名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

井上亮(オリックス)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上亮(オリックス)のプロフィール

井上亮、いのうえ・まこと。日本の経営者。オリックスの社長。東京出身。中央大学法学部卒業後、オリックスの前身であるオリエント・リースに入社。投資銀行本部副本部長、執行役、プロジェクト開発本部長、常務執行役、業務改革室管掌、オリックス・システム株式会社 代表取締役社長、本社海外事業統括本部長、グローバル事業本部長、専務執行役、副社長、投資銀行本部総括などを経て社長に就任。

井上亮(オリックス)の名言 一覧

社員一人一人が会社で輝けるようにするのが、社長である私の重要な仕事のひとつだと思っています。


アグレッシブに仕事に取り組んでいる社員もたくさんいます。そういう人たちを適材適所に配置してチャンスを与えることが大切です。


自分の考える力と判断力を備えている人であれば、極端な話、性格はどうでもいい。常識の範囲内でガバナンス(企業統治)とコンプライアンス(法令順守)を維持できて、チームの和を乱さない限り性格の良し悪しは関係ありません。


判断力も重要です。案件を成立させていく仕事の中で培った判断力は、必ず次の仕事に生きてきます。


ひとつの仕事には、知識とノウハウを得られる要素がたくさん詰まっています。100の要素のうち、半分の50でもいいから知識とノウハウを蓄える仕事のやり方ができなければ、会社としても欲しい人材とはいえません。


オリックスが求める人材は、自分で「考える力」を持っている人です。


私はよく、国際経験が豊かだといわれますが、実は入社当初、まったく英語を話せませんでした。それなのに最初に配属されたのは国際部東京営業か。周りには英語に堪能な先輩たちがいて、部長からは「英語が話せない君が、なぜ国際部に来たんだ」と嫌味を言われました。むしろ私の方が知りたかったですよ(笑)。そして香港に行くことになり、ブロークンイングリッシュで奮闘することになります。英語が話せるようになったのはそれからで、何事もチャレンジが大事。度胸と恥をかくことを気にしなければ英語に限らず外国語は身につきます。


私が入社した36年前と今を比べると、オリックスは大きく成長し、優秀な日本の若者が多く集まるようになりました。ただ、私が若かったころにあった熱気のようなものがなかなか感じられません。これを大企業病というのかもしれませんが、リスクを取らず、些細なことでも上司の意見を聞かないと行動できなくなっているような気がします。


海外畑が長いため、これまで多くの外国人と一緒に仕事をしてきました。その経験から言えるのは、最近の日本人はハングリーさやチャレンジ精神に欠けているということです。


仕事をしていくなかで、わからない言葉や用語が出てくると思います。とくに若いころはいろいろと覚えなくてはならないことが多いものです。最近の若い人は、わからないことをわからないままで済ましてしまう。だから、ひとつの案件を担当しても、表面だけを見て、深く考えずに進めてしまう。運よく案件を成立させたとしても、知識やノウハウが蓄えられないので、次に同じような案件を任せられたときに上手く対応できないのです。


井上亮(オリックス)の経歴・略歴

井上亮、いのうえ・まこと。日本の経営者。オリックスの社長。東京出身。中央大学法学部卒業後、オリックスの前身であるオリエント・リースに入社。投資銀行本部副本部長、執行役、プロジェクト開発本部長、常務執行役、業務改革室管掌、オリックス・システム株式会社 代表取締役社長、本社海外事業統括本部長、グローバル事業本部長、専務執行役、副社長、投資銀行本部総括などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

江上治

語学や資格を身につけたからといって、必ずしもそれで稼げるわけではありません。中国語を勉強しても、ビジネスやプライベートで使わない限り、語学学校や教材への不要な支払いだけがかさむという結果にもなりかねません。風潮に流されて流行の資格や学歴を欲しがるなど、目的のはっきりしない勉強は何の役にも立ちません。


ジェイソン・ダーキー

これまでの経験から、日本の人材教育について思うところがあります。今の日本企業の人材教育はうまくいっていないことが多く、だからそこにお金を使いたくないという悪循環になっています。最もお伝えしたいことは「人材教育の成果にこだわりましょう」ということです。成果が出ないのであれば、そのコストは削減してもいいくらいです。


荒木香織

嘘でもいいから自信を持って堂々と振る舞うこと。周りからどんな人物だと受け止められたいかキャラクターを作り、そのように振る舞うとそのキャラクター通りの人物になってくる。


西野精治

24時間営業のコンビニや飲食店、街のネオンでまるで不夜城。「眠らない」街は、「眠れない」日本人を多く生み出している。大人の睡眠時間減少に引きずられ、子供の睡眠時間も減っています。満員電車はイライラとキレる大人であふれ、学校では情緒不安定や居眠りし続ける子が増えている。うつ病や不登校などの問題も、睡眠と無関係ではありません。


谷原誠

成功者の共通点は、目標を設定し、行動を起こし、さらなる成長に必要なポイントを押さえていること。


古川実

米クリアリング社は買って5~6年で延べ100億円近い損失が出ました。日立造船が買収する前に、大口の赤字契約を複数受注したことなどが響きました。我々は「バランスシートに出ない損失」を見抜けなかった。受注内容などに疑問や不安があっても「大丈夫」と言われれば追究する材料もなく、信じるしかありませんでした。損失が顕在化したのが買収後だったため、「あなたたちのミスマネジメント」というわけです。最後はダダ同然で売却しました。資産査定の大切さ、国際ビジネスの難しさを身をもって学びました。


加藤寛一郎

熟年になっても自分を甘やかさない気持ちというのは大事ではないでしょうか。たとえば、私はもともと太りやすい方ですが、格闘技をするためと健康のために独自の減量法を編み出し30数年来続けています。


高橋克徳

人間は誰しも感情を持っています。その感情を押し殺して、1日のうちの多くの時間を仕事に費やすのは不健全ではないでしょうか。「業務を期限内に終わらせること」や「上司に怒られないようミスなく仕事をすること」といった目標を掲げるより、「自分がいかに楽しんで仕事をするか」と考えてみた方が、仕事に向き合う姿勢としてより健全だと思うのです。


鈴木茂晴

社長就任後、「7時には帰れ」と声を上げました。言い始めたころは「どうせ口だけの号令だろう」と現場は思っていたようです。そこで、こちらも本気だと示すために、何度でも言い続ける。残業が多い支店には支店長に電話を入れて注意する。すると「どうやら本気らしい」となってくる。徐々にではありましたが、7時前退社は浸透しました。自然に昼間の効率が上がるし、仕事のやり方そのものも変わったようです。


グラハム・ベル

ときには踏みならされた道を離れ、森の中へ入ってみなさい。そこではきっと、あなたがこれまでに見たことがない、何か新しいものを見出すに違いありません。


オグ・マンディーノ

備えができていないと、命の周期、すなわち浜辺に寄せては返す大海の波のようなアップダウンの神秘的リズムが、あなたにとっての敵となり得る。満潮と干潮、日の出と日の入り、富と貧困、歓喜と絶望、これらすべての力はそれぞれの時を得て優位に成り立つものなのだ。偉大な業績が果てしなく続くかに思われる満潮時、その満ち潮に乗っている裕福な人を哀れみなさい。備えがなければ、災難に不意を突かれて破滅の叫びをあげることになる。常に最悪の事態に備えておきなさい。


藤原和博

「前例がないから」と言う人に対して「前例を作りましょう!」と熱く迫っても、理路整然と説明しても無意味です。こういう人は「失敗して、責任を取りたくない」ということしか頭にありません。この場合は、まず前例を何としても探し出してくること。その上で、「責任は自分が取る」と明言することです。