名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

五神真の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五神真のプロフィール

五神真、ごのかみ・まこと。日本の物理学者、理学博士。「東京大学」総長。東京都出身。東京大学理学部物理学科卒業、同大学院理学系研究科博士課程中退。東京大学理学部物理学教室助手、同工学部物理工学科講師・助教授、東京大学教授、東大工学系研究科附属光量子科学研究センター長、副学長、理学系研究科長、理学部長、総長などを務めた。

五神真の名言 一覧

個々人が自由に活動することは極めて重要なことです。それを前提に、格差を減らし、社会全体が調和的な発展に向かう新しい仕組みが必要です。そうした社会に向かうための推進役として、大学が意志を持って行動することが、今、求められています。


東京大学では、企業との契約書の作成に必要な知識や資格を持った専門家は組織的に配置されていませんでした。そこで、私が総長になってから、そうした専門家の採用も始めました。経営に最低限必要な土台をきちんと整備したことが、今の産学協創につながっていますが、まだまだ足りない部分もたくさんあります。


大学が社会に向けて行動を起こすためには、教員が課題を自らのものとして認識し、主体的に参加することが必要です。教員はそれぞれの分野で厳しい競争をしながら高いレベルの研究と教育を進めています。その教員たちが自ら動きたいと思える仕掛けが必要です。


新しい時代に向かう時、私たちは、分断や保護主義ではなく、人類全体が良くなる方向に積極的にかかわっていかなければいけません。しかし、今の日本の問題は、知や人材のストックがあるにもかかわらず、それを活かせていない、動かせていないということです。みんなでこのストックを活用する気運を高めていかなければなりません。


すでに、東京大学はNECや日立との組織レベルの連携を始めていますが、これは研究室レベルで行ってきた今までの産学連携とは異なり、機関のトップ同士が、より良い社会づくりを目指し、ラウンドテーブルをつくり、何をやるかをゼロベースで議論するところから始めています。つまり、「○○という技術を共同で開発しましょう」ではなく、「今の社会の課題は○○で、それを解決するためにどのような新しい価値を創ればいいかを一緒に考えましょう」という形です。新たな産業の形を一緒に考え、そこから社会実装に向けた共同研究に繋げるのです。私たちはそれを産学協創と呼んでいます。


スマート農業の議論をしていて、なるほどと思ったことがあります。これまで、農業の生産性を上げるには農地を大きくして、機械を入れるのが良いという考え方が根本にありました。しかし日本の場合は独特の土地文化があり、農地の集約化が困難でした。一方、スマート農業とは、バラバラな小さな農地でもセンサーやドローン、AI、IoT、ビッグデータを活用することで、単位面積あたりの生産量を上げることを実現するものです。つまり、必ずしも資本集約的な意味で大規模化せずとも、生産性は上げられるというのです。このことが意味することは、極めて大きいと言えます。それは、今の資本主義の市場原理では解決の難しかった格差の問題をがらっと変える、ゲームチェンジを起こす可能性があるからです。そのゲームチェンジを日本が世界に先んじて実現できるチャンスが来ているのではないかと私は感じています。


世界が急速に不安定化しているのは、従来の社会モデルのままでは立ち行かなくなっていることの表れだと言えます。資本主義、あるいは民主主義は非常に優れた社会の仕組みであり、人類はそれを鍛え育てながら発展を遂げてきたと言えます。しかし今、社会が急速に変容し、このモデルの限界が露呈してきている現実があります。


五神真の経歴・略歴

五神真、ごのかみ・まこと。日本の物理学者、理学博士。「東京大学」総長。東京都出身。東京大学理学部物理学科卒業、同大学院理学系研究科博士課程中退。東京大学理学部物理学教室助手、同工学部物理工学科講師・助教授、東京大学教授、東大工学系研究科附属光量子科学研究センター長、副学長、理学系研究科長、理学部長、総長などを務めた。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

ハウステンボスの再建にはたくさんのチャレンジをしましたが、その7割は失敗に終わっています。しかし、3割の成功が黒字に結びついたのです。


飯田亮

私は生来、新しもの好きなところがあって、人がやらないことを夢中になってやる癖があります。


加藤智久

最初の3カ月は惨憺たるものでした。テスト営業の結果は、1カ月の売り上げが数千円という状況で……。しかし、理屈より「英会話のレッスンを格安で提供し、海外で活躍する日本人をたくさん輩出したい」という思いが勝ちました。サイトやレッスン形式の改善など、できることはまだあると感じていたこともあり、勤めていた会社を辞めて本格的に起業しました。


魚谷雅彦

幅広い層に受け入れられるものをつくろうと考えるのではなく、特定の人に支持されるモノをつくろうと発想することが大切です。


松本晃(経営者)

大事なことは、失敗から学ぶこと。失敗から学んだことを、自分や会社の「アセット(資産)」にすれば、同じ失敗を繰り返さないし、失敗の経験から、強くなれる。


森田勉(経営者)

営業で相手の社長に会ったら、まずは懐に飛び込むことからだね。社長の趣味を徹底的に調べておいて、その話題から入ることが多かったかな。さらに「受付でどうのこうの言われて、大変でした。やっと社長にたどり着けましたよ」なんて言えば、かわいい奴だと思ってくれる。社長は苦労してますから、そういう人間を受け止めてくれますね。


森田正光

ウェザーマップという会社を作り、事業主になってからはお天気コーナーの見え方が変わりました。画面から見えるのは一人の天気解説者ですが、その裏には何十人ものスタッフがいます。僕はお天気キャスターとして出演することでギャラをもらっていたわけですが、それ以外にも稼げる部分があるんだな、と。つまり、解説者を支える側に回ることができるんじゃないかと思ったんです。出演者として稼ぐだけじゃなく、お天気番組そのものを支えることもウェザービジネスのひとつだ、と。


香取照幸

世の中競争だとすれば、人生で勝ったり負けたりを繰り返す。


林文子

営業に対する努力を続けるコツは、ひとつひとつに結果を求めないことです。結果を求めるから、それが叶わないと諦めてしまう。そうではなく、営業活動をプロセスとしてお考えになるといいでしょう。日々の営業活動は、お客様と関係を深めていく過程の一部なのです。そのプロセスを楽しむ気持ちでいれば、きっと気持ちが楽になるはずです。


中村真樹

寝ている間に、傷ついた細胞が修復されて疲労が軽減されるのは、成長ホルモンの働きによるものです。その分泌量が一番多いのは、寝入りばなの90分間だと言われています。つまり、この90分間をベストな睡眠環境で過ごすほど、良質な睡眠を維持できるのです。最悪なのは、夜に煌々と明かりのついた居間でテレビをつけたまま、ソファーでうたた寝をしてしまうこと。寝ている間も脳は光や音を感知してしまうので、このような劣悪な環境で眠ってしまうと、脳が休まらないうえに成長ホルモンが十分に分泌されません。夜間のうたた寝は質の悪い惰眠のため、いくら寝ても疲労が抜けず、免疫力が落ちて風邪などの病気にもかかりやすくなってしまうのです。


柳井正

困難な時代だからこそニーズが産まれる。


堤幸彦

働くってことの一面には、「好き」とか「夢」とか「仕事を楽しもう」と気軽には言えない漆黒の壁がある。アドバイスできるとすれば、たったひとつ。完全な精神論ですが、「これは楽しいんだ!」と自己暗示するしかない。労働力を切り売る毎日の中で、一点でも突破できる、楽しめる要素を見出して、それを目的にしていけばいい。