五月女圭一の名言

五月女圭一のプロフィール

五月女圭一、そうとめ・けいいち。日本のビジネスプロデューサー。「ゲイト」CEO(最高経営責任者)。東京都出身。

五月女圭一の名言 一覧

自分の経験からも、健康には、毎日楽しく生活することが一番。そのため、いかに仕事を面白くするか、日々、工夫を重ねています。


20代の頃、過労で身体が動かなくなったことがあり、それ以降、健康や食事に気をつけるようになりました。倒れてからは「生きているだけでありがたい」と感じ、自分ができることで世の中に貢献したいと、飲食やリラクゼーションなど、店舗を中心としたビジネスプロデュースを手がけています。


五月女圭一の経歴・略歴

五月女圭一、そうとめ・けいいち。日本のビジネスプロデューサー。「ゲイト」CEO(最高経営責任者)。東京都出身。

他の記事も読んでみる

高橋和志(造船技師)

もう、船だけを造っているのではダメだとはわかっていた。異業種に参入し、自分たちの提供できる付加価値で勝負をしなければ。でも、あちこちに可能性を探ってみてもお金は出ていくばかりでね。高い授業料を払った。よその分野に授業料を払い続け、話を聞き、そのうち何となく自分たちの分野の強味が分かるようになっていったんです。建築の分野における造船技術の強味は、1から100まで、すべて自分たちで造れるところです。造船の世界では設計と施工が分かれてないからね。建築の世界では細かく分業化されてるでしょ。建築家が設計図を書く、ゼネコンが下請け業者に仕事を回す。すると、ただ「アルミを溶接する」なんてひとつの工程でさえ、専門家を呼ばなければ対応できないわけだ。造船の世界じゃ、そういうのは全部できないとオーダーメイドの船は造れない。どんな素材を切るのも、金属板の溶接も三次元加工も、お手のものなんだ。


ジョン・グランバー

いまは確かに危機です。しかし、多くのことを変革できるチャンスでもあるのです。


中山雅史

暗くやっても楽しくないですし、同じ時間を練習するんだったら、気持ちを高めてやるほうが自分を成長させてくれる。


飯田敏(ファイナンシャルプランナー)

これから資産運用を始めるということであれば、まずは家計の状況や毎月の収支がどの程度黒字なのか、赤字なのかを把握してください。その上で、お金に色を付けていく。使う目的ごとに区別するということです。いくつかの資産に分散して投資をする場合も、この色付けが済んでいるとスムーズです。子供の教育資金など必ず近いうちに必要になるお金と、数十年後のための備えでは、リスクの許容度も変わってきます。


田原総一朗

追い詰められたとき、日本人は強靱な力を発揮する。僕はそれを戦後復興で体感してきた。


石川康晴

緊張感のある会議では創造性は発揮できない。それよりも立ち飲み屋やカフェのような気楽な雰囲気でミーティングを行うと、いろんな発想が出てくる。


似鳥昭雄

以前は楽をするのが好きでしたが、誰かのためにと高い目標に向かって皆で努力する達成感を知ったあとは、たとえ休みがなくても仕事が楽しいのです。


板東英二

エネルギーの根本にあるのは、欲です。欲しいと思う気持ちがあったら、人間なんか行動をしよる。頭を使い、体も動かす。


井原裕(精神科医)

最も重要なのは、毎日、同じ時刻に寝て、同じ時刻に起きること。1日24時間の周期に合わせて、一定のリズムで生活すること。時刻が決まっていれば、何時に寝てもかまいません。


宮坂学

できないのに「やるやる詐欺」のようにやっているふりをするのはやめよう。


古俣大介

自分に才能がないと気付いてから絵を描くのをやめました。同時にモノづくりをする人たちを支援したいという気持ちが生まれました。


出原洋三

いま何を実行するかは、先を考えないと決められません。社長に就任してからすぐにビジョンをつくりました。3000億円弱だった売上高を2倍以上に、ROE、ROAは10%以上を目指す。OBからは「できもせんことを言うな」と批判されましたが、あえて高い目標を掲げました。
【覚書き|ROE=自己資本比率、ROA=総資産利益率】


ジェームス・バーダマン

「今の時代、英語ぐらい話せないと」といった理由で学んでいては、いつまで経っても英語は身につきません。まずは何のために学ぶのか、目的を明確にすることが、英語を話せるようになるための最初の一歩。


畑村洋太郎

自分なりに正しい判断ができるようになったとしても、子分である部下が踏み外してはならない掟がひとつある。それは「でしゃばりすぎるのはよくない」ということである。親分である上司は様々な選択肢の中から最終判断を行う。部下から見て、その判断に問題があっても、「自分はこう思う」と口に出してはいけない。あくまで部下の役目は、上司がより正確に判断を行えるように、材料を集めて提出することである。


加瀬豊

上司は「問いかけ」をするのが仕事です。問いかけをしなければ仕事をしていないとさえいえます。実際、部下に課題やノルマを与えるとき、私はいつも「3つの問いかけ」をするように努めています。まず、最初の問いかけは「なぜそうなったの?」。第二の問いかけは「それで、君自身どう思ってるの?」です。そして最後は「では、どうしたいの?」です。


ページの先頭へ