名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上和雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上和雄のプロフィール

井上和雄、いのうえ・かずお。日本の経営者。三越の社長・相談役。横浜生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、三越に入社。仕入本部長、取締役、常務、専務を経て社長。会社経営以外にも日本百貨店協会副会長、関東百貨店協会会長、前払式証票発行協会会長、中央区防犯協会会長、日本橋保存会会長なども務めた経営者。

井上和雄の名言 一覧

社長になって早期退職制度をやりました。厚生年金基金も解散した。そこは、経営者としての信念を通しました。一生三越で働こうと志を固めてくださっていた人たちに考え直してくださいと言うのは非常に辛かった。日本で2番目か3番目にできた基金だったので、役所に目立つから困ると言われましたが、決断せずに会社が破たんしたのでは元も子もない。


大学に入ってから、かわいがってもらっていた近所のお寺のお坊さんに「男は人生のうちに3つ大きな喧嘩をするんだ」と言われました。聞き流していたら、それでおしまいですが、実はその言葉が会社に入ってからもずっと、頭に残っていました。自分の信念を曲げずにきっちり通すということを、お坊さんは言いたかったと思うんです。その言葉がありがたかったのは、自分に緊張感を持たせてくれたことでした。


もう三越は愚を繰り返さないし、その余裕もありません。末永くお客様にご愛顧いただく店として生き残っていくためにやらなくちゃいけないことだけをやる。私の最後の信念です。


ゴルフ場開発で巨額の損失を出したことは、大企業病の典型でした。岡田事件という節目があり、一度は治ったんですが、300年の歴史がある業界随一の特定銘柄の会社で、いいお客様がたくさんいらっしゃることに慣れてしまうんですね。私もトップの動きをけん制できなかった。
【覚書き|役員の一人として、ゴルフ場開発の巨額赤字を防げなかったことについて振り返った言葉】


地球規模で考えて重要な課題である省資源、環境問題への取り組みなど、社内に環境問題推進委員会を設けて、いち早く着手して来ました。包装は送る側の真心を伝えるもので、その簡素化はたいへん勇気のいることでしたが、最近では多くの方に理解していただけるようになりました。ここ数年、啓発は加速度的で意識の変化を肌で感じております。


現代は物質的には非常に恵まれた時代だと思います。ただその中で個々の楽しみや便利さを追求するだけではなく、家族や社会、国のあり方という基本的なことを、原点にたちもどって考えて欲しいです。何らかのかたちで社会から受けている恩恵を、いずれは社会に還元して行くという姿勢を大切に、いろいろと挑戦してみて下さい。


三越の経営理念には、「社会的貢献と企業の繁栄」「伝統を超える革新性」「まごころと創意工夫」が謳われており、その中でも大事なことは社会にいかに貢献するかということではないかと思っています。地域や社会とともに企業も成り立っているのであり、常にこのことは念頭にあります。


井上和雄の経歴・略歴

井上和雄、いのうえ・かずお。日本の経営者。三越の社長・相談役。横浜生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、三越に入社。仕入本部長、取締役、常務、専務を経て社長。会社経営以外にも日本百貨店協会副会長、関東百貨店協会会長、前払式証票発行協会会長、中央区防犯協会会長、日本橋保存会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

岩田松雄

今日明日の資金繰りに苦しんでいる状況でミッションを語っても、意味はないでしょう。倒産すればミッションを実現することは不可能になるわけですから、目の前の資金繰りが最優先になります。


石原加受子

最近は「敵意識」の強い人が増えています。「自分を否定されるのではないか」と恐れ、誰もが敵に見えて攻撃的な態度に出てしまう。すると相手も反発して攻撃的になり、互いを傷つけ合って消耗してしまうのです。この状態を脱するには、自分に満足感を与えてあげること。プラスの感情が増えれば安心感が生まれ、「誰かに傷つけられる」という恐怖も和らいで、周囲を敵だと感じることも減ります。


新田信行

「世のため人のため」、「相手の立場に立って物事を考えなさい」という母の言葉が心に残っています。共同組織で相互扶助という信用組合の仕事は、私の「天職」ではないかと感じています。これまでの私の経験は、今の仕事のためにあったのではないかと思うほどです。


伊藤正裕(起業家)

はっきりいえるのは、「本を読んで勉強する」というのは、まったく意味がないということ。これは私の経験上、断言できます。たとえば会社を起業したいと思った人が、起業家の本を読むとします。でも起業家の書いた本なんて、お鮨でいうと「さび抜き」みたいなものです。なぜなら、書いた本人はその後もビジネスを続けるわけだから、経営の根幹に関わる部分は、事業に支障が出ないように隠しておくものです。本当に大事なことは、本からは学べません。


楠本修二郎

景気のいい時なら、期間限定のイベント的な出店を繰り返すのもいいと思います。しかし、人口が減っていく社会でそれをやるとやがて先細り、何十年も続く会社にはなれないかもしれない。長く事業を続けるために、手間を惜しまず丁寧に作っています。


堀之内九一郎

どんなにイヤな気分のときでも起きられるように「目的」をつくっています。それが「毎朝、誰よりも早く会社に行く」こと。実際、出張などで出社できない日を除けば、一番乗りの連続記録を継続中なので「あっ、そろそろ起きないと誰かに先を越されるぞ」という思いで、布団から出ることができます。そして、歯を磨きながらお風呂の湯をため、朝風呂に入ります。そうすると、寝ていた脳が起きはじめて、思考がだんだん前向きになってくる。朝食を食べながら新聞を読み、TVをつけ、さして見たくもない番組を見ているくらいなら会社へ行こうという気持ちになって、7時過ぎには家を出ます。


守屋淳

一見関係のないジャンルでも、思考の抽象度を上げて考えてみると、意外なところで結びついていることがわかります。こうして、関係のないもの同士を結びつけ、そこから教えを導き出したり、新たな原理・原則を発見する能力を得ることこそ、教養を身につける最大の意味だと私は考えています。


佐藤優

外交だとか諜報活動など、いわゆるインテリジェンスの世界で生きてきた人間は、安直な判断は命取り。いやがおうでも慎重になります。駆け引きや騙し合い、いろんな落とし穴がある。どこに落とし穴があるかわからない。嫌でも人を見る目、見抜く本能が磨かれた気がします。いまでも僕は「なにか怪しい」というのを理性よりも匂いで判断して、危険だと思ったら近づかないです。


早川徳次

会社再建に没入している最中に朝鮮動乱が起きた。にわかに産業経済界が活発となり輸出の急増、内需の活況が目立ってきた。社の滞貨も一掃され、この下半期には久々の黒字決算を行った。三期にわたる難行にもようやく明るい陽射しが見えてきた。我が新製品シャープスーパー受信機がさっそうと市場に登場した。だが、この期には前の経営の空隙を埋めることにとどめ、設備の新設拡張にまでは手を出さなかった。
【覚書き|倒産寸前の経営難後、好況となり会社の業績が好転したときを振り返っての発言】


黒田如水(黒田官兵衛)

お前たち家来の間にも、気が合うか気が合わないかによって、仕置をする上に過ちができることがあろう。気の合う者に対して贔屓して、悪いことも善く思い、あるいは悪いと知りながら、自然とそれに親しむようになるものである。気の合わない者に対しては、善人をも悪人と思い、道理をも無理のように思い誤ることがある。気が合う家来、会わない家来とでは、仕置の上にもこのような私心ができてくるものであるから、みな、よく注意せねばならぬ。


永守重信

生き残るための大前提は、生産性を上げることです。いまの日本企業は残業体質に陥っています。生産性の低い人ほど長時間残業しているので収入が多いというのはおかしな話です。フランスの会社(ヴァレオ)を買収してみて驚きました。5時過ぎに会社を訪ねると、従業員はみんな退社していました。彼らは時間ではなく成果で評価されます。だから定時に帰り、家族で夕食をとったあと、持ち越した仕事があれば自分の部屋で片付けるそうです。


ルイス・ガースナー

経営改革を後退させないようにするには、企業文化、社風を変えることだ。永遠に業務改善を続けさせることが大切だ。