五嶋みどりの名言

五嶋みどりのプロフィール

五嶋みどり、ごとう・みどり。日本のバイオリニスト。大阪出身。幼少期にバイオリンの才能を見出され10歳で渡米。11歳で米国デビュー。その後、トップバイオリニストの一人になった。また、みどり教育財団を設立し、社会福祉事業を行った。

五嶋みどりの名言 一覧

目標があり、それに向かっていく気持ちは必要ですが、身近な欲を追求していくと本質が見えなくなる。


支援活動を通じて一番学んだことは、私たちはすごく裕福な生活をしているということです。ただ、それが精神的な幸福とは結び付かないのではないかと感じています。欲を捨てないと、本当の意味での生きる理由が見つけられないのではないかと考えるようになりました。


新興国支援では人と人のかかわりが一番大切。送り込むだけでなく、一緒につくっていくアクションが重要なので、できるだけ現地の音楽家とのコラボレーションや、話し合いをもったりします。食べ物や医療だけに限らずに、文化的な交流や支援も増えていけばいいと思います。


五嶋みどりの経歴・略歴

五嶋みどり、ごとう・みどり。日本のバイオリニスト。大阪出身。幼少期にバイオリンの才能を見出され10歳で渡米。11歳で米国デビュー。その後、トップバイオリニストの一人になった。また、みどり教育財団を設立し、社会福祉事業を行った。

他の記事も読んでみる

野村克也

環境が人を育てるというのもありますから、安いクラブやバーには一切行かずに、一流の店に行くことにしました。まあ、私は酒を一滴も飲めないのですが。


中西宏明

利益率を上げてキャッシュリッチになっていないと戦略性が欠落するんです。買いたい企業は、お店に陳列されているのではなく、いきなり売りに出ますから、競合が買う前にすぐ決断する必要がある。


石浦章一

小目標は現実可能な範疇の課題にすることが大切です。そして、できるだけ具体的な数値目標を掲げることです。具体的であり、ハードルが適度に高いものに対して脳は意欲を持つことができます。


浦沢直樹

読者を喜ばせたいとか、「うわっ」と言わせたいとか、ドキドキさせたいとか、「そのためだったら命をどのくらい削ってもいいわ」って、そういうことなんじゃないかなと思うんですよ。


小原日登美

夫に弱音を吐いた時、気持ちがすーっと楽になれたんです。「自分の心は弱い」「助けてほしい」という心の声を自分で受け入れることができた。


佐藤浩市

役者は好きな仕事ですけど、だからと言って、毎日の現場がすべて楽しいわけではない。感覚的には、2年毎に区切ってみると、楽しいのはそのうちの1か月半くらい(笑)。たぶん、そんなもんだと思いますね。


林明文

「本来の適正な人件費はいくらなのか」「将来予測はどうなるのか」など、きちんとした指標や紙、形にして提示してはじめて人事の問題が何なのかが見えてきます。「なんとなく高齢化したね」という感覚ではなく、どれだけ高齢化したのかを定量的に把握することが大切です。


福沢諭吉

日本人として独立のできていない者は、外国人と交わっても、独立した権義(権利と義務)の主張は不可能である。


麻野進

年齢を重ねれば重ねるほど、大半の中高年社員の立場が厳しくなることは否定できません。そこで過去や自分のプライドに固執せず、経験を活かした柔軟性を発揮していくことが、能力ピークを過ぎてからも生き残る力の核になるのです。


高橋俊介

信頼関係のことを、社会心理学の言葉で「社会関係資本」という。多様で開放的な人たちとの人間関係が築けている人、なおかつ単に知っているというだけでなく、そこにおける信頼関係が構築できている人は、良いチャンスが転がり込んでくるだけでなく、チャンスがピンチになりかけたときでも、その人たちが協力してくれることでピンチを切り抜ける確率が高まる。


池田義博

人間は忘れる生き物なので時間が経つと徐々に記憶は薄れていきます。定着させたい記憶は「回数」を重ねること。その極意は「薄く、多く」です。つまり、英単語100個を4時間で覚えるとしたら、1日で4時間かけて覚えるよりも、1日1時間ずつ4日間で覚えるほうが長期的な記憶として定着しやすいのです。


苅谷道郎

ニコンは5年前に2年連続赤字に陥って以来、全社を挙げて改革に取り組み、昨期に続いて今期も売上高、利益とも過去最高が予想されています。このV字回復の原動力のひとつには経営のスピード化があるのは間違いありません。ただ、私自身は考えるのは速い方ではないし、とくにひらめく方でもありません。それでもタイミングを逃がさず指示を出せるのは考える時間を取って考え貯めをし、毎週300通の週報を読んで準備を怠らないからでしょう。


スガシカオ

なんの保証もなかったけど、根拠のない自信だけはあった。
【覚え書き|ミュージシャンの道を選んだ当時を振り返っての発言】


朝倉千恵子

人財教育に必要なのは、本気と根気と覚悟。


柳楽幸雄

技術者に「自由に種まきしなさい」と言ったところで、ミスを恐れるのか、なかなか動きません。そこで「多軸ファンド」をつくり、私が決裁できる枠を100億円用意しました。社員が通常の意思決定プロセスを通さずに出してきた提案書を、CFO(最高財務責任者)とCTO(最高技術責任者)が事前審査して、CEO(最高経営責任者)の私が最終判断します。


ページの先頭へ