名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井上康生の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上康生のプロフィール

井上康生、いのうえ・こうせい。日本の柔道家、柔道指導者。宮崎県出身。5歳から柔道を開始。東海大学体育学部武道学科卒業。シドニー五輪で金メダルを獲得。引退後、柔道指導者の道に進む。柔道男子日本代表監督を務め、低迷していた男子柔道を復活に導いた。

井上康生の名言 一覧

自ら成長を止めた途端、勝利は遠のくもの。だから勝つためには、変化を恐れず、挑み続けていきたい。


監督として、選手自身が自ら学び、考えるきっかけをできるだけ作るようにしました。人は自発的に学ばなければ真の成長を得ることはできません。


勝負の世界は非情。腹を決め、覚悟を持たなければ苦しい日々の連続に打ち勝てない。


自分が経験した苦しい思いは、指導者として選手たちに伝えなければいけない。それは成功談以上に伝えないといけない。


自分で戦う覚悟がなければ、調子が悪くなったり、苦しくなったりした時に外に目を向ける選手になってしまう。


体験しないと分からないことはたくさんある。


準備の段階では常に最悪の状況を想定したネガティビストになれ。
試合の当日になれば、やるべきことは全てやったという開き直りを持ったポジティビストであれ。


継承すべきものは継承し、取り入れるべきものは新しいものを取り入れる。


私は勝てば何でも許されるというふうに思っていませんから、選手たちが選手観、人生観をしっかりと持つことに関して非常に厳しく指導しました。


「開き直り」と「やけくそ」は違います。開き直りには根拠があります。やるべきことをやってきた者がたどり着く境地です。勝っても負けてもいいやという、やけくそとは違います。


私は統率力がリーダーにとって最も重要だと思っています。例えばカリスマ性があるとか、言葉に力があるとか。それらを含めて「白でも黒でもいいから、お前らこっちについてこい」と。ついてくれば必ず結果を出させてあげるという信頼感を与えることでしょうか。


ネガティブな点から目をそらすな。こういう組み手は嫌だなとか、この選手は苦手だなという感情から目をそらしていれば、いざそういう状況になった時に対応できない。これは柔道に限らず、日常生活にも当てはまること。


「メダルを取るのと取らないのとは大きく違うよ」と繰り返し言い続けました。それを一番悔やんでいるのは私だと。メダルを死守するという思いをもう一度奮い立たせれば、違った結果になったはず。それをいまだに後悔している一人ですので。


私は一撃必殺の内股を持っていた。でもそれだけでは勝てない。武器というのはいっぱい持っていた方がいいし、一つの技だけに満足していたら勝ち続ける選手にはなれない。


武道として始まった柔道と、スポーツ化されたJUDOは別物です。我々はJUDOを目指す必要はありません。されど、世界と戦って勝つためにはJUDOを研究し、知ることが必要になります。ですので、良いところは認めようよという意識の改革を進めました。


これまでと同じような練習に取り組むだけでは海外勢に食われてしまう。世界のレベルはどんどん上がっているので、これらの課題をしっかりと克服し、プラスアルファの形でやっていかなければ、生き残れない。


日本の柔道界のトレーニングは、これまでどちらかと言うと、質よりも量というような面がありました。私自身がそうでしたし、時代もそうでした。でも、2年間英国に留学し、彼らの練習を見た時に、非常に質を求めたトレーニングを実践していました。ロンドン五輪の敗因を考えれば、精神論ではなく、適切な言葉か分かりませんが、「意味のある努力」をしないといけないというところが非常にあった。


全日本柔道男子の監督を引き受けてすぐに着手したのは、意識改革でした。選手とコーチ陣を集め、「これから(リオデジャネイロ)五輪に向けて、チーム一丸となって本気で闘っていく。少しでも覚悟が揺らぐ者がいたら、今すぐここから退場してほしい」と伝えました。全員の目の色が変わったと思います。


「柔よく剛を制す」という言葉に代表されるように、昔は技術力で相手を制することができましたが、ルール変更や体格の違いなどがあって、今はなかなかそうはいかない。「柔剛一体」。つまり技術を使うのにも、体力がまず必要なのです。日本柔道の一番のストロングポイントは間違いなく技術力にあります。絶対に負けない技術を持ちつつ、その技術を最大限生かすことができる体力をいかにつけていくか。ここを目標に1つずつ取り組んできました。


国際ルールの変更などに伴い、各国が目指す柔道も変わっています。世界標準の柔道である「JUDO」の根底には、各国の格闘技があります。ロシアのサンボ、ジョージアのチタオバ、モンゴルのモンゴル相撲、ブラジルのブラジリアン柔術……。各国はこうした格闘技をルーツに独自の柔道を作り上げている。その複合体が今のJUDOになっているんですね。武道として始まった柔道と、スポーツ化されたJUDOは別物です。我々は柔道の本質、心を見失わずに、JUDOとの戦いに挑んでいかないといけません。


井上康生の経歴・略歴

井上康生、いのうえ・こうせい。日本の柔道家、柔道指導者。宮崎県出身。5歳から柔道を開始。東海大学体育学部武道学科卒業。シドニー五輪で金メダルを獲得。引退後、柔道指導者の道に進む。柔道男子日本代表監督を務め、低迷していた男子柔道を復活に導いた。

他の記事も読んでみる

三宅占二

営業や物流、製造などいろんな部門の人間をごちゃまぜにして5から6人のチームをつくり、組織の課題や我々が目指すべきキリンウェイという行動規範についてディスカッションさせています。そうするとまったく異なる他部門が苦労しているポイントの理解や、向いている方向は一緒なんだと思いの共有ができるのです。


江上治

人生における目的意識の高さは、「人生の残り時間」に対する認識の強さに比例すると私は思っています。私たちの人生は無限ではなく、いつかは終わりを迎える有限なものです。そのことを強く認識し、その有限な人生で何を成したいのかを真剣に考える人だけが、稼ぐ人になることができます。


内藤由治

信頼することはリーダーが飛躍する要素であり、会社が伸びる力にもなるでしょう。人材育成で一番重要なことは、リーダーが部下を信じることです。トップがそういう姿勢を示せば、部下は何倍にもして返してくれる。たとえ裏切られたとしても、騙されたとしても、「何か理由があったのだろう」と思えばいい。「受け入れること」が一番重要なことです。


北島素幸

ガタガタの店を満席にできた原因は、情熱ですよね。「やるんだ」という心で、店ってよくなるんです。


小池百合子

東京には魅力的な伝統工芸がたくさんあります。たとえばカットグラスの「江戸切子」。世界的に有名なチェコの「ボヘミアグラス」に匹敵する高い技術と卓越した美しさをもっています。ただ残念ながら世界的な知名度は不十分です。海外へ売り込むためには、伝統工芸を「マーケティング目線」で捉えなおす必要があるでしょう。


鑄方貞了(鋳方貞了)

この会社は何のために存在するのか、目的は何か、どのように世の中に貢献するかなどの経営理念を確立しておくことは、企業経営における基本です。これができると社長自身に確たる信念が生まれ、社員やお客様に対しても言うべきことは言い、なすべきことはなすという力強い行動ができるようになります。また、社員がお互いに心と力を合わせた活動を生み出し、会社の健全な発展に繋がっていくでしょう。


日向野幹也

日本で従来行われてきたリーダーシップ教育は、成功したリーダーの講演を聴き、感想を話し合うといったスタイルが一般的でした。しかし、そのやり方では、対象者との距離が遠すぎて、リーダーシップを身につけるまでの道筋を想像できません。一方、アメリカの大学では実際にリーダーシップを発揮してみて、それが機能するかどうかを周囲からフィードバックしてもらい、修正してもう一度やってみるというサイクルの繰り返しで習得する方法が頻繁にとられています。


福原正大

フランスと日本の教育は入試問題からまったく違います。フランスの高校卒業試験であるバカロレアでは去年、「あなたは自由と平等、どちらが大切だと思いますか」という問題が出ました。これはどちらを選んでもよくて、なぜ自分はそう考えたかを論理的に説明することが求められるわけです。一方、日本のセンター試験の「倫理社会」では、「○○主義を提唱したのは誰ですか」という答えがひとつしかない問題が出ます。しかも四択や五択です。


築山節

従来の「丸暗記」的な記憶法は、今後の時代にどれだけ役立つでしょうか。現在、たいていの情報や知識はネット検索で即座に呼び出すことができます。分厚い辞書や何冊もの百科事典の情報を、スマートフォンにそっくり入れられる時代でもあります。たくさん覚えることのできる人が「賢い」と言われた時代は終わりつつあります。脳は、辛い丸暗記作業から解放されつつある、とも言えます。つまるところ「記憶」という概念の意味そのものが変化しているのです。これまで丸暗記に使っていた脳の働きを、これからは別のことに活用すべきです。「経験の蓄積」という名の記憶を、具体的行動に結びつけることが大切です。


高津克幸

私は(創業者)初代伊兵衛から数えて13代に当たります。にんべんに入社する決心はしたのですが、入社前の大学時代は主に夏休みを活用して産地の協力工場での鰹節の製造工程で、大学を卒業すると3年間高島屋横浜店の売り場で、それぞれ修業させてもらいました。お客様から「それはしないでね」と言われたことをやってしまい、上司と一緒に土下座した失敗をはじめ、たくさんのよい勉強をさせてもらいました。


ジョン・キム(法学者)

上司の指示に戦略的に従うとしても、自分の物差しだけはたえず磨き続けることが重要です。誰でも最初は自分らしく働く気持ちを持っています。しかし、上司の物差しに合わせて仕事をしていくうちに、多くの人が自分に羽があったことを忘れ、いつしかペンギンのようにヨチヨチ歩くだけになってしまいます。やるべき仕事を徹底的にこなしつつ、自分の物差しを持ち続ける。そのためにも、「この仕事は自分の人生にどのような意味を持つのか」と自分に問い続けることが大切です。


柵山正樹

根っこが共通なところで開発して、みんなで分けて使うのが当社の強み。