井上亮(オリックス)の名言

井上亮(オリックス)のプロフィール

井上亮、いのうえ・まこと。日本の経営者。オリックスの社長。東京出身。中央大学法学部卒業後、オリックスの前身であるオリエント・リースに入社。投資銀行本部副本部長、執行役、プロジェクト開発本部長、常務執行役、業務改革室管掌、オリックス・システム株式会社 代表取締役社長、本社海外事業統括本部長、グローバル事業本部長、専務執行役、副社長、投資銀行本部総括などを経て社長に就任。

井上亮(オリックス)の名言 一覧

社員一人一人が会社で輝けるようにするのが、社長である私の重要な仕事のひとつだと思っています。


アグレッシブに仕事に取り組んでいる社員もたくさんいます。そういう人たちを適材適所に配置してチャンスを与えることが大切です。


自分の考える力と判断力を備えている人であれば、極端な話、性格はどうでもいい。常識の範囲内でガバナンス(企業統治)とコンプライアンス(法令順守)を維持できて、チームの和を乱さない限り性格の良し悪しは関係ありません。


判断力も重要です。案件を成立させていく仕事の中で培った判断力は、必ず次の仕事に生きてきます。


ひとつの仕事には、知識とノウハウを得られる要素がたくさん詰まっています。100の要素のうち、半分の50でもいいから知識とノウハウを蓄える仕事のやり方ができなければ、会社としても欲しい人材とはいえません。


オリックスが求める人材は、自分で「考える力」を持っている人です。


私はよく、国際経験が豊かだといわれますが、実は入社当初、まったく英語を話せませんでした。それなのに最初に配属されたのは国際部東京営業か。周りには英語に堪能な先輩たちがいて、部長からは「英語が話せない君が、なぜ国際部に来たんだ」と嫌味を言われました。むしろ私の方が知りたかったですよ(笑)。そして香港に行くことになり、ブロークンイングリッシュで奮闘することになります。英語が話せるようになったのはそれからで、何事もチャレンジが大事。度胸と恥をかくことを気にしなければ英語に限らず外国語は身につきます。


私が入社した36年前と今を比べると、オリックスは大きく成長し、優秀な日本の若者が多く集まるようになりました。ただ、私が若かったころにあった熱気のようなものがなかなか感じられません。これを大企業病というのかもしれませんが、リスクを取らず、些細なことでも上司の意見を聞かないと行動できなくなっているような気がします。


海外畑が長いため、これまで多くの外国人と一緒に仕事をしてきました。その経験から言えるのは、最近の日本人はハングリーさやチャレンジ精神に欠けているということです。


仕事をしていくなかで、わからない言葉や用語が出てくると思います。とくに若いころはいろいろと覚えなくてはならないことが多いものです。最近の若い人は、わからないことをわからないままで済ましてしまう。だから、ひとつの案件を担当しても、表面だけを見て、深く考えずに進めてしまう。運よく案件を成立させたとしても、知識やノウハウが蓄えられないので、次に同じような案件を任せられたときに上手く対応できないのです。


井上亮(オリックス)の経歴・略歴

井上亮、いのうえ・まこと。日本の経営者。オリックスの社長。東京出身。中央大学法学部卒業後、オリックスの前身であるオリエント・リースに入社。投資銀行本部副本部長、執行役、プロジェクト開発本部長、常務執行役、業務改革室管掌、オリックス・システム株式会社 代表取締役社長、本社海外事業統括本部長、グローバル事業本部長、専務執行役、副社長、投資銀行本部総括などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤田晋

当社では、社員一人ひとりが責任を持ち、突き詰めて仕事をしてもらうために、「兼務」を認めていません。どんなに優秀な社員でも、複数のプロジェクトを任せると、どうしても甘くなる仕事が出てくるからです。兼務の状況によっては、「お手伝い」や「腰掛け」の気持ちになってしまう人も出てくる。それらを避けるために、兼務はさせないようにしています。


浮世満理子

目標を立ててそれを達成する喜びを知ると、やがて大きな目標を達成できるようになるはずです。まずは小さなプチ目標で構いません。数多くの目標を達成することで、ものごとを最後まで成し遂げる力を養いましょう。


大河原愛子

ジュネーブ大学を卒業してすぐ日本に来てみたら、女性は就職しても2~3年したら結婚して家庭に入ればいいという風潮が当たり前。これには大変なショックを受けました。しかも、私が仕事を求めても4年制大卒で、外国人。言いたいこともはっきり言うので、日本の男性からすれば「大人しくない女性」だったのでしょう。採用してくれる会社はありませんでした。ですから、仕事をしたかった私はアントレプレナー(起業家)の道を歩むことを選びました。


牛島信

私はコーポレートガバナンスの中核にあるのは経営者の首の挿げ替えだと思います。それを中からやるか、外からやるかの違い、これに尽きる。


堀之内九一郎

データはあくまでも参考資料。最低限の判断材料にはなり得ても、それ以上のものではありません。そう考えれば、データを過信して痛い目に遭ったり、データに振り回されることがなくなります。


昆政彦

我々経営陣の仕事は、イノベーションを早く生めとか、この技術を早くものにしろとか、細かい指示をすることではない。エンジニアやマーケティング担当者が交わり合えるような場を設定してあげることが主な職務。


佐藤可士和

アートディレクターの仕事は、クライアントの言葉にならない思いを引き出し、社会に伝えるための的確な方法を見つけて具体化していく、いわばコミュニケーションコンサルタントのような仕事だと僕自身は捉えています。


柴田秀勝

桜の花と同じで、声優という木にも早咲き、遅咲きがあるもの。


益子修

三菱自動車を選択してくれた社員たちに、間違った人生の選択をしたと思わせないような経営をしなければなりません。そのためには、絶えず希望を持ち、気を引き締めて計画をひとつひとつクリアしていくことです。


羽鳥兼市

発想の転換も大事。例えば奥さんの誕生日に200万円の指輪をプレゼントするなら、「10万円のバラの花束を20年間あげ続ける」ほうが断然価値がある。そうすると「感謝」を通り越し、「感動」になる。


堤幸彦

働くってことの一面には、「好き」とか「夢」とか「仕事を楽しもう」と気軽には言えない漆黒の壁がある。アドバイスできるとすれば、たったひとつ。完全な精神論ですが、「これは楽しいんだ!」と自己暗示するしかない。労働力を切り売る毎日の中で、一点でも突破できる、楽しめる要素を見出して、それを目的にしていけばいい。


小林喜光

新興国を見てください。かつて我々がそうだったように、大人は必死に働き、子供にかける余裕は時間的にも金銭的にもありません。それで子供が怠けるのかというと違います。大人の必死な姿を見て、子供も一緒に頑張るのです。昔は「おやじの背中」という言葉があり、「お袋の背中」でもいいかもしれませんが、最近はそうした姿を見せるという観点が教育から抜け落ちているのかもしれません。


織田大蔵

細かな点では専門家には専門家としての知識があるから、これを活用することだ。俺のところに弁護士の顧問や相談役がごろごろしているのはそのためだ。いい顧問とは、毒ネズミを食ったネコでないといけない。法律には表もあれば裏もある。千軍万馬の危ない橋を渡ってきた者でないと応用が利かない。


藤沼彰久

私は、若いころに新しい技術に飛びついたものの、採用したベンダーの維持管理体制が不十分だったことから、結果的にお客様に迷惑をかけてしまったことがありました。それもあってお客様やお客様の使うシステムに最も合う技術基盤を使うべきだというのが持論です。


村上正邦

保守が革新性をもち、革新は保守性をかかえている。そこのところを見なければ、保守主義や改革主義の真の姿が見えてこない。


ページの先頭へ