名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

五月女圭一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五月女圭一のプロフィール

五月女圭一、そうとめ・けいいち。日本のビジネスプロデューサー。「ゲイト」CEO(最高経営責任者)。東京都出身。

五月女圭一の名言 一覧

自分の経験からも、健康には、毎日楽しく生活することが一番。そのため、いかに仕事を面白くするか、日々、工夫を重ねています。


20代の頃、過労で身体が動かなくなったことがあり、それ以降、健康や食事に気をつけるようになりました。倒れてからは「生きているだけでありがたい」と感じ、自分ができることで世の中に貢献したいと、飲食やリラクゼーションなど、店舗を中心としたビジネスプロデュースを手がけています。


五月女圭一の経歴・略歴

五月女圭一、そうとめ・けいいち。日本のビジネスプロデューサー。「ゲイト」CEO(最高経営責任者)。東京都出身。

他の記事も読んでみる

根岸孝旨

僕は曲を仕上げるときの最後の最後、これとあれのどっちにしようという場面で、ミュージシャンに「どちらでも……」と言われると怒ってしまうんです。「いままで、お互いいろいろ言ったかもしれないけど、最後こそ、自分のワガママや伝え得たいことを通してくれよ!」と。それこそ、音楽の本質なのですから。


ゆうきゆう

失敗と落ち込みを繰り返すと、「もう何をやってもダメだ」という気持ちになる「学習的無気力感」に駆られてしまいます。失敗経験を活かして誰かのために役立てよう、という考え方をもつことが、新たな局面を開きます。苦い経験を味わった人ならではの、きめ細やかなフォローができるでしょう。周囲からは、「困ったときに頼れる人」と、感謝されます。


三谷樹

手帳を使うことで、快適な生活ができたら、結果は後からついてくる。なにも目を三角にして頑張る必要はない。


レイ・クロック

マクドナルドは誰にでも成功を授けるわけではない。ガッツとそれを持続させる力が我々のレストランで成功するためには必要だ。常識を持ち、目標に向かっていく強い信念と、ハードワークを愛せる人物なら誰でも成功できる。マクドナルドの店を持ち、真剣に働く者は、誰しもが成功し、間違いなく億万長者になるだろう。


松田公太

能力がある人と情熱がある人、どちらを採用するかと問われれば、私は迷わず「情熱がある人」と答える。他の業界はどうか知らないが、タリーズのような飲食業では、情熱さえ持ち合わせていれば、人は必ず成長できると信じている。


中村天風

どんな頭のいい奴だって、いちどきに2つのことを思いもできなければ、行うこともできない。


美崎栄一郎

情報過多の時代、聞き手の記憶に1つでも残したら勝ち。それには、自分が面白いと思う内容に絞り、自分の言葉で話すことが大事。続けると、おのずと伝わるプレゼンができるようになる。


高田明(ジャパネットたかた)

私は常々、思っていることがあります。それは人間というのは、年を重ねるにつれ、親や子供、部下、そして世の中全体など、どんどん多くの人を幸せにしたいという想いが生まれてきます。でも、その際に自分のレベルが足りないと、それを実現できません。そんな後悔を、社員にはしてほしくない。だから結局、社員にはどうしても厳しくなります。


宮永俊一

内部で努力すればできることはしました。事業所が強いかつての体制を事業部制へとくくりを大きくして再編し、グローバルとリージョナルに経営資源を分ける絵を描きました。組織の最適化はできてきたと思います。


出井伸之

自分の仕事が繰り返しだと思わないこと。若い頃は書類の整理や上司の雑務などが多く、繰り返しの仕事をしていると感じるかもしれません。しかし、本当にそれは繰り返しでしょうか。例えば、レストランの給仕。毎日料理を運んでいるだけだと考える人もいれば、動線上のお客のグラスが空いていないか確認したり、常連の名前や好みを覚えようとしたりする人もいる。仕事自体は繰り返しでも、どのように捉えるかは自分次第。そして、後者の考え方でいればクリエイティブな仕事をできるようになるでしょう。


樫尾幸雄

敗戦で欧米から「日本人は劣っている」と見られたでしょう。「ものまねはできるが独創性はない」とね。その悔しさが、モノ作りの原動力の一つでした。「日本人はそんなんじゃない、欧米に負けないものを作りたい」とね。


宗次徳二

非上場でも、いい会社はいっぱいあります。ただ、私の場合は、資本と経営を分離したことで、後継者に道をスッキリと譲ることができました。道を譲った後は新社長にすべてを任せました。「私は今日を限りに役員も退任する。今後は役員会議にも出ないし、私にアドバイスを求める必要もない。相談に来られても困る」、そういうスタンスです。