井上和雄の名言

井上和雄のプロフィール

井上和雄、いのうえ・かずお。日本の経営者。三越の社長・相談役。横浜生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、三越に入社。仕入本部長、取締役、常務、専務を経て社長。会社経営以外にも日本百貨店協会副会長、関東百貨店協会会長、前払式証票発行協会会長、中央区防犯協会会長、日本橋保存会会長なども務めた経営者。

井上和雄の名言 一覧

社長になって早期退職制度をやりました。厚生年金基金も解散した。そこは、経営者としての信念を通しました。一生三越で働こうと志を固めてくださっていた人たちに考え直してくださいと言うのは非常に辛かった。日本で2番目か3番目にできた基金だったので、役所に目立つから困ると言われましたが、決断せずに会社が破たんしたのでは元も子もない。


大学に入ってから、かわいがってもらっていた近所のお寺のお坊さんに「男は人生のうちに3つ大きな喧嘩をするんだ」と言われました。聞き流していたら、それでおしまいですが、実はその言葉が会社に入ってからもずっと、頭に残っていました。自分の信念を曲げずにきっちり通すということを、お坊さんは言いたかったと思うんです。その言葉がありがたかったのは、自分に緊張感を持たせてくれたことでした。


もう三越は愚を繰り返さないし、その余裕もありません。末永くお客様にご愛顧いただく店として生き残っていくためにやらなくちゃいけないことだけをやる。私の最後の信念です。


ゴルフ場開発で巨額の損失を出したことは、大企業病の典型でした。岡田事件という節目があり、一度は治ったんですが、300年の歴史がある業界随一の特定銘柄の会社で、いいお客様がたくさんいらっしゃることに慣れてしまうんですね。私もトップの動きをけん制できなかった。
【覚書き|役員の一人として、ゴルフ場開発の巨額赤字を防げなかったことについて振り返った言葉】


地球規模で考えて重要な課題である省資源、環境問題への取り組みなど、社内に環境問題推進委員会を設けて、いち早く着手して来ました。包装は送る側の真心を伝えるもので、その簡素化はたいへん勇気のいることでしたが、最近では多くの方に理解していただけるようになりました。ここ数年、啓発は加速度的で意識の変化を肌で感じております。


現代は物質的には非常に恵まれた時代だと思います。ただその中で個々の楽しみや便利さを追求するだけではなく、家族や社会、国のあり方という基本的なことを、原点にたちもどって考えて欲しいです。何らかのかたちで社会から受けている恩恵を、いずれは社会に還元して行くという姿勢を大切に、いろいろと挑戦してみて下さい。


三越の経営理念には、「社会的貢献と企業の繁栄」「伝統を超える革新性」「まごころと創意工夫」が謳われており、その中でも大事なことは社会にいかに貢献するかということではないかと思っています。地域や社会とともに企業も成り立っているのであり、常にこのことは念頭にあります。


井上和雄の経歴・略歴

井上和雄、いのうえ・かずお。日本の経営者。三越の社長・相談役。横浜生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、三越に入社。仕入本部長、取締役、常務、専務を経て社長。会社経営以外にも日本百貨店協会副会長、関東百貨店協会会長、前払式証票発行協会会長、中央区防犯協会会長、日本橋保存会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

石井和徳

今後は外部環境もいっそう厳しさを増していくものと予想されており、これからは「現実を直視して将来を予測し、どうすべきか自ら考えて行動する人材」が求められます。「真面目に一生懸命」な姿勢は大切ですが、それだけでは「並」でしかありません。お客様への継続的な貢献を目指し、これからも「並にとどまらない企業」となるための努力を続けていきます。


新将命

遮二無二働いて利益を出すのは大事なことですが、人間はあまりにも目先の目標にばかり追われていると精神的に病んでしまう。


吉田忠裕

それぞれのお客様にとって必要な品質、価格にミートするファスナーを提供できるのが一番いいわけですが、それはそのお客様にとってベストだとしても、別のお客様にとってベストであるかどうかはわかりません。そうすると、究極はワン・トゥー・ワンになります。ファスナーもコモディティ化してくるのですが、やはり「あなたのためのファスナーを提供します」という活動が重要になります。


厚切りジェイソン

日本では「二足のわらじ」って珍しがられるけれど、ツイッターの前CEOのディック・コストロ氏もスタンダップコメディーをやってたりと、アメリカではそんなに珍しいことではありません。


原谷隆史

仕事量は大きなストレッサ―になりますが、これもケースバイケースの部分があります。NHKの「プロジェクトX」に出てくる人たちは皆、寝る時間を削ってまでも仕事に打ち込んでいました。しかしあの人たちは、それをストレスとは感じていないようです。やりがいのある仕事をやっているから、苦痛どころか喜びになっていたのではないでしょうか。


江上治

「人の縁」や「出会い」というと、つかみどころのない話に聞こえるが、実は、日々の行動や対応がチャンスにつながっている。


吉田松陰

事をなすは誠にあり。


渡部卓

メールでは、「感情」「人となり」といった細かい部分は伝わりませんから、毎日一緒にいる相手とも誤解や齟齬が日常茶飯事になる。


新浪剛史

これだけ成熟した市場になれば、もっと「サービスを通じてモノを売る」ということを考える必要があります。誤解されがちですが、サービス業はモノを売っているんです。介護とか医療とか、サービスそのものの付加価値だけじゃありません。介護だって施設を作るなら専用の器具がいるし、運営には介護用品がいるし、食品だって必要です。自動車にしたって、現場には販売する人もメンテナンスする人もいます。サービスの競争力を高められれば、それを入り口にモノを売って、収益力も確保することが可能です。


西谷浩司

回復の兆しが見え始めた時こそ、経営に慢心は禁物。


金子源

1人で入りやすい店を作りたかった、というのが一番の理由です。私は高校卒業後、自衛隊に入隊したのですが、訓練が終わると特にすることもないため、よく飲み歩いていました。しかし、当時は総合居酒屋全盛の時代で、一人で気軽に入れるお店を探すのにいつも苦労していました。地元の個人店にしても、常連客で賑わっていて入り込む余地はほとんどありませんでした。こうした当時の体験から、一見さんでも入りやすい業態を追求した結果、「立ち呑み」という業態に行きついたというわけです。


中村末広

私自身、ソニーでワクワクするようなモノづくりの醍醐味を存分に堪能してきました。1990年代半ばにテレビの量産化を競う一種の技術コンテストを実施したときの話です。ある若手の技術者が、ガラスの内側と外側の冷やし方を変えることで、ブラウン管の厚みを薄くできるアイデアを挙げてきた。自動車のフロントガラスは衝突しても粉々になったりしないでしょう。あの製法を応用して、テレビを軽くしようと思いついたんです。ところが残念なことに、その年の軽量化プロジェクトには間に合わなかった。この技術者がユニークなのは、軽量化がダメなら他の使い道はないかとその後、頭を切り替えて、平面ブラウン管を思い浮かべた発想の転換だった。世界初の平面テレビ「ベガ」として大きな果実をもたらしてくれることとなった。


米澤穂信

私自身の経験で言うと、妙な比喩を使ったり文章上の技巧を凝らしたりしてしまう時はたいてい、自信がない時か自分を飾りたい時なんですよね。ただ、飾った文章で書くと、若さならではのキラキラ感が出るんですよ。あれも好きなんです。私の場合は、大人を書く時にはそういったキラキラ感のない文章で書いて、若い人の話を書く時にはちょっと文章に飾りを入れているんです。


髙﨑秀雄(高﨑秀雄)

いい時期だからこそ、危機感を持って会社のポートフォリオを変えていく。


宮沢俊哉

会社として共有する目標はもちろん、個人ごとの目標も大事です。働く動機が年代によって変わるように、目標も成長レベルによって当然違ってくるでしょう。しかしどんな内容であれ、それを持ち続けることが不可欠です。ですから私は折に触れ「君の目標は何? 夢は何?」と社員に問いかけるようにしています。


ページの先頭へ