を頼んで、こちらをなめてかかり、十分な備えを怠っていることが多い。それがこちらにとっては付け目なのである。敵の手薄に付けこみ、敵の意表を突く。当然、こちらから積極的に仕掛けて、敵を手薄な状態に追い込むような策も考えられてよい。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

投資で成功している人は、皆が悲鳴を上げているときに仕込める人。バブル崩壊のときに投げ売りの不動産をしこたま買った人が、いま儲かっている。また、リーマンショックで多くの人がもう嫌だと投資から去って行くときに、安値で仕込んだ人がいま利益を上げています。つまり世の中の動きと逆を行く人が儲かるのが投資の世界なのです。


弘兼憲史

整理におけるルールは、「モノを増やさないようにする」こと。新しいモノを買えば、家の中のモノが増えるのは当たり前。何かを捨てない限り、増える一方です。一番場所を取る「本」は、潔く捨てます。昔は一度手放した本は二度と手に入らない可能性がありましたが、今はアマゾンなどで比較的簡単に古本を探せるし、ちょっとした調べ物ならネットで検索できる。本を手元に置く必要がありません。


鈴木喬(経営者)

理想は社長の号令で一斉に動くシンプルな組織です。私は社長になってからは、部長や課長という階層をなくして、組織をフラット化しました。社員に、指令がよりダイレクトに伝わるようにするためです。


久保正行

たとえば「刑法犯の検挙率は80%」と報告されると、何となく成果があったように感じますが、そこで納得するのはセミプロ。一言で検挙といっても、刑事が捕まえたのか、市民が捕まえたのか、それとも自首してきたかで話は全然違ってきます。企業においても、売り上げや利益を報告された際、何を根拠にした数字なのかを確認し、数字の内容と重みに考えを巡らさなければなりません。


萩尾望都

笑ったり、泣いたり、感動したりという感情を揺さぶるのは、実は非常に大変なこと。こっちも必死でやらないと伝わらない。


佐藤智恵(コンサルタント)

誰でも失敗すれば落ち込みます。でも、その時間は何も生まず、事態は悪化するだけ。可能な限り素早く、できる限りの手立てをするのが最優先。一時的に評価は下がるでしょう。でも、誠実に対応すれば次のチャンスは必ず巡ってきます。


南場智子

気をつけている点は「すべてのステップで返事を早くする」ということと、「なるべくシンプルに」の2点。返事の速さは能力の現れだと思います。一度言ったことはなかなか撤回できないので、慎重を要すというのは分かります。が、情報が整理されていて優先順位がはっきりしている会社、つまり優秀な会社は当然返答が速いわけです。返事が遅くなると、「この会社、大丈夫かな?」と思われます。そして何より相手に迷惑をかけてしまいます。


國分文也(国分文也)

自分たちがやるべきことをきっちりやれば、結果は必ずついてくる。


吉原毅

これはアダム・スミスが『国富論』でちゃんと書いていることなんですが。上場会社というのは経営者も株主の短期的な視野につながるから、お金のことしか考えなくなっちゃう。それで不健全な方向にいって、バブルなんかをしょっちゅう起こすんだと。それがまさに現実化して表れるわけですよ。それを是正するには、どうしたらいいか。アダム・スミスは長期的な観点で、良識のある、コミュニケーションを持った経営をしなければと。