名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上尚弥の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上尚弥のプロフィール

井上尚弥、いのうえ・なおや。日本のプロボクサー。神奈川県出身。父に憧れ、小学1年でボクシングを開始。アマチュアボクシング大会7冠を経てプロデビュー。WBCライト級世界王者、WBOスーパーフライ級世界王者を獲得。

井上尚弥の名言 一覧

「やめたい」なんて思ったことは一度もないし、とにかく強くなりたいという思いが強かった。


当時の世界王座得の最短記録をKOで更新できたのも、父にたたき込まれた基本を貫いたから。一発を狙うんじゃなくて、打たせないで、打つという。


A級でのデビューは「日本では25年ぶり」といわれ、「10代では初」と注目もされました。プレッシャーというより、ピリピリ感というか、緊迫した感じを楽しんでいましたね。ワクワクしながら。


ナルバエス戦では拳の圧力で手の甲の関節が悲鳴をあげ、脱臼していたらしいんですよ。結局、脱臼したところを手術することになって、完治するまで丸1年もかかったんです。手術して、初めはギプスで固定してましたから、もやもや感はあったんですけど、lか月を過ぎたあたりからは気にしても仕方がないと思い、左手一本の練習とか、できることをやるようにしていったんです。


父親を専属のトレーナーにして、「強い選手と戦う。弱い選手とは戦わない」という条件付きで横浜の大橋ボクシングジムに入門しました。だって、弱い相手と戦ってもしょうがないじゃないですか。強い相手と戦うことで、自分も成長できるし……。何よりも、試合内容で会場を盛り上げていけるような選手になっていきたかったんですよ。


井上尚弥の経歴・略歴

井上尚弥、いのうえ・なおや。日本のプロボクサー。神奈川県出身。父に憧れ、小学1年でボクシングを開始。アマチュアボクシング大会7冠を経てプロデビュー。WBCライト級世界王者、WBOスーパーフライ級世界王者を獲得。

他の記事も読んでみる

山本晴義

やる気が出ない状態にまで陥ってから、やる気を出そうとしたって、それは大変です。やる気の出ない状態でやる気を出そうというのは、ガス欠の状態でクルマを走らせようとするのと同じですから。ですから大切なのは、やる気が出ない状態に陥るようなことがないように、普段から心と身体のマネジメントをしっかりと行なっておくことです。


永守重信

創業者が引退したら成長のスピードは必ず遅くなる。だから行けるところまで行く。


大塚周一

お金をかけてドカーンと設備投資して勝負するという会社は、投資の能力がなくなった途端に勝てなくなってしまう。


宮迫博之

ボクも気がついたら40代の半ばを過ぎてました。早いよね、時の過ぎ去るのは。この数年は、振り返ると1年が2週間ぐらいにしか感じなくなってきてますから。なんか後々に残るような仕事とかね、いろいろとやらなアカンと思っているんですけど、ただ仕事に追われるだけで、なかなか思うようにはいかない。


衣笠祥雄

野球少年にとって、試合に出してもらえることほど嬉しいことはない。それが楽しいんです。おおげさなことじゃない。


高橋恭介(経営者)

まず社員の本音を「見える化」するところから始め、組織の根本的な問題を解消へと導きます。社員のモチベーションが低かったり、現場の声がトップに届かないというような問題がたくさん存在するのですが、改善策に向けて徹底的に見える化を行います。


岡野喜太郎

貯金した金は失うことがあっても、貯蓄の習慣と克己の心は一生失うことがないのです。


桑原祐

紙にペンで書くというのは、パワーポイントなどを使う場合に比べて、はるかに自由度が高い表現方法です。思い付きを列挙して、それらをあとから線で結んだり、丸で囲んだりと、脳内の思考と同じレベルで表現できる。そうなると発想も自由になるし、考えをまとめるときにも構造化が容易になります。


菅野宏三

定年後に安定した仕事に就く人のほとんどが、今いる会社からの誘いか、知人の紹介です。「○○さんには定年してもこの職場にいてほしい」と今の部下が上司にかけ合ってくれるか、他部署から「定年になったらうちの部署を手伝ってほしい」とお声がかかる。あるいは「辞めるなら、うちの会社に力を貸してほしい」と営業先や取引先から声がかかることで再就職先が決まっています。だから私はよく「自分の周りが求人票」だと言っているのです。


幸田真音

思いっ切りジタバタしたほうがいい。壁から逃げず、正面からぶつかって、悩んで、迷うことが大事。もしも変に逃げようとしたり、うまく手を抜こうとしたら、その時点で成長がストップしてしまう。


浅野忠信

わがままであることがどれだけ重要かということに、改めて気づかされました。監督(木村大作監督)がわがままであったからこそ、自分の足を使って歩いて、撮影することがどんなに意味のあることかも教えてもらうことができたし、雨だろうが嵐が来ようが撮影する。その「画」がどれだけ力を持っているのかということも教わりました。
【覚書き|映画『劔岳 点の記』の主役を演じたことを振り返っての発言】


鑄方貞了(鋳方貞了)

人間は誰でも、長所対短所は50%対50%だと思います。この地球上にあるモノは、裏表、前後、左右、陰日向というように、すべてが50対50だからです。