名言DB

9490 人 / 112001 名言

井上和幸(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上和幸(経営者)のプロフィール

井上和幸、いのうえ・かずゆき。日本の経営者。「清水建設」社長。東京都出身。早稲田大学大学院理工学研究科建設工学修了後、清水建設に入社。静岡営業所長、九州支店副支店長、建築事業本部第二営業本部長、執行役員、常務執行役員名古屋支店長、専務執行役員などを経て社長に就任。

井上和幸(経営者)の名言 一覧

足元の事業環境は非常に好調です。都市再開発や商業施設の新設など東京五輪が開催される2020年までは建設需要が旺盛だとみています。しかし、その後は中長期的に国内市場の縮小は避けられない状況です。これまでのように、ビルをただ建設するだけでは経営が行き詰まることは目に見えています付加価値ある提案ができる会社への変身が必要です。次世代電力計(スマートメーター)を活用したオフィスビルでの節電実験を味の素などと協力して開始します。省エネに関するノウハウを集め、他のゼネコンにはない独自の強みとしていきたい。


労働環境の改善も社長の仕事です。作業員向けに昨年からリストバンド型の生体センサーを導入しました。睡眠や活動量から体調を把握でき、健康管理や安全性向上につなげる狙いです。新しい技術を積極的に取り入れ、若い人が仕事に就きたいと思う会社を目指します。


技術者として入社後すぐの失敗が教訓として心に残っています。初めて担当した現場は研究施設ビルでした。完成間際となり建設用の足場を取り除くと、西日が照り付けた壁面がわずかに波打っていました。すると、それを見た当時の部長が、「これは清水建設の仕事ではない。やり直せ」と大激怒。結局、足場を組み直し塗装作業をやり直すことになりました。品質に対する基本姿勢を学ぶ機会となりました。


成長のために海外不動産の投資開発事業にも力を入れたい。バブル期に失敗し、損失を出した経験があるが、当時は資金だけ出して事業をコントロールできなかったのが原因。プロジェクトの企画から設計、施工、運営まで一貫して関わり、顧客のニーズをくみ取っていくことで収益源に育てていく。


海外事業の広げ方としてM&A(合併・買収)も考えられるが、我々は地道に自分たちでコツコツ積み上げていくつもりだ。急成長はできないかもしれないが、確実にエリアと量を広げていく。単純に事業規模を拡大するためのM&Aは、うまくいかないと思っている。


海外で活躍できる人材を育てるのは簡単なことではない。それでも世界がますますボーダーレスになる時代に、弱気なことを言っていても始まらない。日本の支店で働くのも、ベトナムの営業所で働くのも同じ。社員にはそういう感覚になってもらう必要がある。


新卒採用で入った日本人の社員には早い段階で海外の現場を経験させて、広い視野を持たせるようにしている。海外の現地スタッフについては、優秀な方は総合職として採用するよう門戸を広げている。日本の本社などで働いてもらい、清水建設のノウハウを身につけてもらう取り組みにも力を入れている。


建設業の課題である人材の確保については、働き方改革への取り組みを強化するとともにロボットを積極的に活用していく。ロボットの活用が進めば相当な生産性向上につながると信じている。人手が足りない状況をチャンスに変えていきたい。


リーマンショック以降、工事量が急激に落ち込み、過当競争に陥った。コストぎりぎりで受注した工事が、資材価格の上昇に対応できないで欠損になることも少なくなかった。この状況は12~13年まで続いたが、そうした物件が一巡し、採算性の高い仕事が取れるようになった。その意味では、ようやく本来の姿に戻ってきたのではないかと思う。こうしたときだからこそ、次の時代を見据えた投資が不可欠になってくる。


井上和幸(経営者)の経歴・略歴

井上和幸、いのうえ・かずゆき。日本の経営者。「清水建設」社長。東京都出身。早稲田大学大学院理工学研究科建設工学修了後、清水建設に入社。静岡営業所長、九州支店副支店長、建築事業本部第二営業本部長、執行役員、常務執行役員名古屋支店長、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

吉越浩一郎

仕事をあくまで人生の一部とし、遊びも重要だと考えるべきだ。一所懸命に働くことによって、多くのお金も得て、より楽しい遊びができ、楽しい遊びをすることによってリフレッシュし、集中して仕事ができる。定年後の遊びを楽しみにしているからこそ、それまで勤勉に働けるし、後進に道を譲られた会社も若々しさを保てる。


齋藤孝(教育学者)

英単語を覚えるように言葉や用法を覚えても、それは知識として自分の文章で使えるようにはなりません。言葉と価値観とはワンセットです。好きな著者の本を何冊も読むことをお勧めするのも、著者の考え方や人生観も含めてまるごと輸入して欲しいからです。


岡素之

私どもの経営理念の第一項目に「健全なる事業を通じて豊かさと夢を実現する」とありますが、これはすべてのステークホルダーの豊かさと夢の実現であると定義づけています。社会に貢献する、人のためになるという考え方があります。


植木義晴

私の考える知識とは、記憶するものではなく、使うものです。


川上量生

うちのエンジニアチームが崩壊したことがありました。マネジメントをきちんとやっていなかったから、人がどんどん辞めてしまったんです。それでニコ動のサービスをつくっていた現場の人たちから、「メンテナンスだけで手一杯。向こう2年は新サービスをつくれない」と悲鳴が上がった。2年間も新サービスを出せなければ、ニコ動は終わってしまう。何か延命させる方法はないかと試しにイベント(ニコニコ超会議)をやってみたら、これがうまくいった。


ニールス・ボーア

エキスパートの定義とは、ごく限られた分野で、ありとあらゆる間違いをすべて経験した人物のことだ。


古川裕倫

いまの若いビジネスマンは、学生時代から正解に最短距離でたどり着く勉強法に慣れている。欲しい情報はインターネットで検索すれば、瞬時に入手できる時代になった。その結果、安易に正解を求めるようになり、望んでいた結果が得られない状況を受け入れられなくなっているんです。それが失敗への不安を増長させ、失敗を他人の責任にしたがる傾向につながっていると言えるんです。


鈴木修

私には、会社経営について、ひとつの確信があります。企業は一時的に順調でも、いつまでも順風満帆で成長していけるものではないということです。周期的に危機がやってきて、それを克服できれば、よりたくましくなりますが、その波に飲まれると成長が止まってしまう。最悪の場合は倒産してしまうこともあります。その周期の長さは、だいたい25年くらいではないでしょうか。


松永安左エ門

勝ち負けがあるからには、いつも必ず勝たねばならぬとは限らぬ。負けても良いし、むしろ負けるが勝ちという場合が多い。勝ち負けの結末は、上手に勝てばそれにこしたことはない。上手に勝てなければ、むしろ上手に負けた方がいい。


盛田昭夫

そんなものがまだ生産されたこともなく、誰ひとりそれを見たこともないのに、どこかの一隅でこつこつと研究され、非常な苦心の末、製造された製品。その製品を商品としようとする場合には、その製品を手に入れたいという欲求を、人々の間に喚起させなければ、いかに優れた「製品」であっても「商品」にはなり得ない。


澤穂希

現役の時から、結婚もしたいし、子供も欲しいとずっと思っていました。結婚すれば、子供ができると思いがちですけど、実際にはそうとは限りません。ですから私は、20歳の時から基礎体温をつけて、婦人科に毎年、検査を受けに行っていました。そうして、結婚と子供を産み育てる準備もしていました。幸い結婚もできて、子供も授かって、仕事もさせていただいています。多くの方の支えと巡り会いに感謝すると同時に、準備することの大切さも感じています。「澤さん、いいな。結婚も仕事も順調にできて」などと、よく言われることがあります。でも、恋愛したかったら、結婚したかったら、準備をして、行動を起こすことが大切だと思います。それは別に、合コンするとか、婚活するのがいいということではないのですが、ただ待っているだけでは、何も起きないのではないかということです。


ウォーレン・バフェット

投資に際して大切なのは、ビジネスそのものです。最近投資したIBMにも同じことが言えます。経営者が素晴らしいうえに、顧客基盤が強固です。最も大切なのは、土台としている事業が自分の一生涯と考えてもいいぐらいの、今後何十年にもわたって持続可能な競争力を持っていることなのです。