名言DB

9412 人 / 110637 名言

五月女圭一の名言

twitter Facebook はてブ

五月女圭一のプロフィール

五月女圭一、そうとめ・けいいち。日本のビジネスプロデューサー。「ゲイト」CEO(最高経営責任者)。東京都出身。

五月女圭一の名言 一覧

自分の経験からも、健康には、毎日楽しく生活することが一番。そのため、いかに仕事を面白くするか、日々、工夫を重ねています。


20代の頃、過労で身体が動かなくなったことがあり、それ以降、健康や食事に気をつけるようになりました。倒れてからは「生きているだけでありがたい」と感じ、自分ができることで世の中に貢献したいと、飲食やリラクゼーションなど、店舗を中心としたビジネスプロデュースを手がけています。


五月女圭一の経歴・略歴

五月女圭一、そうとめ・けいいち。日本のビジネスプロデューサー。「ゲイト」CEO(最高経営責任者)。東京都出身。

他の記事も読んでみる

佐藤優

外交官の世界には厳格な序列があります。全員に細かくランクがあるんです。同じランクの人は、着任順で上下が決まる。同日の着任なら、着任の申告をした時間の早い人が上。ですから全員序列がついて、きれいに上から下へ並べられる。上下関係がはっきりしているほうが、命令が迅速に実行できる。だから軍隊などの戦闘組織は、上下関係が厳格です。外交の世界も諸外国との交渉、やりとりという一種の準戦闘状態。だから必然的に序列が厳格になるわけです。


林真理子

これは私のモットーでもあるんですけど、「しなかったことの後悔は十倍になるけれども、したことの後悔はすぐ薄れる」と思うんですよ。だから、やっぱり怒るときは、怒ったほうがいいのかもしれない。


陰山英男

「しんどい仕事をしなさい」と言うと、何だか根性論のように思うかもしれませんが、そうではないのです。私も30代のときは、学校の中の「しんどい仕事」を全部引き受けました。そうすることで、その仕事がしんどい理由や、意外に効率化できることに気づき、合理化、効率化に特に注力することになりました。集中力を高める自分自身のトレーニングにもなったのです。


青木紘二

私くらいの年齢になると、長く生活させてもらってきた写真界をよくしたいという気持ちが強くなります。そのためには、度を越した競争はやめて、利益率を上げることが必要です。これは、私と同じカメラマンを守るためでもあります。私たちフォトエージェントが安売り競争をすると、カメラマンが食べられなくなるし、結局はフォトエージェントも立ち行かなくなる。私たちは、絶対に過当競争をやってはいけないんです。ここにこそ、私は今、勝負をかけています。


直江文忠

朝の1時間は、昼の3時間に匹敵するというのは真実です。たとえ労働時間が同じでも、夜遅くまで残業したときと比べて、生産性は格段に向上します。


樋口泰行

社長が暗い顔をしているようでは、社員のモチベーションは高められない。元気を演じられるのもリーダーの資質。


冨山和彦

「好奇心を持つ」ことは、ビジネスパーソンにとって欠かせない資質だと思います。好奇心に乏しく、周囲のことに無関心であることは、学ぶチャンスを自ら放棄しているようなものです。


吉田松陰

多くの努力を注ぎ込んだことは、すぐにその功績を手中にすることはないかもしれない。しかし、全精力を集中して学んだものは生涯忘れないであろう。


宮内謙

私たちの製品は音声に特化しています。スマートフォンは他社に任せればいいのです。スマホが普及してくると、逆にウィルコムの製品が珍しくなりました。面白いもので、そうなると今度はこうしたガラケーの端末が目立つのです。4、5年前は皆ガラケー市場で競っていたのですが、もはやこちらはブルーオーシャン(競合相手のいない領域)に戻りました。そして、スマホ市場がレッドオーシャンになったのです。


山本寛斎

これまで出会って優秀だと思う人は、みんな変わっていた。


鳥飼茜

先日、とあるマンガ家さんが、女性の解放を阻んでいるのは女性ではないか、とおっしゃっていたんですね。本当に鋭い意見だと思います。それを打ち破る方法の一つが、私はかっこいい女性リーダーの登場だと思う。リーダーというと色がついちゃうけど、単純に心意気についていきたいみたいな。


和田秀樹

こんなご時世では儲からないと考える人と、だからこそ儲かると考える人がいる。それだけで決定的な差になってしまう。


前澤友作

スタートトゥデイには人事考課制度がありません。こういった制度はあった方が楽です。上司が部下を説得するために、いいように使えるからです。ですが本来、上司と部下の間に信頼関係があれば、こうした制度は不要なはずです。こうした制度ひとつひとつが会社から人間性を奪っていくのです。


坂口英治(経営者)

キーワードは「論理的思考」と「説明責任」。社員一人一人が自分の意志決定に対し「なぜ」と繰り返し問いかける。そしてほかの社員にもわかりやすく説明する。そうすれば言語が違う相手にも明確に伝わる。


小山昇

皆が楽しく、尊敬しあって仕事ができる企業になるには、決して人を減らしてはいけません。人を減らさないで済む企業は必ず成長します。人材にコストをかけても、一定の利益さえ上がれば良いのです。そういう考えを社長が持てるかどうかは、21世紀のビジネスシーンを勝ち抜くうえで、極めて重要なカギになります。