井上ひさしの名言

井上ひさしのプロフィール

井上ひさし、いのうえ・ひさし。日本の小説家、劇作家、放送作家。山形県出身。上智大学仏語科卒業。日本劇作家協会理事、社団法人日本文藝家協会理事、社団法人日本ペンクラブ会長などを務めた。

井上ひさしの名言 一覧

読者の3割は絶賛するし、他の3割は批判する。だから残りの4割だけを考えなさい。


むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく。


井上ひさしの経歴・略歴

井上ひさし、いのうえ・ひさし。日本の小説家、劇作家、放送作家。山形県出身。上智大学仏語科卒業。日本劇作家協会理事、社団法人日本文藝家協会理事、社団法人日本ペンクラブ会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

金丸恭文

経験じゃない。経験でやろうとすると、チームの年齢がもっと上がります。それでは新しい事へのチャレンジができなくなる。ああしたシステム開発は多分、経験の世界ではできなかったと思います。

【覚え書き|セブン-イレブンのハードとソフトの開発をしたときを振り返って】


砂山起一

当社のテーマパークを訪れるゲスト(顧客)の9割以上は、リピーターと呼ばれる過去に1回以上来園した人です。再び足を運んでもらうには、「本当に楽しかった。すごく感動した」「ぜひまた来たい」と思って、帰ってもらわなければなりません。


山田五郎

今は地図だけじゃなく、すべてが「点の情報」になってきています。デジタルなネット環境というのは基本的にオンデマンドですから、自分がほしい情報にピンポイントでたどり着ける。その便利さと引き替えに、ルートを考えたり寄り道したり迷ったりする、いわば過程を楽しむ機会が減っているのだとしたら、もったいないなと思います。


巌谷大四

人生論を他人に教わるな。


ジム・ロジャーズ

70年代にジョージ・ソロスと立ち上げたヘッジファンドが成功したのも、ほかの人が目もくれないようなところに投資したからです。当時はまだ、たとえば日本に興味を持つ投資家は非常に少なかったのですが、二人とも海外に目を向けていました。空売りもやっている人はほとんどいませんでしたが、私たちは積極的に行いました。今振り返ると、多額の借り入れがあっていつ倒産してもおかしくなかったのですが、投資先の選択が正しかったので利益を得ることができたのです。もし間違っていたら、一日ですべてを失っていたでしょう。


寺尾玄

クリエイティブは「疑う」ことから始まる。「本当にそうなのか?」とすべてを疑う姿勢を貫いている限り、発想の幅が狭まることはこれからもないでしょう。


宮城治男

父は商売人で、惣菜などを売るスーパーマーケットを経営していました。いわゆるサーバントリーダーで、従業員に対し上から偉そうに指示を出しているところを一度として見たことがありません。従業員がやりがいを持って働けるように接していたようです。私も小学生のころから惣菜づくりを手伝っていた関係で、一緒に働いていたパート従業員の方々それぞれに人生や生き様があるのだと、子どもながら感じていました。そうした経験があるからこそ、社長やリーダーに限らず働く一人ひとりに大切な人生があること、むしろそれを尊重し、やりがいを持って働ける環境をつくることこそがリーダーの仕事だと考えるようになりました。


高汐巴

タカラジェンヌになった後も、1つの舞台を作り上げるためには稽古が不可欠です。ダンスができないと、全員の前でひとりで踊らされるようなこともありました。悔しいと思うことで、さらに勉強するんです。泣いて済まされるような場所ではありませんでしたし、あの時に強靱な精神力が身に付きました。


村田昭治

こころ一致のない合体は不毛。合併は、合体によって大きな力を発揮し、そして安心を与え、研究開発力を深く伸ばし、人間関係の良好さを保ちながら、誠実な日々を全員が気をぬくことなく、自己研鑽のなかにうめこむことができるところに要諦がある。だから合併、統合はその場合だけ意味がある。


佐々木常夫

もともと私は課長になってからは仕事のやり方を工夫し、残業はほぼゼロに抑えていました。自分はもちろん、部下にもいい習慣を身につけさせることで、時間あたり生産性を高めたいと考え、新しい部署に着任するたび、自分でつくった「仕事の進め方の基本」という10か条のマニュアルを配布しました。まだ管理職になる前、「自分が課長になったら、絶対にこれをやろう」と考え、何年もかけて練ったものです。


松田丈志

チームのことに気を配ると不思議と自分の辛さが紛れました。後輩の悩みを聞くうちに「辛いのは自分だけじゃない」と気づかされ、自身の悩みが和らいだこともありました。


碓井稔

本来なら、モノ作りで新しいことをやっている会社の方が、金融機関より高い給料を払えるようにしないといけない。


広瀬淡窓

わがことのほかは少しもせぬ者は学問をしても使いようなし。


村木厚子

なぜこんなことになったのか嘆いても、自力で拘置所を出ることはできません。ならばそれはとりあえず横に置き、「今できること」を考える。これに集中したら、少し楽になれました。これから始まる取り調べを乗り切るために、その時の私にできることは何か。まずはしっかりと健康管理をしよう。落ち込んで、精神的に潰れないようにしよう。そんなことから始めました。
【覚え書き|郵便不正事件で逮捕された当時を振り返っての発言。その後、裁判で無罪が確定】


槍田松瑩

教養に触れることで、「人間とはこういう生き物なんだ」、「世の中にはこんなにさまざまな価値観があるんだ」など、新たな気付きが自分自身の人生を豊かにすることになるし、社会との付き合い方を変えていく。


ページの先頭へ