名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

五郎丸歩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五郎丸歩のプロフィール

五郎丸歩、ごろうまる・あゆむ。日本のラグビー選手。福岡県出身。3歳でラグビーを開始。佐賀工業高校で3年連続全国大会に出場。早稲田大学スポーツ科学部に進学し、1年目からレギュラーに抜擢される。19歳で日本代表選出。大学卒業後、ヤマハ発動機ジュビロに入団。そのほか、オーストラリアリーグのレッズでプレーした。

五郎丸歩の名言 一覧

優れたリーダーはそれぞれスタイルは違っても、自分が何ができるかを分かっている。


リーダーがしっかりしていないと下がブレる。


自分のチームを好きにならないと、力は湧いてきません。企業もスポーツと同じで、所属する企業や組織を好きになれば、モチベーションは高まります。


日本人が持つ根気強さに、外国出身者のプライドが加わった。その相乗効果で、日本代表は強くなった。


モチベーションアップの方法で共通することがあるとしたら、チームを好きになることではないでしょうか。W杯でも、最初は大きなプレッシャーもあってネガティブなことばかり考えていたのですが、日本でW杯が開催される2019年に向け、このチームで勝ちたいと心から思いました。


これまでラグビー人気が低迷していたのは、スポーツとしての魅力が低いせいではありません。結果を出せなかったことが原因だと思っています。


誰がスタメンでも、日本代表チームの根底に日本人の特性があることに変わりはありません。その一つが、根気強さだと思います。これは、世界一でしょう。


100人いたら100通りのリーダーシップがあると思いますが、僕は運良く、信念を貫くリーダーに出会うことができました。芯を持ちブレないリーダーであれば、どんなタイプだろうと付いていくことができますよね。


2012年に就任した日本代表のメンタルコーチは、まずキッカーである僕のところに来ました。でも、シャットアウトしたんです。「メンタルには興味がないので」と。メンタルという目に見えないものと戦うのが嫌だったんですね。そんな自分に対し、メンタルコーチは「キックに関して積み上げてきたものを文字で整理して、ルーティンを築き上げてほしい」と言ったんです。それで腑に落ちました。文字にして、見えるものと戦う。それならやれると。そうして少しずつルーティンに変化を加えたことが、W杯での結果につながりました。


五郎丸歩の経歴・略歴

五郎丸歩、ごろうまる・あゆむ。日本のラグビー選手。福岡県出身。3歳でラグビーを開始。佐賀工業高校で3年連続全国大会に出場。早稲田大学スポーツ科学部に進学し、1年目からレギュラーに抜擢される。19歳で日本代表選出。大学卒業後、ヤマハ発動機ジュビロに入団。そのほか、オーストラリアリーグのレッズでプレーした。

他の記事も読んでみる

坂根正弘

考えを進化させるときの習慣として心がけているのが「メモ」です。何かアイデアが浮かんだら、その場ですぐにメモに残す。わざわざメモしなくても、本当に必要なことならあとで思い出すはず、という考え方もあります。でも、それができるのは、目の前の仕事に集中していればいい若いうちだけ。立場が上がれば上がるほど、たくさんの仕事を同時進行でこなさなくてはならなくなる。そうなると、とてもメモなしでは対応できなくなりますよ。


澤口俊之

同僚やプロジェクトで組む相手との協調性を高めたいのなら、その人に触れてみてください。バレーボールでは円陣を組んで手を重ねたり、監督が選手の肩を叩いたりするのをよく見かけます。あれには、オキシトシンという女性ホルモンを分泌させ、親和性を高める効果があります。オキシトシンは男性にもあり、脳内にも存在することがわかっています。ただし、あくまでも信頼できる相手にのみ有効です。嫌だと思っている人に触ったり触れられたりすると、緊張ホルモンが出てしまいます。当然のことながら、セクハラと言われないように注意してください。


松岡修造

僕が知る限り、プロ意識が高い選手ほど、感謝の気持ちをハッキリと表現しています。そういう人と接するのは気持ちがよいので、多くの人が周りに集まってきます。自然と人との出会いが多くなり、そこからさらに支えや助けが広がっていく――という好循環が生まれます。これは、ビジネスの世界でもまったく同じではないでしょうか。


松下幸之助

一挙に事を決するということを行なえば、必ずどこかにムリを生じてくる。


武田良太

まず、土俵をつくるというところが、今の日本は大事なわけであって、じゃあ土俵をつくるためにはまず対話だと、協議だと。その中で両首脳が同じテーブルについたときには、日本は日本でしっかりとした要求をする。北朝鮮も何を日本に求めるかを言ってくるでしょうから。その中にある答えを見いだすことが重要じゃないかと思いますね。


長谷川閑史

誰が最終責任を持ってリードするか、指揮命令がはっきりしなければ、どんな改革も成功しない。


戸塚隆将

外部の人とのアポは計画的なものではありません。たまたま電話をした人に、ランチや飲み会に行こうと軽く誘う感じです。利害はあまり考えずに、そうした縁を活かします。お互いが負担に感じない、肩肘張らない関係のほうが、結局は長続きするようです。


ベンジャミン・フランクリン

まもなく兄のくれる金が半分は残ることがわかった。この残った金は本を買う足しにした。
【覚書き|ベンジャミン・フランクリンは16歳のとき、雇い主の兄に「自炊がしたい」と申し出て、自分の食費にあてられていた金額の半分を直接受け取れるようにし、さらにその半分を節約し本を買うために使った】


ナポレオン

戦の勝利は最後の5分間にある。


吉田博一

協賛金や出資を募ったとき苦労しました。ただ、僕は20~30代の時に営業を担当していて、当時はなかなかの実績を上げていたと自負しています。昔取った杵柄ではないですが、徐々に「預金や貸し出しの営業と同じだな」と思える余裕が生まれました。1日90軒を目標に営業先を訪問していた当時の経験が、今になって生きているのだと感じましたね。


徳重徹

若い人は、手紙はハードルが高いと敬遠しがちだが、大事なのは形ではなくあくまで中身。私のところにもときどき、拙著を読んだ若い人から会いたいという手紙が届くが、その理由がきちんと書いてあり、さらに文面から真剣さが伝わってくれば、じゃあ食事でもしようかという気持ちになる。


嶋津良智

業績の下位の人に最後通牒を送る前にはチャンスを与えるべきです。また中の人にも、上位に上がれるチャンスを与える仕組みは必要です。このとき意識してほしいのは透明感です。上司の気分次第でチャンスの中身が変わったり、上にあがるための基準が変わると、不公平感につながってしまいます。