名言DB

9490 人 / 112001 名言

井上和雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上和雄のプロフィール

井上和雄、いのうえ・かずお。日本の経営者。三越の社長・相談役。横浜生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、三越に入社。仕入本部長、取締役、常務、専務を経て社長。会社経営以外にも日本百貨店協会副会長、関東百貨店協会会長、前払式証票発行協会会長、中央区防犯協会会長、日本橋保存会会長なども務めた経営者。

井上和雄の名言 一覧

社長になって早期退職制度をやりました。厚生年金基金も解散した。そこは、経営者としての信念を通しました。一生三越で働こうと志を固めてくださっていた人たちに考え直してくださいと言うのは非常に辛かった。日本で2番目か3番目にできた基金だったので、役所に目立つから困ると言われましたが、決断せずに会社が破たんしたのでは元も子もない。


大学に入ってから、かわいがってもらっていた近所のお寺のお坊さんに「男は人生のうちに3つ大きな喧嘩をするんだ」と言われました。聞き流していたら、それでおしまいですが、実はその言葉が会社に入ってからもずっと、頭に残っていました。自分の信念を曲げずにきっちり通すということを、お坊さんは言いたかったと思うんです。その言葉がありがたかったのは、自分に緊張感を持たせてくれたことでした。


もう三越は愚を繰り返さないし、その余裕もありません。末永くお客様にご愛顧いただく店として生き残っていくためにやらなくちゃいけないことだけをやる。私の最後の信念です。


ゴルフ場開発で巨額の損失を出したことは、大企業病の典型でした。岡田事件という節目があり、一度は治ったんですが、300年の歴史がある業界随一の特定銘柄の会社で、いいお客様がたくさんいらっしゃることに慣れてしまうんですね。私もトップの動きをけん制できなかった。
【覚書き|役員の一人として、ゴルフ場開発の巨額赤字を防げなかったことについて振り返った言葉】


地球規模で考えて重要な課題である省資源、環境問題への取り組みなど、社内に環境問題推進委員会を設けて、いち早く着手して来ました。包装は送る側の真心を伝えるもので、その簡素化はたいへん勇気のいることでしたが、最近では多くの方に理解していただけるようになりました。ここ数年、啓発は加速度的で意識の変化を肌で感じております。


現代は物質的には非常に恵まれた時代だと思います。ただその中で個々の楽しみや便利さを追求するだけではなく、家族や社会、国のあり方という基本的なことを、原点にたちもどって考えて欲しいです。何らかのかたちで社会から受けている恩恵を、いずれは社会に還元して行くという姿勢を大切に、いろいろと挑戦してみて下さい。


三越の経営理念には、「社会的貢献と企業の繁栄」「伝統を超える革新性」「まごころと創意工夫」が謳われており、その中でも大事なことは社会にいかに貢献するかということではないかと思っています。地域や社会とともに企業も成り立っているのであり、常にこのことは念頭にあります。


井上和雄の経歴・略歴

井上和雄、いのうえ・かずお。日本の経営者。三越の社長・相談役。横浜生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、三越に入社。仕入本部長、取締役、常務、専務を経て社長。会社経営以外にも日本百貨店協会副会長、関東百貨店協会会長、前払式証票発行協会会長、中央区防犯協会会長、日本橋保存会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

カスヤナガト

僕も20代の頃はいろいろなことに怒っていました。でも、ふてくされていたって仕方がありません。では、どうすればいいか。行動し、勝ち取るしかないんです。


石田淳(コンサルタント)

褒めるとは不足行動(やるべきなのにやっていない不足している行動)を促し、叱るとは過剰行動(やるべきではないのにやっている過剰な行動)を抑制することを指します。押さえておくべきポイントは、不足行動は誘惑に弱いということです。たとえば、営業マンが勤務中に喫茶店で居眠りをするのは、不足行動を邪魔するライバル行動であり、過剰行動です。よって、人は褒めるだけでは目標に到達しづらく、適度に叱ることで過剰行動を抑える必要があるのです。両者をバランスよく使うことで、目標達成までのスピードは速くなるといっていいでしょう。


江上剛

いまや成果主義が主流となり、過大な目標が押し付けられることも増え、それが要領のいい上司や部下を増やす結果につながりました。また、成果を求められるあまり、一部社員によるデータのごまかしや数字の改ざん、企業不祥事も多発しています。そのため、社員個々の成績ではなく、チームワークで動いて、力を発揮することが求められるようになりました。部下の面倒を見ることは厄介なことですが、上司として、それをやらなければならなくなったのです。


日覺昭廣

炭素繊維の研究チームの合言葉は最初から、「黒い航空機を飛ばそう」でした。軽量化の利点は大きいけれど、安全基準は厳しい航空機への採用という長期ビジョンを決め、それに向けて中期課題に取り組む。そうすれば「木を見て森を見ず」の状態には陥りません。


斎藤広達

破綻企業に「儲ける力」が残されているか否か。「儲ける力」の「エンジン(源泉)」は何か。この2つの論点にしっかりと答えが出せるなら、実現可能な再生の青写真が見えてくる。


東和浩

私も時にストレスがたまります。そんな時は社長室の机にあるテニスボールを握り、気を静めます。学生時代にテニスをしており、たまにボールを触ると落ち着くのです。


村上恭和

「教えすぎない」のが私の指導理念。ミスをすぐに注意したら、考える時間を奪ってしまう。解決策が見つからなさそうなときだけ、助言するようにしています。


安田佳生

目標設定の際、とりあえず自分の常識を取り払い、まったくこれまでとは違うやり方はないのだろうかと、常に模索している人は進化します。そうでないと、何年経っても同じようなスケジュール、同じようなプロセスを繰り返すだけで、一段上には行けません。それは、目標が低すぎることでもあります。実績に一割増や二割増しではなく、二倍や三倍の目標を立てるようにしないといけません。


池田弘(経営者)

本来、神道は様々な価値観が並び立つことを認める宗教でしたが、中央集権国家をつくる必要にかられた明治政府は、神道を一神教的な国家神道につくりかえてしまいました。国家神道は異質なものを排除しつつ、一方で和の精神だけを強調しました。その結果、明治以降のわが国には、「異質なものを認めない和の精神」がはびこることになった。元来、個性の発揮をよしとしてきた多神教国家が、人と同じこと、人の輪から外れないことを要請する国家に変質してしまったのです。こうした風土は戦後も変わることなく、家族主義的な企業文化に継承されていきました。


徳重徹

直接聞いた話と又聞きには雲泥の差がある。自ら現地のお客様や販売店の意見を聞いて初めて、価格設定などの感覚を持つことが出来る。


所ジョージ

いろんなことに手を出して、リスクを背負って興奮して欲しい。もちろん、やることが多くなれば評価はバラバラになりますよ。でも、悪い評価もある中で、1個いい評価が出てくれば、ラッキーぐらいでね。


プラトン

笑いの実は青いうちに摘んではならない。