井上ゆかり(経営者)の名言

井上ゆかり(経営者)のプロフィール

井上ゆかり、いのうえ・ゆかり。日本の経営者。「日本ケロッグ」社長。大阪府出身。大阪大学経済学部経済学科卒業後、P&Gファーイースト・インク(P&Gジャパン)マーケティングマネージャー、P&G北米マーケティングディレクター、P&G北東アジアフェミニンケアゼネラルマネージャー、ジャーディン・ワインズアンドスピリッツ常務取締役、キャドバリー・ジャパン社長、日本ケロッグ社長などを務めた。

井上ゆかり(経営者)の名言 一覧

社長になって改めて思ったことは、社員の士気をいかに高めていくか、ということの大切さでした。ビジョンを作り、人々を鼓舞し、モチベートして、結果を出す。これこそまさに経営者の仕事です。


年一回、直接の部下ではない全マネージャーと一時間、一対一のミーティングを続けてきましたが、これをマネージャー以外にも拡げようと思っています。これは私自身の学びの場でもあるんです。会社や仕事に関して、同じ目線で語れるのは楽しいですしね。


ゼネラルマネージャーになったら、次は絶対に経営のプロの道だ、と思ったんです。請われて経営をお願いされるようになれたら、どれほど素晴らしいだろう、と。だから、このときゴールを決めたんです。経営をやってみたい。小さな会社でもいいから、外資系の社長になるんだ、と。


日本人同士のコミュニケーションはラクなんです。アラインメントにも、エンゲージメントにも時間を費やさなくてよかった。でも、日本に戻ってからは、日本人の部下にもそれをやりました。やらないと自分が気持ち悪くて(笑)。やってみると、私も部下も、とても心地よく仕事ができたんです。


英語ができるだけで視野が広がるし、モノの見方が多面的になる。しかも、それだけではないと思っています。英語ができれば、仕事がもっともっと、楽しくなるんです。


経営の仕事は、日本クラフトフーズが、初めてです。新しい業務分野や見識を高めるといったことは必要ですが、戸惑いはあまりなかったです。P&Gでのブランドマネージャーの時代から、小さな会社を経営している気持ちでやっていましたから。ゼネラルマネージャー時代は、P/L(損益計算書)も見ていましたし。


グローバルコミュニケーションとは英語をしゃべることだ、と思う方もいるでしょう。でも、相手をモチベートできないと、コミュニケーションにならないし、仕事は前にも進んでいきません。共通の目的を見出し、それに同意してもらって、自ら責任感を持ってもらって、モチベーションを上げて、「やるぞ」と思わせる。そういうコミュニケーションが求められるんです。


その仕事にどんな意味があるのか。会社に対してはどんな意味があり、あなたの部署にはどんな意味があって、あなた自身にはどんなベネフィットがあるのか。これをちゃんと説明できないといけない。しなかったときのデメリットも言えないといけない。これがグローバルでは、当たり前に求められるんです。そうでないと、「どうして私があなたの仕事をしないといけないのか」ということになる。


転機になったのは、あるトレーニングで企業再生の専門家に出会ったこと。彼は、ターンアラウンドのプロで、3年間で結果を出すと、また次の3年間に向かう、という経験を何クールもやってきた人でした。こんな仕事があるんだ、こういう生き方もあるんだ、と思いました。まさに経営のプロ。これはかっこいいな、と思って。私はマーケティングのプロになりたいと思って、プロになった。


アメリカに行くと、みんな自分のキャリアのことを、いつも考えています。そして、いろんなオポチュニティ(機会)をいつも模索している。アメリカ人にすれば、同じ会社にずっと働いていると、新しいオポチュニティに出会えなくなる、ということになるんです。チャレンジングな人ほど、いろんなオポチュニティに出会えて、会社をどんどん替わっていくというわけです。


R&D部門が社員の発案で金曜日を「英語デー」にしています。社内ではすべて英語でコミュニケーションする。日本人だけの小さな会議もです。これはとても効果的だと思っています。たとえば営業職などは、日本市場を対象にしていれば、日本語だけで仕事ができないわけではない。でも、英語ができれば、手に入る情報量が圧倒的に変わるんですね。世界各国が発信する情報が手に入るし、世界中の成功事例をインプットできる。世界の店頭で何が起こっているか、業態はどう変わりつつあるか、消費者ニーズはどんな変化を見せているか。それを知ることが、日本での仕事にプラスにならないわけがない。世界の市場の変化に対して、私たちがやらないといけないことは何か。どんどん、先に先に、ラーニングしていくことができる。これは大きな強みになります。


「外資系からキャリアを始めたんだから当然、英語はできたんでしょう?」。そんなふうに思われることもあるんですが、実はまったく違います。聞けないし、書けないし、しゃべれなかったんです。でも、使わないといけない状況に追い込まれたら、できるようになるんですね。自分でいわゆる「英語の勉強をした」という記憶はほとんどないです。基本、オン・ザ・ジョブ。それこそレポートも英語で書かないといけないし、外国人の上司へのプレゼンテーションもしないといけないし、会議だって英語でやらないといけない。やらざるを得ないと、できてくるものなんですね。だから私が思うのは、やっぱり仕事で使わないと英語は上手にならない、ということです。


井上ゆかり(経営者)の経歴・略歴

井上ゆかり、いのうえ・ゆかり。日本の経営者。「日本ケロッグ」社長。大阪府出身。大阪大学経済学部経済学科卒業後、P&Gファーイースト・インク(P&Gジャパン)マーケティングマネージャー、P&G北米マーケティングディレクター、P&G北東アジアフェミニンケアゼネラルマネージャー、ジャーディン・ワインズアンドスピリッツ常務取締役、キャドバリー・ジャパン社長、日本ケロッグ社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

久保征一郎

ぐるなびの使命は「日本の食文化を守り育てる」こと。飲食店や生産者の思いを伝える場所である「ぐるなび」があることで、飲食店や生産者は顧客を増やし、リピーターを増やすことも可能です。そして、それらの活動の結果として、食文化が育ち、日本の文化が豊かになっていくのだと信じています。


楠本修二郎

僕は整理整頓が大の苦手。頭の中にも、あらゆる出来事や情報が散らばっています。でも走っていると、それらが突如結びついて、自分でも驚くような企画や事業につながっていくことがある。一カ月前に食べたハワイ料理のエッセンスを、新規に立ち上げる日本料理店に取り入れてみたらどうだろう……。ランニングの時間は、僕にとってひらめきの宝庫といえるかもしれません。


野口吉昭

「ウェブ・新聞=点の情報」「雑誌=線の情報」「書籍=面の情報」とよく言うのですが、いきなり「点の情報」から集めていったら、いくら時間があっても足りません。効率的に情報を収集していくためには、まず「面=全体」から抑えることが不可欠です。


安岡正篤

子供は言説で教えるよりも、情的に感じ取らせることの方が大事なのです。親父は千言万言を費やして説教するよりも、黙って子供に見せることであります。


セネカ

富というものは、それを必要としていない人の元へ集まる。


似鳥昭雄

時代遅れにならない店をつくるには、常に変化をさせていく必要がある。


福永雅文

商品を買うとき、人は何かの目的を果たそうとしている。そこが伝わらないと話にならない。


川野澄人

長期のトレンドにも目を向けることが大切。消費者の日々の食事は短期的には大きく変わりませんが、長期的には少しずつ変化しています。食べる物、買い物をする場所は急には変わりません。一方で、日々の小さな変化と社会の大きなトレンドを捉えていないと、気が付いたときは店の戦略が消費者のライフスタイルとかけ離れてしまい、回復不可能な状態に陥るリスクがあります。


北城恪太郎

改革はもう終わったという慢心が怖いのです。


藤野英人

多くの人がものごとを長く続けられないのは、怠け者なのに、一方で完璧主義者だからですよ。1回休んだらもうダメなんて思う人が多いけれど、3回休んでも4回目にまた始めればいいって僕は思う。


中条あやみ

映画の中ではチアダンスを通してみんなが成長していくけど、私もこの映画で成長できたと思う。私にとってはターニングポイントだったのかなって。10代最後の年にこの作品に出演できて、本当に良かった。年下の(広瀬)すずが主演で頑張ってる背中も見たし、同世代の子たちが一人ひとり頑張ってるのを見て刺激を受けて。「私も変わらないと置いていかれる、頑張らなきゃ」って素直に思えたから。

【覚え書き|映画『チア☆ダン』について】


渡辺久信

今日の試合でお前を使おうと思ったのは俺だから、責任は俺にある。


中村貞裕

コンセプトは簡潔なものが理想。そうでなければ、従業員も理解ができませんし、お客が友人・知人に話しにくいのでクチコミも生まれにくくなってしまう。


植木義晴

会社が潰れたんだと、認識したことが意識改革で一番大きなことだと思います。1便も欠航することなく、再建の道を歩ませていただいているんだ。潰されたのではなく、私たちが潰したんだ。私たちに責任があるという自覚をしたんです。


ドリアン助川

目標を持つことは良いことだと言われますね。でも目標のためにどれだけの人間が傷つき、死んでいるか。目標が生き方を狭くすることもあるんです。そこで「たまには目標もいいね」という言葉を作ったのですが、この話を高校生の前で話すと、先生は渋い顔をしていますが、生徒の表情は明らかに変わる。


ページの先頭へ