名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上公造の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上公造のプロフィール

井上公造、いのうえ・こうぞう。日本の芸能リポーター。福岡県出身。西南学院大学商学部卒業後、明治屋、明太子メーカー鳴海屋、竹書房、産経新聞社などを経て芸能リポーターになりメディアボックス(のちのKOZOクリエイターズ)を設立。

井上公造の名言 一覧

正確な情報はどのようにして入手することができるのか。まずは、口の堅い人間になることです。口が堅い人間だと思われると、自ずと情報がたくさん入ってくるようになるからです。


信頼をしてもらったうえで得た情報は、外に流すのは6割程度にとどめること。すべては話さない、ということも重要なのです。話してもいいことと、話してほしくないことの分別がつけられる人間だと思われれば、より信頼度が高まり、相手はあらゆることを自分に打ち明けてくれるようになります。


噂話や情報を知ると、人間の性としてどうしても人に話したくなってしまうもの。でも、むやみに話すと自分が損をする。同僚や後輩など仲間内では「情報屋」として重宝がられるかもしれないけれど、上司からは「信頼できないやつ」という烙印を押されてしまいます。


情報や噂話には、流して得をするものと損をするものがあります。意図的に誰かを陥れるためにつく嘘は論外。自分の評判を落とすだけ。積極的に流すべきなのは、提供することによって自分の評価が上がる内容のもの。情報を流す際には、誰に評価されたいかも意識しましょう。


情報が集まってくる、そして正確な情報を流してくれる。そんな人間になるための秘訣は、レスポンスを早くすること。たとえば、電話にすぐ出る。メールやラインはすぐに返す。僕の場合、電話を取り逃すとそのネタがほかの人にまわされてしまう可能性があります。つまり、電話に出ないとスクープを逃してしまう。だから、電話は急いで出る。仕事で出られなかったときも、可能な限りすぐに折り返します。日常の何気ないやりとりでも、普段からレスポンスを早くしておいて、「あの人は電話をかければすぐに出る」と印象付けておくのです。


私自身、口の堅い人間だと周囲の方々から信頼していただいているおかげで、芸能リポーターとして仕事を続けられています。芸能リポーターは口が軽いと思われがちですが、実は、口が堅くないと成立しない仕事。過去には、タレント本人から結婚や離婚の話を直接聞き、いち早く情報を得ることもありました。そのようなときには、勝手にどこかで情報を流したりせず、必ず当人か事務所に「テレビで話したいんだけど」と仁義を切ります。すると、相手も「まずは直接話すべき相手がいるから、いいタイミングがくるまで待ってほしい」と、条件付きで情報解禁の許可を出してくれる。この取引が、信頼を得るためには重要なんです。それを守ることによって「井上は約束を守る。口が堅い」と信じてもらえて、自然と人が自分に打ち明け話や相談をしてくれるようになり、情報が集まってくるんです。


井上公造の経歴・略歴

井上公造、いのうえ・こうぞう。日本の芸能リポーター。福岡県出身。西南学院大学商学部卒業後、明治屋、明太子メーカー鳴海屋、竹書房、産経新聞社などを経て芸能リポーターになりメディアボックス(のちのKOZOクリエイターズ)を設立。

他の記事も読んでみる

奥野宣之

今年になって挑戦したのが、日経新聞の朝刊コラムの抜き書きです。少ない文字数で、説得力のある文章を書くにはどうしたらいいか考え、すべてをノートに書き写して分析をしています。たとえば、ある日のコラムを分析してみると、「甲子園での給仕の夏は間もなく終幕」とか「マンガ『とめはねっ!』が流行っている」という情報と著者の主観だけで構成されています。目新しい事実はほとんどないといっていい。しかし、文章の力量で読ませてしまう。いい勉強になっています。


ピーター・ドラッカー

過去のリーダーの仕事は「命じること」だが、未来のリーダーの仕事は「聞くこと」が重要になる。


山田太一

良い条件がそろっている人間というのは、それだけ多くのチャンスを失っているという気がするんです。自分の中の欠点みたいなものは絶対、財産なんです。


松橋良紀

人は一番強い印象をうけた「ピーク」と、最後の「エンド」の印象で、全体の評価を決める。これはピーク・エンドの法則という形で証明されています。コミュニケーションでも同じ。別れ際こそ、あなたの印象を決める重要な要素なんです。


福沢桃介

人間は「イエス」「ノー」をハッキリ言うのが難しい。とりわけ「ノー」に至っては、大概の人は躊躇する。


徳重徹

僕は日本発のメガベンチャーをつくる。


北沢敬二郎

47歳にもなってまたまた転勤であるから、正直なところ「ああ、またか」といった感じがないでもなかった。しかし、「ベテランは常に最も困難な地位を受け持たせられる」という英国のことわざを思い浮かべ、そうすることが私の性分に合っていると思い、即座に引き受けた。
【覚書き|住友倉庫の再建が済んだ直後、住友生命の経営再建を頼まれたときを振り返っての発言】


出井伸之

事業部長として不振だったオーディオ事業を再生したあと、コンピュータ事業本部でMSXというコンピュータのハードを開発しました。そして、レーザーディスク事業では、後発メーカーとして業界トップの企業を追いかけました。このように多様な経験を積んだことが、すべて、社長になってからの経営判断に役立ちました。


松本大

経営者によっては、一人で沈思黙考する時間をもつ人もいるが、私の場合、一人で考え込む時間はまずない。人と話すほうが考えがまとまるし、新しい考えも出てくるというタイプだ。


藤森義明

LIXILの社員は、それぞれが合併前の会社(トステム、INAX、新日軽、サンウェーブ、東洋エクステリア)の価値観を持っています。あるいは社風と言い換えてもよいでしょう。それらを統一しないと、一緒に仕事をしていても、バラバラな行動になりがちです。国内のみならず、グローバル展開をしていくうえで、言葉も宗教も異なる相手と心をひとつにして働くためには、同じ価値観を共有することが不可欠です。


サトウヨーコ

フリーになって今、感じている一番の喜びは、絵を必要としてもらえること。描くことが仕事になるなんて、専門学校を卒業した時点の私からしたら、夢みたいな話。転職を繰り返していた20代の私に声をかけるとしたら、「もっと早く飛び込めばいいのに」と言うかな。


大倉忠司

私は自分の好きなことが仕事になっているので、ストレスは溜まりませんし、これといって趣味もないんです。