名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

五嶋みどりの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

五嶋みどりのプロフィール

五嶋みどり、ごとう・みどり。日本のバイオリニスト。大阪出身。幼少期にバイオリンの才能を見出され10歳で渡米。11歳で米国デビュー。その後、トップバイオリニストの一人になった。また、みどり教育財団を設立し、社会福祉事業を行った。

五嶋みどりの名言 一覧

目標があり、それに向かっていく気持ちは必要ですが、身近な欲を追求していくと本質が見えなくなる。


支援活動を通じて一番学んだことは、私たちはすごく裕福な生活をしているということです。ただ、それが精神的な幸福とは結び付かないのではないかと感じています。欲を捨てないと、本当の意味での生きる理由が見つけられないのではないかと考えるようになりました。


新興国支援では人と人のかかわりが一番大切。送り込むだけでなく、一緒につくっていくアクションが重要なので、できるだけ現地の音楽家とのコラボレーションや、話し合いをもったりします。食べ物や医療だけに限らずに、文化的な交流や支援も増えていけばいいと思います。


五嶋みどりの経歴・略歴

五嶋みどり、ごとう・みどり。日本のバイオリニスト。大阪出身。幼少期にバイオリンの才能を見出され10歳で渡米。11歳で米国デビュー。その後、トップバイオリニストの一人になった。また、みどり教育財団を設立し、社会福祉事業を行った。

他の記事も読んでみる

松丸友紀

『ワールド・ビジネスサテライト』の「トレンドたまご」というアイデア商品の紹介コーナーを、入社以来6年間担当しているんですが、第1回から、取材メモとは別に、その内容を必ずノートにまとめているんです。自分なりに商品のポイントを整理したり、印象的だった開発者の方の声をピックアップしたり、という感じですね。上手にレポートができるようになりたくて、とにかく、ひとつひとつの商品をきちんと理解しようと、自主的に始めたのです。続けていると、少しずつ変化が出てきました。まず、難しい技術を使った商品でも、前に取材したジャンルなら、特徴が理解できるように。また、いまのトレンドが何となくわかってきて、商品探しも手伝えるようになりました。そして昨年からは、ノートをきっかけに、日経トレンディネットでトレンドに関するコラムを書かせていただけることに。積み重ねることの大切さを実感しました。


岩田松雄

「好きなこと」「得意なこと」「人のためになること」という3つの要素の重なる部分を追求すれば、自分が追求すべきミッションが見えてきます。定期的に自分を見つめ直し、それぞれのミッションを早い段階で見いだしてほしい。


池上遼一

リアルな絵で荒唐無稽な話をやりたいんです。「こんなことがあるわけねえだろう」って、「こんな主人公いるわけないじゃん」ってなるんだけど、絵をリアルに、演出をリアルにすることによって「ひょっとしたら」って思わせる。それが僕の仕事だと思っている。


池田敦司

たとえば一人のお客様が、「球場は屋外なんだから、自由に煙草を吸ってもいいだろう」とおっしゃったとしても、副流煙などで、それ以外の大多数の顧客を不満にさせる喫煙を認めるわけにはいかないのです。野球場を運営する当社の最大の使命は、観客2万人に快適かつ安全に観戦してもらうことです。となると、禁煙というルールは避けられません。


鈴木喬(経営者)

ある時は用心深い臆病者となり、別の時は自信満々の宗教指導者を演じる。この2つの顔を使い分けることが、経営者には求められます。


上田準二

多くのGMS(総合スーパー)は食料品コーナーを除いてみな苦戦しているが、苦戦の理由は旧態依然としたやり方が続いているからだろう。


上田準二

ほとんど誰も聞いていない状況でも、2、3秒黙ると「話が飛んだのかな?」と注目が集まる。そのときを狙って「そ・こ・で!」とハッキリ大きな声で説明すると、聞き手の頭に入りやすい。間を使って「これはみんなが聞きたい話か?」「聞かせどころの順番間違えてないか?」と頭の整理もできます。


齋藤孝(教育学者)

私は毎年、社会へ巣立つ教え子たちに、「テンシュカクを目指せ」とハッパをかけている。テンション(テン)を高く保ち、間違いをすぐに修正(シュ)し、常に確認(カク)を怠らなければ、どんな職場でも通用するという意味だ。


高井英幸

これまでは映画を作ることしか知らない人たちが映画を作ってきました。映画なら何でもヒットした時代はそれでも済みましたが、これからは、お客様がどんな映画にお金を払ってくれるのか考えないといけない。


井上礼之

社長になってから20年以上が経ちますが、リーダーの一番の仕事は何かと問われたら、「決断すること」だと即答します。それだけ、リーダーの決断とは重要なものです。とくに、変化の激しいパラダイムシフトの時代といわれる今、勝負を決めるのはリーダーのタイミングのいい決断だといってもいいと思います。


鈴木おさむ

自分の好奇心に従って行動することにオンもオフもなく、プライベートも仕事も全部つながっている状態は決して悪くないような気がします。


朝倉千恵子

私の経験では、新入社員研修で最初にきちっと礼儀礼節を教え込むと、簡単に辞めないんです。ところが最初にぬるま湯のような研修しかしていないと、現実を知ったとたん、「話が違う」と言ってすぐに辞めてしまう。