井上勝弘の名言

井上勝弘のプロフィール

井上勝弘、いのうえ・かつひろ。日本のテレビプロデュサー。岡山県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、NHKに入社。『美の壺』『東京カワイイ★TV』『あさイチ』『サラメシ』『世界入りにくい居酒屋』などの番組を手がけた。

井上勝弘の名言 一覧

嘘のない、本音で向き合う姿勢ならば、最終的には視聴者に受け入れられる。


正直、クレームは来てほしくない(笑)。でもクレームが来ない番組は、ダメだとも思う。番組を成長させるための糧と考え、自分が燃えるようでなければ、新境地を切り開いていくことはできない。


ダメ出しされそうだと思ったら、ぬかりなく、綿密に、根回しですよ。企画を絶対に通したいなら、芝居や根回しもやるべき。


厳しい時代を生き抜くには、オリジナリティーを愚直に高める努力を続けるしかない。


どんなビジネスパーソンも、客観的な「成果」と主観的な「満足感」の両立を目指していると思いますが、僕は後者の「満足感」を大事にしています。いつもチャレンジャーで居続けられますから。


下手すると、10年後、テレビは飽きられて誰にも見てもらえない未来もあり得るかもしれない。そんな危機感があるから、「古い」「退屈」といった視聴者の声に敏感に反応します。


「あさイチ」を立ち上げる時、スタッフが「スタジオで豚を飼いたい」と言い出しました。豚と一緒に番組が成長する様子を視聴者に見せたいというので、私はOKを出した。でも、手順を踏んで「上」に上げていくと、どこかで誰かが反対するに決まっている。NHKの看板情報番組に豚がレギュラー出演なんて、どう考えても不謹慎ですから(笑)。でも僕はスタッフの士気を高めるために、何としても実現したかった。そこで乾坤一擲の「根回し」を考えたんです。経営陣のトップクラス――Aさんとしましょう――、Aさんと飲む機会を作り、直接、承諾を得ました。その後の大きな会議で、「Aさんに話を通しました」と言うと全員がOKしました。


毎日の仕事では、建前も使いますよ。本音が良くて、建前が悪いとは思わない。どちらを口に出そうかと悩む人は、頭を使って生きている証拠。僕は、「建前がない」と言う人は「本音もないんじゃない?」と疑ってしまいますね。


「あさイチ」は朝8時台の番組なので、視聴者の多くは主婦。「あさイチ」は特に40代の主婦をメーンターゲットに据えました。この層はNHK離れが進み、局全体にも大きな危機感があった。何に関心があるのかを正しく把握するため、約50人の制作スタッフの半分を女性にし、番組で扱うテーマに彼女たちの意見を積極的に反映させました。


誰もやったことがない番組を自分の力で作り上げたいと意識し続ければ、オリジナリティーは出せますよ。例えば、「冬はカニがおいしい季節だから、カニ特集を組もう」ではただの模倣。でも頭をひねってみて、「カニカマならどうか」と考える。カニカマに命をかけて徹底的に調べ上げ、1時間のスペシャル番組にしちゃえば、テレビ史に残るじゃないですか(笑)。


先輩や自分の成功事例の模倣を続けても、「縮小再生産」にしかならないし、何よりもつまらない。テレビは伝統芸能ではないんですから。何でもいいから、誰もやったことがない番組を自分の力で作り上げたい、そう強く思うようになりました。


NHKに入局し、最初の1年間は「模倣」に徹しました。先輩ディレクターの番組を真似て、企画を立てる。それを繰り返すと、どんな企画が通るかが徐々に分かってきました。2年目は、「自分の成功体験の模倣」です。自分の企画で周囲の評価が高かったものをなぞって作り続けたんです。今思えば、「サラリーマンとして生きていくのがやっと」の1年間でした。


料理番組はたくさんあるから、ランチを取り上げるだけでは面白くない。ならば、様々な人間関係のドラマが繰り広げられている、ランチの裏側に注目しようと考えました。誰を誘い、どの店に行き、そこでどんな会話をするか。その場面をのぞいてみたいと思ったんです。
【覚え書き|人気番組「サラメシ」の企画について】


井上勝弘の経歴・略歴

井上勝弘、いのうえ・かつひろ。日本のテレビプロデュサー。岡山県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、NHKに入社。『美の壺』『東京カワイイ★TV』『あさイチ』『サラメシ』『世界入りにくい居酒屋』などの番組を手がけた。

他の記事も読んでみる

織田大蔵

俺の庭には、汲めども尽きぬ養老の井戸がある。水質も非常に良いし豊富にあるから、欲しい人にはわけてやっている。もちろんタダでだ。ただし、それにはひとつ条件がある。穴の開いていないバケツを持ってきた者に限る。
【覚書き|事業に出資してくれという人に対しての発言。水とはお金、穴の開いていないバケツとは金が漏れ出さない事業や人を表している】


竹中平蔵

私は、イノベーションの本質はライフスタイルの提案ではないかと考えています。時代が移り変わると、お客様から要請されることも変わってくる。その新しい要請に、新しいライフスタイルを提案することによって応えていく。それこそ、本物のイノベーションではないでしょうか。


金谷宏

時代は変わります。現在の業務の単なる延長線上に自社の未来があるとは思っていません。


大西洋

私は決して他社さんのやり方がおかしいとは思いません。お客様が望めば、テナント貸しで商売をされるのもひとつの方向だと思います。ただ我々は、もう一度自分たちの目でものを見て、お客様に価値のある商品を提案するということをやり切りたい。これこそが、百貨店として生き残っていく道だと思っています。


平野友朗

メールでのコミュニケーションが上手い人は、「どんな件名をつけたら相手が優先順位を上げて開いてくれるか」を常に考えています。そして、読み手のことを考えて件名をつけています。


滝野一征

考え方が変わったのは、創業2年目に一人のエンジニアを辞めさせた時ですね。すごく辛かったですが、次の日から会社の空気がガラッと変わりました。もしあそこで私が決断できなかったら、MUJINはまずい方向に進んでいた可能性があります。この一件で決断する大切さを学びました。


南淵明宏

不安との接し方は断崖絶壁を登っていくようなものです。落ちたら嫌だなと怯えながらも、登り切ってしまえば、見晴らしがよくて風が気持ちいい頂上にたどり着くものです。


黒﨑賢一

機械だけでは越えられなかった壁を人のパワーを混ぜながら解決していく。その流れがIT業界にも来ると考えています。


安田善次郎

苦しい仕事のうちにも愉快があることを発見するまでには、幾多の修養を積まねばならない。


伊藤一郎(経営者)

どんな立場でも常に挑戦するのが旭化成魂。そういう部分を後世にも引き継いでいかないといけない。


亀井勝一郎

明日とは、実は今日という一日のなかにある。


安藤忠雄

豊かさというのは、直感力を奪うんですね。豊かになるのはいいことですが、これまでの歴史を見ても、豊かさを極めた国は滅びています。


水野学

デザインセンスは天賦の才のように思われがちです。でも、実は誰でも磨くことができます。まずは王道を知ることです。王道のものとは、「定番のもの」「一番いいとされているもの」とも言い換えられます。2つ目は、使われるシーンを深く考えること。最後はシズル感を見つけ出すこと。広告業界では商品をおいしそうに見せる演出のことを「シズル」と呼びます。僕はこの言葉をもう少し広く捉え、思わず手に取りたくなるような「そのものらしさ」と定義しています。


糸井重里

ネガティブな気持ちって、仕事の環境に飽きてきた時に生まれてくるんですね。だから、ほぼ日では、新しい人を入れたり、引っ越しをしたりして、環境を変えるようにしています。席替えなんかもその1つ。部署の異動もない会社だから、実務上は必要ないけど、気になる子の隣に座れたりすると、これが意外にワクワクしゃちゃう(笑)。それに、席が替わると、様々な人の仕事のやり方を見られるので刺激になるし、新しい発想が浮かぶきっかけになるかもしれない。


ダン・ケネディー

いつだって、売込みによって成功した人たちを もっともうるさく激しく批判するのは、自分では売込みをしようとしない人たちである。


ページの先頭へ