五郎丸歩の名言

五郎丸歩のプロフィール

五郎丸歩、ごろうまる・あゆむ。日本のラグビー選手。福岡県出身。3歳でラグビーを開始。佐賀工業高校で3年連続全国大会に出場。早稲田大学スポーツ科学部に進学し、1年目からレギュラーに抜擢される。19歳で日本代表選出。大学卒業後、ヤマハ発動機ジュビロに入団。そのほか、オーストラリアリーグのレッズでプレーした。

五郎丸歩の名言 一覧

優れたリーダーはそれぞれスタイルは違っても、自分が何ができるかを分かっている。


リーダーがしっかりしていないと下がブレる。


自分のチームを好きにならないと、力は湧いてきません。企業もスポーツと同じで、所属する企業や組織を好きになれば、モチベーションは高まります。


日本人が持つ根気強さに、外国出身者のプライドが加わった。その相乗効果で、日本代表は強くなった。


モチベーションアップの方法で共通することがあるとしたら、チームを好きになることではないでしょうか。W杯でも、最初は大きなプレッシャーもあってネガティブなことばかり考えていたのですが、日本でW杯が開催される2019年に向け、このチームで勝ちたいと心から思いました。


これまでラグビー人気が低迷していたのは、スポーツとしての魅力が低いせいではありません。結果を出せなかったことが原因だと思っています。


誰がスタメンでも、日本代表チームの根底に日本人の特性があることに変わりはありません。その一つが、根気強さだと思います。これは、世界一でしょう。


100人いたら100通りのリーダーシップがあると思いますが、僕は運良く、信念を貫くリーダーに出会うことができました。芯を持ちブレないリーダーであれば、どんなタイプだろうと付いていくことができますよね。


2012年に就任した日本代表のメンタルコーチは、まずキッカーである僕のところに来ました。でも、シャットアウトしたんです。「メンタルには興味がないので」と。メンタルという目に見えないものと戦うのが嫌だったんですね。そんな自分に対し、メンタルコーチは「キックに関して積み上げてきたものを文字で整理して、ルーティンを築き上げてほしい」と言ったんです。それで腑に落ちました。文字にして、見えるものと戦う。それならやれると。そうして少しずつルーティンに変化を加えたことが、W杯での結果につながりました。


五郎丸歩の経歴・略歴

五郎丸歩、ごろうまる・あゆむ。日本のラグビー選手。福岡県出身。3歳でラグビーを開始。佐賀工業高校で3年連続全国大会に出場。早稲田大学スポーツ科学部に進学し、1年目からレギュラーに抜擢される。19歳で日本代表選出。大学卒業後、ヤマハ発動機ジュビロに入団。そのほか、オーストラリアリーグのレッズでプレーした。

他の記事も読んでみる

徳岡邦夫

漫然と経験を重ねるだけでは意味がありません。大切なのは、経験の量ではなく、ひとつひとつの経験から何かを学ぼうとする問題意識です。


鈴木純(経営者)

勝つには個々のメンバーの能力が高いことと、全員がチームの目標と戦術を理解していることが不可欠。


大垣尚司

営業マンには、提携会社だからと言ってMCJ(日本住宅ローン)の商品だけを勧めうることはしないでほしいと言っています。あくまでも選択肢のひとつとして紹介してもらうだけでいいのです。


田中イデア

おどおど恥ずかしそうに言っても、面白くありません。言葉は鮮度が命。くだらないダジャレもスパッと、堂々と言うから笑えるのであって、もたもたしているとただの親父ギャグになります。


マイケル・ガーバー

優良企業は非凡な結果を生みだす方法を知っている。平凡な人々が非凡なシステムを使うことで途方もないことをやり遂げる方法を。


森岡毅

マーケターは消費者の代理人。どんなに成功を重ねても、消費者視点という原点は忘れてはいけない。


樋口知之

これからの時代はどんなビジネスパーソンも、データリテラシーは身につけた方がいい。特に経営トップや現場のリーダーは、自分がデータを分析できなくても、データを読んで将来を予測し、意思決定していかなけばならない。データが読めなければ競合に負けてしまう。


久保田豊

細かいことで私欲を出したり、無理に人を押しのけたりすることは感心できません。たまに赤字覚悟、損得勘定抜きの場合があってもいい。その方が相手側の信頼を得て、結局はプラスになって返ってきます。


安渕聖司

GEは会社自体が「物事をポジティブに捉える」カルチャーを持っていて、たとえば、お客様からの要求があったら、苦情ではなく「改善機会」と捉えます。このように単語ひとつ言い換えるだけでも、メンタルは大きく変わると思います。


桜井醜

当社の仕事は「広告」ではなく「個告」です。情報をお届けする相手は「顧客」ではなく「個客」、つまりコンシューマーでも、カスタマーでもなく、一人一人の顔が見えるゲストだと思っています。これからの時代は必要な情報を、必要な人に、必要なときに届ける「個告」の時代になっていくと思います。


島正博

会社のエントランスにロダンの考える人と大きな手の彫刻が飾ってあるのですが、「考えているだけではいけない、すぐに手を動かしなさい」という社員へのメッセージです。


澤村伊智

怖いシーンだけで引っ張れたら一番いいんですけど、長編ではなかなか難しい。長いホラーを書くうえで、有効なのはやはりミステリー的な仕掛けなんですよね。読者の予想を裏切るような展開を用意して、あっと言わせるのを楽しむ。そんなサディスティックな気持ちも、多少あったりします。


古田新太

浅くていいから、引き出しをたくさん持っておくことが大切。


米倉誠一郎

ベンチャー企業の場合、最初は経営理念を持っていない。しかし成長の過程で壁にぶつかり、自らを見直さざるを得ない時期がくる。


安藤宏基

これはどの産業も同じことだと思いますが、パラダイムシフト(価値観の変動)が起こってイノベーション(革新)のディレクション(方向)が変われば、ほとんどゼロからのスタートになるわけです。エネルギー産業なんてまさにそうでしょう。化石燃料から、ゼロエミッション、CO2を出さないクリーンエネルギーに転換していくとなれば、まったく新しい技術を開発する必要がある。考え方次第で、どんな産業にもイノベーションの余地は無限にあるのです。


ページの先頭へ