名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上勝弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上勝弘のプロフィール

井上勝弘、いのうえ・かつひろ。日本のテレビプロデュサー。岡山県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、NHKに入社。『美の壺』『東京カワイイ★TV』『あさイチ』『サラメシ』『世界入りにくい居酒屋』などの番組を手がけた。

井上勝弘の名言 一覧

嘘のない、本音で向き合う姿勢ならば、最終的には視聴者に受け入れられる。


正直、クレームは来てほしくない(笑)。でもクレームが来ない番組は、ダメだとも思う。番組を成長させるための糧と考え、自分が燃えるようでなければ、新境地を切り開いていくことはできない。


ダメ出しされそうだと思ったら、ぬかりなく、綿密に、根回しですよ。企画を絶対に通したいなら、芝居や根回しもやるべき。


厳しい時代を生き抜くには、オリジナリティーを愚直に高める努力を続けるしかない。


どんなビジネスパーソンも、客観的な「成果」と主観的な「満足感」の両立を目指していると思いますが、僕は後者の「満足感」を大事にしています。いつもチャレンジャーで居続けられますから。


下手すると、10年後、テレビは飽きられて誰にも見てもらえない未来もあり得るかもしれない。そんな危機感があるから、「古い」「退屈」といった視聴者の声に敏感に反応します。


「あさイチ」を立ち上げる時、スタッフが「スタジオで豚を飼いたい」と言い出しました。豚と一緒に番組が成長する様子を視聴者に見せたいというので、私はOKを出した。でも、手順を踏んで「上」に上げていくと、どこかで誰かが反対するに決まっている。NHKの看板情報番組に豚がレギュラー出演なんて、どう考えても不謹慎ですから(笑)。でも僕はスタッフの士気を高めるために、何としても実現したかった。そこで乾坤一擲の「根回し」を考えたんです。経営陣のトップクラス――Aさんとしましょう――、Aさんと飲む機会を作り、直接、承諾を得ました。その後の大きな会議で、「Aさんに話を通しました」と言うと全員がOKしました。


毎日の仕事では、建前も使いますよ。本音が良くて、建前が悪いとは思わない。どちらを口に出そうかと悩む人は、頭を使って生きている証拠。僕は、「建前がない」と言う人は「本音もないんじゃない?」と疑ってしまいますね。


「あさイチ」は朝8時台の番組なので、視聴者の多くは主婦。「あさイチ」は特に40代の主婦をメーンターゲットに据えました。この層はNHK離れが進み、局全体にも大きな危機感があった。何に関心があるのかを正しく把握するため、約50人の制作スタッフの半分を女性にし、番組で扱うテーマに彼女たちの意見を積極的に反映させました。


誰もやったことがない番組を自分の力で作り上げたいと意識し続ければ、オリジナリティーは出せますよ。例えば、「冬はカニがおいしい季節だから、カニ特集を組もう」ではただの模倣。でも頭をひねってみて、「カニカマならどうか」と考える。カニカマに命をかけて徹底的に調べ上げ、1時間のスペシャル番組にしちゃえば、テレビ史に残るじゃないですか(笑)。


先輩や自分の成功事例の模倣を続けても、「縮小再生産」にしかならないし、何よりもつまらない。テレビは伝統芸能ではないんですから。何でもいいから、誰もやったことがない番組を自分の力で作り上げたい、そう強く思うようになりました。


NHKに入局し、最初の1年間は「模倣」に徹しました。先輩ディレクターの番組を真似て、企画を立てる。それを繰り返すと、どんな企画が通るかが徐々に分かってきました。2年目は、「自分の成功体験の模倣」です。自分の企画で周囲の評価が高かったものをなぞって作り続けたんです。今思えば、「サラリーマンとして生きていくのがやっと」の1年間でした。


料理番組はたくさんあるから、ランチを取り上げるだけでは面白くない。ならば、様々な人間関係のドラマが繰り広げられている、ランチの裏側に注目しようと考えました。誰を誘い、どの店に行き、そこでどんな会話をするか。その場面をのぞいてみたいと思ったんです。
【覚え書き|人気番組「サラメシ」の企画について】


井上勝弘の経歴・略歴

井上勝弘、いのうえ・かつひろ。日本のテレビプロデュサー。岡山県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、NHKに入社。『美の壺』『東京カワイイ★TV』『あさイチ』『サラメシ』『世界入りにくい居酒屋』などの番組を手がけた。

他の記事も読んでみる

加藤智久

最初の3カ月は惨憺たるものでした。テスト営業の結果は、1カ月の売り上げが数千円という状況で……。しかし、理屈より「英会話のレッスンを格安で提供し、海外で活躍する日本人をたくさん輩出したい」という思いが勝ちました。サイトやレッスン形式の改善など、できることはまだあると感じていたこともあり、勤めていた会社を辞めて本格的に起業しました。


三谷宏治

コンサルタントとして相手に信頼されるためには、「この人は役に立つ」と思ってもらうことが必要です。加えて、「嘘をつかない」「誠実である」といった人間性も求められる。そして、自分がこの二つを併せ持つ人間であることを示すには、実は「相手にとって嫌なことも、ちゃんと指摘できること」が重要なのです。すると相手も、「この人なら、自分たちが普段見落としていることに気づいて、フィードバックしてくれる」と思ってくれるかもしれない。そうすれば、私は相手にとって役に立つ人間になれるのです。


セネカ

私たちは常に命の短さを嘆きながら、あたかも命がいつまでも続くかのように振舞う。


池田千恵

飲み会はアポを厳選しています。気乗りしない飲み会は思い切って断るのもお勧めですが、人と会って話をすることで、仕事のヒントをもらえたりキャリアの幅が広がる場合もあります。少しでも参加したいと思えるなら、無理に我慢することはありません。


名越康文

無理をして会社にしがみつくのは、そこにしか自分の居場所がないと考えているからです。別の世界にアイデンティティを担保しておけば、いざというときに会社に見切りをつけることができるでしょう。


森川亮

「過去の成果」ではなく、「未来の成果」に投資しないと、会社は伸びていきません。いかに評価の視点を未来に切り替え、今、頑張っている人が評価される仕組みを作るかが重要。


小泉進次郎

なんのために時間を使うべきか。使わないべきか。本当に考えている。なにをやるべきか。なにをやらざるべきか。1時間があったら、何をできるんだろうといつも考えています。そうすると、自分の行動原理が変わります。


金児昭

ビジネスパーソンは、新入社員で入って最初の4・5年くらいは給料に差が付きません。しかし10年、15年先を考えると、頑張りによってポストも上がるでしょうし、賞与の額も違ってきます。そう考えると、頑張って認めてもらうということが収入を上げるひとつの手立てになります。


佐藤康博

ニューヨーク支店に5年ほど勤務していたのですが、日本との時差は13時間。ニューヨークで夜に入ると東京の本社が始業となり、深夜まで仕事をするという毎日でした。当時は体力もあり、夜中2時に仕事が終わると一杯飲みに行くという生活を平気でこなしていましたが、かなり無茶な時間管理だったかもしれません。自分を磨くという意味ではよい経験だったのかなと思います。


佐藤将之(コンサルタント)

おもてなしとよく聞きますが、提供する側に余裕がなければ本当のおもてなしはできない。大事なことは仕組みづくりなのです。


鈴木喬(経営者)

新商品はアイデアが肝です。他社のマネでは、価格競争になってしまいますから、儲かりません。それに、人のマネなんて悲しいじゃないですか。


佐々木常夫

私たちが仕事をする意義は、自分の幸せをつかむことにあると納得できればいい。そのように働く意義を自分事化して捉えることができれば、困難に直面してもエネルギーが湧いてくるものです。図太い人でも、小心者であっても心を支える土台は変わらないのです。一方、この大前提がボヤけていると心が折れやすくなります。