名言DB

9412 人 / 110637 名言

井上亮(オリックス)の名言

twitter Facebook はてブ

井上亮(オリックス)のプロフィール

井上亮、いのうえ・まこと。日本の経営者。オリックスの社長。東京出身。中央大学法学部卒業後、オリックスの前身であるオリエント・リースに入社。投資銀行本部副本部長、執行役、プロジェクト開発本部長、常務執行役、業務改革室管掌、オリックス・システム株式会社 代表取締役社長、本社海外事業統括本部長、グローバル事業本部長、専務執行役、副社長、投資銀行本部総括などを経て社長に就任。

井上亮(オリックス)の名言 一覧

社員一人一人が会社で輝けるようにするのが、社長である私の重要な仕事のひとつだと思っています。


アグレッシブに仕事に取り組んでいる社員もたくさんいます。そういう人たちを適材適所に配置してチャンスを与えることが大切です。


自分の考える力と判断力を備えている人であれば、極端な話、性格はどうでもいい。常識の範囲内でガバナンス(企業統治)とコンプライアンス(法令順守)を維持できて、チームの和を乱さない限り性格の良し悪しは関係ありません。


判断力も重要です。案件を成立させていく仕事の中で培った判断力は、必ず次の仕事に生きてきます。


ひとつの仕事には、知識とノウハウを得られる要素がたくさん詰まっています。100の要素のうち、半分の50でもいいから知識とノウハウを蓄える仕事のやり方ができなければ、会社としても欲しい人材とはいえません。


オリックスが求める人材は、自分で「考える力」を持っている人です。


私はよく、国際経験が豊かだといわれますが、実は入社当初、まったく英語を話せませんでした。それなのに最初に配属されたのは国際部東京営業か。周りには英語に堪能な先輩たちがいて、部長からは「英語が話せない君が、なぜ国際部に来たんだ」と嫌味を言われました。むしろ私の方が知りたかったですよ(笑)。そして香港に行くことになり、ブロークンイングリッシュで奮闘することになります。英語が話せるようになったのはそれからで、何事もチャレンジが大事。度胸と恥をかくことを気にしなければ英語に限らず外国語は身につきます。


私が入社した36年前と今を比べると、オリックスは大きく成長し、優秀な日本の若者が多く集まるようになりました。ただ、私が若かったころにあった熱気のようなものがなかなか感じられません。これを大企業病というのかもしれませんが、リスクを取らず、些細なことでも上司の意見を聞かないと行動できなくなっているような気がします。


海外畑が長いため、これまで多くの外国人と一緒に仕事をしてきました。その経験から言えるのは、最近の日本人はハングリーさやチャレンジ精神に欠けているということです。


仕事をしていくなかで、わからない言葉や用語が出てくると思います。とくに若いころはいろいろと覚えなくてはならないことが多いものです。最近の若い人は、わからないことをわからないままで済ましてしまう。だから、ひとつの案件を担当しても、表面だけを見て、深く考えずに進めてしまう。運よく案件を成立させたとしても、知識やノウハウが蓄えられないので、次に同じような案件を任せられたときに上手く対応できないのです。


井上亮(オリックス)の経歴・略歴

井上亮、いのうえ・まこと。日本の経営者。オリックスの社長。東京出身。中央大学法学部卒業後、オリックスの前身であるオリエント・リースに入社。投資銀行本部副本部長、執行役、プロジェクト開発本部長、常務執行役、業務改革室管掌、オリックス・システム株式会社 代表取締役社長、本社海外事業統括本部長、グローバル事業本部長、専務執行役、副社長、投資銀行本部総括などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

川村隆

当たり前のことをきちんと、しかし楽観的にやり抜いてみることが大事。


熊谷正寿

現在、上場企業9社を含め、グループ全体で102社ありますが、皆が自主的に動けるように一定のガイドラインと成功の法則を伝授して、後は任せるやり方を取っています。したがって、「グループ運営規則」などは一切なく、「グループ成功の法則」だけがあります。規則のようなものも多少はありますが、要はポジティブにグループの成長を願って、成功するためのルールや法則など、これまでのノウハウが全部書いてあるというものです。


山田満(経営者)

大研医器の研究者たちには「氷が融けたら何になる?」という問いに対して、「水になる」といった一般的な答えではなく、「春が来る」といった豊かな発想力が求められる。人間味が溢れるような独創性を備えて欲しいのです。


家守伸正

つたない英語でも直談判した方が覚悟が伝わる。


名越康文

自分が何をやりたいのかを考えて目標を立てるべき。それでこそ目標を達成する意欲が湧いてきます。


田原祐子

営業マネジャーの役割は、仕組みをつくり、言語化しにくい、見えにくいといわれていた営業を見える化して、何をすればどうなるか、全体のフローの中でいま何をすべきかを適切にガイドすることなのです。


永田豊志

プレゼンの準備をするとき、いきなりパソコン画面に向かって「パワーポイント」を開く人がいますが、話の骨格がしっかりしていないと、いくらカッコイイ資料を作っても説得力に欠けます。まずはパソコンを離れて構想を練る時間をしっかり持つことが大切。


岩村水樹

最も大切にしてほしいのは、「テクノロジー」と「チームの力」を生かしきるということ。最新テクノロジーをフル活用すれば、時間や場所に縛られずにいつでもどこでも仕事ができる。「テレワークは、自分1人で行う単純作業しかできない」と思い込んでいる方も多いかもしれませんが、テレワークでもチームでの仕事は可能です。


エレン・クルマン

数年前の話です。防護服や防弾チョッキなどに使うケブラーという繊維を作っている工場で従業員に「あなたはどんな仕事をしているのか」と聞いたところ、こんな答えが返ってきました「私は命を救っているんです」と。世界を安全なものにするために貢献しているというプライドを持って働いていたんですね。メガトレンドを基にデュポンの方向性を明確にする。それによって、多くの従業員が目的意識を持ち、プライドを持てるようになるわけです。


辻野晃一郎

よいストレスとは、新しいことに挑戦したり、困難な仕事を成し遂げようとするときのストレスです。不安やプレッシャーを感じることはあっても、何かを生み出したり、前進するためには必要なストレスです。これを乗り越えることで、人は成長していきます。


野中正人

重要なのは定点を継続して見続けることです。一回だけ見て「いまはこれが流行っている」と言い当てるのは誰にでもできます。継続的に観察し続けることによって世界のトレンドがある程度見えてきます。世界の市場から集めてきた情報に日本国内の情報、新宿や渋谷で集めた情報を重ね合わせて、それを次の商談に活かしていくわけです。


ケリー・マクゴニガル

結果的に悪いことをしてしまった人のほとんどは、よいことをしたいと思うところから始まっている。


陰山英男

学習とは脳を上手に使うトレーニングだというのが僕の持論なんです。そういう点でいうと、英語も脳の言語領域をどのようにトレーニングするかという方法であると。だから本気で英語を身につけたいなら、毎日やること。これに尽きます。その意味ではやはり留学して、英語を使う環境に身を置くことは効果的でしょう。


村上太一

圧倒的に使える、世の中になくなったら困る様なサービスをつくろう。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

若い頃の僕も、「お金には興味がない。お金に左右されるような人生は嫌だ」、そう考えていた時期があった。でも、あるとき気づいたんだ。一流の大人になろうと思ったら、お金は必要であり、お金を持つことを否定しちゃいけないということに。