名言DB

9419 人 / 110788 名言

井上尚弥の名言

twitter Facebook はてブ

井上尚弥のプロフィール

井上尚弥、いのうえ・なおや。日本のプロボクサー。神奈川県出身。父に憧れ、小学1年でボクシングを開始。アマチュアボクシング大会7冠を経てプロデビュー。WBCライト級世界王者、WBOスーパーフライ級世界王者を獲得。

井上尚弥の名言 一覧

「やめたい」なんて思ったことは一度もないし、とにかく強くなりたいという思いが強かった。


当時の世界王座得の最短記録をKOで更新できたのも、父にたたき込まれた基本を貫いたから。一発を狙うんじゃなくて、打たせないで、打つという。


A級でのデビューは「日本では25年ぶり」といわれ、「10代では初」と注目もされました。プレッシャーというより、ピリピリ感というか、緊迫した感じを楽しんでいましたね。ワクワクしながら。


ナルバエス戦では拳の圧力で手の甲の関節が悲鳴をあげ、脱臼していたらしいんですよ。結局、脱臼したところを手術することになって、完治するまで丸1年もかかったんです。手術して、初めはギプスで固定してましたから、もやもや感はあったんですけど、lか月を過ぎたあたりからは気にしても仕方がないと思い、左手一本の練習とか、できることをやるようにしていったんです。


父親を専属のトレーナーにして、「強い選手と戦う。弱い選手とは戦わない」という条件付きで横浜の大橋ボクシングジムに入門しました。だって、弱い相手と戦ってもしょうがないじゃないですか。強い相手と戦うことで、自分も成長できるし……。何よりも、試合内容で会場を盛り上げていけるような選手になっていきたかったんですよ。


井上尚弥の経歴・略歴

井上尚弥、いのうえ・なおや。日本のプロボクサー。神奈川県出身。父に憧れ、小学1年でボクシングを開始。アマチュアボクシング大会7冠を経てプロデビュー。WBCライト級世界王者、WBOスーパーフライ級世界王者を獲得。

他の記事も読んでみる

笠原健治

「mixi」は「誰もが主役となるような居心地のよいつながりを提供する」をコンセプトに立ち上げたサービスですが、そうした主役感を追求するためには、つくり手である社員一人ひとりも主役になれるような職場環境でなければなりません。


槍田松瑩

視野を広げ個性を磨くことは、良い人生を送る上でも必要です。仕事で成功するだけが良い人生ではありません。


桂三枝(6代目桂文枝)

先日、あるバイオリニストの方に直接お話を聞く機会がありました。私は、バイオリニストはみな、バイオリンが当たるあごにあざがあるものだと思っていたのに、その人のあごはきれいなままでした。そこで「あざ付いてまへんな」というと「練習のときはあざにならないよう、あご当てとあごの間に布を挟むんですよ」と教えてくれました。もしかしたらその人は「そんなことも知らないの」と思ったかもしれません。でも、たとえそうだったとしても、そこで確認したおかげで、私のバイオリンに関する知識は確実に増えたのだから、それでよかったのです。


伊夫伎一雄

勤め人として伸びたいのなら、やはり他の人間とは一味違ったものを持って努力しなきゃいかんだろう。僕は課長代理のとき、課長・部長になったつもりで仕事をした。上の人間には絶対迷惑をかけない。自分で泥をかぶるんだと腹を決めて仕事に取り組みました。


本田有明

課長クラス以上になったときに一番重要なのは「自責の念を持つ」ということです。たとえば部署内に伸びない部下が多い、残業が多い。こういうことはすべて管理職の責任です。どう解決するかは、まず自分の責任として考えなければなりません。もちろん誰かに相談してもいいですが、リーダーになっていく人にはそうした責任感が不可欠なのです。


野村克也

事前のシミュレーションが大切です。野村野球というのは、ひと言でいえば「準備野球」ですから。


柳井正

自分の行動結果を客観的に分析評価できなければ、失敗を失敗と認めることはできません。しっかりした分析に基づかずに反省し、行動しても傷口は広がるばかりです。どんな時にも冷静かつ客観的に分析し、適切な判断のもとに行動しなければいけない。そのなかにこそ、革新の芽があるのだと思います。


中西宏明

まず利益率が大事です。なぜかというと、M&Aの決断もポケットにお金が入っていないとできません。ある事業を諦めようと思ったときも、必ずリストラ費用がかかります。つまり、元手がないと何もできない。


鈴木おさむ

僕は放送作家という仕事に対して、検索エンジンに近いイメージを持っています。まず企画に関係するキーワードを書き出し、そこから連想する言葉をどんどん思い浮かべる。その中から展開できそうなものを選んで、発想を広げていくのです。でも、頭の中にデータがいっぱい入っていない限り、検索はできません。


天坊昭彦

事業は人が中心です。人を大切にし、事業を通して一人ひとりが世の中で信頼され尊敬される人間に成長していけば、会社も社会で信頼されるようになり、世の中に貢献できる。