名言DB

9412 人 / 110637 名言

五郎丸歩の名言

twitter Facebook はてブ

五郎丸歩のプロフィール

五郎丸歩、ごろうまる・あゆむ。日本のラグビー選手。福岡県出身。3歳でラグビーを開始。佐賀工業高校で3年連続全国大会に出場。早稲田大学スポーツ科学部に進学し、1年目からレギュラーに抜擢される。19歳で日本代表選出。大学卒業後、ヤマハ発動機ジュビロに入団。そのほか、オーストラリアリーグのレッズでプレーした。

五郎丸歩の名言 一覧

優れたリーダーはそれぞれスタイルは違っても、自分が何ができるかを分かっている。


リーダーがしっかりしていないと下がブレる。


自分のチームを好きにならないと、力は湧いてきません。企業もスポーツと同じで、所属する企業や組織を好きになれば、モチベーションは高まります。


日本人が持つ根気強さに、外国出身者のプライドが加わった。その相乗効果で、日本代表は強くなった。


モチベーションアップの方法で共通することがあるとしたら、チームを好きになることではないでしょうか。W杯でも、最初は大きなプレッシャーもあってネガティブなことばかり考えていたのですが、日本でW杯が開催される2019年に向け、このチームで勝ちたいと心から思いました。


これまでラグビー人気が低迷していたのは、スポーツとしての魅力が低いせいではありません。結果を出せなかったことが原因だと思っています。


誰がスタメンでも、日本代表チームの根底に日本人の特性があることに変わりはありません。その一つが、根気強さだと思います。これは、世界一でしょう。


100人いたら100通りのリーダーシップがあると思いますが、僕は運良く、信念を貫くリーダーに出会うことができました。芯を持ちブレないリーダーであれば、どんなタイプだろうと付いていくことができますよね。


2012年に就任した日本代表のメンタルコーチは、まずキッカーである僕のところに来ました。でも、シャットアウトしたんです。「メンタルには興味がないので」と。メンタルという目に見えないものと戦うのが嫌だったんですね。そんな自分に対し、メンタルコーチは「キックに関して積み上げてきたものを文字で整理して、ルーティンを築き上げてほしい」と言ったんです。それで腑に落ちました。文字にして、見えるものと戦う。それならやれると。そうして少しずつルーティンに変化を加えたことが、W杯での結果につながりました。


五郎丸歩の経歴・略歴

五郎丸歩、ごろうまる・あゆむ。日本のラグビー選手。福岡県出身。3歳でラグビーを開始。佐賀工業高校で3年連続全国大会に出場。早稲田大学スポーツ科学部に進学し、1年目からレギュラーに抜擢される。19歳で日本代表選出。大学卒業後、ヤマハ発動機ジュビロに入団。そのほか、オーストラリアリーグのレッズでプレーした。

他の記事も読んでみる

稲葉善治

ファナックでは以前から工作機械全体を1つのグループと捉え、部分最適ではなく全体最適のためにどうしたらいいかという問題意識を持っていました。


ジャンフランコ・ランチ

社員の多様性とそれを生かす文化は、世界で成功するための必須条件です。


大内厚

トラブルが発生したら、遠方であろうと昼夜を問わず現地へ駆けつけ、お客様の不安を取り除き、事態の改善に注力する。協力企業に対しては、やり直しの必要のないきっちりとした計画で指示を出す。様々な失敗の中から、こういった姿勢で取り組むことが信頼につながり、次の仕事につながっていくことを学びました。


関家憲一

半導体の前工程で使う拡散炉の事業から撤退し、50億円もの開発費を捨てました。技術的評価は高かったのですが、事業としては上手くいきませんでした。手を広げすぎたと言えばそれまでですが、当社がどんな事業を成すべきか、どんなことをすべきではないのか、新規参入を決めた時の社長だった創業者を含め、会社としての判断基準が曖昧だったからでしょう。
【覚書き|創業者=父の三男(みつお)氏】


成宮雄三

雑誌の中吊り広告は、企画の構成と相通ずるものがあります。雑誌広告にはメインの特集記事が目立つように配置されていて、それ以外に、マンネリでもいいから欠かせない定番の連載記事が絶妙に配置されています。何をどうすれば人々の視線を集めることができるのか、考え尽くされているデザインです。これは私たちの展示会の企画と同じで、見習うべき点も多い。社員にも「中吊り広告で企画を学べ」と教えています。


唐沢穣

集団が敵対している場合であっても、互いに協力しないと達成できない上位目標を与えることで、友好関係が回復できる。


堀江裕介

1兆円規模の企業にしようと思えば、新たなトレンドをいち早くつかみ、新規事業に取り組まなければなりません。大事なのは常にアンテナを高く張って情報を捉えることですが、ソフトバンクの孫さん、楽天の三木谷さん、サイバーエージェントの藤田さん、GMOグループの熊谷さんクラスの優れた経営者が、かつてどのような戦いを挑んでこられたのか、また、インターネットやソーシャルゲーム、スマートフォンがどのような変遷をたどって普及してきたのか、常に歴史から学ぶようにしています。


鎌原正直

当社の独自性が発揮できない領域にやみくもに出ていくようなことはしません。あくまでも、得意な技術やノウハウを生かせる領域に経営資源を集中させていくつもりです。当社ではこれを「ユニーク&スペシャリティ」と呼んでいます。


北尾吉孝

衆知を集めることの重要性は、今さら言うまでもありませんが、現代社会においては、衆知を集めれば集めるほど、判断に迷いよく分からなくなるという危険がある。


塩沼亮潤

行者として私が目指すのは世界の人々の心を通い合わせること。近々ニューヨークに拠点を定め、様々な宗教や文化との交流を重ねる活動を始めます。外国語の勉強は大変ですが、これも修行。小僧の心で臨みます。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

私が勤めていた当時の野村証券も、いまのゲーム業界も、ほとんどの社員が最初に配属された部署でずっと仕事をしますから、会社全体の業務の流れがまるでわからない状態になってしまいます。自分の部署の仕事が回れば、あとは野となれ山となれでは、顧客に喜んでもらえる価値を創造することはできません。


八木龍平

相手に「褒めるところがない」と思ってしまうのは、自分の「褒めるキャパシティ」が狭いということ。キャパシティを広げるためには、自分がどんな価値観の人間なのか知ることが必要。


柳弘之

現地、現場、現物の「三現」を重視するのが、日本的経営の一番の強みだと僕は思っている。だから、開発途上の製品に乗ったり、現場の若い人たちと定期的に話す機会をつくったりすることは、ずっと意識的に続けてきました。やっぱり現場に入っていくと、彼らもいろんな意見や質問をフランクにしてくれるから。


香川真司

自信と過信は紙一重。「やれる」という強い気持ちを持たないと、こっち(海外)ではやっていけない。だからといって「俺ってすごい」とも思わない。ドイツでは、いい意味で自信をつけることができたけど、反面、ここで結果を残しても、全く満足できない自分もいる。


樋口武男

まだまだ序の口ですけど、新事業を展開するのに人間関係ができていれば、完成された商品を持って行って「使ってみてください」と言えるし、よかったら「うちのお店でも使わせてください」という良い循環ができる。従来の請負稼業だけでは時間がかかりますので、本当に良い商品をつくってお客様の方から来てくれるようなウィン・ウィンの関係をつくりたいと思っています。