名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上和雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上和雄のプロフィール

井上和雄、いのうえ・かずお。日本の経営者。三越の社長・相談役。横浜生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、三越に入社。仕入本部長、取締役、常務、専務を経て社長。会社経営以外にも日本百貨店協会副会長、関東百貨店協会会長、前払式証票発行協会会長、中央区防犯協会会長、日本橋保存会会長なども務めた経営者。

井上和雄の名言 一覧

社長になって早期退職制度をやりました。厚生年金基金も解散した。そこは、経営者としての信念を通しました。一生三越で働こうと志を固めてくださっていた人たちに考え直してくださいと言うのは非常に辛かった。日本で2番目か3番目にできた基金だったので、役所に目立つから困ると言われましたが、決断せずに会社が破たんしたのでは元も子もない。


大学に入ってから、かわいがってもらっていた近所のお寺のお坊さんに「男は人生のうちに3つ大きな喧嘩をするんだ」と言われました。聞き流していたら、それでおしまいですが、実はその言葉が会社に入ってからもずっと、頭に残っていました。自分の信念を曲げずにきっちり通すということを、お坊さんは言いたかったと思うんです。その言葉がありがたかったのは、自分に緊張感を持たせてくれたことでした。


もう三越は愚を繰り返さないし、その余裕もありません。末永くお客様にご愛顧いただく店として生き残っていくためにやらなくちゃいけないことだけをやる。私の最後の信念です。


ゴルフ場開発で巨額の損失を出したことは、大企業病の典型でした。岡田事件という節目があり、一度は治ったんですが、300年の歴史がある業界随一の特定銘柄の会社で、いいお客様がたくさんいらっしゃることに慣れてしまうんですね。私もトップの動きをけん制できなかった。
【覚書き|役員の一人として、ゴルフ場開発の巨額赤字を防げなかったことについて振り返った言葉】


地球規模で考えて重要な課題である省資源、環境問題への取り組みなど、社内に環境問題推進委員会を設けて、いち早く着手して来ました。包装は送る側の真心を伝えるもので、その簡素化はたいへん勇気のいることでしたが、最近では多くの方に理解していただけるようになりました。ここ数年、啓発は加速度的で意識の変化を肌で感じております。


現代は物質的には非常に恵まれた時代だと思います。ただその中で個々の楽しみや便利さを追求するだけではなく、家族や社会、国のあり方という基本的なことを、原点にたちもどって考えて欲しいです。何らかのかたちで社会から受けている恩恵を、いずれは社会に還元して行くという姿勢を大切に、いろいろと挑戦してみて下さい。


三越の経営理念には、「社会的貢献と企業の繁栄」「伝統を超える革新性」「まごころと創意工夫」が謳われており、その中でも大事なことは社会にいかに貢献するかということではないかと思っています。地域や社会とともに企業も成り立っているのであり、常にこのことは念頭にあります。


井上和雄の経歴・略歴

井上和雄、いのうえ・かずお。日本の経営者。三越の社長・相談役。横浜生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、三越に入社。仕入本部長、取締役、常務、専務を経て社長。会社経営以外にも日本百貨店協会副会長、関東百貨店協会会長、前払式証票発行協会会長、中央区防犯協会会長、日本橋保存会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

梶原しげる

会話は心が大事だと言う人がいますが、心だけで通じさせることができるのは超能力者。我々は伝えるスキルを磨かないとうまくいきません。


ケヴィン・ダットン

財政上の洞察力、企業経営能力、あるいはMBAなどの「スキル」を持っていたとしても、それだけでは不十分です。「スキル」とを実際に運用するための「人格」として、「必要なときにリスクを取る能力」や、「緊急時、重要な問題に集中する能力」「失敗のあと回復するメンタル面の強さ」が必要です。またときには従業員を解雇することも厭わないような「冷酷な性格」も必要です。これらの人格のうち、どれかが欠けていれば、CEOになれる可能性は低くなります。


宮竹貴久

ビジネスにせよ何にせよ、状況は、刻々と変化します。「今、やらなければ意味がない」「すぐやるべき」といわれる業務も、あとになってみれば、結局、「やらなくてもよかった」「時間が解決してくれた」となることもよくあります。だから、何でも今すぐやろうとせずに、問題を棚上げすることで面倒くさい仕事などを事実上「片づけ」られるのです。


吉田晴乃

やりたいことをすべてやるというのは、最高の生産性につながります。自分が好きなことを追求し、持って生まれた能力を存分に発揮することは、人間の自然の欲求です。


鈴木幸一(経営者)

日本の企業は保守的で、新しい領域に挑戦するのが遅れがちだ。当社がネット証券を立ち上げた際、大手証券会社に「一緒にやろう」と打診したのだが、どこも反応は薄かった。今だって状況はそれほど変わっていない。日本企業が1社で新しいことをやるのはなおさら難しいだろう。ならば当社がフィンテックの基盤を用意して、それを様々な企業に使ってもらえばデジタル化も進む。当社が特定の金融グループに属さないニュートラルな立場にあることも、今回の取り組みを推進する上では好都合だ。


ジョセフ・トリポディ

コカ・コーラというブランドは、時代や消費者とともに進化する必要があります。当社が抱えている非炭酸飲料の様々なブランドも同じで、変化し続ける必要があります。


佐藤義雄

私はアメリカかぶれだとよく言われるのですが、他社であろうが、優れている点は参考にさせてもらいます。


諸富祥彦

感情は抑え込もうとすると逆に大きくなる。イライラしているな、と思ったら、それを無理に抑え込もうとするのではなく、「今、自分はイライラしている」と認めるようにするといい。「イライラしないようにしよう」ではなく、「ああ、自分は今イライラしているな」とちょっと離れたところから眺めるようにして、その感情を認める。それからそれを受け流す練習をしましょう。


亀田啓一郎

メンバーが自発的に動くようなシカケは、現場で働くメンバーが主体的に立案した方が「やらされ感」がなくなり、成果も上がる。中堅社員にこそ、このようなミドル・リーダーシップ力が求められている。


藤井孝一

会社勤めをしながら副収入を得るには、週末起業という方法もあります。お金を稼ぐ方法だけならいろいろありますが、自分で起業することで、他では得られない経験ができます。なぜなら、どのような分野でどのように稼ぐか、事業のアイデアの段階から自分で考えることができるからです。


田中義剛

芸能界は、いわば永遠の日雇労働です。だから俺は早く使われる側から使う側に、いつかメディアを利用する立場になりたい、そう思っていました。


木村惠司(木村恵司)

私も20代のころに大変な失敗をしましたが、それがのちに大きな糧となりました。失敗を1回2回やって、叩かれても踏まれても、雑草のようにまた這い上がればよいのです。現に私自身、雑草と呼ばれたこともありました。