名言DB

9413 人 / 110706 名言

井上和幸(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

井上和幸(経営者)のプロフィール

井上和幸、いのうえ・かずゆき。日本の経営者。「清水建設」社長。東京都出身。早稲田大学大学院理工学研究科建設工学修了後、清水建設に入社。静岡営業所長、九州支店副支店長、建築事業本部第二営業本部長、執行役員、常務執行役員名古屋支店長、専務執行役員などを経て社長に就任。

井上和幸(経営者)の名言 一覧

足元の事業環境は非常に好調です。都市再開発や商業施設の新設など東京五輪が開催される2020年までは建設需要が旺盛だとみています。しかし、その後は中長期的に国内市場の縮小は避けられない状況です。これまでのように、ビルをただ建設するだけでは経営が行き詰まることは目に見えています付加価値ある提案ができる会社への変身が必要です。次世代電力計(スマートメーター)を活用したオフィスビルでの節電実験を味の素などと協力して開始します。省エネに関するノウハウを集め、他のゼネコンにはない独自の強みとしていきたい。


労働環境の改善も社長の仕事です。作業員向けに昨年からリストバンド型の生体センサーを導入しました。睡眠や活動量から体調を把握でき、健康管理や安全性向上につなげる狙いです。新しい技術を積極的に取り入れ、若い人が仕事に就きたいと思う会社を目指します。


技術者として入社後すぐの失敗が教訓として心に残っています。初めて担当した現場は研究施設ビルでした。完成間際となり建設用の足場を取り除くと、西日が照り付けた壁面がわずかに波打っていました。すると、それを見た当時の部長が、「これは清水建設の仕事ではない。やり直せ」と大激怒。結局、足場を組み直し塗装作業をやり直すことになりました。品質に対する基本姿勢を学ぶ機会となりました。


成長のために海外不動産の投資開発事業にも力を入れたい。バブル期に失敗し、損失を出した経験があるが、当時は資金だけ出して事業をコントロールできなかったのが原因。プロジェクトの企画から設計、施工、運営まで一貫して関わり、顧客のニーズをくみ取っていくことで収益源に育てていく。


海外事業の広げ方としてM&A(合併・買収)も考えられるが、我々は地道に自分たちでコツコツ積み上げていくつもりだ。急成長はできないかもしれないが、確実にエリアと量を広げていく。単純に事業規模を拡大するためのM&Aは、うまくいかないと思っている。


海外で活躍できる人材を育てるのは簡単なことではない。それでも世界がますますボーダーレスになる時代に、弱気なことを言っていても始まらない。日本の支店で働くのも、ベトナムの営業所で働くのも同じ。社員にはそういう感覚になってもらう必要がある。


新卒採用で入った日本人の社員には早い段階で海外の現場を経験させて、広い視野を持たせるようにしている。海外の現地スタッフについては、優秀な方は総合職として採用するよう門戸を広げている。日本の本社などで働いてもらい、清水建設のノウハウを身につけてもらう取り組みにも力を入れている。


建設業の課題である人材の確保については、働き方改革への取り組みを強化するとともにロボットを積極的に活用していく。ロボットの活用が進めば相当な生産性向上につながると信じている。人手が足りない状況をチャンスに変えていきたい。


リーマンショック以降、工事量が急激に落ち込み、過当競争に陥った。コストぎりぎりで受注した工事が、資材価格の上昇に対応できないで欠損になることも少なくなかった。この状況は12~13年まで続いたが、そうした物件が一巡し、採算性の高い仕事が取れるようになった。その意味では、ようやく本来の姿に戻ってきたのではないかと思う。こうしたときだからこそ、次の時代を見据えた投資が不可欠になってくる。


井上和幸(経営者)の経歴・略歴

井上和幸、いのうえ・かずゆき。日本の経営者。「清水建設」社長。東京都出身。早稲田大学大学院理工学研究科建設工学修了後、清水建設に入社。静岡営業所長、九州支店副支店長、建築事業本部第二営業本部長、執行役員、常務執行役員名古屋支店長、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

オグ・マンディーノ

あなたの人生のゆく先を決定するのは、あなたがどんな仕事をするかではなく、「どのように仕事をするか」なのだ。金鎚の一振りに細心の注意を払わない者は、決して宮殿を建てることはできないだろう。


沼田博和

輸入品については大量仕入れによってスケールメリットを生かし、コストダウンを図りました。1つのコンテナで色々な商品を輸入すると仕入れコストが高くついてしまうので、うちは最初から1コンテナ1アイテムを徹底しています。


棚橋弘至

エネルギーのある言葉を選んで使っていくことは、モチベーションを高めるためにも重要なことです。言葉遣いが無意識の部分に与える影響がどの程度かは、わかりません。でも、思っていることを言い切らないと。「頑張りたいと思います」という人に仕事は振れないでしょう? 「絶対やります」と言うから期待されるし、仕事を任される。


舛成孝二

きっかけは就職先がなかったから。というか、僕は高校の頃、国鉄に入りたいと思っていたんですよ。だけど、僕が高校を卒業する時期に国鉄が新規採用を取りやめちゃったんです。他の職種は全然考えてなかったんで、どうしようかなあと思っていたら、国際アニメーション研究所という専門学校の広告が目に入って「受験なしで受かる、就職率100%」と書いてあったんです。「じゃあアニメをやってみようかなあ」と思って、その学校に入ったんですよ。


的場正晃

人の心は理屈で動くほど簡単なものではありません。例えば「感動」とは、心が「感」じて「動」くということです。上司・先輩が、「彼(彼女)には成長して幸せになってもらいたい」という深い愛情を持ち、「この人なら必ずできる」と相手の可能性を信じていれば、それは部下・後輩に伝わり、心を動かすのです。


横田雅俊

相手の要求に質問で応える。「10万円値引きしてほしい」と言われたら、「急にそうおっしゃるのには、何か事情があるのでしょうか?」と質問します。相手の状況がわかれば新たな提案ができるかもしれないし、「相手の身を案じている」という印象が伝わり、好感度が高まります。


横田英毅

大幅値引きのようなお客様を満足させるサービスは、印象に残りにくいものです。こちらが最大限に値引きをして車を買っていただいた方に、何カ月後かに「購入の決め手は何でしたか」とアンケートをとると、返ってくるのは「担当のスタッフが感じがよかった」のような答え。お客様がずっと覚えていてくださるのは、満足でなく、感動したエピソードのほうなのです。


岡島悦子

プライドとコンプレックスがないまぜになったややこしいタイプは出世しにくい。部下には「すごいだろう」と威張り、目上の人には「僕なんて」と卑屈になるようなタイプです。普段は物静かなのに飲み屋で店員の態度にキレたりするのは典型例。客観的に自分を評価し、健全な自信を持つことができていない人です。


西多昌規

まじめな人ほど部下に期待しているので、部下ができないのは自分の指導が悪いからだと悩んでしまいます。しかし実際は、部下本人に問題があることも多いのです。すべて自分のせいだとは思わない方がいいでしょう。


小野日佐子

世界的リーダーは皆さん優しく、何事にも動じない余裕がありました。重要な決断を何度も下してきただけあり、瞬発力を備え、自分の意見をしっかりと持っていらっしゃる方ばかりでした。それに、人の話を聞き逃しません。些細なことでも後々まで覚えていらっしゃるので、しまったと思うこともあります。


小林健(三菱商事)

志は高く、目線は低く。目線は低くは、頭は低くでもいい。


田村潤

私は会議は嫌いでしたが、しょっちゅう支店の皆と「雑談の場」は作っていました。一番多かったのは飲みの席でしたけどね(笑)。話すのは、まず他愛のない内容です。社内で顔を見かけたら「最近、どう?」「子供は元気?」と声をかけた。そして、新人もベテランも若い女性も関係なく「どうしたら高知の人たちに喜んでもらえるかな?」と意見を求めました。これ、同じことを会議だけで言っていても意味がないんですよ。廊下であったとき、お酒を酌み交わすとき。そんな日常のリラックスした場で、しかししっかりと問題意識を持った「誠実な雑談」を繰り返すからこそ、一人ひとりの中に「お客様のためにどうすれば?」という意識が染み込む。また「自分のアタマで考え、意見を持ち自ら行動する」という習慣が根づいたのだと思います。だから、高知支店は、営業マンはもちろん、事務職員まで含めて、すべてが「お客様に何ができるか」を考えて言動を続けていた。


林修

比較的簡単に相手の嗜好を探るコツを教えましょう。「好みがわからないのでここを選びました」とホテルの店へ食事に誘うんです。優等生的であり偏ることなく平均点でもあるホテルなら相手の嗜好をリサーチしやすい。満足そうなら次もホテル。居心地が悪そうなら、例えば次は大衆的なお店と、より満足度の高いもてなしに移ればいい。


小嶋光信

経営者は、苦難を突破するためには絶対に諦めない心が大事です。そのためには、日本企業にありがちな「お上意識」のような秩序感覚も捨てる必要があります。


鳥越恒一

出張のコツは、「最初に、早朝と夜のアポイントを入れる」ことです。打ち合わせは10時~17時頃のいわゆる「コアタイム」にすべき、と思い込んでいる人が多いですが、その時間帯は誰もが本業で忙しいもの。聞いてみると、実はその前後のほうがいいという人は結構います。とくに経営者クラスは早朝から、逆に現場の方は夜の19時くらいからのほうが、時間が取りやすいという人は多いですね。そこでまず、こうした方々とのアポを固めたうえで、その間の予定を入れていくと、時間を有効に使えます。