井上公造の名言

井上公造のプロフィール

井上公造、いのうえ・こうぞう。日本の芸能リポーター。福岡県出身。西南学院大学商学部卒業後、明治屋、明太子メーカー鳴海屋、竹書房、産経新聞社などを経て芸能リポーターになりメディアボックス(のちのKOZOクリエイターズ)を設立。

井上公造の名言 一覧

1 / 11

正確な情報はどのようにして入手することができるのか。まずは、口の堅い人間になることです。口が堅い人間だと思われると、自ずと情報がたくさん入ってくるようになるからです。

井上公造の名言|口が堅い人間だと思われると、自ずと情報がたくさん入ってくるようになる


噂話や情報を知ると、人間の性としてどうしても人に話したくなってしまうもの。でも、むやみに話すと自分が損をする。同僚や後輩など仲間内では「情報屋」として重宝がられるかもしれないけれど、上司からは「信頼できないやつ」という烙印を押されてしまいます。

井上公造の名言|噂をむやみに話すと自分が損をする


信頼をしてもらったうえで得た情報は、外に流すのは6割程度にとどめること。すべては話さない、ということも重要なのです。話してもいいことと、話してほしくないことの分別がつけられる人間だと思われれば、より信頼度が高まり、相手はあらゆることを自分に打ち明けてくれるようになります。

井上公造の名言|話してもいいことと、話してほしくないことの分別がつけられる人間だと思われれば、より信頼度が高まる


情報や噂話には、流して得をするものと損をするものがあります。意図的に誰かを陥れるためにつく嘘は論外。自分の評判を落とすだけ。積極的に流すべきなのは、提供することによって自分の評価が上がる内容のもの。情報を流す際には、誰に評価されたいかも意識しましょう。

井上公造の名言|積極的に流すべきなのは、提供することによって自分の評価が上がる情報


情報が集まってくる、そして正確な情報を流してくれる。そんな人間になるための秘訣は、レスポンスを早くすること。たとえば、電話にすぐ出る。メールやラインはすぐに返す。僕の場合、電話を取り逃すとそのネタがほかの人にまわされてしまう可能性があります。つまり、電話に出ないとスクープを逃してしまう。だから、電話は急いで出る。仕事で出られなかったときも、可能な限りすぐに折り返します。日常の何気ないやりとりでも、普段からレスポンスを早くしておいて、「あの人は電話をかければすぐに出る」と印象付けておくのです。

井上公造の名言|レスポンスを早くする利点


私自身、口の堅い人間だと周囲の方々から信頼していただいているおかげで、芸能リポーターとして仕事を続けられています。芸能リポーターは口が軽いと思われがちですが、実は、口が堅くないと成立しない仕事。過去には、タレント本人から結婚や離婚の話を直接聞き、いち早く情報を得ることもありました。そのようなときには、勝手にどこかで情報を流したりせず、必ず当人か事務所に「テレビで話したいんだけど」と仁義を切ります。すると、相手も「まずは直接話すべき相手がいるから、いいタイミングがくるまで待ってほしい」と、条件付きで情報解禁の許可を出してくれる。この取引が、信頼を得るためには重要なんです。それを守ることによって「井上は約束を守る。口が堅い」と信じてもらえて、自然と人が自分に打ち明け話や相談をしてくれるようになり、情報が集まってくるんです。

井上公造の名言|約束を守ることで情報が集まってくる


井上公造の経歴・略歴

井上公造、いのうえ・こうぞう。日本の芸能リポーター。福岡県出身。西南学院大学商学部卒業後、明治屋、明太子メーカー鳴海屋、竹書房、産経新聞社などを経て芸能リポーターになりメディアボックス(のちのKOZOクリエイターズ)を設立。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ