井ノ上陽一の名言

井ノ上陽一のプロフィール

井ノ上陽一、いのうえ・よういち。日本のコンサルタント、税理士。「タイムコンサルティング」「井ノ上陽一税理士事務所」代表。公務員を経て税理士資格を取得。著書に『ひとり社長の経理の基本』『フリーランスのための一生仕事に困らない本』『ひとり税理士の仕事術』『ひとり税理士のIT仕事術』。

井ノ上陽一の名言 一覧

逃げは生存戦略の一つ。恥ずかしいことじゃない。最終的に勝つために逃げを積極的に活用すべき。


私の理想は、好きな人と仕事をしてお金をいただくこと。そのためにも、仕事の幅を広げました。自分で時間もお金もコントロールできるので充実しています。


収入源が1つしかないから、失うことに怯えてしまう。収入減を複線化して、太くしなくてはと思った。

【覚え書き|独立当初を振り返って】


逃げることにネガティブな印象があるのは、学校教育のせいです。日本では途中で止めることは悪とみなされ、ガマンすることが美徳。でも、欧米では逃げることも戦略の一つ。前に進むために一度撤退するのはよくある話です。


合わない上司と、いい関係を築くためにムリを重ねれば、ストレスでやられる。苦しい毎日を送るより、見切りをつけて距離を置いたほうがいい。逃げてしまえば、人間関係の問題そのものが消えてなくなるのですから。


井ノ上陽一の経歴・略歴

井ノ上陽一、いのうえ・よういち。日本のコンサルタント、税理士。「タイムコンサルティング」「井ノ上陽一税理士事務所」代表。公務員を経て税理士資格を取得。著書に『ひとり社長の経理の基本』『フリーランスのための一生仕事に困らない本』『ひとり税理士の仕事術』『ひとり税理士のIT仕事術』。

他の記事も読んでみる

阿刀田高

私たちは、仕事であれば無理をしてでも予定を合わせるのに、最も大事な、たとえば学生時代の仲間とただ会って食事をするというようなことにはさほどの努力を払わない。従って、良い出会いはますます間遠になっていく。「今日は本当に楽しかった。また会おう」その言葉に万感の思いを込めることで、気持ちを伝えたい。


碓井稔

挑戦には何が必要か。安定した事業環境です。収益状態が悪くては、とても試行錯誤なんてできません。


羽生善治

先のことを考えるのは、楽しいといえば楽しいものです。でも、だいたいは、考えてもそのとおりにならない。いろんな人がいろんなことを予想していますが、まずそのとおりにはなりませんよね。あまり予想なんかしても仕方がないとさえ思います。


林野宏

私は大学卒業後、西武百貨店へ入社しました。そのころの西武には、堤清二さんという絶対的な存在が君臨していました。しかし、新人の私は当初から「社長に勝ちたい」と、勝手に堤さんを仮想のライバルに仕立てていました。39歳のときにいまの会社に移ってからも同じ志を抱き続け、その後、社長に就任しました。


立花陽三

野球の素人ですし、組織のマネジメントを語るほどの実績もありません。私があえて意識したことは、コミュニケーションを円滑にすること。機会を見つけては一緒に体を動かしながら、選下と会話するなどしています。


茂木健一郎

笑いも創造性の大切な要素である。ユーモアのセンスを持ってものごとを見ることは、心をやわらかくして、固定観念にとらわれないようにしてくれる。


内永ゆか子

仕事の中には、ロジックでは割り切れないこともあります。判断に迷うこともたくさんあります。だからこそ私は毎秒、考えます。あんまり考えるので、「もう、この一時間は考えない。頭をからっぽにしてテレビ番組を楽しむ」と自分に言い聞かせることもありますが……それでも問題意識を持っていると、アンテナが反応して情報がどんどん入ってきます。


中山マコト

不思議なものでネタ帳をアトランダムにパラパラ見返すと、一見、関係のないネタ同士から企画が生まれることがあります。それは、時代の空気を吸ったネタ同士が引き起こす化学反応のようなもの。個々のネタの感じ方や捉え方が深ければ深いほど、化学反応が起きる確率は高まります。逆に数カ月しても何の反応も起こさないネタは、破り捨ててしまえばよい。躊躇する必要はありません。よいネタなら脳が必ず覚えているはずです。


糸井重里

プロジェクトを育てるには、1つのモデルケースを作って進めることが非常に大事。新規事業はモデルがないと、本気にされにくいですが、具体例があれば、次につながる話ができる。


首藤由憲

我々は自分たちがやっていることを無意識に正当化しようとする傾向があります。しかし、評価をするのはお金を出すお客様だけであり、お客様が一流の評価者だと気づかなければなりません。


中西宏明

まず利益率が大事です。なぜかというと、M&Aの決断もポケットにお金が入っていないとできません。ある事業を諦めようと思ったときも、必ずリストラ費用がかかります。つまり、元手がないと何もできない。


出口治明

いまはメチャクチャラッキーな時代ですよ。「会社をクビになる」と言いますが、昔は失敗をすれば本当に「首」を切られました。あなたが挑戦して仮に失敗しても、責任を取って「切腹せよ」と言われることはない。この時代に生まれて挑戦しなければ、ご先祖様に申し訳ないと思ってください。


川村元気

隣の人を説得できない企画は、大勢の観客も説得できない。


織田信長

備えず構えず、機をはかって応変。すなわち間合いこそ肝要なり。


土方武

あまりに予断を持ちすぎて、頭の中だけで人事制度や組織をいじっても、結果は必ずしも芳しいものとは言えない。


ページの先頭へ