名言DB

9429 人 / 110879 名言

五神真の名言

twitter Facebook はてブ

五神真のプロフィール

五神真、ごのかみ・まこと。日本の物理学者、理学博士。「東京大学」総長。東京都出身。東京大学理学部物理学科卒業、同大学院理学系研究科博士課程中退。東京大学理学部物理学教室助手、同工学部物理工学科講師・助教授、東京大学教授、東大工学系研究科附属光量子科学研究センター長、副学長、理学系研究科長、理学部長、総長などを務めた。

五神真の名言 一覧

個々人が自由に活動することは極めて重要なことです。それを前提に、格差を減らし、社会全体が調和的な発展に向かう新しい仕組みが必要です。そうした社会に向かうための推進役として、大学が意志を持って行動することが、今、求められています。


東京大学では、企業との契約書の作成に必要な知識や資格を持った専門家は組織的に配置されていませんでした。そこで、私が総長になってから、そうした専門家の採用も始めました。経営に最低限必要な土台をきちんと整備したことが、今の産学協創につながっていますが、まだまだ足りない部分もたくさんあります。


大学が社会に向けて行動を起こすためには、教員が課題を自らのものとして認識し、主体的に参加することが必要です。教員はそれぞれの分野で厳しい競争をしながら高いレベルの研究と教育を進めています。その教員たちが自ら動きたいと思える仕掛けが必要です。


新しい時代に向かう時、私たちは、分断や保護主義ではなく、人類全体が良くなる方向に積極的にかかわっていかなければいけません。しかし、今の日本の問題は、知や人材のストックがあるにもかかわらず、それを活かせていない、動かせていないということです。みんなでこのストックを活用する気運を高めていかなければなりません。


すでに、東京大学はNECや日立との組織レベルの連携を始めていますが、これは研究室レベルで行ってきた今までの産学連携とは異なり、機関のトップ同士が、より良い社会づくりを目指し、ラウンドテーブルをつくり、何をやるかをゼロベースで議論するところから始めています。つまり、「○○という技術を共同で開発しましょう」ではなく、「今の社会の課題は○○で、それを解決するためにどのような新しい価値を創ればいいかを一緒に考えましょう」という形です。新たな産業の形を一緒に考え、そこから社会実装に向けた共同研究に繋げるのです。私たちはそれを産学協創と呼んでいます。


スマート農業の議論をしていて、なるほどと思ったことがあります。これまで、農業の生産性を上げるには農地を大きくして、機械を入れるのが良いという考え方が根本にありました。しかし日本の場合は独特の土地文化があり、農地の集約化が困難でした。一方、スマート農業とは、バラバラな小さな農地でもセンサーやドローン、AI、IoT、ビッグデータを活用することで、単位面積あたりの生産量を上げることを実現するものです。つまり、必ずしも資本集約的な意味で大規模化せずとも、生産性は上げられるというのです。このことが意味することは、極めて大きいと言えます。それは、今の資本主義の市場原理では解決の難しかった格差の問題をがらっと変える、ゲームチェンジを起こす可能性があるからです。そのゲームチェンジを日本が世界に先んじて実現できるチャンスが来ているのではないかと私は感じています。


世界が急速に不安定化しているのは、従来の社会モデルのままでは立ち行かなくなっていることの表れだと言えます。資本主義、あるいは民主主義は非常に優れた社会の仕組みであり、人類はそれを鍛え育てながら発展を遂げてきたと言えます。しかし今、社会が急速に変容し、このモデルの限界が露呈してきている現実があります。


五神真の経歴・略歴

五神真、ごのかみ・まこと。日本の物理学者、理学博士。「東京大学」総長。東京都出身。東京大学理学部物理学科卒業、同大学院理学系研究科博士課程中退。東京大学理学部物理学教室助手、同工学部物理工学科講師・助教授、東京大学教授、東大工学系研究科附属光量子科学研究センター長、副学長、理学系研究科長、理学部長、総長などを務めた。

他の記事も読んでみる

木村昌平

イノベーションの判断基準は何か。それは、「社会から見て正しい、いい仕事かどうか」ということです。


和田秀樹

あなた自身が情報の発信者になりましょう。発信する立場になれば、情報の集め方や見せ方がわかる。簡単にはダマされないメディアリテラシーも磨かれます。


出口治明

いまの自分が一番若い。迷っているとその分だけ歳をとって元気がなくなる。挑戦するなら早ければ早いほどいい。


荒木飛呂彦

これは批判でいうのではないけれど、いまの漫画も、新しい表現を開拓してほしいなと思います。ヒットした先行作品の要素を寄せ集めたら売れるに決まっている、というのではなくて。僕も漫画や映画作品について分類や分析をしますけど、その基準も「売れたから」ではなくて、あくまで「自分が面白いと感じたかどうか」だけですから。


ジョン・A・ソルハイム

モノ作りに対して、絶対に妥協はしない。追究し尽くしたクラブだから、常に300ヤード以上飛ばすツアープロのバッバ・ワトソンも、一般のアマチュアゴルファーも全く同じヘッドを使ってパフォーマンスを発揮できる。ここまでの商品開発へのこだわりは、当社だからできること。全てはゴルファーにとってのベストのためにです。


三宅占二

経営方針や経営計画が出たときに「会社が決めたからお前やれ!」という人や、経営方針を自分の職場に落とし込んでその意味やメリットを自分の言葉で説明できないのはダメなリーダーです。これが結構多い。リーダーは「腑に落とす」努力を怠ってはいけないと思うんです。


森信三

「先の見通しがどれほど利くか」「どれほど他人の気持ちの察しがつくか」「何事についても、どれほどバランスを心得ているか」この3つで、人間の知恵は一応わかる。


仙田満

多様なデザイナーの協働が新しい時代の様式をつくる。


吉田幸弘(コンサルタント)

言葉は武器にもなりますが、凶器にもなります。とくに感情が昂ぶったときにその場ですぐ口に出す言葉は、相手を深く傷つけます。


佐藤弘志

坂本(孝・創業者)から「誰と一緒に仕事しているのですか」とよく言われていたのですが、町田中央通り店店長をしていたとき、まさにその部分がすっかり飛んでいました。新しい試みばかりに目がいって、「俺はこの企画を成功させれば、名が上がるぞ」とばかり考えていた。でもそれはリーダーではありません。リーダーは一緒に働くスタッフから信頼されないといけません。