名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井上和幸(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上和幸(経営者)のプロフィール

井上和幸、いのうえ・かずゆき。日本の経営者。「清水建設」社長。東京都出身。早稲田大学大学院理工学研究科建設工学修了後、清水建設に入社。静岡営業所長、九州支店副支店長、建築事業本部第二営業本部長、執行役員、常務執行役員名古屋支店長、専務執行役員などを経て社長に就任。

井上和幸(経営者)の名言 一覧

足元の事業環境は非常に好調です。都市再開発や商業施設の新設など東京五輪が開催される2020年までは建設需要が旺盛だとみています。しかし、その後は中長期的に国内市場の縮小は避けられない状況です。これまでのように、ビルをただ建設するだけでは経営が行き詰まることは目に見えています付加価値ある提案ができる会社への変身が必要です。次世代電力計(スマートメーター)を活用したオフィスビルでの節電実験を味の素などと協力して開始します。省エネに関するノウハウを集め、他のゼネコンにはない独自の強みとしていきたい。


労働環境の改善も社長の仕事です。作業員向けに昨年からリストバンド型の生体センサーを導入しました。睡眠や活動量から体調を把握でき、健康管理や安全性向上につなげる狙いです。新しい技術を積極的に取り入れ、若い人が仕事に就きたいと思う会社を目指します。


技術者として入社後すぐの失敗が教訓として心に残っています。初めて担当した現場は研究施設ビルでした。完成間際となり建設用の足場を取り除くと、西日が照り付けた壁面がわずかに波打っていました。すると、それを見た当時の部長が、「これは清水建設の仕事ではない。やり直せ」と大激怒。結局、足場を組み直し塗装作業をやり直すことになりました。品質に対する基本姿勢を学ぶ機会となりました。


成長のために海外不動産の投資開発事業にも力を入れたい。バブル期に失敗し、損失を出した経験があるが、当時は資金だけ出して事業をコントロールできなかったのが原因。プロジェクトの企画から設計、施工、運営まで一貫して関わり、顧客のニーズをくみ取っていくことで収益源に育てていく。


海外事業の広げ方としてM&A(合併・買収)も考えられるが、我々は地道に自分たちでコツコツ積み上げていくつもりだ。急成長はできないかもしれないが、確実にエリアと量を広げていく。単純に事業規模を拡大するためのM&Aは、うまくいかないと思っている。


海外で活躍できる人材を育てるのは簡単なことではない。それでも世界がますますボーダーレスになる時代に、弱気なことを言っていても始まらない。日本の支店で働くのも、ベトナムの営業所で働くのも同じ。社員にはそういう感覚になってもらう必要がある。


新卒採用で入った日本人の社員には早い段階で海外の現場を経験させて、広い視野を持たせるようにしている。海外の現地スタッフについては、優秀な方は総合職として採用するよう門戸を広げている。日本の本社などで働いてもらい、清水建設のノウハウを身につけてもらう取り組みにも力を入れている。


建設業の課題である人材の確保については、働き方改革への取り組みを強化するとともにロボットを積極的に活用していく。ロボットの活用が進めば相当な生産性向上につながると信じている。人手が足りない状況をチャンスに変えていきたい。


リーマンショック以降、工事量が急激に落ち込み、過当競争に陥った。コストぎりぎりで受注した工事が、資材価格の上昇に対応できないで欠損になることも少なくなかった。この状況は12~13年まで続いたが、そうした物件が一巡し、採算性の高い仕事が取れるようになった。その意味では、ようやく本来の姿に戻ってきたのではないかと思う。こうしたときだからこそ、次の時代を見据えた投資が不可欠になってくる。


井上和幸(経営者)の経歴・略歴

井上和幸、いのうえ・かずゆき。日本の経営者。「清水建設」社長。東京都出身。早稲田大学大学院理工学研究科建設工学修了後、清水建設に入社。静岡営業所長、九州支店副支店長、建築事業本部第二営業本部長、執行役員、常務執行役員名古屋支店長、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

鹿田尚樹

読み飛ばしたところに大事なことが書いてあるかもしれないという不安はわかりますが、その不安は往々にして、「何のためにこの本を読むのか」という目的がはっきりしていないことに原因があります。「○○について知るためにこの本を読むのだ」と意識していれば、たとえ斜め読みでもそれに関連する情報は自然と目に飛び込んでくるものです。


ボビー・バレンタイン

たしかに、一流になっている人には共通点がありますね。彼らは才能があり、競争を楽しみ、その瞬間瞬間に集中することができます。彼らにとって大事なのは常に「いま」なのです。だから、過ぎ去ったことを忘れるのが上手だし、将来に対する不安も抱えない。やはりそれは、現在に集中しているからこそ可能なのです。


出口治明

コミュ二ケーションの要諦は、「あくまで上司から部下へ」です。


寺尾玄

外国を放浪して精神的にたくましくなりましたよ。意外に思われるかもしれませんが、それまでは小さなことでよく悩み、勇気がなかった。そんな私が異国で野宿しながら、過ごしたわけです。「自分の力で生きていける」という自信がつきましたね。


西多昌規

キリのいいところまで片づけると、脳はそれを終ったものとして忘れようとします。が、やり残しておけば、次の日は否が応でも前日の内容を復習することになり、かえってスムーズにとりかかれます。クルマにたとえると、エンジンをアイドリング状態にしておくようなものです。


大橋禅太郎

組織とは、利益の相反する人たちが、一定の条件のもとで集まった状態のことです。一人ひとり、やりたいことも違えば、やる気の源も異なる人たちの集まりです。バラバラの個人が組織の意図を共有し、同じ方向を目指すことで、初めて大きな成果につながるのです。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

近代戦なんてもんはせいぜい長くて3年か5年だ。平和になったらまたミシン産業は日本のためにきっと必要になってくる。残していく豊富な資金も、おびただしい資材も貴重だが、君は会社の中にいて有能な人材は一人も手放すなよ。
【覚書き|太平洋戦争中、軍需メーカーとなった蛇の目を退社したとき、社に残った気の合う幹部に語った言葉。】


カーネル・サンダース

そのころ私が抱き続けていた思いは、「ケンタッキー・フライドチキンは素晴らしい」という信念だった。レストランのオーナーにとっても素晴らしいし、とりわけそれを食べるお客にとって素晴らしいと。
【覚書き|ケンタッキー・フライドチキンを開始し、フランチャイズ加盟店勧誘の飛び込み営業していたときを振り返っての発言】


和田裕美

事実を伝える文章は、短く簡潔なままでいいけど、時には、感情を伝える文章も添えた方がいいかも。私は、相手が感情を込めてメールを書いてきてくれたら嬉しいし、私からも感情を込めた返事をするようにしているの。大げさにする必要はなくて、「私も楽しかった」とか、素直な感想を少し加えるだけでいいんだけど。人によって好き嫌いもあるけれど、自分を気遣って書かれた文章をもらう方が気分がいい人は多いと思う。それから「ありがとう」という言葉も添えた方がいいかな。


東村アキコ

時間には限りがある。みんな、自分が思った通りにやればいいと思うんですよ。自分を変える必要もないですし。でも、失った日は取り戻せないし、30代は10年しかない。これは至極当たり前の、全人類に共通のルール。


三宅占二

みんな腑に落ちなくてもある程度業務をこなしますけど、そういう仕事はやらされ感が強く、上手くいかないと「やらせる方がいけないんだ」となってしまいます。だから私は「なぜこれをやるんですかと上司に何度でも聞いてみろ」と言っています。2回、3回聞かれただけで「会社が決めたんだから黙ってやれ!」というリーダーはいりません。実際、こういうリーダーのもとで求める人材は育っていませんし、何よりリーダーを選べないことが部下の不幸ですから。


澤上篤人

投資なんて皆が売っている安いときに買っておけば楽なもの。ちょっと株価が戻るだけで、すぐ利益が出る。