名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

井上亮(オリックス)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上亮(オリックス)のプロフィール

井上亮、いのうえ・まこと。日本の経営者。オリックスの社長。東京出身。中央大学法学部卒業後、オリックスの前身であるオリエント・リースに入社。投資銀行本部副本部長、執行役、プロジェクト開発本部長、常務執行役、業務改革室管掌、オリックス・システム株式会社 代表取締役社長、本社海外事業統括本部長、グローバル事業本部長、専務執行役、副社長、投資銀行本部総括などを経て社長に就任。

井上亮(オリックス)の名言 一覧

社員一人一人が会社で輝けるようにするのが、社長である私の重要な仕事のひとつだと思っています。


アグレッシブに仕事に取り組んでいる社員もたくさんいます。そういう人たちを適材適所に配置してチャンスを与えることが大切です。


自分の考える力と判断力を備えている人であれば、極端な話、性格はどうでもいい。常識の範囲内でガバナンス(企業統治)とコンプライアンス(法令順守)を維持できて、チームの和を乱さない限り性格の良し悪しは関係ありません。


判断力も重要です。案件を成立させていく仕事の中で培った判断力は、必ず次の仕事に生きてきます。


ひとつの仕事には、知識とノウハウを得られる要素がたくさん詰まっています。100の要素のうち、半分の50でもいいから知識とノウハウを蓄える仕事のやり方ができなければ、会社としても欲しい人材とはいえません。


オリックスが求める人材は、自分で「考える力」を持っている人です。


私はよく、国際経験が豊かだといわれますが、実は入社当初、まったく英語を話せませんでした。それなのに最初に配属されたのは国際部東京営業か。周りには英語に堪能な先輩たちがいて、部長からは「英語が話せない君が、なぜ国際部に来たんだ」と嫌味を言われました。むしろ私の方が知りたかったですよ(笑)。そして香港に行くことになり、ブロークンイングリッシュで奮闘することになります。英語が話せるようになったのはそれからで、何事もチャレンジが大事。度胸と恥をかくことを気にしなければ英語に限らず外国語は身につきます。


私が入社した36年前と今を比べると、オリックスは大きく成長し、優秀な日本の若者が多く集まるようになりました。ただ、私が若かったころにあった熱気のようなものがなかなか感じられません。これを大企業病というのかもしれませんが、リスクを取らず、些細なことでも上司の意見を聞かないと行動できなくなっているような気がします。


海外畑が長いため、これまで多くの外国人と一緒に仕事をしてきました。その経験から言えるのは、最近の日本人はハングリーさやチャレンジ精神に欠けているということです。


仕事をしていくなかで、わからない言葉や用語が出てくると思います。とくに若いころはいろいろと覚えなくてはならないことが多いものです。最近の若い人は、わからないことをわからないままで済ましてしまう。だから、ひとつの案件を担当しても、表面だけを見て、深く考えずに進めてしまう。運よく案件を成立させたとしても、知識やノウハウが蓄えられないので、次に同じような案件を任せられたときに上手く対応できないのです。


井上亮(オリックス)の経歴・略歴

井上亮、いのうえ・まこと。日本の経営者。オリックスの社長。東京出身。中央大学法学部卒業後、オリックスの前身であるオリエント・リースに入社。投資銀行本部副本部長、執行役、プロジェクト開発本部長、常務執行役、業務改革室管掌、オリックス・システム株式会社 代表取締役社長、本社海外事業統括本部長、グローバル事業本部長、専務執行役、副社長、投資銀行本部総括などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

立花貴

社会貢献は生きる意味や働く意味を見つける道具ではありません。きっかけのひとつにすぎないのです。まず、周りの人の支えになるところから始める。それだけで、内なるエネルギーの存在を感じるきっかけになるはずです。


野村恭彦

実は世の中は、アイデアで溢れています。ですが、アイデアがたくさんあっても実行されない。それはなぜかと言うと、本当に解きたい課題のアイデアではないからでしょう。そうなると、「本当は何をしたいの?」というところを突き詰めていかないといけません。


矢野博丈

商人に恰好をつける余裕はない。お客様に満足してもらうために社員を鍛えないといけないし、そのためにはひたむきに怒り続けないといけない。それが商人に求められる謙虚さだ。


野路國夫(野路国夫)

入社して最初に配属されたのは、建設機械の耐久実験を担当する部門でした。屋外の現場で、ひたすら試作車を運転し続けるのが仕事です。この経験こそが私の原点です。報道や書類の内容をそのまま信じるのではなく、必ず自分の目で確かめるようになりました。


坪田一男

いま上手くいっていなくても、自分のせいではなくフレーム(ものごとの捉え方、枠)が悪いのかもしれない。性格的な強みはフレームに近いところがある。自分が特に変わる必要はなくて、その強みを生かすことをすれば、水を得た魚で、おのずとごきげんさは増す。


ヨシタケシンスケ

書店員さんたちからは「これ(『デリカシー体操』)、どこの売り場に置けばいいのかわからない!」と言われます(笑)。それがまさにこの本の存在価値なんですけど、同時にウィークポイントであることは間違いない。「好きだけど売りにくい」と指摘されたら、まあそうでしょうねえと言うしかないのが本当に申し訳ない。絵本を出すようになってからサイン会をすることもあるんですが、子供たちがギョッとしてます。絵柄に似つかわしくない大男であることも申し訳ないと思っています(笑)。


弘兼憲史

絶好のタイミングとはいつなのか。褒めたいと思ったときに直ちにということだと思う。叱るときはぐっとこらえる時間がいるが、褒めるときはすぐに褒める。そうすれば、感情の赴くままに言葉が出てくるはずだ。何を言ったかが問題ではない。それ以上に、自分の感情をどう素直に出すかが大切になる。叱るときと正反対の行動をとればいいと思っていればいいのではないか。


野坂英吾

創業して間もない頃は、自分が育てられるタイプの人材に偏りがあり、少し尖っている人は敬遠していました。いくら教えても覚えられないだろうという決め付けでした。しかし、それは食わず嫌いであって、間違った考えであることに気付きました。きっかけは成長スピードが上がり店舗数が増えていったので、自分が苦手だと勝手に思っていたタイプの人も採用せざるを得ない状況になったことです。嫌だと言っていても何も始まりません。「少なくとも3つの事例を見るまでは決め付けないようにしよう」と、自分に言い聞かせました。


清武英利

優しいということは、つまり自分にも他人にも甘いということ。


内田和俊

部下の失敗はほとんどの場合、上司の想定内で起こります。決して後から挽回できないものではありません。だから、上司を見ているのは失敗そのものではなく、失敗したときの対応です。そこに部下の本性が出ます。上司は、失敗を隠したりごまかそうとするから怒るのです。逃げる、隠れるは最もやってはいけない行為です。


出雲充

日本のビジネス環境の素晴らしいところは、最初の顧客やパートナーと出合えれば、つまり、いったんブレイクしてしまえば、その先はどんどん可能性が広がっていくということです。実は海外では、これとは逆の苦労があります。たとえば米国では、最初の取引先は比較的見つかりやすい。とくにIT分野では、面白いものを発明すれば、グーグルやアップル、GEといった大企業、あるいはエネルギー省や国防総省といった政府機関が、比較的簡単に採用してくれるのです。ところが、その先が大変です。ファーストカスタマーである大企業や政府機関の利益に合致しない別の顧客には売り込みに行くのが難しいのです。A社と取引していると、競合B社には営業をかけられない。事実上、ファーストカスタマーの傘下に組み込まれるかたちになってしまうことが多い。


成田靖也

当社は「定着業界を日本の新基準にする」というコーポレートスローガンを掲げています。採用業界や人材業界という言葉はありますが、定着業界という言葉は存在しません。定着は各企業の責任という認識で、それを支援する会社もないからです。採用業界はリクルートがつくったと言われように、定着業界はテイクアクションがつくり、業界をリードしていきたい。