名言DB

9413 人 / 110706 名言

五神真の名言

twitter Facebook はてブ

五神真のプロフィール

五神真、ごのかみ・まこと。日本の物理学者、理学博士。「東京大学」総長。東京都出身。東京大学理学部物理学科卒業、同大学院理学系研究科博士課程中退。東京大学理学部物理学教室助手、同工学部物理工学科講師・助教授、東京大学教授、東大工学系研究科附属光量子科学研究センター長、副学長、理学系研究科長、理学部長、総長などを務めた。

五神真の名言 一覧

個々人が自由に活動することは極めて重要なことです。それを前提に、格差を減らし、社会全体が調和的な発展に向かう新しい仕組みが必要です。そうした社会に向かうための推進役として、大学が意志を持って行動することが、今、求められています。


東京大学では、企業との契約書の作成に必要な知識や資格を持った専門家は組織的に配置されていませんでした。そこで、私が総長になってから、そうした専門家の採用も始めました。経営に最低限必要な土台をきちんと整備したことが、今の産学協創につながっていますが、まだまだ足りない部分もたくさんあります。


大学が社会に向けて行動を起こすためには、教員が課題を自らのものとして認識し、主体的に参加することが必要です。教員はそれぞれの分野で厳しい競争をしながら高いレベルの研究と教育を進めています。その教員たちが自ら動きたいと思える仕掛けが必要です。


新しい時代に向かう時、私たちは、分断や保護主義ではなく、人類全体が良くなる方向に積極的にかかわっていかなければいけません。しかし、今の日本の問題は、知や人材のストックがあるにもかかわらず、それを活かせていない、動かせていないということです。みんなでこのストックを活用する気運を高めていかなければなりません。


すでに、東京大学はNECや日立との組織レベルの連携を始めていますが、これは研究室レベルで行ってきた今までの産学連携とは異なり、機関のトップ同士が、より良い社会づくりを目指し、ラウンドテーブルをつくり、何をやるかをゼロベースで議論するところから始めています。つまり、「○○という技術を共同で開発しましょう」ではなく、「今の社会の課題は○○で、それを解決するためにどのような新しい価値を創ればいいかを一緒に考えましょう」という形です。新たな産業の形を一緒に考え、そこから社会実装に向けた共同研究に繋げるのです。私たちはそれを産学協創と呼んでいます。


スマート農業の議論をしていて、なるほどと思ったことがあります。これまで、農業の生産性を上げるには農地を大きくして、機械を入れるのが良いという考え方が根本にありました。しかし日本の場合は独特の土地文化があり、農地の集約化が困難でした。一方、スマート農業とは、バラバラな小さな農地でもセンサーやドローン、AI、IoT、ビッグデータを活用することで、単位面積あたりの生産量を上げることを実現するものです。つまり、必ずしも資本集約的な意味で大規模化せずとも、生産性は上げられるというのです。このことが意味することは、極めて大きいと言えます。それは、今の資本主義の市場原理では解決の難しかった格差の問題をがらっと変える、ゲームチェンジを起こす可能性があるからです。そのゲームチェンジを日本が世界に先んじて実現できるチャンスが来ているのではないかと私は感じています。


世界が急速に不安定化しているのは、従来の社会モデルのままでは立ち行かなくなっていることの表れだと言えます。資本主義、あるいは民主主義は非常に優れた社会の仕組みであり、人類はそれを鍛え育てながら発展を遂げてきたと言えます。しかし今、社会が急速に変容し、このモデルの限界が露呈してきている現実があります。


五神真の経歴・略歴

五神真、ごのかみ・まこと。日本の物理学者、理学博士。「東京大学」総長。東京都出身。東京大学理学部物理学科卒業、同大学院理学系研究科博士課程中退。東京大学理学部物理学教室助手、同工学部物理工学科講師・助教授、東京大学教授、東大工学系研究科附属光量子科学研究センター長、副学長、理学系研究科長、理学部長、総長などを務めた。

他の記事も読んでみる

小泉文明

情報のアウトプットも漫然とはやりません。SNSのメッセージは幅広い人に読んでもらえるよう、投稿時間を意識しています。みんなが忙しい時間帯に投稿しても読まれず、徒労に終わりますから。「1日で最も反応が得られる時間帯」については、自分なりの勝ちパターンがあります。ネット業界の知り合いは自宅や会食場所への移動が19時から19時半になることが多く、その間にSNSをチェックする傾向にある。この時間帯を狙うと効率的です。


宇野郁夫

私は若いころから本を読むことが一番の楽しみで、いまでも多くの本を読んでいます。本を読むことが役に立つことかどうかは、ある程度まではわからないものですが、ある一線を越えると急に世界が違って見えるような気がしました。


森田仁基

成果を出すために、そして成長するために必要なのは、どんな場面でも「何とかしてやろう」と思えることだと思います。


柳楽幸雄

海外拠点の現地人人材に当社の経営理念やDNAをもっと理解してもらうため、リーダーを育成するための「グローバルビジネスアカデミー」を開校しました。シンガポールからスタートし、中国・上海でも展開し、若手対象のアドバンスクラスに加えて、幹部候補生を対象としたエグゼクティブクラスも設けました。また、世界から選抜された人が参加するグローバルカンファレンスも春と秋に開催しています。


佐々木宏

私自身としては「応援団長のようなもの」と捉えています。クリエイティブディレクターは、クライアントと広告制作現場をつなぐことも仕事だし、広告とお客さんをつなぐことも仕事だし、今回はたくさん仕事をしたなと思えるものもそうでないものもあります。仕事の負荷については、ひとつずつの状況によってまるでちがうのですね。


三毛兼承

邦銀には稟議制度があり、常に東京に聞かなければ結論が出せない仕組みだが、欧米の銀行は権限委譲されていて、私以外はその場で即断即決していた。「お前はどうするんだ」と常に迫られていた。

【覚え書き|ロンドン支店時代を振り返って】


南部靖之

私たちの仕事は人を活かすこと。年齢・性別・国籍に関係なく自由に好きな仕事を選択できる社会をつくりたい。


石川康晴

厳しい言い方ですが、「代案なきギブアップ」は、ビジネスパーソンとして許されない。


森川亮

人脈づくりで一番大事なのは、自分に何らかの価値がないといけない、ということ。相手にとって、自分とつき合うことに何かメリットがないと、次につながらない。自分の価値を高めることが、人脈を広げるスタート。


津賀一宏

私たちは決して自動運転車をつくりたいわけでも、電気自動車をつくりたいわけでもありません。お客様が喜ぶ車は何かが一番のポイントになるのです。


中田亨

それぞれのサイトのセキュリティの強さも判断すべきです。もしパスワードが4桁しかなく、しかも間違っても回数無制限でやり直せるようなサイトは非常に危険。サイトの運営がずさんな場合もあります。たとえばパスワードにハッシュをかけずに保管しているサイトがあります。ハッシュとはパスワードを元に戻らない形に変形する処理のことで、これをかけるのは情報管理の基本ですが、それすらしていないサイトも多く、大手企業にも見受けられます。また、お金を盗まれることが不安なら、クレジットカードやネットバンキングの限度額も見直しておくべきです。


三浦善司

外国人に対するときは、意識してロジカルに話すようにしています。まず結論を伝え、その理由や根拠、そして具体的な事例や提案と、順序立てて話を進める。そうしなければ、相手に理解されないことが多いからです。日本人は曖昧な表現で伝えても、お互いがなんとなくわかった気になって満足するようなところがあります。こうした阿吽の呼吸は、特に欧米人には通用しません。


松枝寛祐

マイノリティー出資(持ち株比率が低い出資)ではマジョリティオーナー(大半の株を持つ出資者)の戦略に振り回されてしまいます。自動車に乗るならどうしても運転席に座るべきだと思います。後部座席に座っていると、運転手によってはどこへ連れていかれるかわかりません。そうすると予期しない場所に連れて行かれそうになり、途中で降りざるを得ないというような意味で、アジアにおいても経営主導権を握るような形での進出が重要ではないかと思います。さもないと、せっかくの努力が無にされてしまうケースが出てくるというのが我々の教訓です。


張瑞敏

コストの違いは、勝ち残るための決定的な差ではなくなると思っています。仮にコストが低くても、中国で生産したものが世界中で売れるかと言えば、そうではない。グローバル化の流れの次にあるものは、ローカル化にほかなりません。地域のマーケットニーズを満たすことが最重要課題です。


川越達也

僕がチャンスをいただけるのは、いわば「代打、川越」と指名していただくようなもの。そのときに、ホームランは打たないけれどヒットは高い確率で打てる。仮にヒットにならなくても、強烈なピッチャーライナーを返せば「川越ってすごいんじゃないか」と匂わせることはできる。そうやって、なんらかの形で結果は残せるようにやってきたのです。