名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

井上ゆかり(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

井上ゆかり(経営者)のプロフィール

井上ゆかり、いのうえ・ゆかり。日本の経営者。「日本ケロッグ」社長。大阪府出身。大阪大学経済学部経済学科卒業後、P&Gファーイースト・インク(P&Gジャパン)マーケティングマネージャー、P&G北米マーケティングディレクター、P&G北東アジアフェミニンケアゼネラルマネージャー、ジャーディン・ワインズアンドスピリッツ常務取締役、キャドバリー・ジャパン社長、日本ケロッグ社長などを務めた。

井上ゆかり(経営者)の名言 一覧

社長になって改めて思ったことは、社員の士気をいかに高めていくか、ということの大切さでした。ビジョンを作り、人々を鼓舞し、モチベートして、結果を出す。これこそまさに経営者の仕事です。


年一回、直接の部下ではない全マネージャーと一時間、一対一のミーティングを続けてきましたが、これをマネージャー以外にも拡げようと思っています。これは私自身の学びの場でもあるんです。会社や仕事に関して、同じ目線で語れるのは楽しいですしね。


日本人同士のコミュニケーションはラクなんです。アラインメントにも、エンゲージメントにも時間を費やさなくてよかった。でも、日本に戻ってからは、日本人の部下にもそれをやりました。やらないと自分が気持ち悪くて(笑)。やってみると、私も部下も、とても心地よく仕事ができたんです。


英語ができるだけで視野が広がるし、モノの見方が多面的になる。しかも、それだけではないと思っています。英語ができれば、仕事がもっともっと、楽しくなるんです。


経営の仕事は、日本クラフトフーズが、初めてです。新しい業務分野や見識を高めるといったことは必要ですが、戸惑いはあまりなかったです。P&Gでのブランドマネージャーの時代から、小さな会社を経営している気持ちでやっていましたから。ゼネラルマネージャー時代は、P/L(損益計算書)も見ていましたし。


ゼネラルマネージャーになったら、次は絶対に経営のプロの道だ、と思ったんです。請われて経営をお願いされるようになれたら、どれほど素晴らしいだろう、と。だから、このときゴールを決めたんです。経営をやってみたい。小さな会社でもいいから、外資系の社長になるんだ、と。


グローバルコミュニケーションとは英語をしゃべることだ、と思う方もいるでしょう。でも、相手をモチベートできないと、コミュニケーションにならないし、仕事は前にも進んでいきません。共通の目的を見出し、それに同意してもらって、自ら責任感を持ってもらって、モチベーションを上げて、「やるぞ」と思わせる。そういうコミュニケーションが求められるんです。


その仕事にどんな意味があるのか。会社に対してはどんな意味があり、あなたの部署にはどんな意味があって、あなた自身にはどんなベネフィットがあるのか。これをちゃんと説明できないといけない。しなかったときのデメリットも言えないといけない。これがグローバルでは、当たり前に求められるんです。そうでないと、「どうして私があなたの仕事をしないといけないのか」ということになる。


転機になったのは、あるトレーニングで企業再生の専門家に出会ったこと。彼は、ターンアラウンドのプロで、3年間で結果を出すと、また次の3年間に向かう、という経験を何クールもやってきた人でした。こんな仕事があるんだ、こういう生き方もあるんだ、と思いました。まさに経営のプロ。これはかっこいいな、と思って。私はマーケティングのプロになりたいと思って、プロになった。


アメリカに行くと、みんな自分のキャリアのことを、いつも考えています。そして、いろんなオポチュニティ(機会)をいつも模索している。アメリカ人にすれば、同じ会社にずっと働いていると、新しいオポチュニティに出会えなくなる、ということになるんです。チャレンジングな人ほど、いろんなオポチュニティに出会えて、会社をどんどん替わっていくというわけです。


R&D部門が社員の発案で金曜日を「英語デー」にしています。社内ではすべて英語でコミュニケーションする。日本人だけの小さな会議もです。これはとても効果的だと思っています。たとえば営業職などは、日本市場を対象にしていれば、日本語だけで仕事ができないわけではない。でも、英語ができれば、手に入る情報量が圧倒的に変わるんですね。世界各国が発信する情報が手に入るし、世界中の成功事例をインプットできる。世界の店頭で何が起こっているか、業態はどう変わりつつあるか、消費者ニーズはどんな変化を見せているか。それを知ることが、日本での仕事にプラスにならないわけがない。世界の市場の変化に対して、私たちがやらないといけないことは何か。どんどん、先に先に、ラーニングしていくことができる。これは大きな強みになります。


「外資系からキャリアを始めたんだから当然、英語はできたんでしょう?」。そんなふうに思われることもあるんですが、実はまったく違います。聞けないし、書けないし、しゃべれなかったんです。でも、使わないといけない状況に追い込まれたら、できるようになるんですね。自分でいわゆる「英語の勉強をした」という記憶はほとんどないです。基本、オン・ザ・ジョブ。それこそレポートも英語で書かないといけないし、外国人の上司へのプレゼンテーションもしないといけないし、会議だって英語でやらないといけない。やらざるを得ないと、できてくるものなんですね。だから私が思うのは、やっぱり仕事で使わないと英語は上手にならない、ということです。


井上ゆかり(経営者)の経歴・略歴

井上ゆかり、いのうえ・ゆかり。日本の経営者。「日本ケロッグ」社長。大阪府出身。大阪大学経済学部経済学科卒業後、P&Gファーイースト・インク(P&Gジャパン)マーケティングマネージャー、P&G北米マーケティングディレクター、P&G北東アジアフェミニンケアゼネラルマネージャー、ジャーディン・ワインズアンドスピリッツ常務取締役、キャドバリー・ジャパン社長、日本ケロッグ社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

小川洋子

現実と空想の境界線というのは一本の線ではなく、一つの地帯のようになっている。


野村亮太

心理学では、何かを指し示したり、身振り手振りをしたりといったサインを送ることが有効だとされています。それは確かにそのとおりなのですが、同じくらい大切なことがあります。それは、「何もしないこと」です。私が研究している落語の世界では、たとえば扇子を箸に見立てて蕎麦を食べる、といった身振りがよく使われます。この身振りが伝わるのは、それまで動かずにいたからこそ。何もしないときとのコントラストで「あっ、今、箸を取ったな」とわかるわけです。もし演者が普段から落ち着きなく手を動かしていたら、どこで箸を取ったのかわかりません。何もしないときと、動いたときとの、メリハリが重要なのです。話しながら資料を指し示したり、説明に身振りを加えたりといったサインは、重要なポイント以外では何もしないからこそ、有効に働くのです。


ロバート・キヨサキ

「お金をたくさん持っている人」になれる人は大勢いる。だが、「富をたくさん持っている人」になれるのは、ファイナンシャル教育がしっかり身に付いている人だけだ。高いファイナンシャル教育があれば、キャッシュフローを生み出すビジネスや資産を築くことができるようになり、お金や雇用の心配から解放され、自由な人生が手に入るはずだ。あなたが「富をたくさん持っている人」になりたいなら、今すぐ学び始めることだ。


小川賢太郎

今、改革をやらないと成長がおぼつかないし、ゼンショーは脱皮する時期にきている。


伊藤正裕(起業家)

私の場合、調子のいいときは、思い切って無理をします。何をやっても成果が出ないときや、やる気が出ないときは、何もしないでじっとしてやり過ごせばいいのです。このメリハリが身につくと、自然と「アクセルを踏むタイミング」がわかるようになります。


岡村勝正

発毛効果にとどまらず、日々の接客など、トータルで顧客満足度を高めることが非常に大事。来店することが楽しみであると感じていただけないと、場合によっては発毛そのものに影響を与えてしまう可能性もありますしね。


為末大

現役時代の終盤は、自らの体で実験して理論を実践していった。今度は一人の体ではなく、組織を相手にした本当のマネジメントが始まる。何にでも勝てるとは思っていないが、陸上以外で勝てるものがどこかにある。それが何かをこの1年ぐらいで絞っていきたい。


藤山愛一郎

私はこの小さな工場をロバート・オーウェンのニュー・ラナーク工場のような理想工場にしたいと考えた。しかしみんなの幸福を実現するためにはまず事業が収益をあげなければならない。
【覚書き|絵具などの色の化学合成を研究する学者とともに染料会社をつくったときを振り返っての発言】


高村正彦

外交と安全保障の分野に携わる上で大事にしたのは「振り子を素早く静かに真ん中に戻す」こと。安保法制の仕事はこれを実践する場になりました。終戦後、それまでの軍国主義への反動から非武装がもてはやされた。しかし、これは現実的ではなかった。先人が日米安全保障条約を締結してくれたこと、そして自衛隊を作ってくれたことに続いて、安保法制を成立させることによって振れすぎた振り子を真ん中に戻すことに貢献できたと考えています。


高田紘一(髙田紘一)

私は金融政策というのは、凧上げと同じだと思っています。インフレを防止する時には、糸を引っ張れば、金融引き締めの効果が表れます。しかし、デフレの時に、金融を緩和し、いくら糸を緩めたとしても風が吹かなかったら凧は上がりません。その時に風を吹かせるのが政府の成長戦略です。


富野由悠季

僕は作品作りの基本は、異種格闘技だと思っているんです。つまり、違うものをどれだけ自分の中に叩き込めるか。それにはありきたりかもしれないけれど、見聞を広げることが必要。いろんな場所へ出かけ、いろんなものを見るといい。全部演出の手がかりになるから。


中島洋(教育者)

プランを立案し、その後フィールドワークに臨むわけですが、実は多くの場合、計画の変更や調整を迫られることになります。実際に人々の声を聞くと、頭の中で考えていたプランと現実とのギャップに気づくのです。リアルな体験に基づき、本物の課題を見出し、柔軟に対応する。まさにこの過程こそが重要だと考えています。