井上和幸(経営者)の名言

井上和幸(経営者)のプロフィール

井上和幸、いのうえ・かずゆき。日本の経営者。「清水建設」社長。東京都出身。早稲田大学大学院理工学研究科建設工学修了後、清水建設に入社。静岡営業所長、九州支店副支店長、建築事業本部第二営業本部長、執行役員、常務執行役員名古屋支店長、専務執行役員などを経て社長に就任。

井上和幸(経営者)の名言 一覧

足元の事業環境は非常に好調です。都市再開発や商業施設の新設など東京五輪が開催される2020年までは建設需要が旺盛だとみています。しかし、その後は中長期的に国内市場の縮小は避けられない状況です。これまでのように、ビルをただ建設するだけでは経営が行き詰まることは目に見えています付加価値ある提案ができる会社への変身が必要です。次世代電力計(スマートメーター)を活用したオフィスビルでの節電実験を味の素などと協力して開始します。省エネに関するノウハウを集め、他のゼネコンにはない独自の強みとしていきたい。


労働環境の改善も社長の仕事です。作業員向けに昨年からリストバンド型の生体センサーを導入しました。睡眠や活動量から体調を把握でき、健康管理や安全性向上につなげる狙いです。新しい技術を積極的に取り入れ、若い人が仕事に就きたいと思う会社を目指します。


技術者として入社後すぐの失敗が教訓として心に残っています。初めて担当した現場は研究施設ビルでした。完成間際となり建設用の足場を取り除くと、西日が照り付けた壁面がわずかに波打っていました。すると、それを見た当時の部長が、「これは清水建設の仕事ではない。やり直せ」と大激怒。結局、足場を組み直し塗装作業をやり直すことになりました。品質に対する基本姿勢を学ぶ機会となりました。


成長のために海外不動産の投資開発事業にも力を入れたい。バブル期に失敗し、損失を出した経験があるが、当時は資金だけ出して事業をコントロールできなかったのが原因。プロジェクトの企画から設計、施工、運営まで一貫して関わり、顧客のニーズをくみ取っていくことで収益源に育てていく。


海外事業の広げ方としてM&A(合併・買収)も考えられるが、我々は地道に自分たちでコツコツ積み上げていくつもりだ。急成長はできないかもしれないが、確実にエリアと量を広げていく。単純に事業規模を拡大するためのM&Aは、うまくいかないと思っている。


海外で活躍できる人材を育てるのは簡単なことではない。それでも世界がますますボーダーレスになる時代に、弱気なことを言っていても始まらない。日本の支店で働くのも、ベトナムの営業所で働くのも同じ。社員にはそういう感覚になってもらう必要がある。


新卒採用で入った日本人の社員には早い段階で海外の現場を経験させて、広い視野を持たせるようにしている。海外の現地スタッフについては、優秀な方は総合職として採用するよう門戸を広げている。日本の本社などで働いてもらい、清水建設のノウハウを身につけてもらう取り組みにも力を入れている。


建設業の課題である人材の確保については、働き方改革への取り組みを強化するとともにロボットを積極的に活用していく。ロボットの活用が進めば相当な生産性向上につながると信じている。人手が足りない状況をチャンスに変えていきたい。


リーマンショック以降、工事量が急激に落ち込み、過当競争に陥った。コストぎりぎりで受注した工事が、資材価格の上昇に対応できないで欠損になることも少なくなかった。この状況は12~13年まで続いたが、そうした物件が一巡し、採算性の高い仕事が取れるようになった。その意味では、ようやく本来の姿に戻ってきたのではないかと思う。こうしたときだからこそ、次の時代を見据えた投資が不可欠になってくる。


井上和幸(経営者)の経歴・略歴

井上和幸、いのうえ・かずゆき。日本の経営者。「清水建設」社長。東京都出身。早稲田大学大学院理工学研究科建設工学修了後、清水建設に入社。静岡営業所長、九州支店副支店長、建築事業本部第二営業本部長、執行役員、常務執行役員名古屋支店長、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

菊原智明

「じつはこの物件なんですが、これこれこういう理由でお客様にはあえてお勧めしません」というようにマイナスの部分をあえてさらけ出す。いいことばかりしか言わない営業マンに対し、どうしても人は警戒心を抱くもの。その逆を言ってやることで、「この人は他と違うな」「ホンネで話してくれる人だな」という印象になる。


石本雅敏

各ブランドで独立して商品を企画していますが、最先端の素材研究などはブランド横断で行っています。


見舘好隆

せっかく採用した新人が思うように働いてくれない。強く言うとむくれて出社しなくなりそうだし、下手すると辞めてしまう。最近、企業の人事担当者ばかりでなく、部下を持つ30代、40代の管理職の人たちからもこういう悩みをよく聞く。そういう場合、私はこう答えるようにしている。飲食業、たとえばマクドナルドのアルバイト育成法に学んだらどうでしょう、と。


奥村綱雄

入社とともに私は自分で希望して調査部に入り、5年ほど勝田貞次さんの指導を受けた。人のことはいえないが、勝田さんも変わった人で、よく我々若い者を引っ張っては飲み歩いた。ただごちそうしてくれるだけならいいが、夜分遅くなってから分厚い原書を取り出して「これを一週間で読んで来い」なんと言われるのには参った。冗談じゃない。一週間内なんて無理ですよと言うと、「君たちはまともに読もうとするからできないんで、斜めに読めば簡単にできるからそういう修行をしろ」と言って後に引かない。これが、遊びたいさかりの私たちにいい薬になった。
【覚書き|野村証券入社当時を振り返っての発言】


樋口武男

大学時代、母が自分の着物を質入れする姿を目にしたとき、このうえない感謝の気持ちとともに、なぜ父があんなに一生懸命働いているのに、こんなに苦労しなければならないのかという強い憤りと、サラリーマンの限界を感じざるを得ませんでした。それでそのときに、「将来は事業家になって両親に恩返しをする」と決意したのです。その思いがずっと私の仕事のモチベーションでした。大和ハウスエ業で最初に配属された堺工場時代は、夕方5時に仕事が終わっても、それから深夜まで勉強し、帰宅は毎晩午前1時、住宅営業部の次長になれば、1日100軒の飛び込み営業と、モーレツに働いたのも、絶対にいつか事業家になってみせるという志があったからです。


田中仁(経営者)

自分がどんな人生を歩んだら納得できるかという考え方が大切。


築山節

パソコンを仕事の効率化ではなく、依存的に使うのが良くない。ネットサーフィンなど、明確な目的のない行為は単なる時間の浪費。結果的に様々な能力を衰えさせています。休憩時にはパソコンの前から離席したほうが能力の衰えを防げるでしょう。


八田進二

家庭でもそうですが、子供は親の背中を見て育ちます。従業員はトップの背中を見ているわけです。だからトップが内と外で違うこと言っていたら、社員も「自分たちもそれでいいではないか」となってしまいます。やはりトップの軸がブレずにいけば、下のものはそれに必ず従ってきます。範を垂れる、率先垂範。これが一番重要なことだと思います。


田中和彦

会社の先行きに不安を感じたら、できることはふたつしかありません。ひとつは、会社の業績不振や不景気といった不安の原因をなくすために、自力で頑張ること。そしてもうひとつは、たとえいまの会社を離れたとしても、どこでも通用する人材になることです。


安岡正篤

名高い言葉に、「いかに善を為(な)すかということよりも、いかに善であるかということの方が大事である」というのがありますが、人間の第一義は、何を為すかということではなくて、何であるかということである。


道脇裕

19歳の時に、3度も交通事故に遭いまして。l度目は走行中にタイヤが外れ、2度目は運転中にハンドルが外れたんです。3度目は、高速道路で事故を起こしました。ただ、幸運にも、いずれも誰を巻き込むこともなく、自分自身も無傷でした。我が身に起きた実体験の事故をきっかけに、「緩まないネジ」を考えたのです。そんなネジがあれば、僕が経験したような事故は起きませんから。


佐々木かをり

時間帯を意識するのも、大切なことです。朝と夜では、同じ30分でも適した仕事が違います。私の場合は起床時刻が早いため、元気いっぱいの午前中に一人でものを考えたり、発案したりする仕事をした方が生産性が高まります。午後は会議や来客を中心に予定を組み、人との出会いや対話で刺激を受けながら仕事をします。


林修

学生時代の合コンでの出来事。僕は素敵な子にアプローチをかけました。でも僕がトイレから戻ってきた時、女の子同士の「あんなデブとは付き合えないよね」という会話が聞こえてきたんです。それをいいきっかけとしてダイエットを始め、半年間で30kgの減量を成功させました。これは別にその女性たちを見返してやろうなんて意識から行動したわけじゃないですよ。当時、体重100kgを超えていた僕をデブと呼ぶのは、日本語として正しい使い方です。そう言われないようにするためには、デブの状態を解消すればいい。そう思っただけです。


坂本龍一

人間は自分で自分に無理難題を出すことはない。けれど、他人はやるんです。


堀木エリ子

突然の事故や病気など、死に様は自分では選べなくても、生き様はそれぞれ自分の個性で選ぶことができます。これは大切なことです。


ページの先頭へ